1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご武運を」の読み方と意味、使い方、例文、類語、英語

「ご武運を」の読み方と意味、使い方、例文、類語、英語

「武運」という言葉をご存知でしょうか。「ご武運を」「ご武運をお祈りします」などと使います。では、「武運」とはどのような意味なのでしょうか。よく分からないけれど良いことがあった、予想していなかったけど気分が良いことが起こったといったことがありますよね。「武運」はそういった場面に関係する表現です。「武運」と聞くと、難しそうな印象を受けますが、覚えておけばいざという時に使えます。使用頻度はあまり多くない言葉ですが、きちんと覚えておきましょう。そこで今回は「武運」の意味や使い方、類語、読み方、例文について解説していきます。「武運」を適切に知って、上手く使えるようにしましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「武運」の読み方と意味

「武運」は<ぶうん>と読みます。 「たけうん」「むうん」とは読まないので注意しましょう。 「武」は音読みで「ブ・ム」、訓読みで「たけし」と読みます。 「武」は「戦力。威力」を意味します。 「運」は音読みで「ウン」、訓読みで「はこぶ・めぐる・めぐらす」と読みます。 「運」は「宿命。運」を意味します。 「武運」の意味は「戦いにおいての勝ち負けの運、武士や軍人としての巡り合わせ」です。 元々は「戦争や戦いにおいての運命や武士としての運」を意味していましたが、だんだんと「あらゆる場面においての運や何か物事を行うにあたっての運命」を表すようになりました。

「ご武運を」の使い方と例文

「ご武運を」は何か大きいことに挑戦する人や、勝負に出る人に対して『頑張ってください』『しっかりと乗り越えてください』という気持ちが込められています。 「ご武運を」は励ましの言葉として用います。 言い回しとしては、

  • ご武運を
  • ご武運をお祈りします
  • ご武運をお祈り申し上げます
  • 武運拙く(つたなく)
  • 武運長久(ちょうきゅう)

などとなります。 「武運拙く」は副詞的に使い、「運が悪い、幸運に見放される」という意味になります。 「武運長久」は「武士として運に恵まれたり、幸運が続くこと」を表します。よく使われる表現は「武運長久をお祈りします」という形で、「戦い、仕事において良い運が続いて上手くいくように」という思いが込められています。 元々は武士がいた時代に使われていた言葉なので女性が男性に対して使うイメージが強いですが、「ご武運を」はこれから戦闘に向かう人に対して戦闘に向かわない人が放つ言葉ですので、「ご武運を」は男性が使用しても問題ありません。

例文

  • 盛大なプロジェクトを実施すると伺いました。ご武運をお祈りします。
  • 目標を無事に達成できますように、皆様のご武運をお祈り申し上げます。
  • 今までの練習を生かして予選を突破できますように、Aさんの武運長久をお祈りいたします。
  • B様が新天地で更なる飛躍を遂げますように、ご武運をお祈り申し上げます。
  • 来週から夏の大会が始まるので、部員全員が怪我をせずに無事に終わるよう武運長久を祈る。
  • 試合に合わせて一生懸命練習したものの、武運拙く黒星を喫してしまった。
  • 息子が何の問題もなく希望している大学に合格できるように、武運長久を祈る。
  • 自分だけではなく、様々な困難に見舞われている友人の武運長久も祈る。

「ご武運を」の類語

家運 (意味:一族の運命) 「その名家は息子が不祥事を起こしたため、家運が傾く」 (意味:運命のつながり。巡り合わせ) 「縁があったため彼とめぐり合うことができた」 勝負運 (意味:勝ち負けに関しての運) 「彼は勝負運が強いから、よく競馬を当てている」 運勢 (意味:運・不運がめぐり合う程度) 「今年は運勢が悪いと聞いてテンションが下がる」 吉凶 (意味:縁がめでたいことと悪いこと) 「吉凶を占ってもらう」 禍福(かふく) (意味:災難と幸せ) 「禍福は糾える縄の如しと言うし、そんなに落ち込む必要はない」 巡り合わせ (意味:自然と決まっている運命) 「巡り合わせが悪いせいで、こんな結果になってしまったのだ」 運命 (意味:自然と巡ってくる運) 「あなたは彼と結ばれる運命だったのだ」 宿命 (意味:前世から決定している運命) 「この結果も宿命だと思って受け入れるしかない」 因縁 (意味:決められている運命) 「因縁だと思って割り切るしかない」 運試し (意味:運が良いか悪いか判断すること) 「運試しを行なってみる」

「ご武運を」の英語

good luck

「ご武運を」は、「がんばれ、幸運を祈る」と同じように使うことができます。 「がんばれ」の英語表現に関しては、下記の記事でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

場面別「頑張れ!・ファイト!」の英語表現は?

WURK

「頑張れ」だけじゃない「go for it」の正しい意味とネイティブの使い方

WURK

「Good luck」の正しい意味と使い方!「幸運を祈る」は不自然?

WURK

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

WURK

まとめ

「ご武運を」について理解できでしょうか? ✔︎「武運」は「ぶうん」と読む ✔︎「武運」は「戦いにおいての勝ち負けの運。武士や軍人としての巡り合わせ」を意味 ✔︎「ご武運を」は『頑張ってください』『耐え忍んでください』という意味で、励ましの言葉として使う ✔︎「ご武運を」の類語には、「家運」「勝負運」「巡り合わせ」「宿命」などがある

こちらの記事もチェック

ビジネスではNG?「前略」の正しい意味と使い方

WURK

「矜持」の正しい使い方と「矜恃」との違いについて

WURK

ビジネスにおける「改めて、改めまして」の意味と使い方

WURK

正す対象が違う!「是正」「訂正」の意味の違いと使い分け

WURK

二重敬語に注意!敬語「拝見する」の正しい意味とビジネスでの使い方

WURK

「別途料金」とは?「別途」の意味と使い方、読み方、類語について解説!

WURK

誤用が多い「御の字」の意味と使い方、類語、「恩の字」との違いとは?

WURK

「存外」の意味と使い方、例文、類語「案外・意外・思いのほか」との違い

WURK

「やはり」の意味と使い方、語源、類語、「やっぱり・やっぱ」との違いとは?

WURK

「私事」の意味と使い方、類語「私用・私儀・私情」との違い、英語表現

WURK

敬語「お気軽に」の意味と使い方、読み方、類語、英語、「ご気軽に」との違い

WURK

「引き合いに出す」の意味と使い方!類語や英語表現を解説!

WURK

間違いも多い「差し支えない」の意味と使い方、敬語表現、類語「差し障り」との違いを解説!

WURK

ビジネスにおける「参ります」の意味と使い方、例文、「伺います」との違いを解説!

WURK

間違いも多い「都合がつく」の意味や使い方、返事の仕方、「都合が合う」との違いは?

WURK

「参照」の意味と使い方!類語「参考・引用」との違い、英語表現を解説

WURK

正しい敬語?「ご寛恕」の意味と使い方、英語表現、「ご容赦」との違いを解説!

WURK

ビジネスにおける「読んでいただけます」の意味と使い方、「読む」の敬語表現を解説!

WURK

「一端を担う」の意味と使い方!履歴書で使うのは「一翼を担う」??

WURK

「ご多幸」の意味と使い方、例文、類語「ご活躍/ご健勝」との違いは?

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご武運を」の読み方と意味、使い方、例文、類語、英語