1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味やメールでの使い方、読み方、英語表現
「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味やメールでの使い方、読み方、英語表現

「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味やメールでの使い方、読み方、英語表現

「何卒よろしくお願い申し上げます」という表現をご存知でしょうか。この表現は日常会話ではほとんど見聞きしませんが、ビジネスシーンで多く使われています。よく使われている表現なので、使ったことがある、聞いたことがあるという人が多いかもしれません。丁寧な言葉に見えますが、実際どのような場面で使うことができるのでしょうか。意味をしっかりと理解しておかないと、相手に失礼な印象を与えてしまいます。そこで今回は「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味や使い方、注意点について解説していきます。適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「何卒よろしくお願い申し上げます」の読み方と意味

「何卒」の読み方は「なにとぞ」で、「どうぞ」の堅い表現

「何卒」は「なにとぞ」と読みます。「なにそつ」とは読まないので注意しましょう。 「何卒」は当て字です。「なにとぞ」とひらがなで表記しても意味は同じです。 「何卒」は「どうぞ」をより堅く表現した言い回しです。 「期待する」というニュアンスが含まれていて、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 「何卒よろしくお願いいたします」だったら「どうぞよろしくお願いいたします」という意味になります。「何卒」を使うことで、文章が改まった印象となるのでビジネスシーンで多用されています。 「何卒」は話し言葉として使うと、相手に仰々しい印象を与えてしまうので注意しましょう。

「よろしく」は依頼するときに使う表現

「何卒よろしくお願いいたします」の「よろしく」は希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 「よろしくお願いします」「よろしく頼みます」「よろしくお伝えください」などの形で依頼お願いをする文章で使います。 「よろしく」「どうかよろしく」「よろしくどうぞ」「あとはよろしく」などだけでも相手に依頼するニュアンスになります。 漢字は「宜しく」と書きます。一般的には「よろしく」とひらがなで表記することが多いです。

「お願い申し上げます」は謙譲表現

「お願い」+「申し上げる」+「ます」で成り立っています。 「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 「ます」は丁寧語です。 違う種類の敬語を二回使っても二重敬語にはなりません。 「申し上げます」は「言わせていただきます」という意味で、目上の人など敬意を払うべき相手に対して使います。 「お願い申し上げます」だと「お願いを言わせていただきます」という意味になります。 「お願い申し上げます」は「お願い申しあげます」と平仮名では書きませんので注意してください。 なぜなら、動詞は漢字表記にして、補助動詞は平仮名表記にするという決まりがあるからです。「申し上げる」の「上げる」は補助動詞ではなく、「申し上げる」と一つの動詞として使われています。

「申し上げます」の意味とビジネスでの使い方!「致します」との使い分けも解説!

eigobu.jp

「何卒よろしくお願い申し上げます」のビジネスでの使い方と例文

ビジネスメールでの締めくくり

ビジネスメールでは「何卒よろしくお願い申し上げます」は締めくくりとして使います。 相手にただ用件を伝えるだけだと丁寧さに欠けてしまいますので、「何卒よろしくお願い申し上げます」と付け加えることで、相手に良い印象を与えることができます。 お礼や依頼、確認などどんな内容であっても、締めくくりに「何卒よろしくお願い申し上げます」を入れることによって全体的にフォーマルな印象となります。 年賀状などの手紙の締めくくりとしてよく使う表現には「何卒ご自愛ください」があります。手紙や年賀状で「何卒よろしくお願いいたします」を使ってしまうとビジネスライクな響きが強くなってしまいますので「何卒ご自愛ください」の方が無難です。

目上の人への「ご自愛ください」の使い方と正しい返事の仕方

eigobu.jp

ビジネスメール例 株式会社アイウエオ 山田様 いつもお世話になっております。 株式会社カキクケコの田中でございます。 昨日はご多忙の中、貴重なお時間をさいていただき、誠にありがとうございました。 山田様がご紹介してくださった商材について、弊社で話し合い、後日また連絡いたします。 何卒よろしくお願い申し上げます。 田中

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味と使い方と言い換え表現

eigobu.jp

ビジネスメールでの依頼文

「何卒よろしくお願い申し上げます」は上記で紹介したような形式的な締めくくりとしてだけでなく、相手に具体的に依頼やお願いをするときにも使用します。 具体的に依頼内容を書く場合は、下記のような形になります。 ・〜のほど、何卒よろしくお願い申し上げます ・〜していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます 「〜」の部分に依頼内容を書きます。

・ご確認のほど、何卒よろしくお願い申し上げます ・ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます ・ご助力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます ・ご返答のほど、何卒よろしくお願い申し上げます ・ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます

などの言い回しがよく使われます。

例文 ・企画の内容についてご検討のうえ私までご連絡いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・◯◯の件についてご配慮いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・◯◯の件に関する資料をお送りいたしました。ご確認のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・来週の打ち合わせに関する書類をお送りいただけますか。ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・来月行われる予定だった会議の日程が変更となりましたので、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・会議の日時をご指定いただければ幸いです。お忙しい中恐れ入りますが、お取り計らいくださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・昨年は大変お世話になりました。これから変わらぬお付き合いのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・この機会にさらなる努力を重ねてまいります。今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます ・皆様のご期待に添えるよう、精一杯努力してまいります。今後とも変わらぬお付き合いのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・昨年中は格別のご厚情を賜りまして厚くお礼申し上げます。今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・皆様の温かなご支援とご指導のおかげで無事計画を成功させることができました。これからも変わらぬご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

「ご指導ご鞭撻」の意味、ビジネスや結婚式の使い方、類語、英語

eigobu.jp

「ご了承ください」の意味、使い方、返事の仕方 - 類語「ご容赦」「ご理解」も紹介

eigobu.jp

「承諾」「承知」「了解」「了承」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

ビジネスメールでの謝罪文

ビジネスシーンで不手際や不注意で取引先や顧客に迷惑をかけた場合、相手に謝罪・お詫びをする場面でも「何卒よろしくお願い申し上げます」は使用します。 よく使われている表現には、「ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」があります。 「申し訳ございません。何卒ご容赦ください」という表現も使います。 「ご容赦ください」は「許してください、大目に見てください」の尊敬語で、比較的軽い謝罪を表現する言い回しになります。 「ご容赦ください」は比較的軽い表現なので、相手先に大きな損失を与えてしまった場合などは不適切になるので注意してください。 「ご容赦ください」の意味と使い方に関しては、下記の記事で詳しく説明していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

eigobu.jp

言い回し ・ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます ・ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます ・ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます ・お許しくださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます

例文 ・当方の事情により、今回の件はお断りいたします。何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。 ・先日は大変申し訳ありませんでした。ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。お許しくださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・当イベントの日程は予告なく変更される可能性があります。ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・既にお振込みいただいてる場合でも本メールが送信されている場合がございます。ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使用上の注意点

メールなど書き言葉で使うのが原則。日常会話でも使わない

「何卒よろしくお願い申し上げます」は主に堅い表現なので、メールや文書など書き言葉として使います。 話し言葉として使うと、相手に仰々しい印象を与えてしまいます。 「何卒」はビジネスでのみ使う堅い表現になります。 日常会話で使うと、慇懃無礼(いんぎんぶれい、丁寧すぎて嫌味っぽくかえって無礼)になる可能性があるので注意しましょう。 ビジネスでも親しい間柄の相手や同等に、「何卒」を使うのは適しません。 「何卒」はかしこまった表現なので、取引先や上司など目上の人に対して使うのが適します。

1つのメールで「何卒よろしくお願い申し上げます」を使うのは1回

「何卒よろしくお願い申し上げます」は多用しないようにしましょう。 一つの文章の中で「何卒」を何回も使ってしまうと、相手にしつこい印象を与えてしまいます。 基本的には文章の最後に使うのがよいでしょう。

「何卒よろしくお願いします」は不自然なので注意

「何卒」は「どうぞ」の改まった表現でとても堅い響きのある言葉なので、一緒に使う表現も丁寧な表現でないと不自然になってしまいます。 「お願いします」は丁寧語なので、「何卒」とともに使うには不適切です。 「お願いいたします」「お願い申し上げます」などの謙譲語と一緒に使うようにしましょう。 「よろしくお願いします」を使う場合は、そのまま用いるか、「どうぞよろしくお願いします」「どうかよろしくお願いします」などの形で使うのが無難でしょう。

「何卒よろしくお願い申し上げます」と「何卒よろしくお願いいたします」の違い

「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いについて説明していきます。 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いを理解するには、「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違いに注目しましょう。 「お願いいたします」= 動詞「お願いする」+謙譲語の補助動詞「いたす」+丁寧語「ます」 「お願い申し上げます」= 名詞「お願い」+「言う」の謙譲語「申し上げる」+丁寧語「ます」 つまり、「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いは、「お願いする」と「お願いを言う」に違いは何かということになります。 「お願いを言う」という表現は 「聞いてる人がいるのが前提 」である一方、「お願いする」ことは相手がいなくても実行可能なので、「お願いする」の意味である「お願いいたします」の方が動詞の意味的に謙虚だと主張する人がいます。 一方で、「お願い申し上げます」の方が日常会話での使用頻度が低いため、語感的にはかしこまったフォーマルな響きがあります。 したがって、「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違いはほぼない、というのが答えになります。 ビジネスメールでどちらを使うべきか迷った場合は、「何卒よろしくお願いいたします」を使えばよいでしょう。

例文 ・◯◯についての資料の確認をしていただけますか。ご多忙中申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。 ・恐れ入りますが、納期の延期が可能かどうか、ご連絡いただけるよう何卒よろしくお願いいたします。

「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、返信、「申し上げます」との違い

eigobu.jp

「何卒よろしくお願い申し上げます」は英語で「Thank you very much for your help.」

ご存知の方も多いと思いますが、「よろしくお願いします」は英語で直訳することができません。 状況によって様々な英訳を考える必要があります。 「よろしくお願いします」の英語表現が気になる方は下記の記事を参考にしてみてください。

《完全版》シーン別「よろしくお願いします」の英語表現

eigobu.jp

ちなみに、ビジネスメールの最後に使う「何卒よろしくお願いいたします」は「Thank you very much for your help.」になります。 直訳すると「助けてくれてありがとうございます」になりますが、実際には助けてもらってない場合も使います。 メールで依頼やお願いをした後に、前もって感謝やお礼をいうことで「よろしく」というニュアンスになります。

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「何卒よろしくお願い申し上げます」について理解できたでしょうか。 ✔︎「何卒」は「なにとぞ」と読み、「どうぞ」の改まった表現 ✔︎「何卒よろしくお願い申し上げます」はビジネスシーンにおいて使う表現 ✔︎ ビジネスメールの締めくくりや依頼をするときなどに、使うことが多い ✔︎「何卒よろしくお願いします」という表現は不自然なので使わない

こちらの記事もチェック

「誠心誠意」の意味と使い方、類語、英語を紹介!謝罪や座右の銘でも使う

eigobu.jp

「不徳の致すところ」謝罪文でどう使う?意味、類語、例文、英語表現を解説

eigobu.jp

「閑話休題」は「それはさておき」の意味?使い方、例文、英語表現を解説

eigobu.jp

「拝聴」は音楽や講演でも使う!正しい意味、使い方、類語、英語を紹介!

eigobu.jp

「お申し付けください」は間違い?意味、社内での使い方、別の言い方、英語も紹介

eigobu.jp

「逡巡」の意味、使い方、例文、類語「葛藤」「躊躇」との違い、英語

eigobu.jp

「鬼籍」の読み方・意味・由来・使い方!「鬼籍に入る」や英語も解説

eigobu.jp

「衷心より」の読み方、意味、使い方、感謝やお悔やみでの例文、類語、英語

eigobu.jp

「お忙しいところ恐れ入りますが」ビジネスメールや返信の例文、類語、英語

eigobu.jp

「適宜」の意味、使い方、例文、英語!類語「適時・随時・都度」との違いも

eigobu.jp

「益々」の意味、使い方と例文、「ますます」との使い分け、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「あしからず」の意味、使い方、類語、英語!ビジネスでは「ご了承ください」をつける

eigobu.jp

「幸いです」の意味、使い方、敬語表現や類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「所存」の意味と正しい使い方!類語「意向」「次第」「所在」との違い

eigobu.jp

敬語「ですので」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語も紹介

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味やメールでの使い方、読み方、英語表現