1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「批准」の意味と使い方を例文付きで簡単に解説!「締結」との違いも
「批准」の意味と使い方を例文付きで簡単に解説!「締結」との違いも

「批准」の意味と使い方を例文付きで簡単に解説!「締結」との違いも

「批准」という言葉をご存知でしょうか。ニュースや新聞記事などで、「批准」を見聞きしたことがあると思います。なんとなく聞いたことがあるだけで、曖昧にしているという方も多いのではないでしょうか。「批准」は難しそうな感じがする言葉ですが、意味は単純です。日常的に使うことはほとんどありませんが、意味を覚えておくと文章を理解できたり、とメリットが多いです。そこで今回は「批准」の意味や使い方、類語、「締結」との違いについて解説していきます。「批准」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう。

「批准」の意味

「批准」は<ひじゅん>と読みます。 「批准」の意味は、 ・臣下の奏上する文書、事柄に対して、君主が可否を決して裁許すること ・全権委員が署名した条約を、当該国家において憲法上条約締結権限が与えられた者が確認し同意すること となります。 「批」は「主権者が決裁すること」、「准」は「ゆるす・承認する」を意味しています。 二つを合わせると、「判断の上認める」ということになります。 「批准」の意味は「国家間において、条約を正式に承認すること・許可すること」です。 全権代表が署名し、内容が確定した条約や協定を最終的に国家が決定を行うことを表します。 「その条約をうちの国も取り入れて守ります」ということです。

「批准」の使い方と例文

「批准」は条約確認の際に使うことがほとんどで、一般的に使う言葉ではありません。 国家が『この条約・協定に同意します!』と認めることを「批准」と言います。 条約(国と国との間の取り決め・ルール)はまず代表が署名します。署名をしてしまったら、条約の内容は変えられません。 その代表が署名した条約を国に持ち帰り、『これで良い?』と国の偉い人たち(政府)に聞き、政府が『OK』と同意するとその条約が国内にも発動されます。これが「批准」です。 たとえ署名はしてあっても、批准されていないと条約は発動しません。 日本では「批准」は内閣が行いますが、国会の承認を必要とします。

例文 ・通商条約を批准する。 ・講和条約を批准する。 ・国家が正式に協定を批准する。 ・各国は自らの判断で条約を批准するか否かを判断する。 ・可能な限り、迅速に批准することを求める。 ・署名はしたものの、まだ条約を批准していない状態にある。 ・日本は核兵器禁止条約を批准していない。 ・イギリスはその条約を批准しなかった。 ・アメリカは世界遺産条約を批准したのは1973年である。

「批准」と「締結」の違い

「締結」は<ていけつ>と読みます。 「しけつ」とは読まないので注意しましょう。 「締結」の意味は「契約または条約を取り決めること」です。 条約・協定・契約などを、”絶対に守る”という固い意志のもとで結ぶ手続きを表します。 署名や批准といったような、いくつもある手続きを全て済ますことを「締結」と言います。 日本での「締結」は、内閣に課せられた重要な職務の一つです。 日常的にも、「契約を締結した」といったように使います。 「批准」は条約を結ぶときの手続きの中の一つで、「締結」はそれらの手続きを全てまとめたものとなります。”締結”する工程の中に、署名や批准などが含まれていると覚えておきましょう。

例文 ・通商協定を締結する。 ・不可侵条約を締結する。 ・日米安保条約を締結する。 ・諸問題を解決して、平和条約を締結することが求められている。 ・契約を締結する際には、協議が必要である。 ・本学は◯◯大学と学術交流の協定を締結した。 ・すでに他社とは、代理店契約を締結済みです。

「批准」の類語

調印 (意味:条約・協定などの内容が確定したとき、当事国の代表者がその公文書に署名すること) 「平和条約に調印する」 承認 (意味:そのことが正当または事実であると認めること) 「これは消費者庁から承認がおりている商品だ」 サイン (意味:署名すること。署名) 「小切手にサインをする」 署する (意味:署名する) 「合意書に代表者の名前を署する」 追認 (意味:過去に遡って、その事実を認めること) 「それを事実として追認する」 確認 (意味:はっきり認めること。また、そうであることをはっきり確かめること) 「それは彼が行ったことであるかはまだ確認していいない」 公許 (意味:官公庁が正式に許可を与えること) 「公許を得ることに成功した」 裁可 (意味:判断して許可すること。君主が臣下の提出する議案を裁決し、許可すること) 「君主が臣下の議案を裁可する」

「批准」の英語

「批准」の英語は「ratification」といいます。 「批准する」と「ratify」いいます。 類義語でより口語的な英単語が「approve」になります。「承認する、許可する」の意味になります。 「approve of...」だと「...をよく思う」という、よりカジュアルなニュアンスになります。 「締結する」は「conclude」になります。

This decision will have to be ratified by the CEO.

この決定は社長の批准が必要になります。

My husband doesn't approve of my best friend.

私の夫は私の親友をよく思わない。

おすすめの英会話教室「NOVA」《英語部で一番人気!》

当サイト「英語部」で一番人気の英会話教室が、NOVAです。 全国展開(270校舎)をしている大手英会話教室の中で圧倒的に価格が低いのが特徴です。 しかも講師は全員ネイティブ! ・グループレッスン(最大4人)月額1万円 ・マンツーマン月額2万円 ・月謝制 ・入会金ゼロ 「格安で週一回NOVAのネイティブ講師と会話し、あとは自習する」という英語学習法が非常におすすめです。 ご興味のある方はホームページから無料体験レッスンをぜひ!

NOVAの公式HPを見る

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「批准」について理解できたでしょうか? ✔︎「批准」は「国家間において、条約を正式に承認すること」を意味 ✔︎「批准」は条約確認の際に使うことがほとんどで、一般的に使うことはない ✔︎「締結」とは、条約を結ぶときの手続きを全てまとめたものとなる ✔︎「批准」の類語には、「調印」「承認」「署する」などがある

この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「批准」の意味と使い方を例文付きで簡単に解説!「締結」との違いも