1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「しばらく」と読むのは間違い!「漸く」の正しい読み方と使い方
「しばらく」と読むのは間違い!「漸く」の正しい読み方と使い方

「しばらく」と読むのは間違い!「漸く」の正しい読み方と使い方

「漸く」という言葉、読めますか?よく使う日本語でも知られていない漢字はたくさんあります。文書などで難しい漢字があってもすぐに理解ができるように、正しい意味と読み方を学びましょう。今回は「漸く」について解説します。

「漸く」の読み方と意味

○読み方 <ようやく> <しばらく>と読むのは間違いです。しばらくは「暫く」と書きます。 ○意味 1.「時間や手数がかかった後に、待っていたことが実現するさま、」 2.「苦労した結果目標が達成できるさま、かろうじて」 3.「時間が経つにつれて状態がゆっくりと変化する様、だんだんと」 ○由来 「漸」という漢字に「しだいに」「だんだん」といった意味があります。 語源は「漸」という字が「さんずい」に「斬る」という漢字から出来ているように、「水を流れを斬って導き通すこと」といった意味にあります。 水を斬ることはなかなか出来ることではありません。 そこから「次第に」といった意味に転じました。 ちなみに「やっと」という言葉も漢字で「漸と」と書きます。

「漸く」の使い方

「漸く」には、実現に時間や手数がかかった様子を表します。 また、その出来事の実現するまでの間に苦労や大変さがあったことを表すこともできます。 時間がかかったことや、苦労をしたことなどに使い、一般的な過程で実現したことには使用しません。 また、「漸く」という言葉は話し言葉でもよく使われますよね。 上司など目上の人に対して使ってもいいのか心配になる方もいるのではないでしょうか。 「漸く」は副詞にあたるので、敬語はありません。 また、「漸く」を上司など目上の人に使っても問題ありません。

「漸く」の例文

・「彼は体調を崩してから一週間の間ほとんど何も食べずに寝込み、漸く復活した」 ・「図書館に何ヶ月も通い、漸く論文が終わった」 ・「明日の会議に向けて準備をしていて、23時に漸く家に帰ることができた」 ・「一昨年プレゼントしてもらったゲームを、漸くクリアすることができた」 ・「事件の犯人が警察の緻密な捜査により、漸く逮捕されたようだ」 ・「5年間ずっと板前修行をしていたが、来月から漸く包丁を握ることができる」

「漸く」の類語・対義語

類語

○やっと(漸と) (意味:長い時間や労力を費やして実現・成立するさま、ようやく) ・「やっとの思いでのの完成させる」 ○到頭<とうとう> (意味:いろいろの事があった挙句に、ついに) ・「数ヶ月もの間一人で描いていた絵が、とうとう完成した」 ○遂に(ついに) (意味:長いいきさつ・時間の後に、とうとう。) ・「長い間黙秘していた容疑者が、遂に口を割った」

対義語

○易易<やすやす> (意味:何の困難もなく行うさま、簡単に) ・「彼は初めてにもかかわらず、易易とやってのけた」 ○難無く<なんなく> (意味:困難なしに、簡単に) ・「誰がやってもゲームオーバーになっていたのに、彼女は難無くクリアした」 ○容易く<たやすく> (意味:困難なしに成すことができるさま、易しい) ・「入念な準備をした結果、容易く目的を達成できた」

「漸く」の英語表現

「漸く(ようやく)」には3つの意味がありました。それぞれに英語表現を考えていく必要があります。 1.時間や手数がかかった後に、待っていたことが実現するさま ・finally(とうとう、ついに) ・at (long) last(とうとう、ついに) ・eventually(最終的に) ・in the end(最終的に) 2. 苦労した結果目標が達成できるさま、かろうじて ・barely(かろうじて) ・manage to...(かろうじて...する) 3.「時間が経つにつれて状態がゆっくりと変化する様、だんだんと」 ・gradually(徐々に) ・little by little(少しずつ) などの単語で表現することができます。 例文を見ていきましょう。

Finally, the rain stopped after a couple of days.

数日ぶりにようやく雨が止んだ。

She managed to catch the last train last night.

彼女は昨夜ようやく最終電車に間に合った。

The dawn is coming gradually.

ようやく夜明けがやってきた。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「漸く」について理解できたでしょうか? ✔ようやく、と読む ✔時間や手数がかかった後に、待っていたことが実現するさま、といった意味 ✔上司など目上の人にも使える言葉 話す際にはよく使いますが、あまり文章で書くことはありません。 ですが、書面で使う際に漢字で書くだけでも「おぉ!」と思われること間違いありません。 社会人として、学があることは信頼にもつながります。 様々な日本語や漢字を勉強して、スキルアップしましょう!

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「感銘を受ける」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語も紹介!

eigobu.jp

「ちなみに」の意味と使い方、敬語、類語、語源、漢字、英語

eigobu.jp

「善処します」の使い方に注意!意味とビジネスでの使い方!類語や英語も

eigobu.jp

「私用」と「所用」の意味と使い方の違いは?類語・対義語・英語表現も

eigobu.jp

「前略」の意味と例文!結語は「草々」ビジネスでは「拝啓」使う

eigobu.jp

「邂逅」の読み方、意味、漢字、使い方を例文付きで紹介!英語表現も

eigobu.jp

「先日」の範囲はいつまで?意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

eigobu.jp

「所謂」をいわゆると読むのは漢文が由来!意味、類語、英語も例文付きで紹介

eigobu.jp

「辟易する」とはどんな意味?「辟易」の正しい読み方と使い方

eigobu.jp

「お大事に」「お大事にしてください」は敬語?意味、使い方、類語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「しばらく」と読むのは間違い!「漸く」の正しい読み方と使い方