1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 関わらず・拘らず・係わらず の違いとは?「〜にもかかわらず」の正しい漢字は?
関わらず・拘らず・係わらず の違いとは?「〜にもかかわらず」の正しい漢字は?

関わらず・拘らず・係わらず の違いとは?「〜にもかかわらず」の正しい漢字は?

「関わる」「拘わる」「係わる」という言葉をご存知でしょうか。「生死に関わる」「些細な事に拘わる」などと使います。では、「関わる」「拘わる」「係わる」の意味について理解しているでしょうか。3つとも「かかわる」と読みますが、違いがあります。「関わる」は使うことが多いですが、「拘わる」「係わる」はあまり見かけませんよね。正しく使うためには、意味の違いについてしっかりと知っておく必要があります。そこで今回は「関わる」「拘わる」「係わる」の使い分けについて解説していきます。違いを適切に知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

「〜にもかかわらず」の正しい漢字表記はどれ?

「〜にもかかわらず」の漢字は「~にも拘らず」が正しい表記になります。 「〜にも関わらず」「〜に係わらず」と表記している方もいますが、厳密には誤りです。 「拘」はあまり一般的な漢字ではありませんので、ひらがなで「〜にもかかわらず」と記入することが多いです。 「〜にもかかわらず」は漢語の「不拘」が語源です。「不拘」は現代の中国語でも使われていて、「〜であっても」という意味になります。 それでは「関わる」「拘わる」「係わる」の違いを見ていきましょう。

「関わる」「拘わる」「係わる」の違い

「関わる」・・・ある物事や人などと、関係を持っているさま。関わりがあるさま 「拘わる」・・・ある物事について、強く心を引かれるさま。気持ちがとらわれるさま 「係わる」・・・ある物事や人などと、関係を持っているさま。関わりがあるさま

「関わる」と「係わる」はどちらも「関係すること」を表しますが、「関わる」の方が「強く関係が結ばれていること」を意味します。

「関わらず」の意味と使い方

「関わる」の意味は「ある物事や人と関係があること。関与していること」です。 「関わる」は単に関係を持っていることなので、深く関係していることは表しません。 例えば、「命に関わる」「犯罪に関わる」「生死に関わる」「芸術に関わる」などと言えます。 「関」という字は「かんぬき」が由来となっています。「かんぬき」は「門や扉をしっかりと閉めるための木材」を表します。 このことから、「関わる」は「きちんと繋ぐ」という意味になりました。 「関わらず」とすると「ある状態の要因として関係がある様子」を意味します。 主に、「〜に関わらず」という形で用います。「〜に関係なく」という意味です。 例えば、「年齢や性別に関わらずエントリーすることができます」と言えます。これは「エントリーは年齢や性別に関係なくできること」を表します。

例文 ・国内だけではなく国外も旅行することによって、様々な人たちと関わることができる。 ・彼は悪い人たちと関わっているらしく、何か悪事を企てているようだ。 ・今後は弁護士や検事といったような犯罪に関わる仕事に就きたいと思っている。 ・早く何かしらの処置を施さないと、命に関わる事態となってしまうだろう。 ・年齢に関わらず、そのオーディションには応募することができる。 ・オセロやチェスは、年齢や性別に関わらず楽しむことができる。 ・参加する参加しないに関わらず、私にメールをしてください。 ・その会社は経験の有無に関わらず人材を募集しているので、私にも応募資格がある。

「拘わる」の意味と使い方

「拘わる」の意味は「こだわること。強く主張して譲らないさま」です。 ある物事に気を引かれたり、小さな事に粘着することを表す場合に「拘わる」を用います。 例えば、「些細な事に拘わっている」「どうでも良い事に拘わる」などと言えます。 「拘」という字は「取り押さえて繋ぐこと」を表します。このことから、「拘わる」は「きつく心をとらわれること」を意味するようになりました。 「〜にも拘わらず」という形で使うこともでき、この場合は「〜であるのに。〜なのに」という意味になります。 「予想外の結果が生じるさま」を表し、前の内容を受けてそれとは逆の内容を続けます。 「拘わる」ではなく「拘る」という言葉が使われることもあります。「拘る」は「こだわる」と読みます。 「拘わる」と同じように、「ある物事に固執する」という意味で用います。

例文 ・そんなつまらないことに拘わっている余裕はないので、無視することにした。 ・面白くない事に拘わっている暇はないから、この辺で失礼するよ。 ・彼は些細な事に拘わっているから、説得するのが本当に面倒くさい。 ・今日は手足が凍りそうなほど寒いにも拘わらず、子供達は元気よく外で遊んでいる。 ・そこの部分に長いこと拘わっていると、いつまでも次に進むことができない。 ・明日から夏休みにも拘わらず、補習で学校に行かなければならない。 ・早く寝たにも拘わらず、寝坊して学校に遅刻してしまった。 ・課題を終わらせたにも拘わらず、持ってくるのを忘れてしまった。

「係わる」の意味と使い方

「係わる」の意味は「関係すること。関わりを持っていること」です。 ある物事や人に関わり合いを持っていたり、関係があることを表す場合に「係わる」を使います。 「関わる」でも「係わる」でも同じ意味ですが、「関わる」の方が強く結ばれていることを表します。 「係」という字は「紐やコードなど細いもので繋ぐこと」を表します。このことから、「係わる」は「緩めに繋ぐ」という意味になりました。 「係わる」の「係」は「掃除係」「生き物係」などと使われているように、「何かを担当する」というニュアンスが強いです。 ですので、「係わる」も「生物に係わる仕事」「責任者に係わる連絡」などと用いると意味が伝わりやすくなります。 「係わる」ではなく「係る」という形でも使うことができます。この場合は「かかる」と読みます。 「係わる」と同じように「関わり合いを持つ」という意味ですが、お役所言葉となるのであまり使いません。

例文 ・近所に住んでいる人と係わる機会がないので、全く名前も顔も知らない。 ・将来は動物に係わるような仕事に就きたいと考えている。 ・今回の問題はプロジェクトに参加している全ての人に係わることである。 ・一人一人の頑張りが、チームの勝利に係わるからもう少し練習をしよう。 ・生物の研究に係わることができるゼミに入ったものの、あまり参加していない。 ・別れた相手と連絡を取っていたり、会ったりと未だに係わっているから新しい恋人ができないのだ。 ・私もその企画に係わっていたが、ほとんど顔を出さなかったので成功したのか失敗したのか分からない。 ・その事件に係わっていそうな怪しい人物を呼び出したが、アリバイがあったので関係ないことが判明した。

こちらの記事もチェック

Article 8 thumb

ビジネスにおける「恐縮です」「恐縮ですが」の意味と使い方

eigobu.jp
Article 1 thumb

ビジネスシーンや挨拶における「ご指導ご鞭撻」の使い方と意味

eigobu.jp
Article 17 thumb

「次第」「次第です」の意味とビジネスでの使い方、例文!「所存」との違いは?

eigobu.jp
Article 10 thumb

「感銘を受ける」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語も紹介!

eigobu.jp
Article 3 thumb

目上の人に使ってもいいの?ビジネスシーンにおける「お疲れ様です」の使い方

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 関わらず・拘らず・係わらず の違いとは?「〜にもかかわらず」の正しい漢字は?