1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「見解」の意味と使い方、類語「考察・意見・見方・解釈・所見・所感・感想・見識・見聞」との違い
「見解」の意味と使い方、類語「考察・意見・見方・解釈・所見・所感・感想・見識・見聞」との違い

「見解」の意味と使い方、類語「考察・意見・見方・解釈・所見・所感・感想・見識・見聞」との違い

「見解」という言葉をご存知でしょうか。「見解を明らかにする」「見解を示す」などとニュースや新聞などで、見聞きしたことがあると思います。なんとなく使われ方から、意味がイメージできますよね。では、「見解」についてしっかりと説明できるでしょうか。知ってはいても、使い方には自身がないと人も多いのではないでしょうか。また、「見解」には「考察」や「意見」や「見方」などと、似たような言葉がたくさんあります。全部を区別するのは非常に難しいですが、正しく使うためにはきちんと使い分ける必要があります。そこで今回は「見解」の意味と使い方、類語との違いについて解説していきます。「見解」をきちんと覚えて、言葉の知識を深めましょう!

「見解」の読み方と意味

「見解」は<けんかい>と読みます。 「けんげ」と読むこともありますが、極めて稀です。 「見」は音読みだと「ケン・ゲン」、訓読みだと「みる・みせる・あらわれる」と読みます。 「見」は「見かた。考え」を意味します。 「解」は音読みだと「カイ・ゲ」、訓読みだと「とく・とかす・ほどく」と読みます。 「解」は「解き明かす」を意味します。 「見解」の意味は「物事に対する見かたや考え方。意見」です。 物事に対する考え方や価値判断・解釈や評価の仕方・見て理解したことを表します。

「見解」の使い方と例文

「見解」は物事に対する自分の考え方や解釈、言いたい事柄を表す場合に使います。 考えを求められその場で即座に返すものではなく、じっくりと考えた上でしっかりとまとめられた意見を「見解」と言います。 「見たものをどうしてそのように理解したのか」ということを「見解」と覚えておくと分かりやすいです。 主に、「見解」は政府などの公式の機関が、公の問題に関して言及するような場面で使うことが多いです。 例えば、「災害対策に関して、専門家の見解が発表された」といった場合は「災害対策についての、専門家の考え方や見かたが発表された」という意味になります。 よく使われる言い方に「見解の相違」があります。 「見解の相違」は「考え方や解釈がお互いに食い違っていること。意見が一致しないこと」を意味します。 言い回しとしては、 ・見解を明らかにする ・見解を述べる ・見解を示す ・見解を言う ・見解を表明する ・個人の見解 などとなります。 それでは例文を見ていきましょう。

例文 ・後で見直すためにも、紙に自分の見解をまとめておく。 ・警察は事件に関する見解を明らかにした。 ・政府は国交問題についての、見解を発表した。 ・私の見解は◯◯ですが、Aさんはどうでしょうか。 ・是非、あなたの見解を聞かせてもらえないでしょうか。 ・見解の相違をお互いに認め合わないと、話し合いが前に進まなくなってしまうよ。 ・今回の不祥事に関しての、会社の見解を発表する。 ・危険性のある市販薬に関して、専門家の見解によると...。 ・この薬が肌荒れにものすごく効くというのは、あくまでも個人の見解である。 ・何だかしっくりこないから、見解を異にする。 ・父の見解によると、虫刺されは絆創膏を貼っておけばそのうち治ってしまうらしい。

「見解」と「考察」の違い

「考察」の意味は「物事を明らかにするためによく調べて考えること」です。 「考」は「調べる。調べる事柄」、「察」は「調べて明らかにすること」を意味します。 物事を明らかにするため、しっかりと考えること・よく調べて考えをめぐらすことを表します。 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断、解釈の仕方」 「考察」は「物事を明らかにするために、しっかりと調べて考えること」 「見解」と「考察」では意味が異なります。 「結果をもとにどうしてこうなったとのかとじっくり考えること」が「考察」で、「深い考慮」や「推測」というニュアンスが含まれます。 「考察した上で見解を明らかにする」などと言うことができます。

例文 ・現代の若者文化について考察する。 ・関連する事柄をいろいろ調べて、その事件の原因を深く考察する。 ・あの時、主人公が筋違いなことを言ったのは犯人を探し出すためであったというのが、映画の考察である。

「見解」と「意見」の違い

「意見」の意味は、 ・思うところ。考え ・思うところを述べて人を諌めること です。  ある事について持っている考え・ 道理や利害を説いて他人を改めるように忠告することを表します。 「意見を述べる」「意見が分かれる」「少数意見」「後輩が意見した」などと言います。 「意見」は「ある物事についての考え。自分の思うことを述べ、人の過ちを諌めること」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」 「意見」と「見解」はほぼ同じ意味ですが、使い方が少々異なります。 「見解」は公の問題について正式な機関が言及する場合に使いますが、「意見」は私的な考えをを表す場合に使います。 身近に使われている言葉としては、「意見」となります。 例えば、「意見を述べます」とは言いますが、「見解を述べます」とはあまり言いませんよね。 また、「意見」よりも「見解」の方が「熟考した」というニュアンスが強くなります。

例文 ・その対策について、自分の意見を述べる。 ・お客様のご意見をもとに、商品の改善を進めていく。 ・あの人に意見をすると、後で何をされるか分からないよ。

「見解」と「見方」の違い

「見方」の意味は、 ・見る方法。見よう ・見て考える方法。考え方 です。 「見方」は「見る方法。ある立場からの考え方。また、その考え」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」 「見方」と「見解」では意味が異なります。 「見方」は、立場ごとの考え方や異なる立場においての考え方の違いを表すときに使います。 「ものの見方」「私の見方」「見方を変える」といったように使います。 「見方」は、「見解」を出す上での方法ということになります。 また、「見方」には「見る方法。見よう」という意味がありますが、「見解」には含まれません。

例文 ・美術館での絵の見方としては、単純に力を抜いて鑑賞すれば良い。 ・単なる庶民の私と社会的立場が上の友人とでは、ものの見方が違う。 ・人間は住む世界によって、ものの見方が異なるだろう。

「見解」と「解釈」の違い

「解釈」の意味は「文章や物事の意味を、受け手の側から理解すること。また、それを説明すること」です。 「解釈」は「語句や物事などの意味内容を理解し、説明すること。解き明かすこと」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」 「見解」にも「解釈」の意味が含まれますが、「見解」は理解した上でさらに自分の考えを見いだすことになります。 「解釈」は理解するだけに留まります。 例えば、映画などで「なぜAはBを殺したのか」という場合。解釈をする場合は「何かAとBはもめていたのだろう」と思うことで、見解する場合は「二人の間にお金に関するいざこざがあった」と考えることです。 「見解」の方が、より深く考えるという意味になります。 また、「解釈」には「説明する」という意味が含まれますが、「見解」には含まれません。

例文 ・この本を読んでいても、いまいち解釈することができない。 ・あなたの解釈は間違っていると思うよ。 ・ここの英文、君は何て解釈してみた?

「見解」と「所見」の違い

「所見」の意味は、 1.見たところのもの。見た事柄。観察や診断などの結果 2.考え。意見 です。 「所見」は「極めて簡単な感想」ということなので、「パッと見た感じ」「一見して」などの言葉に言い換えられます。 「所見」は「考え・意見。見た上での判断や考え」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」 「所見」と「見解」は似ている感じがしますが異なります。 「所見」は「見た上での判断や考え」などと、その場でパッと出した考えという意味合いになります。一方で、「見解」は「しっかりと考慮した上でまとめられた考え」を表します。 「見解」の方が、「十分に考えられた」というニュアンスが強くなります。

例文 ・このことについて是非◯◯さんにも所見を伺いたく存じます。 ・事故の原因について、専門家としての所見を求める。 ・作品をご覧になった、先生の所見をお聞かせ願います。

Article 6

「所見」の意味と使い方、類語「所感・感想・意見・見解・考察」との違い、英語表現

eigobu.jp

「見解」と「所感」の違い

「所感」の意味は、 ・善悪の行為によって引き起こされる果報 ・心に感ずるところ。感想 です。 事に触れて心に感じたこと・心に感じ思う事柄を表します。 「所感」は「心に感じたところ。感想」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」 「所感」と「見解」では意味が異なります。 「見た結果での考え方や評価」という意味の「見解」の方が、若干客観性が高いです。 「所感」は心に思ったものだけでなく、今後につながるような反省や改善点なども含まれるので、より具体的だと言えます。 「所感」は改まった表現なので、ビジネスシーンで使うことが多いです。

例文 ・今回のことについて所感を述べる。 ・まず最初に、私から所感を述べさせていただきます。 ・研究もここで一区切りついたので、みなさんに所感をまとめてもらいたいと思います。

「見解」と「感想」の違い

「感想」の意味は「心に浮かんだ思い。感じ」です。 あることについて、感じたり思ったりしたこと・物事について心に感じたことを表します。 「映画の感想を述べる」「読書感想文」「ビールを初めて飲んで見た感想」などと言いますよね。 「感想」は「あることについて、感じたり思ったりしたこと」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」 「感想」と「見解」では意味合いが異なります。 「感想」には好き嫌いや美醜などと個人的な思いが含まれますが、「見解」はあくまでも論理的な考え方であって、個人の思いは含まれません。 例えば、「絵の感想」だったら「絵を見て自分がどう感じたのか」で、「絵の見解」であったら「その絵はどのようにして作られたかなどと考えること」を表します。「見解」の方がやや堅いイメージです。

例文 ・本を読んだ感想を原稿用紙3枚にまとめあげる。 ・私の自己制作映像を見たら、是非感想をお聞かせください。 ・どれが面白そうか、映画の感想を読む。

「見解」と「見識」の違い

「見識」は、 ・物事の本質を見通す、優れた判断力。また、ある物事についてのしっかりとした考え ・気位 です。 「見識」は「物事の本質を見通す優れた判断力。また、それに基づいたしっかりとした考え」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」 このように、「見識」と「見解」では意味が異なります。 「見解」は公の問題に関しての考え方で、「見識」は物事の根本の本質を見通し正しい判断を下す能力ということです。 「見解」というものは人によって異なりますが、「見識」は知識に基づいた判断力のためだいたい人と同じものになります。

例文 ・彼女は高い見識があるので、リーダーに推薦した。 ・上司は陶芸に関しての高い見識を持っている。 ・あの人は見識張っているだけで、実はものすごく薄っぺらいよ。

「見解」と「見聞」の違い

「見聞」の意味は「見たり聞いたりすること。みきき。また、そうして得た知識や経験」です。 行動して得たことではなく、見たり聞いたりして知識や知見を得ることを表します。 「見聞」は「実際に見たり聞いたりすること。また、それで得た経験や知識」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」 このように、「見聞」と「見解」では意味が異なります。 例えば、「見解を広める」といった場合は「ある物事に対する自分の考えを周りに広める」ということになりますが、「見聞を広める」といった場合は「見たり聞いたりして、豊富な知識や経験を得ること」を意味します。 主に、「見聞する」「見聞を広める」「見聞が広い」などと使います。

例文 ・見聞しているうちに、考え方が周りに影響されていく。 ・見聞を広めるためにも、色々な場所へ旅に出る。 ・様々な経験をしたため、彼は見聞が広い。

「見解」の英語

「見解」は英語で、   ・opinion ・point of view ・perspective などになります。 例文です。

From my point of view, you are a piece of shit.

私の見解では、お前はクソ野郎だ。

In my opinion, you are just a fool.

私の見解では、お前はただのバカだ。

おすすめの英会話教室「NOVA」《英語部で一番人気!》

当サイト「英語部」で一番人気の英会話教室が、NOVAです。 全国展開(270校舎)をしている大手英会話教室の中で圧倒的に価格が低いのが特徴です。 しかも講師は全員ネイティブ! ・グループレッスン(最大4人)月額1万円 ・マンツーマン月額2万円 ・月謝制 ・入会金ゼロ 「格安で週一回NOVAのネイティブ講師と会話し、あとは自習する」という英語学習法が非常におすすめです。 ご興味のある方はホームページから無料体験レッスンをぜひ!

NOVAの公式HPを見る

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「見解」について理解できたでしょうか? ✔︎「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。解釈や評価の仕方」を意味する ✔︎「見解を明らかにする」「見解の相違」「見解を示す」などと使う ✔︎「見解」は政府などの公式の機関が、公の問題について言及する場合に使うことが多い ✔︎「見解」と「意見」は似ているが、「意見」の方が一般的によく使われる

この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「見解」の意味と使い方、類語「考察・意見・見方・解釈・所見・所感・感想・見識・見聞」との違い