1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 盟友・親友・朋友・戦友・悪友 の意味の違いと使い分け
盟友・親友・朋友・戦友・悪友 の意味の違いと使い分け

盟友・親友・朋友・戦友・悪友 の意味の違いと使い分け

「盟友」という言葉をご存知でしょうか。「盟友関係」「盟友である」などと使います。日常会話ではあまり使うことがない言葉なので、知らない方も多いかもしれません。「友」という言葉が含まれていることから、何となく意味はイメージできますが、具体的な意味は分からないですよね。また、似た言葉には「親友」「朋友」「戦友」「悪友」などがあります。どれも違いはないように思いますが、それぞれ意味が異なるのでしっかりと理解する必要があります。そこで今回は「盟友」「親友」「朋友」「戦友」「悪友」の使い分けについて解説していきます。違いを知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

「盟友」「親友」「朋友」「戦友」「悪友」の違いまとめ

「盟友」・・・固い約束で結ばれた友達。固く誓い合った同志 「親友」・・・深刻な話ができるなど、信頼できる親しい友達 「朋友」・・・ただの友達。中国語で「友達」の意味 「戦友」・・・仕事やスポーツなどで、厳しい経験を共に味わった仲間 「悪友」・・・つるんでいても得るものがない悪い友達。親しい仲間のことを親しみを込めて言うこともある

「盟友」の意味と使い方

「盟友」は<めいゆう>と読みます。 「盟」は音読みで「メイ」、訓読みで「ちかう・ちかい」と読みます。 「盟」は「固く約束する。約束を結ぶこと」を意味します。 「友」は音読みで「ユウ」、訓読みで「とも」と読みます。 「友」は「ともだち」を意味します。 「盟友」の意味は「固い約束を誓い合った友。同志」です。 ただの友人ではなく、誓いを立てた友人を表します。 「盟友」で知られているのは、『三国志』で劉備・関羽・張飛の三人が同盟を組み、蜀の国を建てた話です。 同じ目的があったからこそ、この三人でビジ目標を達成することができました。

例文 ・良いことも悪いことも共に経験してきた盟友には何でも相談できる。 ・苦しい状況でも共に戦ってきた彼とは、盟友であると言える。 ・長年の盟友であった彼女と、些細なことで喧嘩になってしまったがすぐに仲直りした。 ・幼い頃から一緒にいる彼とは盟友関係だったものの、大人になるにつれて関係が解消してしまった。 ・目標を達成できた喜びで、盟友を抱きしめる。 ・先日、長年の盟友であるAが病のため旅立った。

「親友」の意味と使い方

「親友」は<しんゆう>と読みます。 「親」は音読みで「シン」、訓読みで「おや・したしい・したしむ・ちかい」と読みます。 「親」は「身近に接して仲が良いこと」を意味します。 「友」は音読みで「ユウ」、訓読みで「とも」と読みます。 「友」は「ともだち」を意味します。 「親友」の意味は「お互いに信用し合っている仲の良い友達」です。 「親友」はただの友達ではなく、極めて仲の良い友達を表します。 どこからを「親友」にするか基準は人それぞれですが、「友人」と違い、深刻な話ができる人・沈黙が流れても苦痛ではない人などが挙げられます。 最近では「親友」を「マブダチ」と表すことも多いです。

例文 ・友達は多いが、親友と呼べる人は少ない。 ・私には何か起こった場合にはすぐに駆けつけてくれる親友がいる。 ・私には親友が二人いるが、最近は連絡を取ってはいない。 ・親友は大切にしておかないと、後で痛い目を見るよ。 ・いくら親友でもお金を貸すとなると躊躇してしまう。 ・彼は自分には親友が10人いると、ホラを吹いている。

「朋友」の意味と使い方

「朋友」は<ほうゆう>と読みます。 「ぼうゆう」と読むこともできますが、稀です。 「朋」は音読みで「ホウ」、訓読みで「とも」と読みます。 「朋」は「ともだち」を意味します。 「友」は音読みで「ユウ」、訓読みで「とも」と読みます。 「友」は「ともだち」を意味します。 「朋友」の意味は「ともだち。親しい仲間」を意味します。 「朋友」はとても仲が仲が良いという意味合いではなく、単なる友達を表します。 「知己朋友(ちきほうゆう)」という言葉があります。「知己朋友」は「自分のことをよく知っている友達」を表します。

例文 ・Aさんは彼女と朋友だから、彼女のことを色々と知っているかもしれない。 ・その話は朋友どころか家族にも話してはいないから、誰も知るはずがない。 ・朋友の誕生日には、何かプレゼントを贈るように意識している。 ・朋友と遊ぶため、しばらくの間は家を留守にする。 ・あの人はちょっとしたことですぐ怒るから、朋友が少ない。 ・サザエさんに出てくる中島くんは、カツオの知己朋友として知られている。

「戦友」の意味と使い方

「戦友」は<せんゆう>と読みます。 「戦」は音読みで「セン」、訓読みで「いくさ・たたかう・おののく・そよぐ」と読みます。 「戦」は「敵と争うこと。たたかうこと」を意味します。 「友」は音読みで「ユウ」、訓読みで「とも」と読みます。 「友」は「ともだち」を意味します。 「戦友」の意味は、 ・同じ部隊に所属して、戦場で共に戦った仲間 ・辛い経験を共にした仲間 です。 元々「戦友」は「生活を共にし、戦闘に従事する仲間」を表していましたが、比喩的に「仕事やスポーツにおいて、手厳しいことを共にする仲間」を表す場合にも使うようになりました。

例文 ・彼は戦友であり良きパートナーなので、何でも相談できる。 ・一緒に頑張った戦友を見捨てるなどと、最低な行為はできない。 ・彼はチームの暗黒期を共に支えた戦友なので、今の活躍はとても嬉しい。 ・辛い時期に苦労を共にすることができた戦友が、手の届かない存在となる。 ・今日の飲み会では、共に甲子園に出場した戦友が集まる。 ・彼女は戦友なので、簡単に見捨てることができない。

「悪友」の意味と使い方

「悪友」は<あくゆう>と読みます。 「悪」は音読みで「アク・オ」、訓読みで「わるい・あし・にくむ」と読みます。 「悪」は「正しくない。まずいこと」を意味します。 「友」は音読みで「ユウ」、訓読みで「とも」と読みます。 「友」は「ともだち」を意味します。 「悪友」の意味は「良くないともだち。ワルの友人」です。 「悪友」は、自分がつるんでいても得るものがない悪い友達を表します。 また、「悪友」は気心知れた仲間や友人のことを親しみを込めて呼ぶ名称として用いることもできます。 昔からの付き合いである友達や、特に仲良くしている友人を指して使うことが多いです。

例文 ・そろそろ悪友との繋がりを切らないと、自分も悪い方面に進んでしまう。 ・彼女は悪友と付き合い始めてから、何だか性格や雰囲気が変わってしまった。 ・彼があんなにガラが悪いのは、悪友と付き合っているからだ。 ・彼女は幼い頃からの悪友なので、遊びに誘うと必ず来てくれる。 ・関係を切りたいと思っても、学生時代からの悪友なのでなかなか難しい。 ・基本的に誰と遊んでいても面白いが、特に悪友と遊んでいる時が一番楽しい。

こちらの記事もチェック

Article 2 thumb

「お世話になっております」の意味、社内やメールでの使い方!英語も紹介

eigobu.jp
Article 7 thumb

「拝受」の意味と使い方!類語「受領」との違いは?英語も紹介

eigobu.jp
Article 22 thumb

「左様」「左様でございます」の意味と使い方!語源は然様?類語・英語も

eigobu.jp
Article 21 thumb

「賜る」「賜ります」の正しい送り仮名は?使い方と類語!承るとの違いは?

eigobu.jp
Article 6 thumb

「一入(ひとしお)」の意味と使い方!語源や類語、英語も紹介

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 盟友・親友・朋友・戦友・悪友 の意味の違いと使い分け