1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「履行」「遂行」「実行」「実施」「弁済」との意味の違いと使い分け
「履行」「遂行」「実行」「実施」「弁済」との意味の違いと使い分け

「履行」「遂行」「実行」「実施」「弁済」との意味の違いと使い分け

「履行」「遂行」「実行」「実施」「弁済」という言葉をご存知でしょうか。それぞれ、なんとなく聞いたことがあると思います。しかし、「約束を履行する」「作戦を実行する」などと同じように使うことが多いので、違いが分からない・理解できないという方もいるかもしれません。そこで今回は「履行」「遂行」「実行」「実施」「弁済」の意味の違いと使い分けについて解説していきます。この5つの言葉は、それぞれ意味や使い方が異なります。使い分けられていないと、恥をかいてしまいますので、しっかりと区別できるようにしましょう!

「履行」「遂行」「実行」「実施」「弁済」の違いまとめ

▶︎「履行」・・・口に出した事、決めた事をきちんと実行してそれをやり遂げること ▶︎「遂行」・・・物事を成し遂げること。最後までやり遂げること ▶︎「実行」・・・強い決意を持って、実際に行うこと。本当に行うこと ▶︎「実施」・・・行うことによって何かメリットがあるものを実際に行うこと。予定通り行うこと ▶︎「弁済」・・・借りたものを相手に返すこと。債務の内容である給付を実現し債権を消滅させること

「履行」の意味と使い方

「履行」は<りこう>と読みます。 「履行」の意味は、 ・実際に行うこと。言葉通りに実行すること ・債務者が債権の目的(内容)たる給付を実行すること となります。 「履行」は、決めた事・口に出した事・取り決めなどを実行することです。 「履」は「一歩一歩踏みしめる。着実に行う」、「行」は「おこなう。おこない」を表します。 「(約束・契約・手続き・合意・条約など)を履行する」といったように使います。 前もって行うと決めていたことをきっちりとこなす「履行」には、”債務者が債務を果たす・債務者が債務の内容を債務の本旨に従って実現する”という意味も含まれます。法律用語として使われます。 例えば、『絶対、すぐに返すから!』と言う友人に対してお金を貸し、翌日には返してもらうことができたとします。このような場合は「彼女は借金返済を履行した」と表せます。 また、ある人が会議で『自分が考えた企画を必ず実現させる!』と意気込み、本当にそうなった場合には「彼は立派にこの企画を実現させるという決意を履行した」と言うことができます。

例文 ・彼女はしっかり約束を履行する。 ・公約の履行を迫る。 ・彼はこの企画を必ず実現してみせるという決意を見事に履行した。 ・上司の命令を忠実に履行することができた。 ・今年中には契約を履行しなければならない。 ・約束を履行しないなんて、本当にがっかりしたよ。 ・彼は『必ず成功させてみる!』という決意を見事に履行した。 ・債務を履行する。

「遂行」の意味と使い方

「遂行」は<すいこう>と読みます。 「ついこう」とは読まないので注意しましょう。 「遂行」の意味は「物事をなしとげること。最後までやり終えること」です。 「遂」は「最後までやりおえる。成しとげる」、「行」は「おこなう。おこない」を表します。 二つを合わせると「行いをやり終える」という意味になります。 「行いを遂げる」と書くように、『絶対に最後までやり終える!』と意気込みを表すときに使います。 「遂行する」や「遂行しつつある」などと、進行中の事態についても用いることができます。 例えば、「任務を遂行する」などとよく言いますが、これは「任された・果たすべき仕事をやり通して、最後まで完成させる」という意味になります。

例文 ・業務を遂行するだけを考えている。 ・彼は着実に任務を遂行しつつある。 ・計画を遂行するには、やや時間がかかる。 ・任務を遂行するにあたって、確認しておきたいことがある。 ・自分の役目をしっかりと遂行する。 ・彼女には大きなプランを遂行する能力がある。 ・何があっても自分の目的を遂行するつもりである。 ・私たちの仕事は与えられた任務を全うに遂行することである。

「実行」の意味と使い方

「実行」は<じっこう>と読みます。 「実行」の意味は、 ・実際に行うこと ・犯罪構成要件の実現に向けられた行為 となります。 「実」は「そらごとでない。本当。本当の事柄」、「行」は「おこなう。おこない」を表します。 二つを合わせると「本当に行う。実際に行う」という意味になります。 考えたり、計画したりしたことなどを現実のものにすることを表します。 「行うか行わないか迷っていたけれど、思い切ってやってみる」「迷うことなくやる」「他の人ならやめたほうが良いと思うことでもやる」といった強い気持ちが込められます。 強い決意を持って何かを行うという場合に使うので、「計画を実行する」「大会を実行する」などとは言いますが、「家の掃除を実行する」「洗濯を実行する」などとは言いません。

例文 ・断固として、その作戦を実行する。 ・思いつきを即実行に移す。 ・銀行強盗計画を実行する。 ・家の改築工事を実行する。 ・彼女は強気ではあるが、発言すべてを有言実行する能力を持っている。 ・彼は不言実行で、努力を怠らない性格である。 ・口だけではなく、しっかりと実行するべきだ。 ・予定通りに、物事を実行する。

「実施」の意味と使い方

「実施」は<じっし>と読みます。 「実施」の意味は「実際に施行すること。実行」です。 「実」は「そらごとでない。本当。本当の事柄」、「施」は「計画を実地に移す。実際に行う」を表します。二つを合わせると「実際に計画を移す。本当に行うこと」という意味になります。 法律・計画などを実際に行うこと・予定通りに行うことを表します。 「実施」にはそれを行うことで、”何か良いこと・メリットがある”と考えられる場合に使います。 例えば、「アンケートを実施する」だったら「人々が何を考えている・思っているかがわかる」、「試験を実施する」であったら「生徒たちの力がわかる」という意味合いとなります。

例文 ・予定通りに、試験を実施する。 ・災害が起きたときのために、避難訓練を実施する。 ・今回改正された法律は今年の4月から実施されます。 ・オリンピックを実施する。 ・随時、打ち合わせを実施する。 ・工事は今月から実施する。 ・我々はそれを引き続き実施する必要がある。 ・無料でプロモーションを実施する。

「弁済」の意味と使い方

「弁済」は<べんさい>と読みます。 「弁済」の意味は ・借りたものを相手に返すこと ・債務を弁償すること。債務を履行して債権を消滅させること となります。 「弁」は「けじめをつけて処理する」、「済」は「仕上げる。済ます」を表します。 二つを合わせると「けじめをつけて仕上げる。済ます」という意味になります。 「弁済」は法律用語として使われています。 もしお金を借りていた場合であれば、「借りたお金を全額返済し終えること」を「弁済」と言います。 債権消滅理由の1つとなります。 例えば、お店で商品を購入し、後日支払いをする場合、店側は購入された商品をお客に渡すという”義務(債務)を、お客側には代金を支払う”義務(債務)”を果たす必要があります。これにより債権が消滅します。 ・お客 ==> 代金を支払う(債務)・商品を渡してもらう権利(債権) ・お店 ==> 購入された商品を渡す(債務)・代金をもらう権利(債権) このように、債務者が約束の債務を果たし、債権者の債権が目的を達成し消滅することを「弁済」と言います。この場合は、双方が債務者であって、債権者にもなります。

例文 ・債務を弁済する。 ・ローンを弁済する。 ・借金を帳消しにする、あるいは弁済する。 ・速やかに債務の弁済を受ける。 ・次の費用の弁済が必要である。 ・先取特権とは、他の債権者よりも優先して弁済を受けられる権利のことだ。

まとめ

「履行」「遂行」「実行」「実施」「弁済」の意味や使い方について理解できたでしょうか? 似ているようでいて、それぞれ違いがあります。 意味や使い方をしっかり覚えて、上手く使い分けられるようにしましょう!

この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「履行」「遂行」「実行」「実施」「弁済」との意味の違いと使い分け