1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「薫陶を受ける」とは?「薫陶」の正しい意味と使い方と類義語も紹介
「薫陶を受ける」とは?「薫陶」の正しい意味と使い方と類義語も紹介

「薫陶を受ける」とは?「薫陶」の正しい意味と使い方と類義語も紹介

「薫陶を受ける」という言葉を聞いたことがありますか?ビジネスシーンなどでも使われることのある言葉です。今回は「薫陶」の正しい意味と使い方を語源から解説し、英語表現や類義語と対義語も紹介します!

「薫陶」の読み方と意味

○読み方 <くんとう> ○意味 自分の徳で他人を感化すること すぐれた人格で教え育て上げること これはただ教育するのではなく、人格面を含め道徳的な教育をし、また指導をせずに自分自身の徳の力によって人を感化し育てることです。

「薫陶」の語源

「薫陶」がなぜそういった意味になったかを説明します。 「薫」は「香を焚きこむ」、「陶」は「陶器をつくる」という意味があります。 陶器を、香の薫りを染み込ませたり土をこねて形を整えて作り上げるように、「人に対して徳を染み込むように感化させて人格がより良く形成されるよう整える」という意味合いが込められ、「薫陶」という言葉が使われています。 ただ教育をすることや指導するだけではなく、道徳心や優れた人格に感化・影響され教え育つことを喩えた表現です。

「薫陶」の使い方・例文

「薫陶」は一般的に、「教えていただいた」と受け身の時に使います。 「私は部下に薫陶を与えた」とはあまり使われません。 そうすると、自分のことを相当な人格者であると自惚れているように受け取られてしまいます。 また「薫陶を賜る」と言った使い方をします。 ビジネスシーンや畏まった場面での挨拶文や書面で用いられることがあります。 ちなみに「薫陶を与える」も第三者のことを話す際は用いても問題ありません。 「○○教授は生徒たちに薫陶を与える」などといった使い方をします。 また、「薫陶を授ける」などとも使われています。 その他、使い方は例文を参考にしてください。

「薫陶」の例文

・「今の私があるのは、父親の薫陶の賜物です」 ・「最後まで大過なく任期を全うできましたのも、皆様のご薫陶とお力添えのおかげでございます」 ・「課長のこれまでの薫陶に心より感謝申し上げます」 ・「薫陶を与えたとして、彼は時の人となった」

「薫陶を受ける」の使い方

「薫陶」は、主に「薫陶を受ける」といった使い方がよくされています。 意味は「人徳や品格のある人から影響され、人格が磨き上げられる」となります。 感化されたり、影響を受けたことを丁寧かつ重んじた表現になります。 目上の人や感銘を受けた人に対して使われる言葉です。

・「恩師より薫陶を受け、わたしは夢を持った」 ・「彼の薫陶を受けた多くの弟子たちは、国際的にも活躍していた」

「薫陶」の類義語・対義語

類義語

○教養 (意味:学問や知識などによって養われる心の豊かさや品位) 学問や知識だけでなく、心の豊かさや品位=人格をも教え育つこと、という「薫陶」の意味でも一番大切な部分が含まれています。 ○感化 (意味:考え方や生き方など自然に相手に共感させて影響を与えること) 「感化」も教え込むのではなく、「自然に共感させ影響を与える」という意味を持ちます。 「感化」は本来の「影響」の意味よりは狭く、人間に対して使われるもので道徳的・倫理的など精神的な作用を与えることで良い結果を及ぼすという意味合いが強くあります。 ○善導 (意味:良い方向へのみちびき) ○啓発 (意味:人を教え導き高い知性や理解を与えること) ○指導 (意味:ある目的や方向に向けて教え導くこと) ○しつけ (意味:礼儀や作法を教え込むこと、またその礼儀作法) ○育英 (意味:すぐれた才能を持った青少年を教育すること)

対義語

教え込むのではなく自然と影響を与える、の反対の意味として ○習得 (意味:学問や技術などを習い身につけること、覚えること) ○修学 (意味:学んで知識を得ること) 一般的に「薫陶」の対義語として認識されているわけではありませんが、「自然と影響される」に対して「故意的に学ぶ、学ぼうとする姿勢」があることから反対の意味とさせていただきました。 また、「感化される、影響される」の反対の意味として ○無感動 (意味:心を動かされないこと) ○冷淡 (意味:物事に熱心でないこと。関心や興味がないさま) これらも一般的に「薫陶」の対義語として認識されているわけではありませんが、「感化される・影響される」に対して「無関心や熱のないこと」を反対の意味とさせていただきました。

「薫陶」の英語表現

「薫陶」を意味する英語はたくさんあります。 ・discipline(試練) ・training(訓練) ・education(教育) 「...の薫陶を受ける」という堅い表現は、英語では「Under the tutelage of ___ 」という表現をします。「tutelage」は「保護、指導」などの意味を持つ単語です。 家庭教師を意味する「tutor」と同じ語源です。 例文です。

Under the tutelage of Professor Smith, I wrote up such a wonderful paper.

スミス教授の薫陶を受け、素晴らしい論文を書き上げることができた。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな間違った効果の薄い勉強方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。ビジネス英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「薫陶」について理解できたでしょうか? ✔「くんとう」と読む ✔「自分の徳で他人を感化すること」といった意味 ✔「薫陶を受ける」が主な使い方 ✔「香の薫りを染み込ませたり土をこねて形を整えて作り上げて陶器を作ること」が語源 普段あまり使う言葉ではありませんが、感銘を受けたりその人そのものから教え育まれたものがある際は「薫陶を受けた」と使ってみてください。 良いことを感化されたことが相手によく伝わる言葉です。 言葉を正しく理解して使い、「薫陶を与える」ような人になりましょう!

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「すべからく」の意味をすべてと使うのは誤用!漢字、語源、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「拝読」は敬語!意味と使い方の例文「拝見」との違い、類語、対義語、英語も紹介

eigobu.jp

「お手すき」は敬語?失礼のない電話やメールでの使い方、意味、類語、対義語、英語

eigobu.jp

「俯瞰」の意味と使い方!「鳥瞰」との違い、「俯瞰的に見る」は誤用?

eigobu.jp

「小生」の誤用に注意!正しい読み方、意味、ビジネスでの使い方

eigobu.jp

「生憎(あいにく)」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

eigobu.jp

「一期一会」の正しい意味、語源、使い方、類語、英語を例文付きで紹介

eigobu.jp

「ご高配」の意味、使い方、類語「ご配慮」、英語も紹介

eigobu.jp

「尽力」の意味、敬語「ご尽力」の使い方、例文、類語「貢献」との違いも紹介

eigobu.jp

「お力添え」の意味、ビジネスでの使い方、類語「ご尽力」との違い、英語

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「薫陶を受ける」とは?「薫陶」の正しい意味と使い方と類義語も紹介