1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「色々(いろいろ)」 と「様々(さまざま)」の意味の違いと使い分け
「色々(いろいろ)」 と「様々(さまざま)」の意味の違いと使い分け

「色々(いろいろ)」 と「様々(さまざま)」の意味の違いと使い分け

「色々」と「様々」という言葉をご存知でしょうか。「色々揃っている」「様々なものがある」と使います。日常会話でも使うことが多い表現ですよね。では、「色々」と「様々」に違いはあるのでしょうか。同じように使うため、違う点はないと思ってしまいますよね。ただ、両者には区別するポイントがあるので、しっかりと意味を知っておけば適切に使うことができます。そこで今回は「色々」と「様々」の使い分けについて解説していきます。正しく意味を知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

「色々」と「様々」の違い

「色々」 ・ものの種類がたくさんあること ・口語的 「様々」 ・ものが一つ一つ異なっていること ・文語的

「色々」と「様々」は置き換えが可能ですが、二つを区別する方法があります。 「色々」は「種類がたくさんあること」にポイントを置いていて、「様々」は「それぞれが異なっていること」にポイントを置いています。 例えば、「鍋専門店では色々な鍋メニューがある」「和食レストランには様々なメニューがある」と言います。 鍋専門店は色々な味の鍋メニューが揃っているので、「色々」となります。 和食レストランは鍋以外にも、ありとあらゆるメニューが揃っているので「様々」となります。

「色々」の意味と使い方

「色々」は<いろいろ>と読みます。 「色々」の意味は、 ・種類がたくさんあること、あれこれと ・多種多様な色 ・襲(かさね)の色合い です。 「色々」は「色(いろ)」が由来しています。赤・青・黄が混ざって他の色が誕生することから、色や状態が異なるものを「色々」と表すようになりました。 例えば、「色々と申し訳ありませんでした」だったら、関係している全ての物事に謝罪していることを表します。 また、「色々とご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」といったように、何について謝っているかを付け加えると、自分の思いをより伝えることができます。 主に、「色々な◯◯」「色々と◯◯をする」「その他色々」と使います。 「色々な」は音が変化して「いろんな◯◯がある」と使われることもあります。 「色々」は話し言葉として使うことが多いので、ビジネスシーンや文書で使うことは少ないです。

例文 ・家の近くにあるスーパーには、外国のお菓子や調味料など色々な品物が揃っている。 ・先日は突然お邪魔して、色々とご迷惑をおかけしました。 ・優秀作品賞を受賞するためには、作品に色々と工夫を凝らす必要があるよ。 ・彼は色々とやらなければいけない事が多いので、しばらく話しかけずに放っておこう。 ・パーティーでは、グラタンやローストビーフなど色々な美味しいものを食べました。 ・私の楽しみは、休みの日にショッピングモールに行って、色々と買い物をすることです。 ・公民館には色々な本が置いてあるから、小さい子供でも楽しいはずだよ。

「様々」の意味と使い方

「様々」は<さまざま>と読みます。 「様々」の意味は「おのおの異なっているさま」です。 「様」は「ありさま、かたち」を意味します。 「様々」はただ種類がたくさんあることだけでなく、それぞれのものが違っていることを表す場合にも使います。 「様々の◯◯」「様々な◯◯」「様々◯◯する」と使います。他にも、「人様々」「皆様々」と名詞に直接付けて使うこともできます。 「様々」は文章で使われることが多いので、話し言葉として用いるとやや堅い印象を与えてしまいます。 「様々」を「さまさま」と読む場合は、「感謝すること」を表します。「お天道様様」「上司様様」といったように、人や物事を表す語に付けます。

例文 ・撮影ではモデルを様々な角度から撮り、一番良く撮れた写真を雑誌に載せる。 ・その件について思うことは人によって様々だから、いちいち相手の考えを馬鹿にする必要はない。 ・修学旅行では様々な思い出があり、嬉しかったことも忘れたいことも全て覚えている。 ・体を動かすことには様々な効果があり、体重を減らしたり代謝を上げることができる。 ・私がよく行くレストランには、パスタやカレーライスなど様々なメニューが用意されている。 ・今から向かう公園には、様々な花が咲いているので楽しむことができると思うよ。 ・皆様々に良い部分が違うので、人のことを馬鹿にする必要はないよ。

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 9 thumb

ビジネスでの「お忙しいところ」の使い方と例文!メールや電話でどう使うか

eigobu.jp
Article 10 thumb

「承る」「受け賜る」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp
Article 20 thumb

「ご愁傷様」の意味と使い方、例文、類語も徹底解説!

eigobu.jp
Article 18 thumb

宛名の敬称で使う「様方(さまがた)」とは?正しい書き方を解説

eigobu.jp
Article 19 thumb

敬語「ご所望」と「ご要望」の意味と使い方の違いとは?《例文付き》

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「色々(いろいろ)」 と「様々(さまざま)」の意味の違いと使い分け