1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「お大事に」「お大事にしてください」は敬語?意味、使い方、類語も紹介
「お大事に」「お大事にしてください」は敬語?意味、使い方、類語も紹介

「お大事に」「お大事にしてください」は敬語?意味、使い方、類語も紹介

体調を崩してしまった人に対してかける言葉に「お大事に・お大事にしてください」があります。例えば病院に行ったときや、診察を受けた後などにも「お大事に・お大事にしてください」などと声をかけられますよね。しかし、目上の人に対して「お大事に」とは使うことができるのでしょうか。丁寧な言い方はどうなるのでしょうか。そこで今回は「お大事に・お大事にしてください」の意味や正しい使い方、メールでの使い方などについて解説していきます。

「お大事に」の意味は「病気が悪化しませんように」「早く良くなりますように」

「お大事に」には ・病気が悪化しませんように ・早く良くなりますように ・お体を大切に ・いたわる という意味があります。 「お大事に」は、相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う気持ちを伝える表現です。 ちなみに「いたわる」とは「困っている人や病気の人に同情の気持ちを持って優しく接する」となります。 「お大事に」という言葉には、治療に専念して早く回復して下さいという願いと、病気が悪化しませんようにという願いが込められています。 この場合の「大事」は「体を休めてください」という意味ですが、「大事」には「おおごと」「重大なこと」「大変なこと」という「大きなこと」を意味して使用することもあります。

「お大事に」の使い方

「お大事に」は省略された言葉

「お大事に」は、病気にかかっている人や体調を崩した人などに対して「早く良くなってください」「大事に至りませんように体を大切にしてください」という意味で使用します。 ただ、「お大事に」は「お体大事にしてください」「大事に至りませんよう」を省略した言葉です。 「お」がついているので敬語表現ではありますが、省略された言葉なので相手によっては丁寧さに欠ける、いい加減だと捉えられる可能性があります。 そのため目上の人に対してはなるべく「お大事に」のみでの使用は避けるのが無難になります。

「風邪を引いたので明日休むね」 「お大事に」 「さっき転んで怪我した」 「大丈夫?お大事に」

「お大事にしてください」は敬語

「お大事にしてください」は一般的によく使われるフレーズです。 「してください」は動詞「する」+丁寧語「ください」で成り立っています。 ただ「してください」だと少々要求の意味が強いため相手によっては失礼だと思われる可能性もあります。 日常会話や、社内での会話であれば「お大事にしてください」で十分ですが、目上の人や取引先など、きちんと敬意を払う相手には「お大事になさってください」の方が良いでしょう。 まずは」「お大事にしてください」の例文をいくつか紹介します。

「入院されたと聞き、大変驚いております。あまり無理をされないよう、お大事にしてください」 「風邪を召されたのですか。お大事にしてくださいね」 「病院に行かれるのですか?お大事にしてください」 「平熱だからといって高をくくらず、きちんと病院に行ってお大事にしてください」 「インフルエンザにかかったとお聞きしました。まだまだ寒い日が続きます。くれぐれもお大事にしてくださいませ」

目上の人にはさらに丁寧な「お大事になさってください」

「お大事にしてください」をより丁寧にした「お大事になさってください」という言い方もあります。 「なさってください」は尊敬語「なさる」+丁寧語「ください」で成り立っています。 さらに「お大事に」に「くれぐれも」「何卒」「どうか」「どうぞ」を付けることによってより丁寧な表現となります。 目上の人や取引先など、敬意を払う相手には「くれぐれもお大事になさってください」と使うと良いでしょう。

また、「お大事になさってください」は本人に対してだけではなく、相手の家族や子供など第三者に対しても使うことができます。 例えば、友人の子供が熱が出て寝込んでいるという場合は、「お大事になさってください。あなたも体調を崩されないようにしないように」などと言うことができます。 他にも上司の家族に対しては「この度は◯◯さんがお風邪を召されたと聞きました。お大事になさるようお伝えください」などと使えます。 第三者に対して使う場合は「◯◯さんにお大事になさってくださいとお伝えください」と使うのが適切でしょう。

「主任、どうぞお大事になさってください」 「一日も早くお元気になられるようお祈り申し上げます。くれぐれもお大事になさってください」 「お子様が体調を崩されたと聞きました。何卒お大事になさってください」 「大沢さんにお大事になさってくださいとお伝えください」

メールなど文面では「ご自愛ください」がベストな敬語

「ご自愛ください」の意味

「自愛」の意味は、 ・自らその身を大切にすること ・自分の健康状態に気をつけること といったようになります。 「ご自愛ください」は相手の健康を気遣う、労りの言葉です。 「ご自愛ください」には、「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」「身体を大切にしてください」といったニュアンスが含まれます。 「ご〜ください」という形はよく使われる定型句で、相手に「何かを要望・懇願などを言うこと」を促す意味合いを持ちます。 「ご自愛ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は丁寧語になります。

「ご自愛ください」の使い方

「ご自愛ください」は、男性・女性、目下・目上など老若男女関係なく使うことができる表現で、主に手紙やメールの末尾で、相手の健康を気遣う結びの言葉として使われます。 ただ「ご自愛ください」は、「体調を崩さないように健康を保ってください」という意味合いが込められているため、すでに怪我で入院している人や、病気で治療中の人、体調を崩している人には使えません。 また、「自愛」という言葉自体に「お身体」という意味が含まれていますので、「お身体をご自愛ください」とすると意味が重複してしまいます。 「ご自愛ください」だけでも、「お身体を大切にしてください」という意味は伝わるので、間違わないよう注意しましょう。

「ご自愛ください」の例文

・お大事に至りませんよう、ご自愛ください。 ・お忙しいとかと存じますが、何卒ご自愛ください。 ・だんだん寒くなってまいりましたので、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・巷ではインフルエンザが流行ってるそうです。どうぞご自愛くださいませ。 ・これからも厳しい寒さが続きますので、体調を崩されませんよう何卒ご自愛ください。 ・大沢様におかれましては体調を崩されませんようご自愛ください。

Article 9 thumb

目上の人への「ご自愛ください」の使い方と正しい返事の仕方

eigobu.jp

「お大事に」の他に相手を労る敬語表現

お体おいといください

「おいといください」は、「いたわってください」「大事にしてください」という意味です。 「おいといください」は、「どうかお体おいといください」といったような形で、相手の健康を祈る結びの挨拶で使用します。 「おいとい」は漢字だと「厭(いと)う」と書きます。「厭」とは「嫌う」「不愉快」といった意味です。つまり「おいといください」は、「いやなことを避けるために気を付けてください」という気持ちを表します。 「おいといください」は「ご自愛ください」よりも、相手の健康を思いやる気持ちが強いですが、一般的にあまり使わない言葉になります。

・先日、お母様にお会いしましたが、あなたのご健康を気にかけていらっしゃいました。くれぐれもお体おいといください。 ・これからますます暑くなってきますので、お体おいといください。

お労りください

「労り(いたわり)」は、「心を用いて大切にすること」「気にかけること」を意味しています。 「お労りください」は、相手の健康を強く願う場面では最適な言葉となります。 「お労りください」は、「お大事になさってください」よりも相手を思いやる気持ちが伝わる表現です。

・最近は何かと忙しいですが、日頃の疲れがでないよう、お体をお労りください。 ・今日は早く帰って、お体をお労りください。

養生なさってください

「養生」は<ようじょう>と読みます。 「養生」の意味は、「怪我や病気の回復に努めること」になります。 「養生」は「休む」という意味で、治療のために休むという意味合いで使用することが多いです。 「ゆっくり養生なさってください」と言うこともできますが、回復はなるべく早い方が良いのであまり「ゆっくり」「気長に」といった言葉はなるべく使わない方が良いでしょう。

・この機会にしっかり養生なさってください。 ・しっかり養生なさって、一日でも早いご回復をお祈り申し上げます。

静養なさってください

「静養」は<せいよう>と読みます。 「静養」の意味は、「健康の回復のため心身を静かに落ち着けて休ませること」となります。 「静養」は、病気の人が健康を回復させるためることを目的として、体を休ませるこということです。

・無理をなさらずしっかりご静養ください。 ・日頃の疲れが溜まっていたのでしょう。十分に静養なさってください。

「お大事にしてください」に対する返事は「ありがとうございます」

「お大事にしてください」といった場合は「自分の体を大切に」という意味ですが、「はい、そうします」「どうも」などと答えると不自然に聞こえてしまいます。 「お大事にしてください」と言われたときは、 ・ありがとうございます ・お気遣いありがとうございます と言うのが適切になります。 「お大事にしてください」と言われた場合は、相手が自分の体を気遣っているということになるので、気遣いに対してのお礼の気持ちを伝えることが大切です。また、咄嗟に言葉が出てこない場合は会釈のみでも大丈夫でしょう。 他に病院や薬局で「お大事にしてください」と言われた場合、この時はさよならという別れの挨拶でもあるので、 ・ありがとうございます。お世話になりました。 ・ありがとうございます。失礼します。 と答えるのが良いでしょう。

「お大事にしてください」の英語表現

「お大事に」の英語表現はいくつかありますが、最も一般的なのは「Take care!」となります。 より丁寧にいうと「Please take care of yourself.」となります。 その他にも、 ・Please get well soon.(早くよくなってください) ・I hope you get well.(早くよくなってください) ・Get better soon.(早くよくなってください) ・I'm sorry.(お気の毒です) などと言います。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きてみました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「お大事に」「お大事にしてください」まとめ

「お大事に・お大事にしてください」について理解できたでしょうか? ✔︎「お大事に・お大事にしてください」は相手の健康を気遣い、回復を願う気持ちを伝える表現 ✔︎「お大事に」は省略した表現なので、目上の人には「お大事にしてください」を使うのが適切 ✔︎ 似た表現の「ご自愛ください」はメールなどの文面上で使用する ✔︎「お大事に・お大事にしてください」の他の表現には、「お労りください」「おいといください」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 20 thumb

「善処します」の使い方に注意!意味とビジネスでの使い方!類語や英語も

eigobu.jp
Article 23 thumb

「ちなみに」の意味と使い方、敬語、類語、語源、漢字、英語

eigobu.jp
Article 10 thumb

「感銘を受ける」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語も紹介!

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「お大事に」「お大事にしてください」は敬語?意味、使い方、類語も紹介