1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「知識」「知恵」「知見」「知性」「見識」の違いとは?
「知識」「知恵」「知見」「知性」「見識」の違いとは?

「知識」「知恵」「知見」「知性」「見識」の違いとは?

「知識」「知恵」「知見」「知性」「見識」という言葉をご存知でしょうか。「知識が豊富」「知恵をしぼる」「知見を広める」などと言います。では、この5つの言葉の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。よく似ていますが、それぞれ意味が異なります。日常会話でもよく使う表現ですが、区別せずに使っているという方が多いかもしれません。正しく使うためには、意味の違いをはっきりと意識しておかなければいけません。そこで今回は「知識」「知恵」「知見」「知性」「見識」の使い分けについて解説していきます。違いを正しく知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

「知識」「知恵」「知見」「知性」「見識」の違い

「知識」・・・経験や勉強によって得られた、ある物事に関して知っている内容や事柄 「知恵」・・・物事の道理や筋道を知って、適切に判断する能力 「知見」・・・実際に研究や実験を行い、見たり聞いたりして知ることができた事柄 「知性」・・・はっきりしない物事を諦めずに考えることで、その答えを導き出す能力 「見識」・・・物事の本質をしっかりと見透かすことができる秀でた判断力

「知識」の意味と使い方

「知識」は<ちしき>と読みます。 「知」は音読みで「チ」、訓読みで「しる」と読みます。 「知」は「物事の本質を理解すること。ものを心に感じ取ること」を意味します。 「識」は音読みで「シキ・シ」、訓読みで「しる・しるす」と読みます。 「識」は「物事を区別して理解する。見分ける」を意味します。 「知識」の意味は「ある事柄について理解していること。また、その内容」です。 経験や学びによって、得ることができた事柄を表します。誰でも学ぶことによって知識を得ることができます。 言い回しとしては、 ・知識がある ・知識が豊富 ・知識を深める ・豆知識 ・前知識 ・予備知識 などとなります。

例文 ・医者になるためには、必要な知識と技術を学ばなければいけない。 ・彼は虫について知識が豊富なため、生物博士というあだ名で呼ばれている。 ・食べ物に関する知識が豊富な人の話を聞いたので、食に興味を持つことができた。 ・キャンプをたくさんしたおかげで、釣りや狩りについての知識が深まった。 ・彼は豆知識に詳しいため、いつも話が面白い。 ・外国の歴史や文化についての知識は全くないが、旅行を楽しめることができた。 ・彼女は生活を送る上で役に立たない知識ばかり知っている。

「知恵」の意味と使い方

「知恵」は<ちえ>と読みます。 「知」は音読みで「チ」、訓読みで「しる」と読みます。 「知」は「物事の本質を理解すること。ものを心に感じ取ること」を意味します。 「恵」は音読みで「ケイ・エ」、訓読みで「めぐむ」と読みます。 「恵」は「賢いこと」を意味します。 「知恵」の意味は「物事の道理を知って、適切に判断する力」です。 「知恵」は生活をする上で必要となる方法を表します。知恵がないと物事を適切に処理したり、対応することができません。 言い回しとしては、 ・知恵が浮かぶ ・知恵を貸す ・知恵を絞る ・知恵をつける ・知恵を働かせる などとなります。

例文 ・彼は知恵が優れているので、何か困ったことがあったら彼に聞くようにしよう。 ・いくら真面目に考えても、一切知恵が出てこない。 ・薬の作り方が載っている雑誌は、子供に悪い知恵を付けることになるだろう。 ・上司から知恵を借りながら企画を進める。 ・優秀賞を取れるように、知恵を絞ってアイデアを練る。 ・三人寄れば文殊の知恵と言うし、みんなで考えてみよう。 ・プロジェクトを成功させるため、無い知恵を絞り出す。

「知見」の意味と使い方

「知見」は<ちけん>と読みます。 「知」は音読みで「チ」、訓読みで「しる」と読みます。 「知」は「物事の本質を理解すること。ものを心に感じ取ること」を意味します。 「見」は音読みで「ケン・ゲン」、訓読みで「みる・みえる・みせる・まみえる」を読みます。 「見」は「あらわること。思っていること」を意味します。 「知見」の意味は「実際に知っていることと見ていること。見て知ること」です。 実際に調査や実験をすることで、見聞きして得ることができた内容や物事を表します。 言い回しとしては、 ・知見を広める ・知見を得る ・知見を蓄積する ・知見を発表する ・知見を共有する ・知見を異にする などとなります。

例文 ・国内だけではなく、留学をして色々な人と仲良くなることで知見を広める。 ・取材をしていく上で蓄積した知見を、今後の研究に取り込めたら良い。 ・AさんとBさんでは、ある問題の原因に関して知見を異にしている。 ・私はあまり旅行や活動をしないため、知見が広くない。 ・本を読むだけでなく、実際に研究することで知見を広められる。 ・今回の企画実行で得た知見を、仲間内で共有する。 ・小さいミスから得た知見を生かして、物事に取り組む。

「知性」の意味と使い方

「知性」は<ちせい>と読みます。 「知」は音読みで「チ」、訓読みで「しる」と読みます。 「知」は「物事の本質を理解すること。ものを心に感じ取ること」を意味します。 「性」は音読みで「セイ・ショウ」、訓読みで「さが」と読みます。 「性」は「生まれながら持っている気持ち」を意味します。 「知性」の意味は「物事を知ったり、考えたりと判断する力」です。 もやもやと明確ではない物事を諦めることなく考えることで、その答えを導き出す力を表します。 言い回しとしては、 ・知性が高い ・知性を磨く ・知性がある ・知性を感じる ・知性が豊か ・知性を備える ・知性に溢れる ・知性的 などとなります。

例文 ・今回の作品は知性を感じさせるものとなっており、惚れ惚れとする。 ・彼女は知性豊かなので、悩みがあるときは彼女に相談することにしている。 ・知性を磨くためには、多くの本を読んだりして努力することが必要である。 ・彼女は知性的な風貌だが、中身は見た目と違いだらしない性格をしている。 ・知性が働く人は、問題を解決するのがとても早い。 ・彼女は豊かな知性を持っているので、他人が思いつかないような行動をする。 ・彼は知性があるから、物事を最後まで諦めずに考え続けられる。

「見識」の意味と使い方

「見識」は<けんしき>と読みます。 「見」は音読みで「ケン・ゲン」、訓読みで「みる・みえる・みせる・まみえる」を読みます。 「見」は「あらわること。思っていること」を意味します。 「識」は音読みで「シキ・シ」、訓読みで「しる・しるす」と読みます。 「識」は「物事を区別して理解する。見分ける」を意味します。 「見識」の意味は「物事の本質を見抜くことができる、立派な判断力」です。 ある物事に関して、その本質を見破る確かな考えを表します。周りの人たちを納得させる結論を下すためには、見識が必要です。 また、「見識」には「気位。プライド」という意味もあり、「見識が高い」という形でも用います。 言い回しとしては、 ・見識がある ・見識が高い ・見識がある ・見識を備える ・見識を深める などとなります。

例文 ・見識を持っている人は、我々を納得させられる力がある。 ・この件に関しては、見識を備えた人物に話を伺おうと思う。 ・彼は見識が高いから、無駄なことは言わない方が良い。 ・見識が高い人物は変に自信があるため、扱いに困る。 ・見識は人それぞれのため、物の見方が異なるのは当たり前だ。 ・彼は見識があるから、誤った道には進まないと思うよ。 ・物事を上手く進めるためには、見識を深めることが重要である。

こちらの記事もチェック

Article 8 thumb

ビジネスにおける「恐縮です」「恐縮ですが」の意味と使い方

eigobu.jp
Article 1 thumb

ビジネスシーンや挨拶における「ご指導ご鞭撻」の使い方と意味

eigobu.jp
Article 17 thumb

「次第」「次第です」の意味とビジネスでの使い方、例文!「所存」との違いは?

eigobu.jp
Article 10 thumb

「感銘を受ける」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語も紹介!

eigobu.jp
Article 3 thumb

目上の人に使ってもいいの?ビジネスシーンにおける「お疲れ様です」の使い方

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「知識」「知恵」「知見」「知性」「見識」の違いとは?