1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「後悔先に立たず」の意味、由来は?類語「後の祭り」との違い、英語も
「後悔先に立たず」の意味、由来は?類語「後の祭り」との違い、英語も

「後悔先に立たず」の意味、由来は?類語「後の祭り」との違い、英語も

「後悔先に立たず」の意味と使い方を正しく理解していますか?「後悔先に立たず」は日常会話や座右の銘としてよく使われる表現です。由来や類語、英語表現など詳しく解説していきます。また「後の祭り」との違いも説明します。

「後悔先に立たず」の読み方・意味・由来

「後悔先に立たず」の読み方は「こうかいさきにたたず」

「後悔先に立たず」は「こうかいさきにたたず」と読みます。

「後悔先に立たず」の意味は「事が終わった後で悔いても、取り返しがつかない」

「後悔先に立たず」の意味は「事が終わった後で悔いても、取り返しがつかない」です。 「後悔」とは、「あと・時間的にあと」と言う意味の「後」という漢字と、「くいる・くやむ」という意味のある「後」という漢字を組み合わせた言葉です。 つまり、「後悔」とは「前にしたことを後になって悔いること」です。 「悔いる」とは、「自分のしたことを、そんなことをすべきではなかったと思うこと」です。 「先に立たず」とは、「先に立つ」という言葉に、未然形の打消の助動詞「ぬ」の連用形をつけた言葉です。 「先立つ」とは、「先頭にたつ・率先して当たる」という意味です。 つまり、「先立つ」に未然形のついた「先立たず」は「先頭にたつことはできない」という意味の言葉ということになります。 よって、「後悔先に立たず」の意味は「前にしたことを悔いても、先頭に戻ることはできない」という意味になり、簡単に言い表すと「事が終わった後で悔いても、取り返しがつかない」ということになります。

「後悔先に立たず」に確かな語源・由来はない

「後悔先に立たず」というような、ことわざの多くの由来は古代中国の逸話や、古今和歌集など日本の逸話にあることが多いです。 しかし、「後悔先に立たず」という言葉は、これといって語源や由来だと言われているものはありません。

「後悔先に立たず」の使い方・例文

「後悔先に立たず」は座右の銘にも使われる

「後悔先に立たず」は、座右の銘にも使われる言葉です。 「後悔先に立たず」は、「事が終わった後で悔いても、取り返しがつかない」という意味なので、「後悔は先に立たないこと」を肝に銘じ、その先の準備や判断をしっかりしておくといった意味で使われます。 また、「先立たず」の意味として「先」を「未来」として、「立たず」を「役に立たない」という意味として捉えることもできます。 つまり、「後悔しても未来の役には立たない」とうことです。 そういった解釈で、「後悔先にたたず」を座右の銘にしている人も多い言葉です。

「後悔先に立たず」は仕事や恋愛など人生の教訓として使われる

「後悔先に立たず」は、仕事や恋愛など人生の教訓としても使われます。 仕事や恋愛も後悔してからは遅い、取り返しつかないという意味で「悔先に立たず」は人生の教訓になります。 例えば、「座右の銘」で紹介したように、「仕事や恋愛面において、後で後悔することのないよう、いつでも努力する」といった意味合いや、「仕事や恋愛で失敗をしたときに、後悔ばかりしていても意味がないので、、失敗を教訓に前向きに生きよう」といった意味合いで、人生の教訓にしている人がほとんどだと言えます。

「後悔先に立たず?そんな事ないかもしれんぞ~」はよしもと新喜劇のタイトル

「後悔先に立たず?そんな事ないかもしれんぞ~」はよしもと吉本新喜劇のタイトルです。 「後悔先に立たず?そんな事ないかもしれんぞ~」は、 2018年10月23日(火)~2018年10月29日(月)まで、なんばグランド花月で公演が行われていた吉本新喜劇のタイトルです。 変えたい過去がある、うどん屋で働く主人公が、ある日過去の自分を入れ替わる機械を手に入れるというストーリーです。

「後悔先に立たず」「後の祭り」「覆水盆に返らず」の違い

▶「後悔先に立たず」・・・「事が終わった後で悔いても、取り返しがつかない」 ▶「後の祭り」・・・「時機におくれてどうにもならないこと」 ▶「覆水盆に返らず」・・・「一度してしまったことは、取り返しがつかないこと」

「後の祭り」は、「事物が終わった後に、いくら悔いてもどうにもならない」「後悔しても未来の為にはならない」ということを意味しています。 それに対して、「後の祭り」は、「してしまった事は元に戻らないのにバタバタを騒いでも仕方ない」というような状況に使う言葉です。 「覆水盆に返らず」は、「一度してしっまった事は2度と元に戻すことができない」というニュアンスです。

「後の祭り」の意味は「時機におくれてどうにもならないこと」

「後の祭り」は「あとのまつり」と読みます。 「後の祭り」の意味は、「時機におくれてどうにもならないこと」です。 「あとの祭り」の語源は「祭りが終わった後では見物に行っても意味がない」ということからなど、諸説あります。 「事物が終わった後で後悔して騒いでも、どうにもならない」というような意味合いの他にも、「~をするには遅すぎた」「~すべきタイミングを逃した」という「時すでに遅し」というニュアンスもあります。 「すでに手遅れで、どうすることもできないといった状況」で使用する言葉です。

例文 「誤りを発見した時には間違った情報が出回っており、すでに後の祭りだった」 「後の祭りだということはわかっていても、諦めることができなかった」 「結婚を断ったことをひどく後悔したが、相手はすでに新しい恋人を見つけており後のまつりなのであった」

「覆水盆に返らず」の意味は

「覆水盆に返らず」は、「ふくすいぼんにかえらず」と読みます。 「覆水盆に返らず」の意味は「一度してしまったことは、取り返しがつかないこと」です。 「覆水」は、こぼした水のことを指し、「盆」は「お盆」を指しています。 このことから、「覆水盆に返らず」は「一度こぼしてしまったしまった水は元に戻らない」ということの例えであることがわかります。 「覆水盆に返らず」の語源は、中国古代の「元妻に復縁を迫られた元夫が、水をこぼし、この水を盆に戻すことができたら復縁する」と返事をしたことだと言われています。 つまり、この話は、「こぼれた水を元に戻すのは不可能であるのと同じように復縁することは不可能である」ということを例えて伝えたということです。 このことから、「覆水盆に返らず」は、「一度離婚した夫婦は元に戻ることができない」という意味を持つようになり、その意味が転じて、「一度してしまった事はどんなに後悔しても取り返しがつかない」という意味合いをもつようになったと考えられます。 「どんなに後悔しても元に戻すことはできない」という「どうにもならない」よいいう場面や状況で使用する言葉です。

例文 「私の両親は仮面夫婦で、実は覆水盆に返らずの状態であるよいうことに大人になってから気がついた」 「どんなに問題を解決しようと努力しても覆水盆に返らずだった」 「こんなことになってしまっては、もう覆水盆に返らずだよ」

「後悔先に立たず」の類語

臍を噛む(ほぞをかむ)

「臍を噛む」は「ほぞをかむ」と読みます。 「臍を噛む」の意味は、「ひどく後悔すること」です。 「臍」は訓読みで「へそ・ほぞ」と読み、「へそ」という意味があります。 つまり、「臍を噛む」は「ひどく後悔すること」という意味です。 どう頑張っても、自分で自分のへそを噛むことはできないのに、それでも噛もうとしてイライラしているという様子から、「どうにもならない後悔の気持ち」を「臍を噛む」と表現するようになったと言われています。 「臍を噛む」は、「悔やんでも仕方のない場面でそれでも後悔をしている」といった場面で使用します。

例文 「彼は臍を噛む思いでその時間を過ごしていたに違いない」 「学生の頃にもっと勉強を頑張ればよかったと今でも臍を噛んでいる」

流水源に返らず

「流水源に返らず」は「りゅうすいみなもとにかえらず」と読みます。 「流水源に返らず」の意味は「過ぎてしまったこは元に戻すことができない」です。 「流れてきた水は、流れでた元の場所に戻すことはできない」という事が転じて、「過ぎてしまったことを元に戻すことはできない」という意味で「流水源に返らず」と表現されるよになったと言われています。

例文 「流水源に返らずというので、できる限りの努力をしよう」 「流水源に返らずなので前向きに今後のことを考えていこうと思う」

油断大敵

「油断大敵」は「ゆだんたいてき」と読みます。 「油断大敵」の意味は「油断をしていると思わぬ失敗をする」です。 「油断」の意味は、「気を許して注意を怠ること」で、「大敵」は「打ち破りにくい相手・強敵」という意味です。 つまり、たいしたことではないだろうと、たかをくくって油断していると、失敗をしたり痛い思いをするということで、油断が最大の敵であるということを言い表した言葉です。

例文 「あと点で合格というところで、誤字により不合格になってしまい、まさに油断大敵だと思った」 「油断大敵だよ!常に気をひきしめて!」

「後悔先に立たず」の対義語

備えあれば憂いなし

「備えあれば憂いなし」は、「そなえあればうれいなし」と読みます。 「備えあれば憂いなし」の意味は「日頃から備えていれば何も心配することはない」です。 例えば、地震などの災害に備えて非難用具を用意をしておくといったような「備え」に対して「備えあれば憂いなし」といったような使い方をします。

例文 「備えあれば憂いなしというので、多めに食料を買っておこう」 「備えあれば憂いなしなので、災害時の非難場所を家族で確認をした」

転ばぬ先の杖

「転ばぬ先の杖」は、「ころばぬさきのつえ」と読みます。 「転ばぬ先の杖」の意味は「しくじらないように、念には念を入れて用心をすることが大事」ということです。 転んでからでは間に合わないので、転ぶ前に用心して杖を突くということが転じて「転ばぬ先の杖」という言葉になりました。 簡単に言い表すと「万が一の為に準備備えよう」といったニュアンスになるということです。

例文 「転ばぬ先の杖ということを肝に銘じて、生命保険に加入した」 「母はよく、転ばぬ先の杖をいって何事も前もって準備をしていた」

用心に怪我なし

「用心に怪我無し」は、「ようじんにけがなし」と読みます。 「用心に怪我無し」の意味は、「用心をしていれば失敗をすることがない」です。 十分に用心していれば、怪我をすることも失敗をすることもないという意味で使用される言葉です。

例文 「用心に怪我なしなんだから、大げさなくらい対策しておいたほうがいいよ」 「用心に怪我なしだと心得ていた成果か、特に大きな失敗もなく全日程を終えることができた」

準備万端

「準備万端」は、「じゅんびばんたん」と読みます。 「準備万端」の意味は、「準備が完璧に整っていること」 「万端」は、「ある物事についての全ての事柄」という意味です。 何かをする為の全ての準備が整っているということです

例文 「昨日には引っ越しの準備万端で、あとは当日を待つだけの状態だった」 「12時に家を出れるように必ず準備万端にしておいてね!」

「後悔先に立たず」の英語は「It is no use crying over split milk.」

「後悔先に立たず」の英語は、 ・It is no use crying over spilled milk. ・It is too late to be sorry. ・It is too late for regrets. などになります。

さいごに

「後悔先に立たず」のまとめ

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「せっかく(折角)」の意味と使い方!「わざわざ」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「その節は」の意味と使い方、謝罪などの例文、類語や英語表現も紹介

eigobu.jp

敬語「ご自愛ください」の意味、ビジネスでの使い方や返事、類語、英語

eigobu.jp

「ご清祥」と「ご清栄」の違いと使い分け!意味、使い方、例文、類語を紹介!

eigobu.jp

「時下」の意味!「拝啓 時下ますます〜」の使い方や例文も紹介!類語、英語も紹介

eigobu.jp

「時下ますます」の意味、使い方は?「時下ますますご清栄のこと」など例文付きで解説!

eigobu.jp

「よしなに」の語源は古語!意味、使い方、返し方、例文を紹介!類語、英語も

eigobu.jp

「お詫び申し上げます」の意味、手紙・メールでの使い方、例文!類語や英語も

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「後悔先に立たず」の意味、由来は?類語「後の祭り」との違い、英語も