1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「布石」は悪い意味?使い方と例文、類語「伏線」との違い、語源、英語表現を解説

「布石」は悪い意味?使い方と例文、類語「伏線」との違い、語源、英語表現を解説

「布石」という言葉をご存知でしょうか。あまり日常生活では耳にしない言葉かもしれませんが、「布石」は「将来のために備える」という意味のビジネスシーンなどでも使用できる表現です。今回は「布石」という言葉の意味と使い方を例文付きで解説します。また、類語表現や英語表現も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「布石」とは

「布石」の読み方は「ふせき」

「布石」は、「ふせき」と読みます。 「布」は、音読みで「フ」訓読みで「ぬの」と読みます。 「石」は、音読みで「セキ・シャク・コク」訓読みで「いし」と読みます。

「布石」の意味は「将来のために前もって備え整えておくこと」

「布石」の意味は、「将来のために前もって備え整えておくこと」です。 例えば、老後を考えて資産運用をはじめるなど、将来のために備えておくことってありますよね。 そういった、将来を見据えて準備をしたり、整えておくことを「布石」といいます。 簡単に言えば、未来のために何かをしておくことです。 いつかするかもしれない転職のために資格をいくつか習得しておくというのも「布石」です。

「布石」の語源は囲碁の比喩

「布石」の語源は、囲碁にあります。 「布石」は囲碁で、「石」は墓石、「布」は「敷く」「配置する」という意味があり、全局的な展開を考えて要所要所に石をうっておくことを指す言葉です。 「布石」は「勝負の土台作り」と言われていて、そこから比喩的に、「将来への備え」といった意味で一般的に使用される言葉になったと考えられています。

「布石」は建築用語では「ぬのいし」

「布石」は、建築用語では「ぬのいし」と読みます。 建築用語で言う「布石(ぬのいし)」とは、土台下などにおく石のことです。 漢字が同じでも、「ぬのいし」と読んでしまうを意味が変わってしまうので注意しましょう。

「布石」の使い方と例文

「布石を打つ」の形でビジネス・政治で使い、悪い意味はない

「布石」は、「布石を打つ」という言い回しでビジネスシーンや政治の世界でよく使用されます。 どんな仕事であっても、先を見据えて行動をしたり、備えておくことって大切ですよね。 特に営業では、契約をとるためにあらかじめ色々な策を練って準備をしておくものです。 また、政治であればなおさら、行き当たりばったりでは困ってしまいます。 ビジネスや、政治で使用される「布石を打つ」は、「将来のために予め手はずを整える」という意味で、決して悪い意味はありません。 例えば、「新事業への布石を打つ」といった場合は「新事業を成功させるために、前もって必要なこと準備しておくこと」を意味します。 この「打つ」という表現も、囲碁が由来です。

例文

  • 事業拡張のために常に布石を打つのが社長の仕事だ。
  • 政治家は新党結成への布石を打つことに躍起になっているようだ。
  • このことは後の新党結成への布石となった。

「布石とする」「布石として」の形でも使う

「布石」は、「布石とする」「布石として」といった言い回しでも使用されます。 「布石とする」は、「備えとする」という意味で、「〜を布石とする」で「〜を備えとする」という意味になります。 「布石として」は、「〜の備えとして」といったニュアンスで使用されます。 例えば、 「◯◯の布施として、〜・・・をする」は、「◯◯の備えとして、〜・・・をする」という意味です。

例文

  • 老後への布石として、上場株の運用を開始する。
  • 新規事業の布石として、メディア事業を開始する予定だ。
  • 今月の利益はすべて使わずに来年の布石とすることにしている。

「布石」の誤用に注意

「布石に(と)なる」ではなく「基礎に(と)なる」

  • 布石となる
  • 布石になる

という表現は「将来の備えになる」という意味で使えなくはありませんが、「将来の基礎になる。未来の礎(いしずえ)になる」と言い換えた方が自然です。 また、「将来の布石となる」といった表現もしばしば見受けられますが、これは二重表現になってしまいます。 なぜなら「布石」単体で「将来のための」という意味を含むからです。 よって、「若いうちから英語を学習することは将来の布石となる」ではなく、「英語学習は将来の基礎になる」とした方がよいでしょう。 「礎(いしずえ)」も石ヘンなので、「布石」とどことなくニュアンスが近いです。 「礎」を使用した例文をいくつか紹介しますので、そちらを参考にしてください。

例文

  • このような経験を積み重ねることが、将来への基礎となる。
  • 大学で経営学を学んだことが、独立をするための礎となった。
  • 彼は、この町で名声の礎を築いていった。

「布石を置く」ではなく「一目置く」

「置く」も「打つ」と同じく囲碁用語ではありますが、「布石を置く」という表現は存在しません。 「布石を置く」は囲碁用語がゆえの誤用といえます。 囲碁用語が語源で「置く」を含む表現には「一目置く」があります。 「一目置く」の意味は、「相手の能力を認めて敬意を払うこと」です。 尊敬する相手に対して一歩譲って遠慮をしている様子を表現している言葉です。

例文

  • 初心者だったのにも関わらず素晴らしい成績を残し一目を置かれる存在となりました。
  • あそこの家は政治家一家らしく近所から一目おかれています。

「布石を投じる」ではなく「一石を投じる」

「布石を投じる」という表現もよくある誤用です。 「一石を投じる」と混同していると思われます。 「一石を投じる」は、石を水に投げ込んだときの波紋が広がる様子が語源になっている言葉で、「人々に反響を呼ぶような問題を投げかけること」という意味で使用される慣用句です。

例文

  • 今の政策を変えるためには一石を投じなければならないだろう。
  • この時代に一石を投じるような発言にまんまと心を動かされた。

「布石を踏む」ではなく「定石を踏む」

「布石を踏む」という表現も誤用で、正しくは「定石を踏む」です。 「定石(じょうせき)」も元は囲碁用語で、「最善とされる決まった打ち方」という意味があります。 そこから転じて「物事を処理するときの、最上とされる決まった方法・手順」という意味になりました。 「定石を踏む」で「決まった通りの方法で処理する」という意味です。

例文

  • 定石を踏むがごとく大人しい社員たちばかりである。
  • 定石を踏むことしができないようであれば、さらに上を目指すことはできないだろう。

「布石を敷く」「布石を張る」「布石を残す」「布石がある」ではなく「伏線」

「布石を敷く」「布石を張る」「布石を残す」「布石がある」は、「布石」という言葉を「伏線」と混同しています。 「伏線」は、「後の事の準備として、前もってひそかに設けておくもの」という意味で、「布石」と類語ではありますが、言い回しには違いがあります。 それでは、「布石」の類語「伏線」の正しい使い方を見ていきましょう。

「布石」の類語

伏線

「伏線」は「ふくせん」と読みます。 「ふせん」と読まないように注意してください。 「伏線」の意味は、

  • 小説、戯曲、詩などで、後の方で述べる事柄を予め前の方でほのめかしておくもの
  • 後の事の準備として、前もってひそかに設けておくもの

となります。 「伏」は「隠れて表面に現れない。ひそむ」を表しているので、「伏線」は「将来に繋がる線を見せないように伏せる(隠す)」という意味になります。 将来のために明確な準備である「布石」とは違い、「伏線」は後に起こることをそれとなく暗示するものです。

  • 伏線を敷く
  • 伏線を張る
  • 伏線を残す
  • 伏線がある

などの言い回しで使われます。

例文

  • これは物語後半への伏線となっている。
  • 最初の場面で主人公の行動に伏線が敷かれていたのか!
  • 伏線が張りめぐらされたサスペンス映画を見る。
  • 寝坊をして遅刻しそうだったので、会社に電話して伏線を張っておく。
  • 万が一彼に断られたときのために伏線を張る。
  • 伏線を張って、用意周到で挑戦する。

「伏線」と「布石」の意味の違いと使い分け

WURK

捨て石

「捨て石」は、「すていし」と読みます。 これも囲碁用語で、「より利益を得るために作戦として相手に取らせる石」という意味があります。 また、

  • 工事の際に水底に基礎を作ったり、水勢を弱くするために水中に投げ入れる石
  • 鉱石で採鉱などのときに捨てられる石
  • 現時点で効果はないが、将来役に立つを信じて行う行為

という意味で使用される言葉です。

例文

  • 周りは無駄だと言うけれど、私は将来必ず役にたつ捨て石だと思っています。
  • いくら苦労をしても捨て石だと思えばなんてことないはずでしょう。

先手

「先手」は「せんて」と読みます。 「先手」の意味は、「先にはじめること・先回りして自分の立場を有利にすること」です。 先を見据えて準備をしておくという意味があるので、「布石」と同義語になります。 さらに、これも囲碁用語です。 囲碁用語では、

  • 先に着手すること
  • 相手が応手する場面で、好所に先じて打つこと

という意味で使用されます。

例文

  • 怪しまれそうだったので、先手を打って先にアリバイを話たが、逆効果だった。
  • 先手をとってプログラミングを幼い頃から学んでおいて正解でした。

準備

「準備」は、「じゅんび」と読みます。 「準備」の意味は、「物事をする前に、態勢を整え用意をすること」です。 「準備」という言葉じたいに「将来に向けて〜」という意味は含まれませんが、「老後のために準備をする」といった、これからおこることに対して用意をしておくという点でいえば、「布石」と「準備」は同義語であると言えます。

例文

  • 彼は数年前から進学に向けての準備をしっかりしていた。
  • なんの準備もなく当日を迎えてしまったことをひどく公開している。

対策

「対策」は「たいさく」と読みます。 「対策」の意味は、「相手の状況や事件の様子に応じて、施す処置の手段」です。 相手や事件の様子に、相応しい行動をとるための手段ややり方を表します。「対策」は物事が起きる前を指します。 「◯◯対策」という形で、「税金対策」「防犯対策」「禁煙対策」「災害対策」「防寒対策」「節電対策」といったように使うことが多いです。 他にも「ライバルチームに勝つためには、対策を考える」と言います。「勝つために施す手段」を意味します。

例文

  • プロジェクトの人手不足の件について、早く対策を練らなければいけない。
  • 良い対策を考えないと、実行しても何の意味もない。

予防策

「予防策」は「よぼうさく」と読みます。 「予防策」の意味は、「悪い事態にならないうように前もって防ぐための処置」です。 つまり、「この先、そうならない為の行動をとる」ということが「予防策」です。 「布石」は、「この先のために備えておく」という意味なので、「布石」も「予防」もその先を見据えて行うことという点で同義語であると言えまるでしょう。

例文

  • 単純だが手荒うがいという予防策が一番有効であるとされています。
  • 具体的な予防策が発見されていないという点で新型ウィルスの驚異を感じる。

「布石」の対義語

「布石」の対義語は特になにが、「準備不足」「とりあえず」などがそれにあたる

「布石」の対義語は「これ」を言えるものが特にありません。 強いて言うなら、「布石」が「未来のために備える」という意味だと言うことを考えると、

  • 準備不足
  • 取り急ぎの
  • とりあえず
  • いきあたりばったり

といった、先を見据えていないような行動を意味する言葉が対義語になると言えるでしょう。

例文

  • 今回のミスの原因は準備不足にあるということは明らかである。
  • 取り急ぎ書いてみたものなので修正が必要だ。
  • わたし達の旅行は、いつもプランを立てずいきあたりばったりです。

「布石」の英語

preparation

「布石」に最も近い英語表現は「準備」を意味する「preparation」です。 動詞は「prepare for...」です。

Preparing for business expansion all the time is CEO's role.

何時も事業拡大の布石を打つのが社長の役割だ。

strategy

「戦略」を意味する「strategy」も「布石」の英訳として使うことが可能です。 「strategy」の形容詞は「strategic」です。

That was a strategic move to buy up the competitor.

あれは競合企業を買収するための布石(戦略的行動)だった。

まとめ

いかがでしたか? 「布石」について理解していただけたでしょうか。 ✓「布石」の読み方は「ふせき」 ✓「布石」の意味は「将来のために前もって備え整えておくこと」 ✓「布石」の語源は囲碁の比喩 ✓「布石」は建築用語では「ぬのいし」なので読み間違いに注意 ✓「布石を打つ」の形でビジネス・政治で使う  など

こちらの記事もチェック

「老婆心」の意味と使い方、語源、返し、類語、読み方、男は?

WURK

「ご提案」は自分に使える敬語?意味、類語、提案メールの書き方、英語は?

WURK

「お伝えします」の社内外での使い方、敬語、「申し伝えます」との違い

WURK

【完全版】「ご提供」は自分に使える敬語?二重敬語?意味、類語、英語も解説

WURK

「お尋ね」の意味と敬語、メール、類語「お伺い、お訊ね」との違いは?

WURK

「ご一読ください」の意味と読み方、類義語、返信方法を例文付きで解説!

WURK

「感謝いたします」の意味と使い方、敬語、類語「感謝申し上げます」との違い

WURK

「恐縮ですが」の意味と敬語、類語「申し訳ありませんが」との違い、英語表現

WURK

「大変恐縮ですが」の意味、お願い時の使い方、類語・言い換え、英語表現

WURK

「考察」の意味と使い方、類語「感想、結果、結論、推察、まとめ」との違い、英語

WURK

「ご参考ください」は誤った日本語!敬語の言い換え、類語「ご参照ください」との違い

WURK

「あるいは」の意味と読点の使い方、「もしくは/または/それとも」との違い

WURK

「ご査収ください」の意味と使い方、返事の仕方、「お納めください」との違い、類語

WURK

「ご快諾」の意味とビジネスでの使い方、「ご承諾」との違い、例文、類語、英語

WURK

「いらっしゃいますでしょうか」は二重敬語?電話やメールでの使い方、言い換えは?

WURK

「嬉しいです」の目上に使える敬語?ビジネスでの言い換えは?英語表現も解説!

WURK

「ご承諾」の意味と敬語、読み方、例文、類語「ご快諾/ご了承」との違い

WURK

「頑張ってください」の敬語は?正しい言い換え、類語、返事の仕方、英語表現を解説!

WURK

「ご依頼」の意味と敬語、メール件名の付け方、「お願い」との違い

WURK

「お試しください」の意味は?食べ物に使える?敬語、類語、英語も解説!

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「布石」は悪い意味?使い方と例文、類語「伏線」との違い、語源、英語表現を解説