1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「略儀ながら」の意味と使い方、お礼・お詫び・年末の挨拶のメール例文付きで解析
「略儀ながら」の意味と使い方、お礼・お詫び・年末の挨拶のメール例文付きで解析

「略儀ながら」の意味と使い方、お礼・お詫び・年末の挨拶のメール例文付きで解析

「略儀ながら」という言葉をご存知でしょうか。手紙やメールにおいて「略儀ながら書面を以って」という表現を目にしたことがあるという方が多いかもしれません。「略儀ながら」と聞くと難しそうな感じがしますよね。手紙の締めに使われている表現です。適切に使うためには意味についてきちんと知っておく必要があります。そこで今回は「略儀ながら」の意味や使い方、類語について解説していきます。正しく覚えて上手く使えるようにしましょう!

「略儀ながら」の意味

「略儀ながら」の読み方は「りゃくぎながら」

「略儀ながら」は「りゃくぎながら」と読みます。 「略」は音読みで「リャク」、訓読みで「はかる・おかす・はぶく・ほぼ・おさめる」と読みます。 「儀」は音読みで「ギ」、訓読みで「のり・よい」と読みます。

「略儀」の意味は「正式な手続きを省略した方式」

「略儀」とは「正式な手続きを省略した方式」を意味します。 「儀」とは、「正しい振る舞い、作法、踏むべき手順」を表します。「儀」は「律儀」「礼儀」「儀式」といった言葉があるように、礼節を重んじる日本の伝統を表す漢字です。 それを略したものなので、「略儀」は「踏むべき手続きを簡素化したもの」という意味になります。

「ながら」の意味は「ではありますが」

「ながら」は「ではありますが」という意味です。 よって、「略儀ながら」で「正しい手続きを省略して簡単ではありますが」という意味になります。

「略儀ながら」の使い方

「略儀ながら」は直接会うことができず書中やメールで連絡するときに使う

「略儀ながら」は「本来ならば直接対面してお話すべきですができませんので、申し訳ないですが書面で失礼いたします」という気持ちが込められた表現です。 「略儀ながら」は、直接会って挨拶できない場合に使います。その後実際に会う場合もありますし、必ずしも後から会う必要があるというわけでもありません。 使い方としては、 ・略儀ながら書中にて ・略儀ながら書面を以て(もって) ・甚だ略儀ながら取り急ぎメールにて などとなります。 「略儀ながら書中にて」は、「正しい手続きを略して簡単ではありますが、手紙で」という意味です。 「略儀ながら」を「略儀ではございますが」とすると、より丁寧な表現になります。

「略儀ながら」は文末で使うのが基本

「略儀ながら」は、結びの言葉として文末で使うのがルールです。文頭で使うのは不適切になります。 例えば、文頭で「略儀ながら書面を以ってご挨拶申し上げます」と述べた後に、「まだまだ寒い日が続きますのでお体に気をつけてください」「それから先日の件についてお聞きしたいことがあるのですが」などと文章が続くは不自然です。 要件を述べた後に、そろそろ終わるというところで「略儀ながら書中にて失礼いたします」などと書き文章を締めます。

「略儀ながら」は話し言葉では「簡単ではございますが」

「略儀ながら」は書き言葉で使う表現になります。 口頭で言っても間違いではありませんが、かなり堅い印象になってしまいます。 口頭で使う場合は「簡単ではありますが」「簡単ではございますが」と言うのが普通です。 結婚式のスピーチなどで「簡単ではありますが、お祝いの言葉とさせていただきます」といったように用います。「もう少し言いたいことはあるが、いろいろ都合があるのでここまでにします」という意味合いが含まれます。

「略儀ながら」は年末年始の挨拶、お礼、お詫び、お悔やみの言葉など様々な場面で使う

「略儀ながら」は年末年始の挨拶、お礼、お詫び、お悔やみ、季節の挨拶、お祝い、報告など様々な場面で使います。 主に「略式ながら書面を以って◯◯申し上げます」の形で使います。「◯◯」の部分には、お祝いだったら「お祝い申し上げます」、お悔やみだったら「お悔やみ申し上げます」など場面に応じた表現が入ります。

「略儀ながら」の場面別の文例

例文 ・よき新春を迎えられたことと、謹んでお慶び申し上げます。昨年は大変お世話になりました。本年も何卒よろしくお願いいたします。略儀ながら書中にてご挨拶申し上げます。 ・いつもお世話になっております。本日はお忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございました。今後も何かとご助言を仰ぐことがあるかと存じますが、よろしくお願いいたします。略儀ながら書面を以ってお礼を申し上げます。 ・◯◯様がご病気で入院なさったとお聞きして驚いております。十分に養生され、一日も早く退院なさいますことをお祈りいたします。甚だ略儀ながらメールにてお見舞い申し上げます。

「略儀ながら」の類語・言い換え

「略式」は「略儀」と同義だが、「略式ながら」とは基本的に言わない

「略式」も「正式の手続きや手順を省略して手軽にした方式」を意味します。「略式」と「略儀」は同義語です。 「略式」と「略儀」は同じ意味ですが、「略式ながら」とは基本的にいいません。 「略式」は「略式の礼服」「略式の服装」「略式の礼装」といったように、「簡単なもの、手軽なもの」という意味で「の」を伴って使用するのが一般的です。

例文 ・略式の礼服を用意しなければならない。 ・様々な事情があるため略式手続きが行われた。

「不躾ながら」

「不躾ながら」は「ぶしつけながら」と読みます。 「不躾」は「礼儀作法をわきまえないこと、無作法であること」を意味します。「不躾ながら」とすると「礼儀作法をわきまえていませんが、失礼ではありますが」という意味になります。 「不躾ながら」は何か目上の人に対して意見をする時やお願い、質問などをする時に用います。「不躾ながら、お願いいたします」などと文頭において使います。 「不躾ではございますが」と言うこともできます。これは挨拶やスピーチの締めの言葉として使うことが多いです。

例文 ・不躾ながら、先日の件について確認したいことがあります。 ・不躾ながら、もう一度メールを送っていただけませんか。

「不躾(ぶしつけ)」の意味は?ビジネスの「不躾ながら」の使い方!英語も紹介

eigobu.jp

「取り急ぎ」

「取り急ぎ」は「とりあえず急いで」という意味です。 「取り急ぎ◯◯まで」というフレーズがよく使われます。「取り急ぎ◯◯まで」は、本来詳しく説明すべきところを省略して、とりあえず用件のみを伝える場合に使います。 「取り急ぎご連絡まで」「取り急ぎお礼まで」といったように用います。 「取り急ぎ」は「略儀ながら取り急ぎメールにてお礼申し上げます」といったように、「略儀ながら」と併用することもできます。 「取り急ぎ」だけではやや軽い印象を与えてしまうため、目上の人に対して使用する際は「略儀ながら」と組み合わせるのが良いです。

例文 ・メールに添付されていた資料を拝見いたしました。取り急ぎご連絡まで。 ・先日はお忙しい中ご指導いただき、誠にありがとうございました。取り急ぎお礼まで。

「取り急ぎ○○まで」の意味、使い方、例文、類語、英語を紹介

eigobu.jp

「取り急ぎ」の意味、使い方、例文、類語、英語!メールでお礼をする時の使い方など

eigobu.jp

「非礼」

「非礼」は「礼儀に欠けていること」を意味します。「非礼ながら」とすると「礼儀に欠けてはいますが」という意味になります。 「非礼」は「失礼」や「無礼」と違い、「礼儀に欠ける」ということなので、最大級の失礼を表します。 目上の人に対して何かお願いをしたり、質問をする場合に「非礼ながら」を使います。 「非礼ながら」は改まった堅い表現のため目上の人に対して使うことができます。ただ、「非礼」という表現はストレートな表現でネガティブな印象を与えてしまう恐れがあります。 目上の人に対しては「略儀ながら」を使った方が、丁寧な印象を与えられます。

例文 ・非礼ながら、いくつかお聞きしてもよろしいですか。 ・本来は直接ご挨拶に伺うべきところ、非礼ながら書面を以ってお詫び申し上げます。

「失礼」と「無礼」と「非礼」の意味の違いと使い分け、程度が悪い順に並べると?

eigobu.jp

まずは

「まず」は「他の物事よりも先に行うこと」を意味します。「まずは」は「まず」を強調した表現です。 漢字では「先ずは」と表します。 「まずは」は本来詳しく説明すべきところを省略して、とりあえず用件のみを伝える場合に使います。「まずはメールにてお知らせいたします」といったように使います。 「略儀ながら」は改まった堅い表現なので目上の人に対して使うことができます。ただ、親しい間柄の相手や同等に対して使ってしまうと堅苦しい印象を与えてしまいます。そういった場合は「まずは」に言い換えるのがよいです。 また、「略儀ながらまずはメールにてお知らせいたします」といったように「略儀ながら」と「まずは」を併用することもあります。

例文 ・お土産をお送りいただきありがとうございます。まずは書面にてお礼申し上げます。 ・会議の日程が変更いたします。まずはメールにてお知らせします。

第一に

「第一に」は「物事の最初に、一番初めに」を意味します。 「第一に」は「最初に、真っ先に」という意味で使います。「急いで」という意味合いは含まれません。 「他の何よりも先に」ということを述べたい場合に「第一にお礼申し上げます」「第一に連絡差し上げます」といったように使います。「まず第一に」という形で使われることもあります。 ただ「第一に」はビジネスシーンではあまり使用されない表現ではあります。

例文 ・この度は結構な品物をいただき誠にありがとうございます。第一にお礼を申し上げます。 ・打ち合わせの日程が決定いたしました。第一にご連絡差し上げます。

「末筆ながら」も文末で使うが、意味は「最後になりますが」

「末筆ながら」は「まっぴつながら」と読みます。 「末筆ながら」は「これで手紙を書き終えますが、これで終わりますが」という意味です。 「末筆ながら」は、手紙やメールの結びの言葉として使われる言葉の一つです。「末筆ながら、皆様のご健康をお祈り申し上げます」といったように、「末筆ながら」の後は相手の健康や幸福を祈念する言葉が続きます。 「略儀ながら」は「正式なものではなく、簡単な形になって申し訳ありません」という意味で使われます。「末筆ながら」は「最後になりますが」という意味で、そのことについて詫びる気持ちは含まれません。 「略儀ながら」も「末筆ながら」も文末で使いますが、意味は異なるので上手く使い分けるようにしましょう。

例文 ・末筆ながら、今後も変わらぬご愛顧とご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 ・末筆ながら、本年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

例文付き「末筆ながら」の意味と使い方!お詫びやお礼でどう使う?

eigobu.jp

例文付き「末筆ではございますが」の意味と使い方、お礼やお詫びでどう使う?

eigobu.jp

「略儀ながら」の英語はない

「略儀ながら」は日本のビジネスメールや手紙でしばしば使われる表現ですが、英語表現は存在しません。

First of all, let me thank you for giving me this opportunity to express my gratitude.

まず最初に、私の謝意をお伝えする機会をいただき感謝申し上げます。

などと、「略儀ながら」とは違い、文頭にこのようなフレーズを言うのは可能です。

まとめ

「略儀ながら」について理解できたでしょうか? ✔︎「略儀ながら」は「りゃくぎながら」と読む ✔︎「略儀ながら」は「正しい手続きを省略して簡単ではありますが」という意味 ✔︎「略儀ながら」は、直接相手に会うことができない場合に使う表現 ✔︎「略儀ながら」の類語には「不躾ながら」「まずは」「取り急ぎ」などがある

おすすめの記事

「推奨」の意味と使い方!「推進」「奨励」「推薦」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「相対的」と「絶対的」の意味と使い方の違いを例文付きで解説!

eigobu.jp

「承認」「承諾」「了承」「認証」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご検討」の意味とビジネスメールでの使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「お願い」の敬語表現は?ビジネスメールの使い方、類語、英語表現など徹底解説!

eigobu.jp

「お気遣いなく」の意味やビジネスメールなどの使い方!類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

eigobu.jp

「示唆」の意味と使い方は?類語、「ご示唆」、「暗示」との違い

eigobu.jp

敬語「おります」の意味と使い方!「います」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと使い分け

eigobu.jp

「存じます」の意味と使い方、言い換え、謙譲語、「思います」との違い

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「略儀ながら」の意味と使い方、お礼・お詫び・年末の挨拶のメール例文付きで解析