1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 職務・業務・職能・職種・職責 の意味の違いと使い分け方
職務・業務・職能・職種・職責 の意味の違いと使い分け方

職務・業務・職能・職種・職責 の意味の違いと使い分け方

「職務」「業務」「職能」「職種」「職責」という言葉をご存知でしょうか。「職務を果たす」「業務を遂行する」などと言います。では、5つの言葉の意味をしっかりと理解しているでしょうか。それぞれ似たような言葉のため区別することが難しいですよね。しかし、5つとも意味が異なるので、違いをきちんと認識しておく必要があります。日常会話でも使うことが多い言葉なので、知っておくと活用することができます。そこで今回は「職務」「業務」「職能」「職種」「職責」の使い分けについて解説していきます。違いを正しく知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

「職務」「業務」「職能」「職種」「職責」の違いまとめ

「職務」・・・仕事として、各社員がそれぞれ取り組む任務や役目 「業務」・・・仕事として、各部署がそれぞれ取り組む任務や役目 「職能」・・・仕事や役目を成し遂げられる能力。ものの機能 「職種」・・・仕事や職業の分類 「職責」・・・仕事や役目を成し遂げる上で伴う責任

「職務」の意味と使い方

「職務」は<しょくむ>と読みます。 「職」は音読みで「ショク・シキ」と読みます。 「職」は「すべきことして行うべき役目や任務」を意味します。 「務」は音読みで「ム」、訓読みで「つとめる・つとまる」と読みます。 「務」は「一生懸命当たるべき仕事や役目」を意味します。 「職務」の意味は「仕事として各自が受け持っている任務」です。 各社員が担当している仕事を表します。 例えば、販売部でもAさんは店舗の維持、Bさんは在庫の管理、Cさんはイベントの企画など、各々仕事が異なります。 このように、販売の中でも細かく仕事が分かれることを「職務」と言います。

例文 ・彼女が職務を怠ったせいで、他の人の仕事が増えてしまう。 ・前日のミスに関してかなり怒られたが、屈することなく職務を遂行した。 ・上の人の指示に従って、職務に当たるように意識する。 ・一人一人が職務に全うすることで、良い業績を残すことができる。 ・職務経歴書を見てもらえば、今までの経験をアピールすることができる。 ・しっかりと責任を持って、職務に当たるように心掛ける。 ・だらしない服装でウロウロしていたせいか、職務質問をされた。

「業務」の意味と使い方

「業務」は<ぎょうむ>と読みます。 「業」は音読みで「ギョウ・ゴウ」、訓読みで「わざ」と読みます。 「業」は「生活のためにするべき仕事」を意味します。 「務」は音読みで「ム」、訓読みで「つとめる・つとまる」と読みます。 「務」は「一生懸命当たるべき仕事や役目」を意味します。 「業務」の意味は「事業や商売などにおいて、いつも継続して行われる職業上の仕事」です。 各部署で行われている仕事や役目を表します。 例えば、食品メーカーでは営業だけでなく、何か物を開発したり、その物を販売することが必要となります。 このように、販売部・製造部・営業部・開発部・広報部・人事部・総務部・経理部などがそれぞれ行う仕事を「業務」と言います。 「業務」は「業務上過失致傷罪」と言うように、「社会生活において持続してする活動」という意味で法律用語としても用います。

例文 ・毎日の業務を行うことを大切にして日々を過ごす。 ・業務する上で必要になる情報を覚えておく。 ・より良い会社を目指していけるように、熱心に業務を遂行する。 ・彼女は今人事の業務にあたっているので、声をかけづらい。 ・そのメーカーの業務内容としては、販売や広報などが挙げられる。 ・急用ができたので、何も仕事がなさそうな人に業務を引き継いでもらいたい。 ・知り合いが業務上過失傷害で逮捕された。

「職能」の意味と使い方

「職能」は<しょくのう>と読みます。 「職」は音読みで「ショク・シキ」と読みます。 「職」は「すべきことして行うべき役目や任務」を意味します。 「能」は音読みで「ノウ」、訓読みで「あたう・よく・よくする」と読みます。 「能」は「物事を行う力」を意味します。 「職能」の意味は、 ・役目を成し遂げる能力 ・組織の中である職業が果たす能力 ・ものの機能。果たす役割 です。 「職能」は「仕事を全うする能」を表していて、「職能を有する」「職能を磨く」などと言えます。 「職能給」という言葉があります。「職能給」とは基本給とは別で、仕事を成し遂げる能力によって決定する給与を表します。 また、「職能」は「ものの機能」という意味で、「機械の職能」「語法の職能」などと言えます。

例文 ・もっと上を目指せるように、職能を磨きたい。 ・自分の職能を生かせる会社で働きたいものだ。 ・彼は職能を有しているので、とても頼りにできる。 ・職能を磨ける人は、どんどんと成長していくだろう。 ・思っていた以上に職能給がたくさんもらえて嬉しい。 ・もっと職能を上げるには、たくさん勉強をしなければいけない。 ・この機械は細かい作業を短時間で済ませるという職能を持っている。

「職種」の意味と使い方

「職種」は<しょくしゅ>と読みます。 「職」は音読みで「ショク・シキ」と読みます。 「職」は「すべきことして行うべき役目や任務」を意味します。 「種」は音読みで「シュ」、訓読みで「たね・くさ」と読みます。 「種」は「共通の性質によって分けること」を意味します。 「職種」の意味は「職業や仕事の種類」です。 販売部・製造・営業・開発・広報・人事・事務・経理・企画などが「職種」に当てはまります。 同じ会社に勤めている場合でも、人によって職種は多様です。 「職種」は「業種」と間違えられやすいですが、意味が異なります。 「業種」は「会社の事業の種類」を表します。例えば、農業・建設業・宿泊業・教育業などが挙げられます。 八百屋の店員だったら、業種は「小売業」で、職種は「販売員」となります。

例文 ・今一番人気がある職種は営業である。 ・今までに経験したことがない職種に就きたいと考えている。 ・気楽な仕事が好きなので、きつくて難しい職種はなるべく避けたい。 ・事務の職種求人が少ないので、早めに応募しなくてはならない。 ・必ずしも自分が希望している職種につけるとは限らないから、安心はできない。 ・自分に合った職種を見定める必要があるが、思ったよりも厳しい。 ・どんな職種が向いているのか、色々と想像してみる。

「職責」の意味と使い方

「職責」は<しょくせき>と読みます。 「職」は音読みで「ショク・シキ」と読みます。 「職」は「すべきことして行うべき役目や任務」を意味します。 「責」は音読みで「セキ・シャク」、訓読みで「せめる」と読みます。 「責」は「行わなければならない負い目となる事柄」を意味します。 「職責」の意味は「仕事を成し遂げる上での責任」です。 仕事や役目を果たす上で、生じる責任を表します。 「職責を果たす」「職責を全うする」などと言います。これらは「すべての責任を持って仕事をこなすこと」を意味します。 平社員よりも役職を持っている者の方が職責の度合いが強くなります。

例文 ・役職者になったからには、職責を全うしなくてはならない。 ・やっと大きな事業を成功させることができたので、職責を果たしたと言えるだろう。 ・どんなん人でもそれぞれ職責があるので、仕事はしっかりとこなす必要がある。 ・下の立場でも職責はあるから、与えられた役目をきちんと果たすことが大事だ。 ・物事をうまく進めるために、自分の職責を理解しておかなければならない。 ・すでに職責を果たしているので、その話は私には関係ない。 ・彼は職責を果たしたと言っていたが、特に何もしていない。

こちらの記事もチェック

Article 16 thumb

「受領」の意味と使い方!「受理」「拝受」との違いは?類語と英語も紹介

eigobu.jp
Article 9 thumb

「お断りします」の意味と使い方!敬語の言い換えや類語、英語も!

eigobu.jp
Article 15 thumb

「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

eigobu.jp
Article 13 thumb

敬語「ご覧ください」の意味と使い方 - 類語や英語表現も紹介

eigobu.jp
Article 22 thumb

「左様」「左様でございます」の意味と使い方!語源は然様?類語・英語も

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 職務・業務・職能・職種・職責 の意味の違いと使い分け方