1. TOP
  2. 日本語表現・熟語
  3. 「付随」の意味と使い方、類語「付帯・付属・随伴・追随」との違い

「付随」の意味と使い方、類語「付帯・付属・随伴・追随」との違い

「付随」という言葉をご存知でしょうか。「付随資料」「付随する」などと使います。「付随」はなんとなく聞き覚えありますよね。「付随」は日常会話でもビジネスシーンでも使うことが多い言葉です。よく使う言葉ではありますが、意味をしっかりと理解しているでしょうか。「付随」には「付帯」や「付属」など似た言葉が多いため、意味が混同しているということがあります。正しく使うためには、適切に使い方を覚えることが必要です。そこで今回は「付随」の意味や使い方、類語との違い、対義語について解説していきます。「付随」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「付随」の読み方と意味

「付随」は<ふずい>と読みます。 「付」は音読みで「フ」、訓読みで「つける・つく」と読みます。 「付」は「ぴったりとくっつける。添えつける。つく」を意味します。 「随」は音読みで「ズイ」、訓読みで「したがう・まま・まにまに」と読みます。 「随」は「他人の後にそのままついていく」を意味します。 「付随」の意味は「つきしたがうこと。また、従属的な関係にあること」です。 主たる物事に関係して成り立っていること・ある物事が他の物事に付き従って起こることを表します。 「付随」は簡単に言ってしまうと、「ある事にくっついて起こる事」ということです。 「随」と書くこともありますが、稀です。

「付随」の使い方と例文

ある物事に付き従って他の物事が発生することを表す場合に「付随」を使います。 例えば、「ビルの移転に付随して、片付けなければいけない仕事を済ませる」と言います。これは「ビルの移動に付き従って起こる、行わければいけない仕事を済ます」という意味になります。 他にも、「付随する問題」「ある事に付随して発生する出来事」「今回の件に付随している事件」などと言います。 「Aが起こって、その流れでBが起きる」という関係です。 このように、自然と発生する事柄があることを「付随」と表現します。 言い回しとしては、 ・付随する ・付随的 ・付随物 ・付随業務 ・付随作業 ・付随効果 ・付随資料 ・付随条項 ・付随費用 などとなります。 「付随業務」は「ある物事に関連して発生する業務」、「付随的」は「何かに伴って結果的に発生するさま」を意味します。

例文 ・新しい交通システム導入に付随するバス増大の費用が大きい。 ・私はお客様の対応と、付随する業務として簡単な資料の作成や見積作成などを行なっています。 ・津波や土砂災害、建物崩壊などといったものは、地震に付随して発生する。 ・この件に付随して、対応しなければいけない案件などと色々な問題が生じる。 ・本件に関して、付随的な諸々の問題の対策を考えなければいけない。 ・利用者を増加させるためには、付随サービスの質をもっと上げなければ。 ・この仕事は他の仕事と比べたら給料が高いが、それに付随する忙しさはなかなか厳しい。 ・料金改正に付随する問題は、なかなか複雑でどう解決すべきなのか困難である。 ・新しい計画に付随する問題としては、人材不足や資金難が挙げられる。

「付随効果」とは

「付随効果」とは、「本来の目的として期待されていたものではない影響のこと」です。 例えば、禁煙の場合。主な目的は「健康促進のため。臭いを消す」などですが、付随効果としては、「タバコ代がかからない。お金が貯まる」などが挙げられます。 他にも、オリンピック開催に伴う付随効果としては。「イメージアップを図ることができ観光の需要が高まる。街の活性化」などが挙げられます。 このように、「付随効果」はそれを目的としていたわけではないが、二次的な効果を得ることができることを表します。

「付随」と「付帯」の違い

「付帯」の意味は「主なものに付け添えること」です。 「付帯事項」「付帯条件」「付帯保険」「付帯工事」などと使います。 「付帯」は「主たる物事にある物事が必然的に伴うこと」 「付随」は「主たる物事にある物事が関連して発生すること」 このように、「付随」は発生する事柄、「付帯」は付け加える事柄を表します。 「付帯」は「ある物事にセットとして与えられる物事」を表しています。 例えば、「付帯工事」といったら、「主となる工事に付帯して行う工事」を表します。住宅の建築の場合は、水道・ガス・電気といった工事を指します。それ自体が、単体の使用目的に使われるものではない工事を表します。 「付随」と「付帯」は非常に似ていますが、意味が少々異なります。しっかり区別できるようにしましょう。

例文 ・新しい建造物の建設に付帯する費用については、A社が全てを負担してくれる。 ・クレジットカードには、盗難や紛失保険という便利な付帯保険がある。

「付随」と「付属」の違い

「付属」の意味は、 ・主たるものに付いていること ・布教の使命を付与すること ・付属学校の略 です。 「付属」は「ある物が主となるものの一部となって付き従っていること」 「付随」は「主たる物事にある物事が関連して発生すること」 「付属」は「付属部品」「付属パーツ」「付属品」「付属小学校」といったように、”もの”に関して使うことが多いです。 例えば、携帯の付属品といったら、イヤホンや充電器などがあります。付属品は単体では機能はしないけれど、主となるものと一緒に使うことによって役割を果たします。 「付属する出来事」「付属する問題」などと、「付属」は”ものごと”の関しては使いません。 このように、「付属」と「付随」では意味が異なります。

例文 ・息子を中高一貫教育を目的としている、付属中学校に通わせる。 ・パソコンを買った時に、付属品がついていたけれど無くしてしまった。

「付随」と「随伴」の違い

「随伴」は<ずいはん>と読みます。 「随伴」の意味は、 1.供となって、つきしたがうこと。つれだち伴うこと 2.何かが起きるのに伴って起きること です。 「随伴」は「供としてつきしたがうこと。また、一緒に連れて行くこと」 「付随」は「主たる物事にある物事が関連して発生すること」 「随伴」は「お供する」ということなので、「社長に随伴してパーティーに参加する」などと使います。 また、「随伴」には「ある物事につれて、他の事が起こる」という意味も含まれます。 「医療の進歩に随伴して起きる問題」「随伴現象」などと使います。 こちらの意味では「付随」とほとんど同じ意味になります。 ただ、「随伴」は「お供する」という意味で使うことが多いので、2つめの意味ではほとんど使いません。

例文 ・上司に随伴して、出張する。 ・彼女は部長に随伴して、取引先の飲み会に参加していた。

「付随」と「追随」の違い

「追随」は<ついずい>と読みます。 「追随」の意味は、 ・あとに付き従って行くこと ・追いつくこと ・死者などをあとから慕うこと です。 「追随」は「あとから追いしたがうこと。人の業績の跡を追うこと」 「付随」は「主たる物事にある物事が関連して発生すること」 主に、「追随」は「他人の意見や行動を真似する」という意味で使います。 例えば、「追随を許さない」などとよく言いますが、これは「相手の技術が簡単に真似できないくらい優れている」という意味になります。 このように、「追随」と「付随」では全く意味が異なります。

例文 ・彼女の技能はものすごく素晴らしく、他の追随を許さない。 ・最低限、やるべきことを行うには、追随するしかない。

「付随」と「不随」の違い

「不随」の意味は「(身体が)思うように動かないこと。自由がきかないこと」です。 「半身不随」「全身不随」「下半身不随」などと言います。 「不随」は「病気などのために,からだの動きが自由にならないこと」 「付随」は「主たる物事にある物事が関連して発生すること」 「付随」と「不随」はどちらも「ふずい」と読みますが、意味は全く異なります。間違えないように、注意しましょう。

例文 ・交通事故にあって、全身不随となってしまう。 ・半身不随なので、リハビリを頑張る。

「付随」の類語

添う/ 副う<そう> (意味:そば近くよる。基準となるものから離れないようにする) 「既定方針に添って行う」 付す/ 附す<ふす> (意味:つく。従う。付け加える) 「あとがきは巻末に付す」 くっつく (意味:ぴったりとつく。つきしたがう) 「強い方にくっつく」 付いてまわる (意味:離れずに一緒に動く。つきまとう) 「悪い噂がどこまでも付いてまわる」 伴う<ともなう> (意味:つれだつ。一緒にいく。同時に生じる) 「危険を伴う作業だ」 帰属 (意味:つくこと。したがうこと) 「会社への帰属意識をもつ」 付録 (意味:付け加えて記録すること) 「当日の名簿を付録とする」 所属 (意味:従属または付属していること) 「サッカー部に所属する」 従属 (意味:中心となるものや力のあるものにつきしたがうこと) 「Aチームに従属する」

「付随」の対義語

離れる (意味:くっついていたものが解けて分かれること) 「二人の気持ちはだんだん離れていった」 引き下がる (意味:さがる。しりぞく) 「すごすごと引き下がっていった」 退散 (意味:集まっている人々が退き散ること) 「退散を命じられる」 去る (意味:時が過ぎて行くこと。あるところや状況から離れて他へ行くこと) 「やがて春も去って行く」 退く<しりぞく> (意味:あとへさがること。退出すること。身を引くこと) 「現役から退く」 見放す (意味:みきりをつけ従来の関係を断つこと) 「医者に見放される」 見限る (意味:見込みがないと考えてあきらめること) 「先生に見限られた」 敬遠する (意味:表面は敬うような態度をして、実際は疎んじて親しくないこと) 「先輩を敬遠する」

「付随」の英語

simultaneous

「付随」の英語表現を見ていきましょう。 「同時の」を意味する「simultaneous」は同じようなニュアンスで使うことができるでしょう。

A variety of things started to happen simultaneously with it.

それと付随的に様々なことが起こり始めた。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

WURK

まとめ

「付随」について理解できたでしょうか? ✔︎「付随」は「ふずい」と読む ✔︎「付随」は「主たる物事に関係して成り立っていること。ある物事が他の物事に付き従って起こること」を意味 ✔︎「付随する」「付随業務」「付随作業」「付随効果」などと使う ✔︎「付随」の類語には、「添う」「伴う」「帰属」などがある

おすすめの記事

「碩学」とは?意味と使い方を解説!「博学」「顕学」との違いとは??

WURK

ビジネスでの「せっかく」の意味と使い方!「わざわざ」との違い

WURK

「伺わせていただきます」は目上の人に使える正しい敬語?二重敬語?

WURK

「懸念」の意味とビジネスでの使い方!危惧・心配・懸案 との違いは?

WURK

「ご入用」の読み方、意味、使い方、類語など徹底解説します!!

WURK

敬語「ご笑納」の意味とビジネスでの使い方、類語、返事の仕方とは?

WURK

「忸怩たる思い」の正しい意味と使い方!語源と例文付きで詳しく解説

WURK

間違いが多い「是非」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語表現

WURK

「精査」の意味とビジネスでの使い方!検査・検討・照査・査収との違い

WURK

「頂戴する」は正しい敬語か?「頂戴」の意味と使い方、類語、英語表現を解説

WURK

「及第点」の意味と使い方、「次第点/合格点」との違い

WURK

「暗中模索」の意味と使い方、類語「五里霧中」との違い、英語表現

WURK

「思う/思います」の敬語表現、「思っております」は正しい敬語?

WURK

「生粋」の意味と使い方、類語、英語、「純粋」との違い

WURK

「態々」の正しい読み方と意味、使い、類語、語源、「業々」との違い

WURK

「圧巻」の意味と使い方、類語「圧倒・席巻・壮観」との違い

WURK

敬語「息災」の意味と使い方、語源、類語、返事の仕方について解説

WURK

ゲームでも使う「金科玉条」の意味と使い方、語源、類語について解説!

WURK

誤用に注意!「食指が動く」の意味と正しい使い方、「食思・触手」との違い

WURK

「見解」の意味と使い方、類語「考察・意見・見方・解釈・所見・所感・感想・見識・見聞」との違い

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語表現・熟語
  3. 「付随」の意味と使い方、類語「付帯・付属・随伴・追随」との違い