1. TOP
  2. 意味の違い
  3. 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の意味の違いと使い分け

「間が悪い」と「タイミングが悪い」の意味の違いと使い分け

「間が悪い」と「タイミングが悪い」という言葉をご存知でしょうか。「間が悪い思いだ」「タイミングが悪くて困る」といったように使います。では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。どちらも日常会話で使われていることが多いです。見聞きしただけでは、同じように使えると思いますよね。二つとも非常に似ていますが、実は意味が異なります。正しく使うためには、それぞれの意味を知っておくことが必要です。そこで今回は「間が悪い」と「タイミングが悪い」の使い分けについて解説していきます。適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「間が悪い」と「タイミングが悪い」の違い

「間が悪い」・・・運が悪いこと、恥ずかしくなるほどその状況に合っていない言動をとること 「タイミングが悪い」・・・物事を行うのにちょうど良い時期や機会を逃してしまうこと

「間が悪い」と「タイミングが悪い」はどちらも「ちょうど適した時期を逃すこと」を表します。 ほとんど同じように使うことができますが、「間が悪い」は「その状況や状態に適していない言動をとる、きまりが悪い」という意味でも使うことができます。 例えば、「彼女は間が悪くて鬱陶しい」と言えます。これは「彼女はその場に合っていない行動をとってばかりで鬱陶しい」という意味になります。 この場合の「間が悪い」は「タイミングが悪い」に言い換えることはできません。 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の類語には、「折が悪い」「生憎」「具合が悪い」「都合が悪い」などがあります。 また、「間が悪い」には他にも「きまりが悪い」「ばつが悪い」「面目が立たない」といった類語もあります。

「間が悪い」の意味と使い方

「間が悪い」の意味は、 ・引け目を感じる、肩身が狭いこと ・運が悪いこと、時機が悪いこと です。 「間」は「ちょうど良い機会、良い頃合い」、「悪い」は「好ましくない、良くないこと」を意味します。 状況や状態に合っていない言動をすることを表す場合に「間が悪い」を使います。 「間が悪い」はなんとなく照れくさい、きまりが悪いことを表します。 例えば、「仕事をしている最中に、携帯を触っているところを見られて間が悪かった」と言います。これは「仕事中に携帯を触るのは禁止されていないがなんとなく恥ずかしい、面目が立たない」という意味になります。 また、「間が悪い」は「ついていない、良い機会ではない」という意味で使うこともできます。 例えば、「せっかく来たのに、定休日で店が閉まっていて間が悪い」といったように言います。これは「わざわざ来たのに、店が休みとは運が悪い」という意味になります。 「間が悪い」の反対語は「間が良い」となります。

例文 「引け目を感じる」という意味 ・授業の内容がつまらないと話していたら、近くに先生がいて間が悪い思いをした。 ・彼女とデートしているところを友達に目撃されるなんて、間が悪い思いをした。 「運が悪い」という意味 ・寝ていたら間が悪いから、もう少し時間を置いて彼女に電話しよう。 ・間が悪いときにお客さんが来たが、待たせるわけにはいかない。 ・間が悪いことに彼は留守にしているので、帰ってくるまで待つことにしよう。 ・遠いところから来たのに、楽しみにしていたレストランが休みだったとは間が悪い。 ・高速道路で渋滞に巻き込まれるなんて間が悪いが、我慢するしかない。

「タイミングが悪い」の意味と使い方

「タイミングが悪い」の意味は「物事を行う時期や機会を逃してしまうこと」です。 ちょうど良い時期や頃合いなどがずれたり、不運であることを表します。 「タイミング」は「物事を行うのにちょうど良い時機」、「悪い」は「好ましくない、良くないこと」を意味します。「タイミングが合う」「タイミングを外す」「タイミングをとらえる」といったように使います。 望んでいた時間・好ましい時間にある物事が起こったり、電話がかかって来たり、品物が届いたりしないことを「タイミングが悪い」と表現します。 例えば、ある業者から電話がかかってくることになっていて、連絡が来るまでずっと家で待っているとしますなかなか電話が来ないので、少しの時間住んでいるマンション内にあるコンビニでお菓子を買いに行きます。 その少しだけ買い物に行っている間に、業者から電話がかかっていました。このような場合に「タイミングが悪い」と表現できます。 「タイミングが悪い」の反対語は「タイミングが良い」となります。

例文 ・彼に仕事を頼もうと思ったが、タイミングが悪くて話を聞いてもらえなかった。 ・昨日までなら予定が空いていたのに、今日遊びに誘ってくるなんてタイミングが悪すぎる。 ・留守にしている間に彼女が訪問したなんて、本当にタイミングが悪い。 ・ドラマの主演が決まったすぐ後に、週刊誌にスキャンダルを撮られてしまうなんてタイミングが悪い。 ・タイミングが悪かったようで、何度家に電話しても彼女は出なかった。 ・ちょっとの間出掛けているときに宅配便が来るなんて、本当にタイミングが悪い。 ・教室でやっと彼と二人きりになれたのに、下校時間になってしまうとはタイミングが悪い。

おすすめの記事

「内約」と「内訳」の意味の違いと使い分け

WURK

「照査(しょうさ)」と「確認」の意味の違いと使い分け

WURK

《完全版》「ご教授」と「ご教示」の意味の違いと使い分け

WURK

「望む」と「臨む」の意味の違いと使い分け

WURK

「徴収」と「徴集」の意味の違いと使い分け

WURK

「検討」と「見当」の意味の違いと使い分け

WURK

「検討」と「検証」の意味の違いと使い分け

WURK

ビジネスシーンでもよく使われる「拙い」正しい意味と読み方

WURK

次は「成長期」が来る?「黎明期」の正しい意味と読み方

WURK

「故意犯」との違いは?「確信犯」の正しい意味と使い方

WURK

「さぞかし」の意味と使い方、類語「さぞ・さぞや」との違いは?類語・敬語も解説!

WURK

「お目汚し」の意味、使い方、例文、類語、英語!「お耳汚し」とは?

WURK

「ご紹介」の意味とメールでの使い方、敬語、類語、「紹介」との違い

WURK

「つまらないものですが」の意味と使い方、返事、語源、言い換え、英語表現

WURK

「ご確認の程よろしくお願いいたします/申し上げます」の意味と敬語、返信、英語

WURK

「ご遠慮ください」の意味と使い方、類語、敬語、「お控えください」との違い

WURK

「お心遣いありがとうございます」の意味と目上への使い方、返信、類語、英語

WURK

「迅速な対応」の読み方と意味は?目上への敬語表現、類語、英語も紹介

WURK

「ご愛顧(あいこ)」の意味と使い方!「ご愛好」は別の意味?類語や英語も紹介

WURK

「追記」の意味と使い方、類語「加筆・追伸・付記・補記」との違い、英語は?

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 意味の違い
  3. 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の意味の違いと使い分け