1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「回想」と「回顧」の意味の違いと使い分け

「回想」と「回顧」の意味の違いと使い分け

「回想」と「回顧」の違いを正しく理解していますか?これらはとても似た意味なので、同じように使っているという方が多いかもしれません。実は「回想」と「回顧」は意味と使い方が微妙に違います。本記事では「回想」と「回顧」の違いについて解説していきます!

「回想」と「回顧」の違い

「回想」・・・「自分自身の過去の経験を主観的に振り返ること」 「回顧」・・・「過去の事実を客観的に振り返ること」

「回想」の意味と使い方

「回想」は「かいそう」と読みます。 「回想」は「過去のことを振り返り、あれこれと考えること」です。 「回」は「元に戻る」という意味で、「回収」「回帰」などの熟語が使われています。 「想」は「あれこれ考える」という意味で、「感想」「妄想」などの熟語があります。 「回想」は過去を振り返り、何があったか思い出すときに使用する言葉です。自分自身の過去の出来事を振り返る場合に使います。 前に経験したことについて思いを巡らす際に使う表現なので、客観的に過去の物事を振り返る場合には使うことはできません。 例えば「子供の頃を回想する」と用いることはできますが、「日本の歴史を回想する」などと言うことはできないです。

  • 回想する
  • 回想に耽る(ふける)
  • 往時を回想する
  • 回想シーン
  • 回想録

というような使い方をします。

例文

  • 学生時代を回想すると、ああすれば良かったと後悔する出来事が多い。
  • 回想シーンを見れば、主人公の生い立ちがはっきりわかるだろう。
  • 昔の回想に耽っていて、話しかけられたことに気がつかなかった。

「回顧」の意味と使い方

「回顧」は「かいこ」と読みます。 「回顧」の意味は「過去の出来事をあれこれと振り返ること」です。 「顧」は「顧みる(かえりみる)」という言葉があるように、「過ぎ去った物事を思い出す」という意味があります。 「後ろを振り返る」という意味もありますが、こちらの意味ではほとんど使いません。 「回顧」はただ過去の物事を思い返すということではなく、感情に左右されず過去の事実を客観的・歴史的に振り返ることを表す場合に使います。 良い出来事に対しても悪い出来事に対しても用いることができます。 基本的に過去の出来事を客観的に振り返る場合に使いますが、「高校時代を回顧する」などと自分自身の体験を振り返る場合にも使うことが可能です。

  • 回顧する
  • 回顧談
  • 回顧録
  • 回顧展

というような使い方をします。

例文

  • 今年は色々な出来事があったと、芸能界の一年を回顧する。
  • 昔人気のあった俳優が出した回顧録が売れに売れている。
  • 歴史を回顧して、今の日本にどのような作用をもたらしたのか考える。

こちらの記事もチェック

「湧く」と「沸く」の意味の違いと使い分け

WURK

「招集」 と「召集」の意味の違いと使い分け

WURK

「強弁」と「詭弁」の意味の違いと使い分け

WURK

「年度」と「年次」の意味の違いと使い分け

WURK

「年を取る」「歳を取る」正しいのはどっち?「年」と「歳」の違いとは?

WURK

「やっと」「ついに」「とうとう」「ようやく」の違いと使い分けとは?

WURK

「皆様」と「各位」の違いと使い分け、類語表現も紹介

WURK

「獲物」と「得物」の意味の違いと使い分け

WURK

「辞任」「辞職」「解任」「退任」「退職」の違いと使い分け

WURK

「三面六臂」と「八面六臂」の意味の違いと使い分け

WURK

「飲む」と「呑む」の意味の違いと使い分け

WURK

「暴論」と「極論」の意味の違いと使い分け

WURK

「消耗」「摩耗」「消費」の意味の違いと使い分け

WURK

「全う」と「真っ当」の意味の違いと使い分け

WURK

「修羅場」と「愁嘆場」の意味の違いと使い分け

WURK

「とかく」「とにかく」「ともかく」の意味の違いと使い分け

WURK

「およそ」と「おおよそ」の意味の違いと使い分け

WURK

「悪天」と「荒天」の意味の違いと使い分け

WURK

「振り向く」と「振り返る」の意味の違いと使い分け

WURK

「随意」と「任意」の意味の違いと使い分け

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「回想」と「回顧」の意味の違いと使い分け