1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. ビジネスにおける「恐縮です」「恐縮ですが」の意味と使い方
ビジネスにおける「恐縮です」「恐縮ですが」の意味と使い方

ビジネスにおける「恐縮です」「恐縮ですが」の意味と使い方

ビジネスシーンでよく耳にする「恐縮」という言葉、正しく使えていますでしょうか?「恐縮」はいかにも日本語らしく様々なニュアンスがありますので、場面別に使い分けが必要です。何となくわかってはいるけど自信をもって意味と使い方を答えられる人は少ないのではないでしょうか??そこで今回は「恐縮です」「恐縮ですが」という表現の正しい意味と使い方を解説していきます。

「恐縮」の読み方と意味

「恐縮」と書いて「きょうしゅく」と読みます。 「恐縮」の元々の意味は「身もちぢまるほどに恐れ入ること」です。「恐」は「恐れ多い」という意味で、「縮」は「身が縮こまる」という意味なので、イメージは簡単につくと思います。「恐縮」は堅い表現なので日常会話ではあまり使いませんが、謙譲語ではありません。 日常的には、相手からの厚意に対する感謝の気持ち、相手に迷惑をかけて時の謝罪の気持ちを示したりします。 文章の形によって使い分けることができます ・「恐縮です」という形では基本的に感謝の意味になります。 ・「恐縮ですが」という形で謝罪や申し訳ない気持ちを表すことができます。 それでは1つずつ見ていきましょう。

「恐縮です」の使い方

「恐縮です」というフレーズは基本的に相手に感謝を示すときに使う表現です。 「恐縮」は謙譲語ではありませんが堅い表現なので、日常会話ではあまり使わず、ビジネスシーンで目上の人に対して使うのが一般的です。(堅い表現なのでビジネスシーンでも親しい方に多用すると不自然な印象を与える可能性はあるので注意してください) 特記すべきは「恐縮です」というフレーズに込められた感謝の度合いがシチェーションによってバラバラである点です。 心からの有り難い気持ちを示すこともあれば、形式的に言ってるだけでかなり軽いニュアンスの場合、また相手に対する感謝の気持ちから派生する照れくささを表現している場合などもあります。 「恐縮です」単体でも感謝の意味になりますが、「ありがとうございます」「感謝します」などの感謝を意味する他の言葉と一緒に使い、感謝の意味合い強調する役割もあります。 「恐縮です」は感謝の度合いも様々で強調の役割もあるので、様々な場面で使うことができる便利なフレーズであることがおわかり頂けたと思います。

「恐縮です」の例文

ビジネスシーンで「恐縮です」というフレーズを使った例文を紹介したいと思います。

・「本日はお忙しい中ご足労いただき大変恐縮です」 ・「わざわざお忙しい中お時間を割いていただき恐縮です」 ・「お電話いただき恐縮しております」 ・「お褒めいただき恐縮です」 ・「皆様からのご親切と励ましのお言葉に、ただただ恐縮するばかりでございます」 ・「身に余る高いご評価を賜り、大変恐縮いたしております」 ・「過分なるおもてなしをいただきましてとても恐縮です」 ・「社長自らオフィスをご案内くださいまして誠に恐縮いたしました」 ・「お取り計らいをいただき、恐縮です。ありがとうございます」

上記の例文の「恐縮です」はすべて「ありがとうございます」「感謝いたします」などと置き換えても文章の意味が変わりません。「恐縮です」を使うことで文章がより堅くフォーマルな印象になります。

「恐縮です」の間違った使い方

「恐縮です」という言葉は汎用性が高く便利なだけに謝って使っている人をしばしば見かけます。その代表的な間違った使い方を見ていきたいと思います。 代表的な間違った使い方は「恐縮に存じます」です。 「存じます」は、「思う」の謙譲語「存ずる」の丁寧語の「ます」が付随した言葉です。 「恐縮」は「ありがたく思う」という意味で「思う」というニュアンスがすでに含まれていますので、「存じます」と一緒に使うと意味が重複していることになるため、厳密には誤りです。 また、当たり前ですが「恐縮」するのは「自分」です。相手が恐縮する、という意味合いの文章は失礼にあたるのでくれぐれも書かないように注意しましょう。例えば「(あなたは)恐縮かと思いますが、」みたいな文章は言うまでもなくダメです。

「恐縮です」の類似表現

「恐縮です」の類似表現には、 ・恐れ入ります ・痛み入ります ・相済みません ・かたじけないです などがあります。 これらの中でも「恐れ入ります」は、「恐縮です」と同じくらいよく使用されるフレーズです。

「恐縮」を使ったその他の表現

「恐縮」の度合いをもっと強調する言い回しを紹介いくつか紹介します。 ・恐縮の至り ・恐縮の極み ・恐縮しきり ・恐縮至極(至極恐縮) ・甚だ恐縮 などが存在します。しかし、これらはかなりオーバーにも聞こえるので多用するのは避けた方がよいでしょう。少し違和感を感じる人が多いと思います。

「恐縮ですが」の意味と使い方

冒頭部でも說明した通り「恐縮ですが」というフレーズでは謝罪や申し訳なさを表すことが多いです。「恐縮ですが」というフレーズでは「感謝」のニュアンスはほとんどありません。「謝罪」の意味すら薄く、単に申し訳なさを表現してるだけの場合が多いです。実際、そこまで申し訳ないと思っていなくても、慣習的に「恐縮ですが」ととりあえず入れている人が多いと思います。 「申し訳ありませんが」をより丁寧に表現したフレーズと認識すればOKです。文頭に置くことで、本題に入る前のクッション的な役割を担います。 ビジネスシーンで相手に申し訳なさを伝えるときはどんな場面でしょうか? ・クライアントや上司に何かを依頼・お願いするとき ・クライアントや上司から誘われていたのに辞退するとき ・クライアントに休暇していることを伝えるとき ・顧客の意見などの間違いを指摘するとき などなど。

「恐縮ですが」の例文

「申し訳ありませんが」という意味の「恐縮ですが」を使った例文を実際に見ていきましょう。

◯相手に何かを依頼・お願いしてる場合 ・「恐縮ですが、ご署名、捺印をお願いいたします」 ・「ご多忙中のところ恐縮ですが、明日までにご返信お願いいたします」 ・「誠に恐縮ではありますが、ご理解とご協力の程何卒よろしくお願いいたします」 ・「重ね重ね恐縮ですが、明日お電話くださいますようお願い申し上げます」 ◯何かを辞退する場合 ・「恐縮ではございますが、今回のご提案の件は辞退させていただきます」 ・「恐縮ですが、明日のミーティングは不参加でよろしくお願いします」 ◯休暇を伝える場合 ・「私事で大変恐縮ですが、1月4日から1月6日は休暇を取らせていただいております」 ・「恐縮ですが、今月はお休みさせていただいいます。」 ・「誠に恐縮ですが、渡辺が休職中のため、私、大沢が担当させていただきます」 ◯顧客に間違いを指摘する場合 ・「恐縮ですが、弊社はお尋ねの企業とは無関係でございます」 ・「恐縮ですが、その内容では対応しかねます」

「恐縮ですが」の類似表現

「恐縮ですが」の類似表現を紹介します。 ・申し訳ありませんが、 ・お手数ですが、 ・恐れ入りますが、 ・痛み入りますが、 ・すいませんが、 謝罪のニュアンスが弱くてOKならば、 ・残念ではありますが、 ・心苦しいのですが、 などのフレーズも可です。

「恐縮」の英語表現

「恐縮」の英語表現を見ていきましょう。 「恐縮です」は基本的に感謝を述べているので「Thank you.」で問題ありません。 「恐縮ですが、」は少し難しいですが、「I'm afraid of ...ing, but」などがよく使われます。 例文を見てみましょう。

Thank you for coming to the office all the way.

わざわざご足労いただき恐縮です。

I'm afraid of asking this question, but let me ask this.

こんなこと聞くのは恐縮ですが、教えてください。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対におすすめ英会話教室

eigobu.jp

「恐縮」に関するまとめ

「恐縮です」「恐縮ですが」というフレーズのまとめです ✔「恐縮です」=「ありがとうございます」 ✔「恐縮ですが」=「申し訳ありませんが」 ✔「恐縮」はとにかく便利な言葉で、文章がフォーマルになるのでとてもオススメな言葉!

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「感銘を受ける」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語も紹介!

eigobu.jp

「ちなみに」の意味と使い方、敬語、類語、語源、漢字、英語

eigobu.jp

「善処します」の使い方に注意!意味とビジネスでの使い方!類語や英語も

eigobu.jp

「私用」と「所用」の意味と使い方の違いは?類語・対義語・英語表現も

eigobu.jp

「前略」の意味と例文!結語は「草々」ビジネスでは「拝啓」使う

eigobu.jp

「邂逅」の読み方、意味、漢字、使い方を例文付きで紹介!英語表現も

eigobu.jp

「先日」の範囲はいつまで?意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

eigobu.jp

「所謂」をいわゆると読むのは漢文が由来!意味、類語、英語も例文付きで紹介

eigobu.jp

「辟易する」とはどんな意味?「辟易」の正しい読み方と使い方

eigobu.jp

「お大事に」「お大事にしてください」は敬語?意味、使い方、類語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. ビジネスにおける「恐縮です」「恐縮ですが」の意味と使い方