1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「視認性」「可読性」「判読性」の意味の違いと使い分け

「視認性」「可読性」「判読性」の意味の違いと使い分け

「視認性」「可読性」「判読性」の違いについてしっかりと理解しているでしょうか。日常会話では、なかなか見聞きすることがない言葉ですよね。とても似ていますが、これらはそれぞれ異なります。そこで今回は「視認性」「可読性」「判読性」の意味と使い方の違いについて解説していきます!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「視認性」「可読性」「判読性」の違い

「視認性」・・・「ものの見やすさの度合い」 「可読性」・・・「文字の読みやすさの度合い」 「判読性」・・・「文字や文章の意味の伝わりやすさの度合い」

「視認性」は文字や文章ではなくグラフやイラストなどに対して使います。 「視認性」はヴィジュアル重視です。 「可読性」は文字の読みやすさです。 文字の種類やサイズ、太さ、行間などが「可読性」に影響を与えます。 「判読性」は文章を読んで意味理解ができるかどうかが問われます。 可読性が高くても判読性の低い文章は存在します。

「視認性」の意味と使い方

「視認性」は「しにんせい」と読みます。 「視認」とは「実際に目で見て確認すること」を意味します。 「性」は「そのような性質を持っていること、そういった状態にあること」という意味です。 「視認性」とすると「目で何かを見たときの確認のしやすさの度合い」を表します。 実際に目でものを見たときに、対象物やそれが持つ意味について、正しく確認・理解できるかどうかの度合いを意味します。 例えば、「視認性の高い書類」ならば「パッと見ただけで、内容が分かって、重要な事柄が伝わりやすい書類」ということになります。 デザインや人間工学においては、背景に対して、色や形が目立っていたり、文字が大きくて見やすかったりする度合いを表します。 ・視認性に優れる ・視認性に欠ける ・視認性が高い ・視認性がアップする ・視認性を意識する ・視認性を上げる/下げる というような使い方をします。 「視認性」の類語には、「見やすさ」「分かりやすさ」「見てすぐに分かる」などがあります。

例文 ・視認性の高い資料を作るには、文字や色彩を統一することが大事だ。 ・背景の色と文字の色を変更するだけで、視認性は変わる。 ・読者を増やすためには、視認性を意識してサイトを作る必要がある。

「可読性」の意味と使い方

「可読性」は「かどくせい」と読みます。 「可読」とは「読むことができること」を意味します。 「可読性」とすると「文字の読みやすさの度合い」を表します。 例えば、「可読性が高いポスター」ならば「文字・数字・記号などが読みやすくて、理解しやすいこと」を指します。 「読みづらい...」と感じるものについては、「可読性が低い」と言えます。 ・可読性が高い/低い ・可読性を上げる/下げる ・可読性が良い/悪い ・可読性を保つ ・可読性を高める ・可読性に欠ける というような使い方をします。 「可読性」の類語には、「読みやすさ」「リーダビリティー」などがあります。

例文 ・彼の書いた手紙は文字量が多く、全体的に真っ黒で可読性が低い。 ・可読性が良いハガキは読まれやすいが、可読性が悪いものは却下されるだろう。 ・新しく作られた書類は、可読性に欠けていてとても読みづらい。

「判読性」の意味と使い方

「判読性」は「はんどくせい」と読みます。 「判読」とは「理解しにくい文章や読みづらい文字を前後関係などから推量しながら読むこと」を意味します。 「判読性」とすると「文字や文章の意味の伝わりやすさの度合い」を表します。 例えば、「時」という文字が文章の中に出てきたときに、「じ」と読むのか、「とき」と読むのか迷ってしまいますよね。このように、前後の意味を見れば分かるものの、すぐに判断できないというものを、「判読性が低い」と表現することができます。 誤読されやすいものについては「判読性が低い」、誤読されにくいものは「判読性が高い」と言います。 ・判読性が高い/低い ・判読性を上げる/下げる ・判読性を意識する ・判読性に優れる ・判読性に欠ける というような使い方をします。 「判読性」の類語には、「分かりやすさ」「理解しやすさ」「明快さ」「単純さ」などがあります。

例文 ・この資料は判読性が高くて、とても読みやすい。 ・判読性に優れたものを仕上げるには、誰でも理解しやすい文章を考える必要がある。 ・似ている文字でも工夫を凝らすことで、判読性は変わる。

こちらの記事もチェック

「相対的」と「絶対的」の意味と使い方の違いを例文付きで解説!

eigobu.jp

「送る」と「贈る」の意味と違いと使い分け

eigobu.jp

「承認」「承諾」「了承」「認証」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと使い分け

eigobu.jp

「適宜」と「適時」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「どうぞ」と「何卒」の意味の違いとは?使い分け、例文、類語も紹介

eigobu.jp

「ご多忙」と「ご多用」の意味の違いと使い分けを例文付きで解説!

eigobu.jp

「ささやかですが」「ささやかながら」の違いは?意味や漢字、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「ご来社」「ご来訪」「ご訪問」の違いとは?意味と使い方を解説

eigobu.jp

「おざなり」と「なおざり」の意味と使い方の違い

eigobu.jp

「伺います」と「参ります」で正しい敬語はどっち?2つの謙譲語の違いを解説

eigobu.jp

「伺います」「お伺いします」「お伺いいたします」正しい敬語はどれ?

eigobu.jp

「現れる」と「表れる」の意味と使い方の違い

eigobu.jp

「淡々と」と「粛々と」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「懸念」「危惧」「心配」「懸案」 の違い!意味、使い方、例文を紹介

eigobu.jp

「ご清祥」と「ご清栄」の違いと使い分け!意味、使い方、例文、類語を紹介!

eigobu.jp

「思う」と「想う」の意味の違いと使い分け、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「侘しい(わびしい)」と「寂しい(さびしい)」の違いと使い分け

eigobu.jp

「請け負う」と「受け合う」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「見くびる」と「見下ろす」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「視認性」「可読性」「判読性」の意味の違いと使い分け