1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご検討」の意味とビジネスメールでの使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介
「ご検討」の意味とビジネスメールでの使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介

「ご検討」の意味とビジネスメールでの使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介

「ご検討」という言葉をご存知ですか?相手に検討をしてほしいという場面はビジネスシーンでもよくあると思いますが、「ご検討」という言葉の正しい意味と使い方をご存知でしょうか。今回は、「ご検討」の正しい意味とビジネスシーンでよく使用される言い回しを例文つきで紹介します!「ご査収」との違いや、類語、英語表現も紹介しますので参考にしてください。

「ご検討」の読み方・意味

「ご検討」の読み方は「ごけんとう」

「ご検討」の読み方は「ごけんとう」です。 「ご検討」は、「検討」という言葉に「ご」をつけて丁寧にした言葉です。 「検」は音読みで「けん」と読みます。 「検」には「しらべる・あらためる」「とりしまる・ただす」という意味があります。 「討」は、音読みで「とう」訓読みで「うつ」と読みます。 「討」には、「うつ・せめうつ」「たずねる・しらべる」という意味があります。

「ご検討」の意味は「よく調べて考えること」

「ご検討」は、「検討」という言葉の丁寧語です。 「検討」には、「よく調べて考えること」という意味があります。 「物事を詳しく調べて、良いか悪いかを考える」ということを「検討する」といいます。 何かを提案され、すぐに答えがだせないというような場面で、「考えてみます」というニュアンスで「検討します」というように答えるのを耳にしたことがあるかと思いますが、「検討」と「考える」はニュアンスが少々異なります。 「検討」は、「考える」というよりは、「よく調べて吟味する」というようなニュアンスに近いです。 例えば、「対応策を検討する」だったら「よく調べて対応策が良いかどうか考える」という意味になります。 「考えます」というニュアンスで使用そても問題はありませんが、本来の意味もしっかりと頭に入れておくことが大切だと言えるでしょう。 先程から述べているように、「ご検討」は、「検討」を丁寧語にしたものなので目上の人やビジネスシーンで使用できる言葉です。

「検討」と「見当」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「検討」と「検証」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご検討」の使い方と注意点

「ご検討」だけだと丁寧語

「ご検討」は、「ご検討」だけだと丁寧語になります。 丁寧語は、目上の人にも使用できる言葉ですが、「ご検討」は「ご検討」のみで使用することはありません。 ご検討いただけると幸いです ご検討お願いいたします といったように、「ご検討」の後にさらに尊敬語をつけて使用します。 自分が相手の提案などに対して「検討します」という場合は、「ご検討」は使用しませんので注意しましょう。 自分が検討をする場合は、「検討いたします」というような使い方をします。

一般的な「ご検討ください」は実は命令形

「ご検討」の言い回しとして一般的に使用されている「ご検討ください」は実は命令形です。 「ください」という言葉は、「くれ」の尊敬語で、相手に物や何かを請求する意を表す言葉です。 そのため間違えている表現ではありませんが、「〜してください」と言われると、ぶっきらぼうに感じたり、失礼だなと感じる人もいます。 お願いするときはより丁寧な表現でお願いすることが望ましいです。

「ご検討くださいませ」も命令形だが、丁寧な表現

「ご検討ください」を使用するならば、「ご検討くださいませ」のほうが丁寧で良いです。 「ませ」は「丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」「丁寧な気持ちを込めて挨拶する意」を表します。 したがって、「くださいませ」は「丁寧な気持ちを込めて相手に何かを依頼・懇願すること」を意味します。 このように、「ご検討ください」という言い回しは、ビジネスで使用することもできますが、「ご検討のほどお願いいたします」などもっと丁寧な敬語のフレーズを使用するように心がけましょう。 ビジネスで使えるフレーズを後述しますので参考にしてください。

男性も使える?「くださいませ」の意味と使い方、目上の人には失礼??

eigobu.jp

「ご検討の上」は本来「ご検討のうえ」が正しい

副詞、補助動詞として使う場合は「〜のうえ」とひらがな表記が正しい使い方です。。 「〜のうえ」は「〜したあと」という意味になるため、「ご検討のうえ」は「ご検討したあと」といった意味となります。 「ご検討のうえ、ご連絡のほどよろしくお願いいたします」の場合は「検討したあとに連絡してください」といった意味となります。

「〜のうえ」と「〜の上」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご検討いただけますでしょうか」は二重敬語で不適切

「ご検討いただけますでしょうか」と使っている方も多いですが、本来は「ます」と「です」の両方を重ねて使うのは間違いです。 「いただけますでしょうか」や「いらっしゃいますでしょうか」などはよく使われているフレーズで違和感を覚えない人が多くいますが、日本語の使い方としては間違っているため注意しましょう。

「ご検討してみてください」はビジネスには不向き

「ご検討してみてください」は、とてもカジュアルな言い回しのためビジネスシーンで使うのは不適切です。 「ご検討」以外でも「〜してみてください」は使わないようにしましょう。 ビジネスシーンでも使える正しい言い回しは下記を参照してください。

「ご検討」のビジネスメールで使える言い回し・例文

依頼する時は「ご検討のほどよろしくお願いいたします」

ビジネスシーンで依頼する場面では、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」という言い回しを使用します。 「〜のほど」という言葉には、「〜してくれるよう」という意味があります。 つまり、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は「ご検討をしくれるようよろしくお願いします」という意味になります。 後ろについている「よろしくお願いいたします」は「願う」に尊敬を表す接頭語の「お」に丁寧語の「ます」をつけ、相手に敬意を示した言葉です。 「ご検討ください」では、上述したようにきつい言い方となってしまいますが、「〜のほど」を使用すると相手に強制することなく、全体的に丁寧で柔らかい印象になります。

例文 「何卒ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「お手数ですが、再度ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「先程お話しておりました商品のパンフレットを送付させていただきましたので、ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ、大変恐縮ですがご検討のほどよろしくお願いいたします」 「企画の内容に関する資料を添付させていただきましたので、ご検討お願いいたします」 「ご多用中とは存じますが、ぜひともご検討のほどよろしくお願いいたします」

さらに丁寧に依頼する時は「ご検討いただけますと幸いです」

さらに丁寧に依頼する時は「ご検討いただけますと幸いです」という言い回しを使用します。 「いただけます」は、「〜してもらえる」という意味の謙譲語になります。 さらに、「幸い」という言葉でさらに丁寧な表現をしているのが「ご検討いただけると幸いです」というような言い回しになります。 「幸いです」は、「〜してくれたら嬉しいです」という意味で使用されるお願いする場面で使用する言葉です。 つまり、「ご検討いただけますと幸いです」は、「ご検討してもらえると嬉しいです」という意味になります。

例文 「本日ご紹介させていただきました内容をかからたパンフレットを郵送させていただきましたので、ご検討いただけますと幸いです」 「大変恐縮ではございますが、何卒ご検討いただければ幸いです」 「ぜひとも前向きにご検討いただければ幸いです」 「○月○日ということでいかがでしょうか?ご検討いただきますと紹介」 「お忙しいを存じますが、ご検討いただければ幸いです」

検討してもらったら「ご検討いただきありがとうございます」

相手に何かを検討してもらったら、「ご検討いただきありがとうございます」とお礼をいいます。 「〜いただき」は、「いただく」の謙譲語です。 「謙譲語」は、相手を敬って自分のしてもらったことをへりくっだった言い方をする表現です。 つまり、「検討してもらい〜」というのを相手に敬意を示した言い方をすると「検討していただく」となります。 「検討」というのは、よく調べて考えるという意味の言葉なので、検討をしてらうということは、相手に検討する時間をとってもらったということになります。 「お忙しい中ご検討いただきありがとうございます」というようなお礼を述べるととても丁寧で印象がいいでしょう。

例文 「この度は、お忙しい中ご検討いただきありがとうございます」 「数ある製品の中から当社の商品をご検討いただきありがとうございます」 「前向きにご検討いただきまして誠にありがとうございます」 「ご多用中にもかかわらずご検討いただきましてありがとうございます」

「重ねてご検討」は検討事項が複数ある場合に使う

「重ねてご検討」は、すでに「Aを検討してください」と言っている状態で「Bも検討してください」と言う場合に使います。 「ひとつのメールや文書でAとBの検討を頼む場合」も「すでにAの検討を頼み、後日Bの検討を頼む場合」のどちらでも使うことができます。

例文 「Aプランと併せてBプランも重ねてご検討のほどよろしくお願いいたします」 「○○のご検討をよろしくお願いいたします。また、○○の件につきましても重ねてご検討いただけますと幸いです。ご多忙と存じますがよろしくお願いいたします」

「ご多忙」の意味とビジネスメールの使い方、「ご多用」との違い、類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ご検討」と「ご査収」の違い

▶「ご検討」・・・「よく調べて考えること」 ▶「ご査収」・・・「よく調べた上で受け取ること」

「ご査収」の意味は「よく調べた上で受け取ること」

「ご査収」は「ごさしゅう」と読みます。 「ご査収」は、「査収」という言葉に「お」をつけて丁寧語にした言葉です。 「査収」は「よく調べた上で受け取ること」を意味し、「同意する・納得する」という意味も含まれます。 「ご査収」は「物品・書類・金額などをよく調べて受け取ること」を意味します。 ビジネスシーンでよく使われる「ご査収ください」は簡単に言うと、「しっかり調べて受け取ってね」ということです。単に”受け取ってください”という意味ではなく、「しっかり内容を確認したり、理解してください」という意味合いになります。 一般的に、「ご査収」は口語というよりもメールなどの書き言葉として用います。 「ご査収」はメールで何かの書類などの添付ファイルを付けたときに、そのファイルをよく確認して受け取ってほしいという場合に使います。相手に対して”添付資料を確認してねと”いうことをお願いしています。 「ご査収」という表現を使う際は、資料など受け取るものがあることが前提です。

例文 「領収書を発送致しましたので、ご査収のほでよろしくお願いいたします」 「資料を送付させていただきましたので、ご査収いただいてからご連絡いただけますか」 「新商品のサンプルを郵送いたしますのでご査収くださいませ」 「企画書をお送りいたしましたので、お手数ですがご査収のほどよろしくお願いします」 「当日のスケジュールを添付いたしましたので、ご査収のほどお願い申し上げます」

社内で使える?「ご査収」の意味と使い方、類語、返事の仕方、「ご確認」との違いを解説!

eigobu.jp

「ご検討」の類語

「ご一考」

「ご一考」は、「ごいっこう」と読みます。 「ご一考」は「よく調べて一度考えてみること」を意味します。 例えば「ご一考いただきたい」とした場合は、「少し考えてみて」という意味合いになります。

例文 「先日お話させていただいた件ですがご一考のほどお願いいたします」 「お忙しいなか申し訳ございませんが、ご一考いただければ幸いです」 「ご一考していただいた上で、お返事くださいますようお願い申し上げます」 「新商品のパンフレットを同封させていただきましたので、何卒ご一考いただけますようお願いいたします」

「ご考慮」

「ご考慮ください」は、「ごこうりょください」と読みます。 「ご考慮ください」は、「考慮」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけて、「ください」という相手に要求する意をあらわす敬語をつけた言葉です。 「考慮」の意味は「考えをめぐらすこと。よく考え合わせること」です。 物事を色々な要素を含めて考えること・判断や行動の前に色々な要素を考え合わせることを表し、単に”考える”ということではなく、「様々なことに考えを巡らせる」というニュアンスになります。 「ご考慮ください」は、相手に「考慮すること」をお願いしてしいる言い回しです。

例文 「勝手なお願いで誠に恐縮ではございますが、ご考慮いただければ幸いです」 「大変壊れやすい作品となっておりますので、お子様のお手に触れぬようご考慮ください」 「希望どおりにならない可能性があることをご考慮ください」

「ご思案」

「ご思案」は、「ごしあん」と読みます。 「ご思案」は、「思案」という言葉に「ご」をつけた丁寧な言葉です。 「思案」の意味は、「思いをめぐらせること・考えること・考え」という意味です。 「思案」は「どうするのが最善であるのかをあれこれと考える」という意味合いです。 「ご思案」は尊敬を表す接頭語「ご」を付けた形なので、例えば「ご思案ください」といった場合は「(目上の人に対して)よく調べてどうするのが最善なのか考えてください」というニュアンスになります。

例文 「企画書を添付させていただきましたので、ご思案のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ大変恐縮ですが、ご思案いただけると幸いに存じます」 「この度は、ご多用の中、ご思案くださいまして誠にありがとうございます」 「再度商品の説明をさせていただきたいのですが、ご思案いただけますでしょうか」

「ご検討」の英語は「consideration」

「ご検討」の英語は「consideration」といいます。

Thank you for your consideration.

ご検討の程、よろしくお願いいたします。

さいごに

「ご検討」のまとめ

「ご検討」という言葉について理解していただけましたでしょうか? ✓「ご検討」は「ごけんとう」と読みます。 ✓「ご検討」の意味は「よく調べて考えること」 ✓一般的なに使用される「ご検討ください」は命令形 ✓「ご検討」の対語は「ご一考」「ご考慮」など

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「不徳の致すところ」謝罪文でどう使う?意味、類語、例文、英語表現を解説

eigobu.jp

「誠心誠意」の意味と使い方、類語、英語を紹介!謝罪や座右の銘でも使う

eigobu.jp

敬語「ご自愛ください」の意味、ビジネスでの使い方や返事、類語、英語

eigobu.jp

「その節は」の意味と使い方、謝罪などの例文、類語や英語表現も紹介

eigobu.jp

「ご承知おきください」意味、使い方、類語「ご了承」との違い、英語

eigobu.jp

「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「お願い」の敬語表現は?ビジネスメールの使い方、類語、英語表現など徹底解説!

eigobu.jp

「お気遣いなく」の意味やビジネスメールなどの使い方!類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

eigobu.jp

「示唆」の意味と使い方は?類語、「ご示唆」、「暗示」との違い

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご検討」の意味とビジネスメールでの使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介