1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け
「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

「いただく」は平仮名表記だけでなく、漢字で「頂く」や「戴く」と書くこともできます。それぞれの意味や使い方の違いについて知っているでしょうか?違いを知っておくと非常に便利な言葉になります。そこで今回は「いただく」について解説します。

「いただく」の意味

「いただく」は「(物などを)もらう」「〜してもらう」の謙譲語

「いただく」は「(物などを)もらう」「〜してもらう」の謙譲語になります。 「お中元をいただく」「確認していただく」などと使います。 相手に対して「いただく」を使う場合は「いただきます」「いただきました」と丁寧語とあわせて使いましょう。 「お中元をいただきまして、誠にありがとうございます」「部長に確認していただきました」などとなります。

「いただく」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語でもある

また「いただく」は「食べる、飲む」の謙譲語の意味もあります。 食事をする際の「いただきます」は、「食べる」の謙譲語で「食事に携わってくれた人」や「食材そのもの」への感謝と敬意を込めて使います。 目上の人に対しても「お土産のお菓子、休憩時間にいただきました」「良ければこのお菓子いただいていってください」と使うことが出来ます。

「いただく」「頂く」ひらがなと漢字の違いとは?

「いただく」を漢字にすると、「頂く」になります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」にする場合、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 逆に「いただく」を「頂く」と漢字表記ではなく、平仮名表記にしなくてはいけない場合があります。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「何かを~してもらう」という意味で使います。例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 また食事前の挨拶である「いただきます」も、ひらがなで表記するのが正しいです。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。

<「頂く」の誤用>  ・(誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。  (正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 ・(誤)今日はお休みさせて頂きます。  (正)今日はお休みさせていただきます。 ・(誤)こちらをお召し上がり頂けますか。  (正)こちらをお召し上がりいただけますか。

「頂く」と「戴く」の違い

「いただく」を漢字で表すとき、「頂く」の他に「戴く」と表すこともできます。 「頂く」は、前述したように「食べる・飲む」の謙譲語、「もらう」の謙譲語として使用します。 一方で「戴く」は、「ありがたく受ける」「もらう」の謙譲語として使用します。 「戴」を使った言葉には、「戴天」「戴冠」などがあります。このことから分かるように「戴」には、「高く物を捧げる」「ありがたく受ける」という意味があります。 「戴く」は相手が自分より非常に上である場合や、品物に関わるときに使用されます。 「頂く」は自分の動作に対して使われることが多いのに対して、「戴く」は物品に対して使われることが多いです。「戴く」は「頂く」と違い、「大切にする」という意味は含まれないのでもらった品物を大切に保管するという意味で使う場合は、「頂く」と書く方が良いでしょう。 「頂く」と「戴く」の使い分けの例としては以下のようになります。

お菓子を頂く・・・(自分が)お菓子を食べる お菓子を戴く・・・お菓子を受け取る お土産を頂く・・・お土産を大切にする お土産を戴く・・・お土産をもらう

「頂く」か「戴く」で迷った場合は、「いただく」でも大丈夫!

「頂く」と「戴く」、2つの言葉の意味するところが同じであれば、どちらを使っても間違いないということになります。 「頂く」か「戴く」か、どちらを使うか迷った場合、平仮名表記で「いただく」と書いても全く問題ありません。 また「いただく」ではなく、「頂く」か「戴く」で、迷った場合は「頂く」を使います。 理由としては「頂く」は常用漢字であり、普段はこちらを使うことが多いからです。「戴く」は常用外漢字のため、通常ではあまり使うことはありません。

「いただく」の類語

頂戴

「頂戴(ちょうだい)」は、「もらったものを恭しく頭上にいただくこと」という意味になります。 「頂戴」は、「頂く」「戴く」という言葉以上にうやうやしさが深まります。 「頂戴」は、人から何かをもらったり、もらったものを飲食したりするときに使う言葉で、自分のことをへりくだっていう謙譲語です。 「頂戴」は、一般的に「頂戴する」「頂戴します」「頂戴しております」といったように使います。 「頂戴します」をより丁寧にした表現に「頂戴いたします」があります。しかしこれは「頂戴」と「いたします」で二重敬語になってしまうため注意が必要です。 例えば、目上の相手から品物や書類をもらった時に「ありがたく頂戴します」というように使うことができます。

<「頂戴」の例文> ・この度は、貴重なご意見を頂戴し誠にありがとうございます。 ・ご丁寧なお見舞の御品まで頂戴し、本当にありがとうございました。 ・先ほど頂戴した資料についてお聞きしたいことがあります。

賜る

「賜る(たまわる)」は、「もらう」の謙譲語と「与える」の尊敬語の2つの意味があります。 「もらう」の謙譲語としての「賜る」は、「目上の相手からものをいただく・ちょうだいする」という意味を持ちます。 「与える」の尊敬語としての「賜る」は、「目上の相手が物などをくださる」という意味を持ちます。目上の人が、目下の人になにかをくれる(与える)という状態を表します。 「賜る」は、目上の相手の厚意からくる、物品や意見などの言葉を受け取る際に使います。 「賜る」や「賜ります」は、比較的相手を敬う意味合いが強いので、ビジネスシーンで使うことが多いです。とても丁寧な表現になるためとてもスケールが大きくなります。そのため、上司などから受けた厚意であっても親しい間柄や何度もあるようなことで使うことは、かえって軽い印象になってしまうので使い方や使い過ぎには注意が必要です。過剰な敬語使用とみられたり、慇懃無礼(いんぎんぶれい)な印象を与える場合があります。

<「賜る」の例文> ・結構なお中元の品を賜り、ありがとうございました。 ・この度は、お心尽しの品を賜りまして、誠にありがとうございます。 ・立派なお品を賜りまして、本当にありがとうございます。たいへん重宝しております。

「いただく」の英語表現

日本語の「いただく」と全く同じように使うことができる英語表現はありません。 「もらう」という意味ならば、 ・have ・get ・receive ・accept などを使います。

Can I have this book?

この本頂いてもよろしいですか?

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

就職先で英語が必要な方や海外への転職を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「いただく」のまとめ

「いただく」について理解できたでしょうか? ✔︎「いただく」には「頂く」「戴く」の漢字がある ✔︎「いただく」と平仮名表記にするときは、補助動詞として使う場合 ✔︎「頂く」と表すときは、自分の動作に対して使う場合 ✔︎「戴く」と表すときは、物品に対して使う場合 ✔︎「いただく」の類語には、「頂戴」「賜る」がある

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

Article 4 thumb

「一両日中」はいつまで?意味と使い方!「近日中」との違い

eigobu.jp
Article 13 thumb

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp
Article 17 thumb

「同上」の意味と履歴書における正しい使い方!記号や類語も紹介

eigobu.jp
Article 16 thumb

「承りました」の意味と使い方は?類語との違い、英語表現も紹介

eigobu.jp
Article 4 thumb

「謹んで」の意味と使い方、類語「慎んで」との違い、英語

eigobu.jp
Article 12 thumb

敬語「お待ちしております」の意味、ビジネスメールなど例文、英語表現を紹介

eigobu.jp
Article 3 thumb

「お疲れ様です」は目上の人や社外でNG?正しい意味、使い方、類語を紹介

eigobu.jp
Article 11 thumb

「お気遣い」と「お心遣い」の違い!意味、使い方、英語、類語「ご配慮」など

eigobu.jp
Article 7 thumb

「重ね重ね」の意味、ビジネスでお礼・お詫び・お願いする時の使い方と例文

eigobu.jp
Article 7 thumb

「不手際」の意味とビジネスでの正しい使い方!類語、英語も紹介

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け