1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「先日」の範囲はいつまで?意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介
「先日」の範囲はいつまで?意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

「先日」の範囲はいつまで?意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

「先日」という言葉をビジネスメールなどで使うことが多いと思いますが、「先日」という言葉はどこまでを指すのか知っていますか?そんな何となく使っている人が多い「先日」という言葉の意味と正しい使い方を今回は紹介していきます。ビジネスシーンのボキャブラリーがワンパターンにならないようにするために、「先日」の同義語や類義語も紹介します。

「先日はお世話になりました」「先日お会いしましたね」、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもよく耳にする言葉です。 「先日」は普段何気なく使用していますが、どのくらいの期間を示すのでしょうか? 「先日」の意味や使い方について解説していきます。

「先日」の意味は「近い過去のある日、この間」

「先日」は<せんじつ>と読みます。 意味は「近い過去のある日」「この間」「過ぎた日」となります。 現在から近い過去のとある日を表して使いますが、明確にいつからいつまでの期間を表すかは決まっていません。

「先日」の使い方・例文

「先日」の範囲は3日前〜1ヶ月前程度

「先日」は明確にいつからいつまでの期間を表すかは決まっていません。 「先日」はすぐその日がなんだったのか思い出せる範囲、数日から数週間前、長くて1ヶ月程前を指して使うのが一般的です。 「先日」を「この間」と言い換えられる範囲で使うとわかりやすいでしょう。 「数ヶ月前」「半年前」「1年以上前」などに対しても「この間」というには違和感がありますよね。だいぶ前の過去のある日に対しても「先日」は使いません。 「ひと月ほど前、前の月の出来事」であれば「先月」、「1年前」であれば「昨年」「前年度」などと使うようにしましょう。

「先日買ったばかりのテレビが壊れてしまった」 「つい先日、初めて京都に行ってきました」 「Aさんとは先日会ったばっかりだよ」 「彼女と先日大喧嘩したっきり、連絡も取っていない」

ほんの数日前のことであれば「つい先日」を使う

「先日」にも範囲があります。 もし、ほんの数日前のことであれば「つい先日」と使うとより分かりやすいです。 「つい」には「ほんの少し、ちょっと」という意味があります。

「彼とばったり会ったのはつい先日です」 「もう壊れたよ!つい先日買ったばかりなのに!」 「つい先日、私も美術館に行ってきました」

「1日前」に対して「先日」は使わない

「この間」とほぼ同義で使われることからも分かるように「1日前」に対して「先日」と使うのは違和感がありますよね。 1日前だあればは「昨日」を使うようにしましょう。 またビジネスシーンでは「きのう」、丁寧な言い方である「さくじつ(=昨日)」を使うようにしましょう。 「きのう」ではくだけた印象があります。

「昨日(さくじつ)はお忙しい中、お越しいただきありがとうございました」 「昨日(さくじつ)頂いた蜜柑、とてもおいしかったです」

「2日前」は「一昨日」でも「先日」でも可

2日前にも「一昨日」といった名称があります。 しかし、2日前であれば「先日」「つい先日」と使っても違和感はありません。 むしろ、2日前にいただいた電話のお礼をいう場合「一昨日はお電話ありがとうございました」というと違和感を感じる人もいます。 その場合は「先日はお電話ありがとうございました」で大丈夫です。 ただ詳しい日付が分かる方が相手に伝わりやすいこともあります。 その場合は「一昨日」を使うと分かりやすいでしょう。 相手や話す内容によって使い分けましょう。 またビジネスシーンやかしこまった場面では「一昨日」も「おととい」ではなく「いちさくじつ」と使うようにしましょう。

「一昨日の会議の議事録の確認をお願いいたします」 「大沢さんは一昨日にいらっしゃったばかりですよ」

ビジネスで「先日」を使う時は詳細も付け加える

ビジネスにおいて「先日」は口頭でもメール文でも用いられています また「先日」を使う場合は、先日の何を指しているのか詳細を付け加えるようにしましょう。 いきなり「先日はありがとうございました」とだけ言われても、どのことに感謝しているのか相手はすぐに分からないことがあります。 自分の中ではその出来事を想像して話しているため分かりますが、相手にもすぐに伝わるようにしましょう。 例えば「先日の懇親会ではお世話になりありがとうございました」「先日は新商品に関する詳細のメールを送ってくださりありがとうございました」などと、詳細を付け加えましょう。 また、「先日」は日常会話などでも使われるため、ややくだけた印象を与えることがあります。 ビジネスシーンで「先日」はよく使われている言葉ですが、目上の人や取引先などに対して使う際は「先般」を用いるようにしましょう。 先般の詳細については、後述しています。 まずはビジネスシーンにおける「先日」の詳しい使い方を例文で紹介します。

「先日、A社で偶然お見かけいたしました」 「先日はあんなところで偶然会うとは思いませんでした」 「先日はお忙しい中、お邪魔してしまい申し訳ありません」 「先日の懇親会では、大変お世話になりました」 「先日は弊社までわざわざご足労いただき、誠にありがとうございました」 「先日は誠に勝手なお願いをいたし、大変恐縮しております」

「先日」「先般」「過日」の違い

「先日」・・・近い過去のある日 ・近い過去の日にちを指して使う 「先般」・・・先ごろ、この間 ・とある日を指しているわけではなく、近い過去の出来事を指して使う 「過日」・・・過ぎ去った日 ・過去の日々はすべて当てはまる

「先般」の意味と使い方

「先般」は「この間」という意味です。 「先日」と同じで数日前や数週間程度前のことを指しています。 ただ2つの大きな違いは「先日」は近い過去の日にちを指しているのに対して、「先般」は近い過去の出来事を指しています。 また「先般」はかしこまった場面で用いる言葉で丁寧な印象があるため、ビジネスシーンでは「先日」よりも「先般」が主に使われています。 そのため日常生活で使われることはほぼありません。友人との会話などで使うと不自然になります。 「先般」も「先日」同様、いつの何を指して使っているのか詳細を付け加えるようにしましょう。

● 「先般」を用いた例文 「先般の会議で相談した通り、今回の件はなかったことにしましょう」 「先般はご多忙中にも関わらず、弊社までお越しいただき誠にありがとうございます」 「先般ご案内しております12月29日の忘年会の件、大沢様のご都合はいかがでしょうか」

「先般」の正しい意味と使い方!類語「先日」「過日」との違いや英語も紹介

eigobu.jp

「過日」の意味と使い方

「過日」は「過ぎた日」という意味です。 「先日」は現在から遠くない過去を指しているのに対して、「過日」は過去全てが当てはまります。 数ヶ月前・数年前・数十年前、全て「過日」に当てはまるので、「先日」も「過日」の中に含まれることになります。 しかし、「過日」は遠い過去を意味して使うことが多いので、数日前のことについては「先日」と表現する方が分かりやすいです。 また「過日」はほとんど口語で使われることのない堅い言葉です。 文章やメールなどの書き言葉において、「過去や過ぎ去った日」の丁寧な表現として使用されています。

●「過日」を用いた例文 「過日は、いろいろとご教示を賜りまして、誠にありがとうございました」 「過日お約束していた本を持ってきました」 「過日の人事異動により、こちらの部署へ着任いたしました」

「過日(かじつ)」の意味と使い方とは?「先般」「先日」との違いとは

eigobu.jp

「先日」の類語

先頃

「先頃(さきごろ)」は「現在に近い過去の時」「この間」という意味です。 「先日」と同じ、数日前や数週間程前のことを指しています。 大きく違う部分は、「先日」は近い過去の日にちを表しているのに対して、「先頃」は近い過去の出来事を指しています。

「先頃会った時、一緒にいたのは誰ですか?」 「彼と会ったのはつい先頃です」

この前

「この前」は「数日前」「以前」「今よりも一つ前」と言う意味です。 「先日」と同じで数日前や数週間程前のことを指しています。 「先日」と同じ意味がありますが、「この前」はくだけた印象があるため目上の人に対してやビジネスシーンでは使わないようにしましょう。

「私はこの前、東京に行きました」 「この前来た時に忘れていったもの持ってきたよ」

かつて

「かつて」は「昔」「以前」「あるとき」と言う意味です。 ある時点を特に明言せずに、過去のを指し示す表現となります。 口語として使われることはほとんどなく、書き言葉としてよく使われます。

「この建物はかつて、病院として使われていた」 「我が社もかつては駆け出しの小さな会社だった」

「先日」の英語表現は?

「先日」は英語では「the other day」となります。 英語の「the other day」も具体的にいつからいつまでを指しているのか定義はありません。 日本語の「先日」のように、「昨日」よりも過去の時間を指し漠然と使う表現です。 その他には、 ・not long ago(以前、この間) ・a while ago(以前、ちょっと前に) ・just a few minutes ago(ついさっき) などなど。 例文を見てみましょう。

Thank you so much for the other day.

先日は本当にありがとうございました。

Thank you for coming to our office the other day.

先日は弊社までご足労いただきありがとうございました。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「先日」について理解できたでしょうか? ✔「先日」は、数日〜数週間前のことを指す ✔ 1日、2日程度前のことは「昨日」「一昨日」と具体的に言った方が良い ✔ 半年以上前のことを「先日」と言うのは不自然 ✔︎「先日」に似た言葉は多いが意味や使い方が違うので注意

こちらの記事もチェック

「お手すき」は敬語?失礼のない電話やメールでの使い方、意味、類語、対義語、英語

eigobu.jp

「拝読」は敬語!意味と使い方の例文「拝見」との違い、類語、対義語、英語も紹介

eigobu.jp

「ちなみに」の意味と使い方、敬語、類語、語源、漢字、英語

eigobu.jp

「感銘を受ける」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語も紹介!

eigobu.jp

「顰蹙」や「顰蹙を買う」の正しいと読みと使い方

eigobu.jp

ビジネスにおける「改めて、改めまして」の意味と使い方

eigobu.jp

「そもそも」に「基本的に」の意味はない!正しい意味と使い方は?

eigobu.jp

「諸行無常」の正しい読み方と意味を例文を添えて解説します!

eigobu.jp

差別用語なの?「啓蒙」の正しい意味と使い方・「啓発」との違い!

eigobu.jp

「故意犯」との違いは?「確信犯」の正しい意味と使い方

eigobu.jp

「ブリーフィング」ビジネスでの意味と使い方、類語、英語「briefing」

eigobu.jp

「パーソナル」の意味や使い方、類語、対義語、英語表現

eigobu.jp

「ワンチャン」の意味、恋愛・下ネタ・麻雀での使い方、由来、英語など紹介

eigobu.jp

「ヘイト」の正しい意味と使い方!ヘイトスピーチとは?類語や英語表現も紹介

eigobu.jp

「エモい」の由来は音楽で実は古い?正しい意味と使い方、類語や英語を紹介

eigobu.jp

「ラジカル」の意味と学問別の使い方、類語、英語表現を解説!

eigobu.jp

「ハレーション」の意味、ビジネス、色、写真での使い方、英語「halation」

eigobu.jp

「ドメスティック」の2つの意味と使い方、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

《完全版》「ブッキング」の意味と業界別の使い方、英語「booking」も解説!

eigobu.jp

「シニカル」の意味と使い方、類語、対義語、「アイロニカル・ニヒル」との違い

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「先日」の範囲はいつまで?意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介