1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「追記」の意味と使い方、類語「加筆・追伸・付記・補記」との違い、英語は?
「追記」の意味と使い方、類語「加筆・追伸・付記・補記」との違い、英語は?

「追記」の意味と使い方、類語「加筆・追伸・付記・補記」との違い、英語は?

「追記」という言葉をご存知でしょうか。「追記事項」「追記する」などと、見聞きしたことがあると思います。改まった文章で使われていることが多い言葉ですよね。では、「追記」とはどのような意味なのでしょうか。なんとなく字面を見ただけで意味をイメージすることができますが、具体的な意味については知らないという人が多いかもしれません。「追記」には似た言葉がたくさんあるため、意味を正確に覚える必要があります。そこで今回は「追記」の意味や使い方、類語との違いについて解説していきます。「追記」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう!

「追記」とは

「追記」の読み方は「ついき」

「追記」はついきと読みます。

「追記」の意味は「後から付け加えて書くこと」

「追記」の意味は「後から付け加えて本文の後に書き足すこと、書き足す文章」です。 書き漏らした内容あるいは、そこまで内容に関係あることではないが伝えたい事を本文の後に書き記すことを表します。 「追記」は書類・メール・ブログなどで使われています。主に、改まった文書内で使うことが多いです。 また、「追記」は「既にデータが入っているCDやDVDに、後から映像を追加すること」という意味もあります。

「追記」の使い方と例文

メールではコロン(:)を付けて「追記:」の形で使う

ビジネスメールで追記をする場合は「追記:」の形で主に使われています。 どのように使うか具体例をいくつか紹介しますので、是非参考にしてみてください。

「追記」を使ったメールの具体例

件名:昨日のお礼 おはようございます。営業部の◯◯です。 昨日は大変ありがとうございました。先方に対しての対応など、大変勉強になりました。 今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 追記:お土産の品をいただきありがとうございました。社内のみんなで美味しくいただきました。

件名:◯◯の件についての完成 大変お世話になっております。△△です。 ◯◯の件についての資料が完成しましたので、ご報告いたします。 お手数おかけしますが、内容をご確認のほどお願い申し上げます。 ご多忙中申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。 追記:先日は貴重なご助言をいただき、誠にありがとうございました。おかげさまで、企画が上手くいきました。今後ともご指導の程お願いいたします。

件名:イベント開催のお知らせ こんにちは◯◯です。 △月△日水曜日に****でイベントを開催することが決定いたしました。 □□にご興味のある方、□□をさらに知っておきたいという方にはぜひご出席いただきたいイベントです。 ご出席いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。 追記:ご出席される場合は、必ず電車やバスなどの交通機関をご利用ください。

「追記する」「追記あり」「追記事項」などとも

「追記」の言い回しには「追記する」「追記事項」「追記あり」などとなります。 例えば、「漏れていた事項を追記する」「条件を追記する」「書き換えるのは時間がかかるので追記する」などと言います。 「追記事項」は主に条件や進捗状況などで新たな条件や情報を相手に伝える場合に使われています。 「追記あり」は件名や文章の最初に「追記がありますよ」とお知らせするために使われています。

「追記」の類語語との違い

「加筆」の意味は「文章や絵などに、筆を加えることによって訂正や追加をすること」

「加筆」はかひつと読みます。 意味は「文章や絵などに、筆を加えることによって訂正や追加をすること」です。 「追記」は「後から付け加えて、本文の後に書き足すこと」 「加筆」は「文章や絵に、筆を加えて直したり追加すること」 「追記」と「加筆」では意味が異なります。 「加筆」は文章を書いている最中に、本文や絵に書き漏らしたことを付け加えることを表します。 「追記」は本文を書き終わった後に、発覚した抜け漏れを最後にまとめて書き足すことを表します。 「追記」は元ある文章はそのまま残りますが、「加筆」は元ある文章を直すので少々内容が変わります。

例文 ・直すところがあったので、原稿に加筆する。 ・何か訂正する部分があったら、ご加筆ください。

「追伸」の意味は「手紙で、本文を書き終えた後にさらに書き加える文」

「追伸」はついしんと読みます。 意味は「手紙で、本文を書き終えた後にさらに書き加える文」です。 「追記」は「後から付け加えて、本文の後に書き足すこと」 「追伸」は「本文を書き終わった後で、新たに書き足すこと」 「追記」と「追伸」は意味は同じですが、使い方が異なります。 「追記」は「文書」、「追伸」は「手紙」で使います。「追記」の方がやや堅いイメージです。 「伸」という字には「述べる」という意味が含まれているため、「追伸」は述べる相手がいる手紙で使うことになります。 「追伸」は「追記」と同様に、「P.S.」と表記することもできます。

例文 ・追伸、柴犬の花子も元気に暮らしております。 ・追伸、別便にて贈り物を送ったのでご笑納いただければ幸いです。

「付記」の意味は「本文に付け加えて書き記すこと」

「付記」はふきと読みます。 意味は「本文に付け加えて書き記すこと」です。 「追記」は「後から付け加えて、本文の後に書き足すこと」 「付記」は「本文に後から付け足して、書き記すこと」 「追記」と「付記」では意味も使い方も異なります。 「付記」は、本文の内容とは別に述べたいことを付け足したい時に書き記すことです。 文書やメールにおいて使われることが多く、「付記」は書籍や資料において使われることが多いです。

例文 ・参考資料に関しては、付記をご確認ください。 ・商品に関する評価を付記しておく。

「補記」の意味は「不足しているところを補って書き記すこと」

「補記」はほきと読みます。 意味は「不足しているところを補って書き記すこと」です。 「追記」は「後から付け加えて、本文の後に書き足すこと」 「補記」は「不足している部分を、補って書き足すこと」 「補記」は本文だけでは書き足りなかったことを書き記すことです。情報として伝えた方が良いもの、本文には入れられなかたものの必要な事柄などを表します。 内容の重要度としては、「追記<補記」となります。

例文 ・注意しなればならない事柄を補記する。 ・詳細について補記しておく必要がある。

「追加」の意味は「すでにあるものに、後から増し加えること」

「追加」の意味は「すでにあるものに、後から増し加えること」です。 「追記」は「後から付け加えて、本文の後に書き足すこと」 「追加」は「すでにある事柄に、後から付け加えること」 「追記」と「追加」はほぼ同じ意味ですが、「追加」の方が意味が広いです。 「追記」は「本文のあとに、文章を書き加えること」で、「追加」は「すでにある事柄に、後から付け足すこと」を表します。 このように、「追加」は「書くこと」に限定していないため、色々な場面で用いることができます。 例えば、「注文が追加する」「もう一杯追加する」「アカウントを追加」などと言います。 文章においては「追記」の部分を「追加」と置き換えることはできないので注意しましょう。

例文 ・欲しいものがまだあったので、追加注文する。 ・追加で、もう一皿料理を注文する。

「上書き」の意味は「書状や書物などの、表面に文字を書き記すこと」

「上書き」は「書状や書物などの、表面に文字を書き記すこと」です。 「追記」は「後から付け加えて、本文の後に書き足すこと」 「上書き」は「書状・箱・封書などの、表面に宛名や名称などを書き記すこと」 このように、「追記」と「上書き」では意味が異なります。 「上書き」は、荷物や手紙など表に宛名や表題を書くことを表します。 「荷物に上書きする」「小包に上書きする」などと使います。 また、「上書き」には「パソコンにおいて、すでに入っているデータを削除して新しいデータに置き換える」という意味もあります。「上書き保存」「上書き入力」などと言います。

例文 ・直しが必要の文章を赤字で上書きしておく。 ・間違いがあったので、荷物の宛名欄を上書きする。

追記でメールを再送する時の3つのポイント

社内外問わず、、 書き忘れがあり書き足しが必要な場合

件名に追記の旨を明記する

メールを再送する際は、同じ件名では送らないようにしましょう。 同じ件名の場合、同じメールが誤送されたと勘違いされてしまうことがあります。 追記事項を再送する場合は一目で分かるように、件名に「追記」と入れましょう。 そうすることによって、相手も「追記で来たんだ」とメールを確認してくれます。

本文はなるべく簡潔にまとめる

追記事項をメールで再送する場合、内容は追記事項のみで大丈夫です。 同じ内容は繰り返さずに、「先程のメールの追記事項です」と追加で送るべき内容だけ記入しましょう。

追記するからには相手に有益な情報を送る

追記で送る内容には、有益もしくは必要である情報や内容を入れましょう。 わざわざ再送をするわけですから、どうでもいいような内容は送らないようにしましょう。

「追記」のその他の類語は「追録」「付載」「書き足し」など

追録(ついろく) (意味:新たに書き足すこと) 「書き忘れたので追録する」 付載(ふさい) (意味:小説や雑誌において、本文に書き足して掲載すること) 「付載があるが、本文に入れるのを忘れたのだろう」 書き足し (意味:本文を書き終えた後に、新たに付け加えること) 「内容を書き足すことにした」 付言(ふげん) (意味:新たに付け加えて言うこと) 「付言があるから聞いてくれ」 追って書き (意味:手紙において、後から付け加えること) 「詳しく追って書きを見てください」 添え書き (意味:手紙などの終わりに付け足すこと) 「添え書きをよく読んでください」 言い添える (意味:後から言葉を付け足すこと) 「言い添えることがあるので、もう少しお待ちください」 添付 (意味:書類などにおいて、補足として別のものを添え付けること) 「資料を添付したので確認してください」

「追記」の英語

「追記」の英語は「ps」「P.S.」

「追記」は英語で「P.S.」と書きます。そのまま「ピー・エス」と読みます。「P」と「S」の後にドットを入れるのが基本ですが、入れない場合もあります。 「P.S.」はラテン語の「Post-Script」の略になります。

「P.S.」の意味や使い方|英語のメールで使う「追伸」の略

eigobu.jp

「追記する」は「add」「update」

「追記する」と動詞の形で使う場合は、「add」「update」などの動詞を使うとよいでしょう。 「add postscript」で「追記する」の意味になります。「update some information」「add more details」などと表現もしても「追記する」という意味なります。

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「追記」について理解できたでしょうか? ✔︎「追記」は「ついき」と読む ✔︎「追記」は「後から付け加えて、本文の後に書き足すこと。書き足す文章」を意味 ✔︎「追記」は書類・メール・ブログなど、改まった文書内で使うことが多い ✔︎「追記」の類語には、「追録」「書き足し」「言い添える」などがある

こちらの記事もチェック

下ネタという意味?「下世話」の正しい意味と使い方、読み方、類語について解説!

eigobu.jp

「けしからん」の意味と語源、使い方、類語、英語表現

eigobu.jp

「的を射る」と「的を得る」誤用はどっち?意味、使い方、類語、例文を解説

eigobu.jp

「一縷の望み」か「一抹の望み」か?「一縷」と「一抹」の違いと使い分け

eigobu.jp

「参りました」の意味と使い方、英語、「伺いました」との違い

eigobu.jp

誤用に注意!「失笑」の正しい意味と使い方、苦笑・冷笑・爆笑との違い

eigobu.jp

「適当」は逆の意味が2つある!?正しい意味、使い方、語源を解説

eigobu.jp

文末で使う?「重ねて御礼申し上げます」の意味とメールでの使い方、英語表現を解説!

eigobu.jp

「誠に勝手ながら」の意味やビジネスシーンでの使い方、例文、類語、英語表現を解説!

eigobu.jp

「老婆心ながら」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も解説

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「追記」の意味と使い方、類語「加筆・追伸・付記・補記」との違い、英語は?