1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 誤用が多い「潮時」の本来の意味と使い方、「引き際」との違い
誤用が多い「潮時」の本来の意味と使い方、「引き際」との違い

誤用が多い「潮時」の本来の意味と使い方、「引き際」との違い

「潮時」という言葉をご存知でしょうか。釣りや潮干狩りを趣味としている人は聞き覚えがありますよね。「潮時」は日常会話でも、「そろそろ潮時だ」「物事の潮時」などと使います。よく使われている言葉ですが、「潮時」は誤用されることが多い表現の一つです。ほとんどの人が間違った意味で使ってしまっています。では、「潮時」は本来どのような意味を表しているのでしょうか。どのような使い方をするのか。疑問に思います。そこで今回は「潮時」の意味や正しい使い方、類語、対義語について解説していきます。「潮時」を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「潮時」の正しい意味

「潮時」は「しおどき」と読みます。 「潮」は音読みだと「チョウ」、訓読みだと「しお・うしお」と読みます。 「潮」は「海水の干満。海水の流れ。しお」を意味します。 「時」は音読みだと「ジ」、訓読みだと「とき」と読みます。 「時」は「月日の移りかわり。その間の一点。とき」を意味します。 「潮時」の意味は、 1. 潮の満ち引きが発生する時間帯 2. 物事を開始したりやめたりするのに一番よいタイミング の2になります。 1の意味では「潮水の差し引きする時刻。潮が満ちたり引いたりするとき」を表します。 「潮時に合った釣り」「満潮の潮時にかかる」などと言います。 2の意味では「ある事をするための、ちょうど良い時期。好機」を表します。 『ちょうど今が絶好のチャンスだ!』『絶妙なタイミングだ!』というニュアンスになります。

誤用に注意!「潮時」の正しい使い方と例文

多くの人が「潮時」を「本位ではないが物事をやめるべきタイミング」という意味で誤用しています。 「潮時」は「物事をやめるとき」にも使うことはできますが、あくまでも「良いタイミング」というニュアンスです。 本来「潮時」にはネガティブな意味合いはありません。ポジティブな意味でのみ使います。 いくつか例を挙げて説明しましょう。 「この事業は潮時かな」といった場合、「事業を始めるには良い機会」または「辞めるには良い機会」の2つの意味になります。 どちらの意味にせよ、ポジティブなニュアンスになります。 他の例では、「潮時」はスポーツ選手が引退するときなどに聞くことが多いと思います。 「私はプロの選手としてそろそろ潮時だと思う」などと聞きますよね。 これは「引退するのにちょうど良い機会」という意味になります。 「引退」と言葉がマイナスな意味合いがあるため、「本当は引退したくないが、引退しなければならない時期」という意味で解釈してしまう人がいるのが、誤解・誤用されている原因になります。 恋愛においても「恋愛関係の潮時」「カップルの潮時」などと言います。 このように言うこと自体は可能です。「カップルの潮時」と言った場合は「別れるのに良い時期だ」というのが本来の意味です。 上記の例でも同じですが、「別れる」という言葉自体がマイナスなイメージがあるので、「本当は別れたくないけど別れないといけない時期だ」と誤解・誤用されています。 「潮時」は「良いタイミング」という意味なので、本来は「結婚の潮時を待つ」などと婚約や結婚に絶好の時期という意味で使うことができます。 言い回しとしては、 ・潮時を見る ・潮時を待つ ・潮時を見計らう ・そろそろ潮時だ ・またとない潮時 などとなります。

例文 ・仕事も安定したきたし、そろそろ結婚の潮時を見計らう。 ・どんなに小さなことであっても、物事には潮時というものがある。 ・今日はとても良い天気なので、遠足するには潮時だ。 ・ちょうど今こそが、新しい趣味を始めるまたとない潮時だろう。 ・誰も手をつけてはいない、今が物事を進める潮時だ。 ・大事なことを進めるときは、潮時を間違えないように注意しないと。 ・長い時間迷っていても仕方がない、潮時だと思ってやってしまおう! ・潮時がきたら、私の方からみんなに話したいと思うよ。 ・出発するには、人通りも少なくちょうど良い潮時だろう。 ・子供も大きくなったし、そろそろ仕事を始める潮時なのかもしれない。 ・後輩も順調に育ってきているし、引退する潮時が段々と近づいてきた。 ・お金も人も集まってきたので、今が新しいお店をオープンする潮時だ。

「潮時」の語源

元々「潮時」は「潮が満ちたり引いたりするとき」を意味していました。 潮が満ちている時が一番漁に出るタイミングとして完璧なことから、「潮時」=「物事をはじめるのに最適な時間」という意味で広く使われるようになりました。 潮が段々と満ちていくことが「上げ潮」で、止まってからは「引き潮」となります。 上がっては下がるということを繰り返しますが、その瞬間を「潮時」と言います。 潮の満ち引きのタイミングを知っておくと、潮干狩りを楽しむことができます。 漁師も、満ち引きの絶好の時機を知っておかないと、大漁のチャンスを得ることができません。 このように、昔は満ち引きのタイミングを知らないと漁による生計を立てられなかったのです。 「潮時」は漁師の間でよく使われている言葉でしたが、最近では一般的に使われています。

「潮時」の類語は「チャンス」や「好機」

「チャンス」は「機会。好機。あることをするのに絶好の時期」を意味します。 「好機」は「良い機会。またとない良い折り」を意味します。 『今がチャンス!』『一生に一度の好機が到来!』などと言いますよね。 「チャンス」や「好機」以外にも類語があるので紹介します。 到来 (意味:機運などの向いてくること。こちらへやってくること) 「ついに計画を実行するチャンスが到来した」 転機 (意味:他の状態や状況にかわる機会。転換の時機) 「人生の転機を迎える」 勝負どころ (意味:勝利への展開をもたらす重要な局面) 「うっかりしていたら勝負どころを逸するよ」 頃合い (意味:適当な時機。好機) 「頃合いを見計らって席を外す」 時機 (意味:適当な機会。ちょうど良いとき) 「時機を伺って、行動に移そう」 折り (意味:機会。その際。場合) 「折を見て、出掛けることにしよう」 千載一遇<せんざいいちぐう> (意味:千年に一回しかあえないようなめったにないこと) 「もしかしてこれは千載一遇のチャンスでは」 (意味:物事を行うのに適した時期) 「物事を始めるには今が旬だろう」

「潮時」の対義語は「引き際」や「やめ時」

「引き際」は「引きしりぞく時。特に、現在ついている地位から身を引くとき」です。 「やめ時」は「物事を終わらせるのに適した時期のこと」です。 「引き際が肝心だ」「もうそろそろやめ時だろう」などと使います。 「引き際」や「やめ時」は「潮時」と違い、『もう終わりだろう』『やめるときだ』と物事の終わりの時期を表す時に使います。 「引き際」や「やめ時」以外にも、「物事の終わり」を意味する言葉があるので紹介します。 退きどき (意味:身を引くのに適しているとき) 「もう自分は退きどきだろう」 往生際<おうじょうぎわ> (意味:死に際。ギリギリのところまで追い詰められたとき) 「君は本当に往生際が悪いよ」 はなれ際 (意味:はなれるときが適していること) 「衰えてきたし、そろそろはなれ際だろう」

「潮時」の英語

「潮時」は、 ・good timing ・perfect timing ・great timing などになります。 例文です。

I think that now is the perfect timing for me to retire.

今が引退するのが潮時だと思います。

You should find the best timing of taking actions.

行動を起こす潮時を見計らうべきだ。

おすすめの英会話教室「NOVA」《英語部で一番人気!》

当サイト「英語部」で一番人気の英会話教室が、NOVAです。 全国展開(270校舎)をしている大手英会話教室の中で圧倒的に価格が低いのが特徴です。 しかも講師は全員ネイティブ! ・グループレッスン(最大4人)月額1万円 ・マンツーマン月額2万円 ・月謝制 ・入会金ゼロ 「格安で週一回NOVAのネイティブ講師と会話し、あとは自習する」という英語学習法が非常におすすめです。 ご興味のある方はホームページから無料体験レッスンをぜひ!

NOVAの公式HPを見る

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「潮時」について理解できたでしょうか? ✔︎「潮時」は「しおどき」と読む ✔︎「潮時」は「物事を開始するのに一番よいタイミング」を意味 ✔︎「潮時」を「何かをやめるのには適している時期」という意味で使うのは間違い ✔︎「潮時」の類語には、「チャンス」「到来」「頃合い」などがある

この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 誤用が多い「潮時」の本来の意味と使い方、「引き際」との違い