1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「皆様」と「各位」の違いと使い分け、類語表現も紹介
「皆様」と「各位」の違いと使い分け、類語表現も紹介

「皆様」と「各位」の違いと使い分け、類語表現も紹介

「皆様」と「各位」という言葉をご存知でしょうか。「皆様、お元気でしょうか」「関係者各位」といったように使います。では、「皆様」と「各位」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。「皆様」と「各位」はビジネスシーンにおいて、使われていることが多い言葉です。2つの言葉を正しく使うためには、意味についてきちんと覚えておく必要があります。使うことが多い言葉だからこそ、適切に知っておきたいですよね。そこで今回は「皆様」と「各位」の使い分けについて解説していきます。意味を正しく覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

「皆様」と「各位」の違い

「皆様」・・・その場にいる全ての人々、何か関係がある全ての人々など複数の人に敬意を表す語 「各位」・・・大勢の人を対象にして、その一人一人に敬意を表す語

「皆様」と「各位」は同義です。どちらも複数を指しているので、2人以上いる場合に使います。 例えば、「ご来場の皆様にお願い申し上げます」でも「お客様各位にお願い申し上げます」でも意味は同じになります。 違いとしては、「皆様」は手紙・アナウンス・挨拶で使われて、「各位」は案内状・お知らせ・改まった場所での挨拶などで使われています。 「各位」の方が、かしこまった言葉となります。 「皆様」は書き言葉として、「各位」は話し言葉として使うこともありますが、「皆様」は口語的、「各位」は文語的に使うことが多いです。

「皆様」の意味と使い方

「皆様」は<みなさま>と読みます。 「皆」は音読みで「カイ」、訓読みで「みな」と読みます。 「皆」は「全部、丸々」を意味します。 「様」は音読みで「ヨウ」、訓読みで「さま」と読みます。 「様」は「敬意を表す語」を意味します。 「皆様」とは「その場にいる全ての人々、何か関係がある全ての人々を敬っていう語」です。 多くの人たちに呼びかけたり、注意を喚起する場合に「皆様」を使うことが多いです。 例えば、「ご来場の皆様へお願い申し上げます」「受講の皆様」「患者の皆様」「関係者の皆様」「忘年会に参加する皆様」といったように使います。 「皆様」は目上の人に対して使っても失礼に当たりません。「様」は尊敬の意を表しているので、「皆様」と呼びかけた後は敬語が続きます。 「皆様」は挨拶や手紙などにおいて使われることが多いです。 より丁寧に表現したい場合は「皆様方」とします。「方」は相手を敬っていう語です。 「皆様」の類語には、「あなたたち」「諸君」「諸兄」「君ら」「ご一同」「各々方」「お宅ら」「ご一統」などがあります。

例文 ・ボランティア活動につきまして、是非皆様のご協力をお願い申し上げます。 ・在校生の皆様へ、本日は台風が接近しているため休校といたします。 ・ホームページにおいて、受講生の皆様と保護者の方に必要な情報を紹介しています。 ・大変ご無沙汰しております。株式会社◯◯の山田です。皆様、いかがお過ごしでしょうか。 ・御社ではより良いサービスを提供できるように、皆様のご意見ご感想をお待ちしております。 ・歓迎会参加者の皆様へ、日時や場所については後日メールにてご案内いたします。 ・本日はお忙しい中お越しいただき誠にありがとうございました。皆様にもよろしくお伝えください。

「各位」の意味と使い方

「各位」は<かくい>と読みます。 「各」は音読みで「カク」、訓読みで「おのおの」と読みます。 「各」は「それぞれ、かくじ」を意味します。 「位」は音読みで「イ」、訓読みで「くらい」と読みます。 「位」は「尊敬の気持ち」を意味します。 「各位」とは「大勢の人を対象にして、その一人一人に敬意を表す語」です。 「各位」は複数人の名前を書くのが難しかったり、大変なときに使える表現です。 本来は「◯◯様、△△様、××様」と書くべきですが、あまりにも多く、全員の名前を記載するのが面倒なときに「各位」を使用します。「皆様」と書くよりも「各位」をした方が丁寧です。 「各位」は複数の人にメールや手紙を送ったり、案内状やお知らせ、改まった場所での挨拶などに使われます。封筒の宛名ではなく、「各位」は文章の冒頭もしくは文中で用います。 「各位」は目上の人に対して使っても失礼に当たりません。 主に、「◯◯各位」という形で用います。複数の人の中に数名だけ目上の人が含まれているときは、「◯◯部長 △△課長 及び 関係者各位」などと表記することもできます。

例文 ・お得意様各位 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。 ・お客様各位のご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 ・株主各位 拝啓 日頃から格別のお引き立てを賜り、深く感謝申し上げます。 ・会員各位 拝啓 会員の皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 ・ご担当者各位 いつも大変お世話になっております。今後ともよろしくお願いいたします。 ・株式会社◯◯ 営業部 受注ご担当者各位 日頃より格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 ・取引先各位 本社の住所が変更いたしますのでお知らせ申し上げます。

社内 / 社外で使える?「各位」の意味とビジネスシーンでの使い方、「様」との違いを解説!

eigobu.jp

「皆様」「各位」の類語

方々

「方々」の意味は、 1.複数の人に敬意を表す語 2.いくつかの動作を兼ねて行うこと 3.あちらこちら、色々な方角や場所 です。 1と2の意味で使う場合、「方々」は<かたがた>と読みます。 複数の人々を敬っていう語なので、主に「◯◯の方々」という形で用います。 複数の人を指すことが多いですが、一人に対して使うこともあります。例えば、「多くの方々」「ご来場の方々」「当店へお越しの方々」などと使います。 また、一つのことをするついでに他のことをするという場合に「方々」を使います。 例えば、「運動方々ポストに手紙を出しに行く」「散歩方々本屋に立ち寄る」などと言います。 3の意味で使う場合、「方々」は<ほうぼう>と読みます。 いろいろな方角や場所を表したり、いろいろなところへ向かう様子を表す場合に「方々」を使います。

例文 「人に敬意を表す」という意味 ・周囲の方々に支えられたおかげでここまで勤め続けることができました。 ・この方法については、多くのお世話になった方々から教えていただきました。 「兼ねて行う」という意味 ・先日は大変お世話になりました。お礼方々ご挨拶申し上げます。 ・当時のお礼方々、その後のご報告をしに参りました。 「あちらこちら」という意味 ・私の学校では毎年、方々の国から留学生が勉強をしに来る。 ・方々でいなくなった犬を探したが、結局見つからなかった。

「方々」の3つの意味と使い方、読み方、「皆様・皆様方」との違い

eigobu.jp

貴殿

「貴殿」は<きでん>と読みます。 「貴殿」の意味は、 ・相手を呼びかける語、あなた ・相手に敬意を表して、その住居を言う語 です。 「貴殿」は、男性が目上や同輩の男性に対して用いる語となります。相手への敬意を含んでいる表現なので、「貴殿」は目上の人に対して使っても問題ありません。 女性に対して使うのは間違いのような感じがしますが、今の世の中は男女差別をなくそう、男女平等にしようという考えが広がっています。 そういった考えもあって、女性宛の手紙や文書でも多く使われています。女性が文書で「貴殿におかれまして...」と使うこともあります。 しかし、本来「貴殿」は男性に対して使う言葉ということで、基本的に女性に対しては使うべきではないでしょう。女性に対しては、「貴殿」ではなく「貴女(きじょ)」を使うのが無難です。

例文 ・貴殿の益々のご活躍をお祈り申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。 ・現職にご就任以来、貴殿の目覚しいご活躍には感服いたしております。 ・貴殿にお引き受けいただけないものかと、失礼ながらお願い申し上げます。

目上の人に失礼?「貴殿」の意味と正しい使い方、類語、複数表現について解説!

eigobu.jp

様方

「様方」は<さまかた>と読みます。 「様方」とは「手紙やハガキを送るときに、送付先住所の世帯主の苗字と受取人の苗字が異なる際に使う敬称」です。 世帯主の苗字と宛先の苗字が同じ場合は、「様方」は使う必要はありません。 「様方」を使う場面としては、 ・下宿、居候している場合 ・既婚者が実家に帰省したとき ・別世帯に身を置いているとき ・二世帯家族の場合 ・結婚はしていないけれど同棲している場合 などです。 「送る世帯主の名前+様方+送る相手の名前+様」といった形で使います。 例えば、山田太郎さんと同棲している鈴木花子さんに手紙を送る場合は、「山田太郎 様方 鈴木花子 様」とします。 「様方」は原則的に個人宅の場合に限り使用できます。企業・団体・施設には使うことはできません。

例 ◯板橋一郎さん宅に居候している豊島三郎さんにハガキを送る場合 「板橋一郎 様方 豊島三郎 様」 ◯義実家に帰省している北口四郎さんにハガキを送る場合 「南よし子 様方 北口四郎 様」

宛名の敬称で使う「様方(さまがた)」とは?正しい書き方を解説

eigobu.jp

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

「上長」と「上司」の違いは?意味、類語、メール、英語表現

eigobu.jp

「ご高覧」の読み方と意味、使い方、例文、「ご査収」との使い分け

eigobu.jp

「いってらっしゃい」は上司に使える敬語?正しい使い方と類語、英語表現を解説

eigobu.jp

目上の人に使える?「おみそれしました」の意味と正しい使い方、返し、類語、英語表現、例文

eigobu.jp

「構いません」は目上の人に使える敬語?正しい意味と使い方、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「仰ぐ」の意味と使い方、読み方、敬語表現、類語、慣用句を解説します

eigobu.jp

「お気遣いありがとうございます」の使い方、メール例文、英語表現を紹介

eigobu.jp

「ございます」の意味と使い方、漢字、例文、「あります」との使い分け

eigobu.jp

「お祈り申し上げます」の意味とビジネスでの使い方、返事、言い換え

eigobu.jp

「お世話になります」の意味とビジネスでの使い方、返事、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「温故知新(おんこちしん)」の意味と由来は?例文付きで使い方を解説

eigobu.jp

「慧眼」の読み方と意味、ビジネスでの使い方とは?「炯眼」との違いは?

eigobu.jp

誤用に注意!!「やぶさかではない」の本当の意味と正しい使い方とは?

eigobu.jp

「お大事に・お大事になさってください」の意味と使い方を解説

eigobu.jp

営業でよく使う「引き合い」の意味と正しい使い方とは?英語表現も解説

eigobu.jp

「結構です」の意味とビジネスでの正しい使い方とは

eigobu.jp

自分にも使える?「ご返信」の意味と正しい使い方!「ご返答」との違い

eigobu.jp

「造詣」の読み方と意味、使い方、例文を紹介!「造詣が深い」とは?

eigobu.jp

「稟議」の意味と使い方は?「稟議書」の書き方と「決裁」との違いも解説

eigobu.jp

「夜伽」の3つの意味とは?読み方、使い方、英語表現も解説

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「皆様」と「各位」の違いと使い分け、類語表現も紹介