1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「下記」の意味と使い方、「記」とは?類語「以下・下部・下文」との違い
「下記」の意味と使い方、「記」とは?類語「以下・下部・下文」との違い

「下記」の意味と使い方、「記」とは?類語「以下・下部・下文」との違い

「下記」という言葉をご存知でしょうか。「下記の通り」「下記の要領で」などと使います。手紙やビジネスメールを書くときに使うことが多いですよね。では、「下記」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。なんとなく適当に使っているという方が多いかと思います。ただ、「下記」のはきちんとした使い方があるので、間違って使ってしまうと相手に誤解を招いしてしまいます。そのようなことが起きないためにも、適切に意味を覚えておく必要があります。そこで今回は「下記」の意味や使い方、「以下・下部・下文」との違いについて解説していきます。「下記」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう!

「下記」の意味

「下記」は<かき>と読みます。 「したき」「しもき」とは読まないので注意しましょう。 「下」は音読みで「カ・ゲ」、訓読みで「した・しも・もと・さげる」と読みます。 「下」は「時間や順番が後の方」を意味します。 「記」は音読みで「キ」、訓読みで「しるす」と読みます。 「記」は「事柄を書き留めること」を意味します。 「下記」の意味は「ある内容の下に書き記すこと」です。 ある記事や文章の後に記されていること・その記事や文章を表します。

「下記」の使い方と例文

ある文章や記事の下(後)に書き記されていることを表す場合に「下記」を使います。 「詳細は下記の通り」「日時や場所については下記をご参照ください」などと記します。 「下記」は「書き記したもの」を指しているので、書き言葉として使うのが一般的です。 「下」には「後」という意味があるので、「下記」は文書が横書きの場合に用いることができます。 ただ、「下記」は内容が二枚目や三枚目など別のページに及ぶ場合は使うことができません。 言い回しとしては、 ・下記の通り ・下記をご参照ください ・下記に示す ・下記の内容 ・下記の理由 などとなります。

例文 ・来月◯◯さんの送別会を開くことになりました。詳細は下記の通りです。 ・質問ですが、下記の答えは合っているでしょうか? ・本製品を使用するにあたっては、下記の点に注意してください。 ・申し訳ありませんが、下記の文章を明日までに直してください。 ・下記の通り商品を注文しますが、よろしいでしょうか。 ・下記の件について、ご回答いただけますようよろしくお願いいたします。 ・イベント内容の詳細については、下記をご参照ください。 ・◯◯の企画についての回答は、下記の通りになります。

「下記」の類語との違い

以下(いか)

「以下」の意味は「それよりも後。その文章から後に述べること」です。 「以下」は長文メールや書類が何枚もある場合、「下記」は短文メールや書類が一枚に収まる場合に使います。 「以下」は改行しなくても使うことができますが、「下記」は改行が必要になります。 それぞれの書き方としては、

例:「事故が起きた原因は以下の通りです。ひとつめの理由は◯◯〜」 例:「事故が起きた原因は下記の通りです。     原因その一・・・***」

などとなります。

例文 ・私が今回の会を辞退する理由は以下の通りです。一つ目の理由は****です。二つ目は〜。 ・詳しい内容につきましては以下のサイトをご覧ください。URL******。

下部(かぶ)

「下部」の意味は「下の部分」です。 「名前は役職の下部に書き記す」「日付は題名の下部に記す」などと使います。 「下部」は「下記」と同じような意味です。 しかし、「下部の通り〜」「下部をご覧ください」などとは使いません。 「下部」はあくまでも場所を表す語であって、メール内や手紙内では使用することはないのです。 口頭で説明する際は「下部」で問題ありませんが、実際に手紙に書く際は「下記」を使うようにしましょう。

例文 ・日時や参加者については下部に書いてある。 ・下部を見れば、詳しい内容が書き示されている。

下文(くだしぶみ)

「下文」の意味は「上位者から下位者に伝える公文書」です。 「下文」には「下記」と同様に、「ある内容の下に書き記す」という意味も含まれます。 上の立場にいる人が、その下の立場にいる人たちに向けて命令をするときに「下文」を使っていました。 ただ、「下文」は古文書の様式ということもあり、現在ではほとんど使用しません。 一般的には「下記」を使うことが多いです。

例文 ・昔の文章では下文が通常であった。 ・下文の要領で、資料の作成をお願い申し上げます。

招待状や送付状で使う「記」とは?

「下記の通り」と表した後に、箇条書きで大事な内容を書くことがあります。この場合は「記」を使います。 使い方としては、

例:飲み会を開催することになりました。詳細は下記の通りです。 記 日時・・・2018年4月1日(水曜日) 場所・・・********* 以上

などとなります。 このように、一旦文章を終わらせた後に、行間を空け「記」と書きます。その下に必要な事柄を書き記します。 最後は「以上」で締めますが、「お願いいたします」「ご確認ください」などといった文でも問題ありません。 「記」と「以上」をセットにして書くことを「記し書き」と言います。「記し書き」を用いることで、文章が読みやすくなります。 招待状や送付状を書くときは、伝えたい内容がたくさんあります。 例えば、結婚式の招待状であれば「今度結婚式を行います。日時は◯月◯日の水曜日で、場所は△県△市にある*****という式場です。出欠に関しては1ヵ月後までにお知らせください」などとなります。 このように、招待状や送付状には詰め込まなければいけない情報が多く、非常に読みづらくなってしまいます。 そこで使えるのが「下記」「記」です。これらを使うことによって、招待状が読みやすくなります。 具体例を見ていきましょう。

具体例 皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。 さて、このたび私たちは結婚式を挙げることになりました。 お忙しいところ恐れ入りますが、ぜひご出席をお願いいたしたく下記の通り、ご案内申し上げます。 記 日時 平成30年4月1日(水曜日)午後13時00分(午前12時30分受付) 場所 ******** 電話番号 123-456-789 (渋谷線 原宿駅下車10分) 以上

拝啓 貴社におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 お忙しいところ恐縮ですが、下記の要領で、参加者リストを作成していただきますようお願い申し上げます。 記 記載項目について 1:氏名 2:部署名 3:役職名 提出日:5月1日 以上

「下記」の対義語は「上記」

「上記」の意味は「ある内容の上に書き記すこと」です。 ある文章において、それよりも上または前に書いてある文章を表します。 例えば、「上記で説明した◯◯は〜」「上記にも出てきた国◯◯は〜」などと使います。 一回出てきた内容がもう一度出てくるという場合に「上記」を使えば、わざわざ「***」と再度内容を書くことを省くことができます。 「下記」と同様に、内容が書類一枚に収まる場合に用います。「上記」も書き言葉として使うのが一般的です。 「下記」を使う場合は「記」という言葉が必要になりますが、「上記」は特に必要ありません。

例文 ・上記でも説明したように、明日の会議は中止となりました。 ・上記の通り、間違いはありません。

「下記」の英語

「following」「below」など

「下記」を意味する英語には、 ・following ・below の2つがあります。 「fellow」と「below」の違いと使い分け、それぞれの例文に関しては下記の別記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

「下記」を意味する「following」と「below」の違いと使い分け

eigobu.jp

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

英語学習におすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

まとめ

「下記」について理解できたでしょうか? ✔︎「下記」は「ある内容の下に書き記すこと」を意味 ✔︎「下記の通り」「下記をご参照ください」「下記の理由で〜」などと使う ✔︎「下記」を使う場合は、一旦文章を終わらせた後に行間を空け「記」と書き、その下に必要な事柄を書き記す ✔︎「下記」の反対語は「上記」で、「ある内容の上に書き記すこと」を意味

おすすめの記事

「お取り計らい 」の意味と使い方、文例、類語、英語、「ご査収」との使い方

eigobu.jp

目上の人に使える敬語?「お言葉に甘えて」の意味と使い方、類語、英語表現を解説!

eigobu.jp

「しいては」の意味と使い方、「ひいては」との違い!漢字「強いては・如いては」はどっちが正しい?

eigobu.jp

「ご返答」の意味とビジネスでの使い方!類語「返信・返事・応答・回答」との違い

eigobu.jp

「ありますでしょうか」は間違った敬語!正しい言い換えと英語表現を徹底解説!

eigobu.jp

「ご多用」の意味と使い方と例文!類語「ご多忙/お忙しい」との違い

eigobu.jp

お礼に使える?「お手数をおかけしました」の意味と使い方、類語、返事、例文を紹介!

eigobu.jp

上司に使える?「お引き立て」の意味と使い方、例文、類語「ご愛顧」との違いを解説!

eigobu.jp

「召し上がってください」は正しい敬語?意味や使い方を例文付きで解説

eigobu.jp

「わかりました」は敬語じゃない?正しい敬語変換

eigobu.jp

「我田引水」の意味と使い方、読み方、由来、「牽強付会」との違いについて解説

eigobu.jp

「青天井」の意味と株、麻雀、ゴルフ用語としての使い方、類語、英語

eigobu.jp

「弊害」の意味と使い方、類語「障害・併害・支障」との違い

eigobu.jp

ゲームでも使う「烏合の衆」の意味と使い方、類義語、対義語、英語表現を解説!

eigobu.jp

「必至」の意味と使い方、類語、「必死」との違い

eigobu.jp

「確執」の意味と使い方、読み方、類語「反目・軋轢」との違い

eigobu.jp

「範疇」の意味と使い方、類語、英語表現、「範囲」との違い

eigobu.jp

「言わずもがな」は方言?意味と使い方、類語、敬語表現、英語表現について解説!

eigobu.jp

「稀有/希有」の意味と使い方、読み方、類語、漢字の違いは?

eigobu.jp

スポーツにも使える「切磋琢磨」の意味と使い方、語源、類語について解説!

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「下記」の意味と使い方、「記」とは?類語「以下・下部・下文」との違い