1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「不徳の致すところ」謝罪文でどう使う?意味、類語、例文、英語表現を解説
「不徳の致すところ」謝罪文でどう使う?意味、類語、例文、英語表現を解説

「不徳の致すところ」謝罪文でどう使う?意味、類語、例文、英語表現を解説

「不徳の致すところ」という言葉をご存知でしょうか?「不徳の致すところ」は謝罪する際に使う表現です。芸能人の不倫騒動の謝罪会見で聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?ただ「不徳の致すところ」について、意味が曖昧になっている部分があるかと思います。そこで今回は「不徳の致すところ」の意味や使い方について解説していきます。

「不徳の致すところ」の意味

「不徳の致すところ」の意味は「自分の不徳が原因で、好ましくない事態になったこと」

「不徳の致すところ」とは、「自分の不徳が原因で、好ましくない事態になったこと」を意味しています。 ビジネスシーンでの「不徳の致すところ」は、「(失敗や不都合があったとき)自分に至らない点があったためにこのような事態になってしまった」という謝罪の意味で使います。 「不徳の致すところ」は謝罪の意の他に、反省の意が込められています。 自分に十分な徳が備わっていなかったため、今回のような好ましくない状況に至ったのだということで、自分に責任があることを表します。 つまり「不徳の致すところ」は、事がうまく運ばなかったときに、自分の未熟な行いが原因として謝罪する言葉でもあり、自分が行ったことへの反省の意思を示す言葉でもあります。

「不徳」の意味は「人間としての常識やモラルが欠けていること」

「不」は、音読みだと「フ」、訓読みだと「ず」と読みます。 「不」は否定を表す語で、「〜しない」「〜でない」ことを意味しています。 「徳」は、音読みで「トク」と読みます。 「徳」は「精神の修養によってその身に得た優れた品性」「めぐみ」「財産」を意味しています。 「不徳」は、「徳にそむくこと」「徳が足りないこと」を意味しています。 また「不徳」には、「不道徳」「人の行うべき道に反すること」「背徳」という意味も含まれています。 要するに「不徳」は、「人間としての常識やモラルが欠けていること」を表しています。 犯罪とまではいかないまでも、「人の道を踏み外してしまう」というニュアンスになります。

「致すところ」の意味は「引き起こしたこと」

「致」は、音読みだと「チ」、訓読みだと「いたす」と読みます。 「致」は「招き寄せる」「行き着く」「おもむき」を意味しています。 「致す」は通常、「失礼いたします」「感謝いたします」といったように「する」の謙譲語として使います。 他にも「致す」には、「そこまで達するようにする」「身や命を捧げる」「心などをある方面に向けて届かせる」といったように意味がたくさんあります。 「不徳の致すところ」の「致す」は、「あることが原因となってよくない結果を引き起こす」という意味で使うことになります。 「ところ」は事象そのものを指していて、「内容」「場面」を意味しています。 「思うところ〜」「たずねたところ〜」などというと分かりやすいと思います。

「いたします」「致します」の意味とビジネスにおける正しい使い方

eigobu.jp

「不徳の致すところ」の使い方

「不徳の致すところ」は謝罪の場面で使う表現

「不徳の致すところ」は、主に自身の起こした失敗や過ちを認め謝罪をする場面で使う表現です。 「不徳の致すところ」を使うことにより、自分の過ちを認めることになります。 「不徳の致すところ」は、書き言葉としてメールや手紙の謝罪文としても、口語で会見の謝罪としても使えます。 ただ「不徳の致すところ」は、謝罪の意味が込められた言葉ですが、謝罪そのものを示す言葉ではありません。 単に「不徳の致すところでした」と言っても謝罪の意は伝わらないので、「申し訳ありません」や「ご迷惑をおかけしました」などと、謝罪そのものを表す表現を付けて謝る必要があります。

「不徳の致すところ」はビジネスメールや始末書でも使われる

「不徳の致すところ」は文章でも用いることが出来、かしこまった表現であるため目上の人に使うことができます。 そのためビジネスメールや始末書にも用いられています。 しかし「不徳の致すところ」は重い表現であるため、主にかしこまった場面や重大な失態を犯した場合に用いられています。 社内における損失の出ない小さなミスや勘違いなどで間違ったことをしてしまった場合に用いると重すぎた表現となります。 使い方を謝ると、相手は違和感を覚えたり失礼だと感じる場合もありますので注意しましょう。

「不徳の致すところ」は政治家や歌舞伎役者も口頭の謝罪で使う

「不徳の致すところ」はビジネスシーンだけではなく政治家や歌舞伎役者などの謝罪会見でよく使われています。 自分に否があった際に「私の不徳の致すところです」などと表現します。 この場合は反省の意もありますが、どういった不祥事があったのか明言することを避け「不徳の致すところ」でまとめようとしている場合があります。 政治家の賄賂疑惑や歌舞伎役者・芸能人の不倫など、詳細を自ら話したくない場面でよく使われています。

「不徳の致すところ」に繋げる謝罪の言葉とその例文

申し訳ございませんでした・申し訳ありませんでした

(意味:弁解の余地がなく、相手にすまない) *「申し訳ございませんでした」でも十分意味が伝わりますが、「不徳の致すところ」をつけることによってより反省しているということを強調できる

・今回の失態は、全て私の不徳の致すところです。申し訳ございませんでした。 ・この度は私の不徳の致すところで、皆様に多大な迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありません。

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の違いと使い分け

eigobu.jp

深くお詫び申し上げます

(意味:謝罪するときに、詫び言を述べる表現) *「申し上げる」は「言う」の謙譲語

・今回の不祥事を引き起こしたのは私どもの不徳の致すところでございます。深くお詫び申し上げます。 ・この度は弊社の不徳の致すところにより、多大な迷惑をおかけしてしまいました。深くお詫び申し上げます。

謝罪いたします

(意味:罪や過ちを詫びること) *「謝罪いたします」は、反省の意と申し訳なく思っている気持ちを示しことができる

・今回の件の調査の結果、原因はすべて私どもの不徳の致すところでした。謝罪いたします。 ・先日の発注ミスは、私の不徳の致すところが原因です。謝罪いたします。

猛省しております

(意味:厳しく反省すること) *「猛省」はものすごく反省していることを表している

・私の不徳の致すところであると、深く猛省しております。 ・私の不徳の致すところであり、猛省しております。今後同じ過ちを繰り返さないよう努力いたします。

「猛省」の意味とビジネスでの使い方、読み方、例文、類語、英語

eigobu.jp

陳謝いたします

(意味:事情を述べて詫びること) *「陳謝」は謝罪に加えて、事情や経緯を説明することが必要な言葉

・この度の不祥事は私どもの不徳の致すところであり、ご迷惑をおかけしましたことを陳謝申し上げます。 ・原因は私の不徳の致すところです。深く陳謝申し上げます。

「陳謝」と「謝罪」の意味の違いと使い分けとは?

eigobu.jp

遺憾に思います

(意味:期待したようにならず、心残りであること・残念に思うこと) *「遺憾」は、思い通りにならずに期待を裏切った自分の行為を詫びること

・全ての原因は私の不徳の致すところであり、大変遺憾に思います。 ・このような事故が頻発したのは私どもの不徳の致すところが原因であり、遺憾に堪えません。

「遺憾に思う」に謝罪・怒りの意味はない?正しい意味と使い方!類義語と対義語も紹介!

eigobu.jp

善処いたします

(意味:適切に処置すること) *「善処」は、過ちを起こしたことを良い方向にするよう改善するという意味合いで使います。

・今回は私の不徳の致すところにより、大変ご迷惑をおかけしました。二度と同じ過ちを犯さないよう善処します。 ・原因は私どもの不徳の致すところです。今後このようなことが起きないよう善処いたします。

「善処します」の使い方に注意!意味とビジネスでの使い方!類語や英語も

eigobu.jp

「不徳の致すところ」の言い換え

「不徳の致すところ」の正しい言い換えは「不徳の至り」「不徳の極み」

「不徳の致すところ」以外にも、「不徳の至り」「不徳の極み」といった言い方があります。 「極み」は、「きわまるところ」「物事の行きつくところ」を、 「至り」は、「ある物事が最高の状態に達していること」「ある物事の成り行きや結果」を意味しています。 つまり、「不徳の至り」「不徳の極み」は、「不徳の致すところ」と言うよりも、反省の意が強くなる表現になります。

・この度の誤発信は私の不徳の至りによるものです。深く謝罪いたします。 ・未だにそのプロジェクトが成功しないのは、誠に不徳の極みでございます。 ・迷惑をかけてしまったことは、私の不徳の極みでございます。 ・子供がお友達に怪我を負わせてしまったことは、親として不徳の至りです。 ・私の不徳の至りによって、御社に莫大な損失を与えてしまいました。 ・この度は私の不徳の致すところ大変ご迷惑をおかけしましたことを謝罪いたします。今後はこのような事が無いように善処いたします。

「不足の至る所」という表現は日本語に存在しない

「不足の至る所」という言葉を使っている人がたまにいますが、これは誤用です。 「不足の至る所」という表現は日本語には存在しませんので、注意してください。 「不徳」と「不足」という言葉が似ているため、このような誤用が発生したと言われています。

「不徳の致すところ」の類語

「不徳の致すところ」は改まった表現になるので謝罪するときに適す言葉ですが、何度も使用したり、繰り返してしまうと謝罪の意が弱まってしまいます。 そうならないためにも類語を活用して、状況によって使い分けられると良いでしょう。

私の所為(せい)です

「所為(せい)」は、上の言葉を受けて、それが原因・理由であることを表す言葉で、「そうなった原因であること」を意味しています。 「私の所為です」は「こうなったことは私が原因である」というニュアンスになるので、謝罪するときの表現としては適切になります。 「不徳の致すところ」という言葉が出てこなかった場合は、代わりに「私の所為です」を使うことができます。

・この度は私の所為によって度重なるご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ありません。 ・このような事態を招いてしまったのは、全て私の所為です。ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

私の責任です

「責任」は、「自分のした事の結果について責めを負うこと」「特に、失敗や損失による責めを追うこと」を意味しています。 「私の責任です」と言うことによって、このような事態が起きたのは全て自分自身の責任であることを認める謝罪の言葉になります。 「私の責任です」は主に口語で使うことが多い表現です。

・全ては私の責任です。大変申し訳ございませんでした。

自分の非を認めます

「非」の意味は、「道理に反すること」「正しくないこと」「誤り」です。 つまり「非を認める」は、「誤りがあったことや不正をしたことなどを、自分のしたことであると表明すること」になります。 「自分の非を認めます」は、自分自身の誤り認めて反省していることを表す言葉です。 「自分の非を認めます」は主に、メールや手紙など書き言葉として使うことが多い表現になります。

・今回の件に関しては、私の方に非があったことを認めます。 ・彼は正直に自分の非を認めた。

「不徳の致すところ」の英語表現

「不徳の致すところ」はとても英訳しづらい日本語表現です。 直訳しようとして「unworthiness」などの英単語を使うと不自然な英語になってしまいます。 「不徳の致すところ」は、「謝罪」を意味する言葉とセットで使います。 イメージとしては「わたしのミスでこうなってしまいまいた。申し訳ありません。」を英訳すればよいです。 例えば、

I'm truly sorry for causing this kind of problem.

このような問題を引き起こしてしまい本当にすいません

This is all my mistake. I must apologize for that.

これは全てわたしの誤りです。申し訳ありません。

I understand that I must take a responsibility for this. Please accept my sincere apologies.

これも私の責任と重々承知しております。心よりお詫び申し上げます。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

就職先で英語が必要な方や海外への転職を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「不徳の致すところ」のまとめ

「不徳の致すところ」について理解できたでしょうか? ✔︎「不徳の致すところ」は、「自分に至らない点があったからこのような事態になった」という意味 ✔︎「不徳の致すところ」は反省の意味合いが含まれているため、謝罪するときに使用する表現 ✔︎「不徳の極み」「不徳の至り」という言い方もある ✔︎「不徳の致すところ」の類語には、「非を認める」「自分の所為」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

「閑話休題」は「それはさておき」の意味?使い方、例文、英語表現を解説

eigobu.jp

「拝聴」は音楽や講演でも使う!正しい意味、使い方、類語、英語を紹介!

eigobu.jp

「お申し付けください」は間違い?意味、社内での使い方、別の言い方、英語も紹介

eigobu.jp

「逡巡」の意味、使い方、例文、類語「葛藤」「躊躇」との違い、英語

eigobu.jp

「鬼籍」の読み方・意味・由来・使い方!「鬼籍に入る」や英語も解説

eigobu.jp

「衷心より」の読み方、意味、使い方、感謝やお悔やみでの例文、類語、英語

eigobu.jp

「お忙しいところ恐れ入りますが」ビジネスメールや返信の例文、類語、英語

eigobu.jp

「あしからず」の意味、使い方、類語、英語!ビジネスでは「ご了承ください」をつける

eigobu.jp

「幸いです」の意味、使い方、敬語表現や類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「所存」の意味と正しい使い方!類語「意向」「次第」「所在」との違い

eigobu.jp

敬語「ですので」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「不徳の致すところ」謝罪文でどう使う?意味、類語、例文、英語表現を解説