1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「謹んで」の意味と使い方、類語「慎んで」との違い、英語
「謹んで」の意味と使い方、類語「慎んで」との違い、英語

「謹んで」の意味と使い方、類語「慎んで」との違い、英語

「謹んで」という言葉をご存知でしょうか。「謹んでお悔やみ申し上げます」「謹んで新年のお慶びを申し上げます」などと使います。主に「謹んで〜する」という形で用います。「謹んで」は何か改まった場面や、書面においてなどと、様々な状況において使うことができます。日常会話ではほとんど使うことはありませんが、ビジネスシーンでは頻繁に使われています。なんとなく堅苦しい感じがしますが、一体どういう意味なのでしょうか。難しい感じがしますが、意味を覚えておけばすぐにでも使えます。そこで今回は「謹んで」の意味や使い方、「慎んで・甘んじて」との違い、類語について解説していきます。「謹んで」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう!

「謹んで」の読み方と意味

「謹んで」の読み方は「つつしんで」

「謹んで」は<つつしんで>と読みます。 「つつしんで」の送り仮名は「謹しんで」ではなく「謹んで」ですので注意しましょう。

「謹んで」の意味は「うやまって、かしこまって」

「謹んで」の意味は「うやまって。かしこまって。恭しく」です。 「かしこまって〜する」という意味で、敬意を示して礼儀正しく物事をするさまを表します。 「謹」という漢字は、「行動に注意してかしこまる」「相手に対して敬う気持ちを表す語」を意味します。 「謹」を用いた言葉には、「謹慎」「謹厚」「謹賀」「謹啓」「謹呈」などがあります。 「謹んで」は動詞「謹む」+助詞「で」で成り立っています。 「謹む」は「礼儀正しくかしこまるさま」、「で」は「状況や状態」を表します。

「謹んで」の使い方と例文

使い方を使用シーンごとに説明していきます。

「謹んでお詫び申し上げます」は謝罪するときに使う

ビジネスシーンにおいて、大きなミスやトラブルになってしまう場面は多くあります。 そういった時に、「申し訳ございません」や「お詫び申し上げます」などと言っても問題ありませんが、より丁寧にした表現が「謹んでお詫び申し上げます」です。 謝罪する場面で「謹んでお詫び申し上げます」と言うことによって、深く反省している様子を示すことができます。 企業で不祥事があった時に開かれる記者会見でも、「謹んでお詫び申し上げます」というフレーズが多く使われています。

例文 ・前回の記事におきまして、誤解を招いてしまう表現があったことを謹んでお詫び申し上げます ・先日のサービスご利用によるトラブルにつきましては、謹んでお詫び申し上げます。 ・今回の計画でにおいて、ご迷惑をおかけした方々へ謹んでお詫び申し上げます。 ・◯◯の件につきましては、関係者の方々に多大なご心配をおかけしましたことを謹んでお詫びいたします。 ・弊社の不具合により、ご利用いただいている方にご不便をおかけしたことを謹んでお詫び申し上げます。 ・当方の手違いが原因で、ご迷惑をおかけしたことを謹んでお詫びします。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

「謹んでお悔やみ申し上げます」は葬儀などで使われる

「謹んで」はお悔やみのシーンで使うことが最も多いでしょう。 お悔やみにおいては、「謹んでお悔やみ申しあげます」という表現をよく使います。葬儀の際に使われる言葉で、”謙虚に申し上げる”という意味を含んでいます。 「お悔やみ申し上げます」のみでも十分丁寧ですが、「謹んで」を使うことによって、相手に敬意を示し謙虚な姿勢で物事を伝えることができます。 他にも、「謹んで哀悼の意を表します」「謹んでご冥福をお祈りいたします」などを使います。 「謹んで〜」は遺族に直接向けて言う場合の他に、弔電でも使用できる表現です。 ただ、少々堅い表現ということもあり、弔電の文面で使うことが多いです。 口頭では「謹んで」よりも「心からお悔やみ申し上げます」「心よりお悔やみ申し上げます」を使うのが良いでしょう。

例文 ・誠に失礼ながら書中をもって、謹んで哀悼の意を表します。 ・皆様のご心痛如いかばかりかとお察し申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 ・突然のことで大変驚いております。ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます ・ご愁傷様でございます。ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ・突然の悲報に、驚いております。社員一同、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 ・どうかお力落としなさいませんよう、ご自愛のほどお祈りいたしますとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。

「謹んでご報告いたします」と報告をするときに使う

単なる報告もあれば、参加、辞退、用件を受領するときなども「謹んで」を使うことができます。 報告をする場合は「謹んでご報告いたします」「謹んでご報告させていただきます」という形で使います。 何か自分にとって良い報告だったり、賞をとったという場合に「謹んで〜」を付けます。 結婚式の招待状の返信でも「謹んで出席させていただきます」と使います。

例文 ・今回の作品が、◯◯大会において優秀作品賞を受賞いたしましたことを謹んでご報告させていただきます。 ・この度結婚いたしました。ここに謹んでご報告させていただきます。 ・お誘いいただき、誠にありがとうございます。謹んで参加させていただきます。 ・ご結婚おめでとうございます。謹んで出席させていただきます。

「謹んでお受けいたします」は相手からの依頼を承諾するときに使う

取引先や顧客から何か依頼があった場合は「謹んでお受けいたします」と言うことができます。 「ご依頼の件承りました」「ご依頼いただいた件お受けします」と言うよりも、丁寧で謙虚な姿勢を表せます。 ビジネスシーンでは、昇進・辞令・内定の知らせを受けた時に使うことが多いです。採用された時にも「ご採用いただいた旨、謹んでお受けいたします」と言えます。「謹んで」を使うことで、相手にも好印象を与えることができます。

・謹んでお受けいたします。ご期待に応えられるよう、一生懸命頑張りたいと思います。 ・ご相談いただいた件ですが、謹んでお受けいたします。

「謹んで辞退させていただきます」は相手からの依頼を断るときに使う

また、依頼を受けたとしても断りたい場合は「謹んで辞退させていただきます」と使います。 ビジネスシーンでも、断らなければならないことは出てきます。 そういった場合に、「謹んで辞退(ご辞退)」を使うことができます。 辞退は、自分には相応しくないので(実力不足なので)断るといった意味で使われています。

・せっかくお誘いいただきましたが、先約があるため謹んで辞退させていただきます。 ・誠に残念ではございますが、謹んでご辞退させていただきます。 ・今回は、謹んでご辞退させていただきたく思います。 ・大変光栄なお話ですが、謹んでご辞退申し上げます。

「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」は年賀状でも用いられる

「謹んで」は年賀状においても使うことができます。 よく使う表現としては「謹んで新年のお慶びを申し上げます」「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」です。 ただ「新春のお慶びを申し上げます」「あけましておめでとうございます」でも丁寧ですが、「謹んで」を使うことで「新年を迎えた喜び」をかしこまって表現することができます。 これらをもっと簡単に言うと「謹賀新年」となります。「謹賀新年」は「謹んで新春のお慶び申し上げます」という意味です。 「謹賀新年」はだいたい1月1日(元旦)〜1月7日(松の内)までの間に使うことができます。 「謹賀新年」は「あけましておめでとうございます」と同義なので、どちらか一つを使うようにしましょう。 寒中見舞いや暑中見舞いにおいても、「謹んで」を使います。主に、「謹んでお見舞い申し上げます」といった形で用います。

例文 ・謹んで新年のご挨拶を申し上げます。本年も良い年になりますようお祈りいたします。 ・謹んで新年の喜びを申し上げます。本年も何卒よろしくお願いいたします。 ・謹んで新しい年をお祝い申し上げます。今年もご交誼を賜りますよう、お願いいたします。 ・よき新春を迎えられたことと、謹んで新年のお慶びを申し上げます。皆様のご健勝と益々のご活躍をお祈りいたします。 ・謹んで初春のお慶びを申し上げます。本年もより一層のご活躍をお祈りいたします。 ・謹んで年始のご祝詞を申し上げます。本年もお目にかかれることを楽しみにおります。

「謹んでお祝いの言葉を申します」はお祝いの言葉でも使う

お祝い事や、喜ばしい報告を聞いたときに「謹んで」を使います。 「謹んでお祝いの言葉を申します」「お祝いの言葉を述べさせていただきます」などと言います。 「お二人の結婚を謹んでお祝い申し上げます」などと、結婚式のスピーチでも使われることも多いです。 結婚以外にも、昇進・合格・誕生日などという場面で用います。 「謹んで〜」と祝うことで、心から祝福している気持ちを込めることができます。

例文 ・ご結婚おめでとうございます。謹んでお祝いの言葉を申します。 ・お二人のご婚約について、謹んでお祝いの言葉を述べさせていただきます。 ・代表取締役社長のご就任につきましては、謹んでお慶び申し上げます。 ・試験に合格されましたことを、謹んでお祝い申し上げます。 ・お誕生日おめでとうございます。謹んでお祝い申し上げます。 ・謹んで◯◯さんのお誕生日をお祝い申し上げます。これからご活躍をお祈りいたします。

「謹んでお願い申し上げます」はお願いや依頼をするときも使う

依頼やお願いをする場合は「謹んでお願い申し上げます」「謹んでお願いいたします」を使います。 「お手数おかけしますが、お願いいたします」などでも失礼には当たりませんが、「謹んで」を付けることでよりかしこまった印象を与えることができます。 例えば、何かお願いする時に「お忙しいところ申し訳ありませんが、謹んでお願い申し上げます」などと言うと、謙虚な改まったイメージを受けますよね。 目上の人に何かを依頼する場合は、なるべく「謹んで」を使うように意識します。 ただ、「謹んで」は堅い表現なので、軽いお願いではなく、相手に少々頼みづらいことだったり、内容が重い依頼をするときに使うのが良いでしょう。

例文 ・◯◯の件につきましては、明日までにご返信いただけますよう謹んでお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、来月開催されるイベントにごご来臨いただけますよう謹んでお願いいたします。 ・ご面倒をおかけしますが、是非ご参加いただきますよう謹んでお願いいたします。 ・お手数おかけしますが、◯◯についての資料を作成したいただきますよう、謹んでお願い申し上げます。 ・ご多忙中にも関わらず申し訳ありませんが、ご検討いただけますよう謹んでお願いいたします。 ・旧年中は大変お世話になりました。今後もご協力を賜りたく、謹んでお願い申し上げます。

「謹んで訂正いたします」は訂正をするときも使える

「謹んで」は何か間違えたことや変更があった場合に、訂正をする時にも使うことができます。 訂正をすることで相手にも迷惑をかける場合があります。 ただ、「訂正します」というと失礼にあたることもありますので特にビジネスシーンでは「謹んで訂正いたします」などと使うと良いでしょう。 間違いやミスがあった場合は謝罪の言葉も付け加えるようにしましょう。

○例文 ・以下の通り、謹んで訂正申し上げます。 ・お詫びを申し上げるとともに、謹んで訂正いたします。

「謹んで」と「慎んで」の違い

「謹んで」・・・「敬意を示して礼儀正しく物事をするさま」 「慎んで」・・・「相手に失礼のないよう、控えめに行動するさま」

「慎んで」の意味・使い方・例文

「慎んで」は<つつしんで>と読みます。 「慎」は音読みで「シン」、訓読みで「つつしむ」と読みます。 「慎」は「抜けがないように気を配ること」を意味します。 「慎んで」の意味は、 ・過ちを起こさないよう、抑え気味に行動すること ・度を過ぎないように控えること です。 「謹んで」は「慎んで」と違い、相手に対して敬意を示しています。「謹んで」はそのまま「謹んで」と使いますが、「慎んで」は「慎む」という形で使うことが多いです。 例えば、「言動を慎む」「口を慎む」「身を慎む」などと使います。 このように、同じ「つつしんで」でも、意味が全く異なります。 敬意を払うべき相手に対する挨拶では、「謹んで」を使用するのが一般的です。 「謹んで」は「相手に対しての敬意」、「慎んで」は「自分自身に対しての注意」と覚えておきましょう!

○「慎む」を用いた例文 ・自分が売れていても、言動は慎むようにしてください。 ・この間ヘマをやらかしたので、しばらくはお酒を慎むようにする。 ・君も彼に言い過ぎだと思うよ。少しは言葉を慎まないと。

Article 11 thumb

「謹(つつし)んで」と「慎(つつし)んで」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「謹んで」と「甘んじて」の違い

「謹んで」・・・「敬意を示して礼儀正しく物事をするさま」 「甘んじて」・・・「欠如しているものではあるが、仕方ないと思って受け入れること」

「甘んじて」の意味・使い方・例文

「甘んじる」は「与えられたものが不十分ではあっても、仕方ないと思い受けれること」です。 「謹んで」と「甘んじて」は全く意味が異なります。 「甘んじて」は「納得していないが...」というニュアンスが込められます。「甘んじて受け入れる」という形でよく使います。 「甘んじて受け入れる」は「欠如している対応や境遇などを受け入れること」です。 「甘んじて」を言い換えると、「仕方なく受け入れる」「不本意ながら受け入れる」などとなります。 「謹んで」と「甘んじて」は音の響きは似ていますが、意味は異なるのでしっかりと使い分けできるようにしましょう。

○「甘んじて」を用いた例文 ・あまり内容の良い頼みではなかったが、甘んじて受け入れた。 ・関係な私に批判が殺到したが、甘んじて受け入れることにした。 ・全く納得していないものの、あえてバッシングを甘んじて受け入れる。

「謹んで」の類語

「謹んで」と言い換えて使える言葉なわけではありませんが、ビジネスシーンで「謹んで」のように礼儀正しい様子を表す言葉や、その言葉を使うことでかしこまった印象を与える言葉を紹介します。

恭しく(うやうやしく)

意味:礼儀正しくて丁重なさま

「謝罪の言葉を述べながら恭しく頭を下げる」 「彼はいつも恭しく振る舞える素敵な人だ」

畏みて(かしこみて)

意味:恐れ多いが、かしこまって ※やや古い表現となっています

「畏みてお礼を言う」 「畏みて申し上げます」

恐れながら

意味:恐れ多いことではあるが お願いや依頼をするときや、断るときなどに用いられます。

「この度の件につきましては、恐れながら当社ではご対応しかねます」 「恐れながら至急ご対応いただけますようお願い申し上げます」

恐縮ながら

意味:身もちぢまるほどに恐れ入ること

「恐縮ながら、関係者以外にはお伝えいたしかねます」 「恐縮ながら、今回の件は辞退させていただきます」

Article 1 thumb

目上の人に使える「恐縮」の意味と使い方、注意点、類語について解説!

eigobu.jp

謙虚

意味:控え目で正直なこと

「社会人として、謙虚さと向上心は忘れてはならない」 「部長はいつも謙虚な態度で、一度も威張ったり命令したりしたことがない」

Article 21 thumb

「謙虚」の意味と使い方、謙虚な人の特徴と謙虚になる方法とは?

eigobu.jp

憚る(はばかる)

意味:遠慮する、気兼ねする

「言葉にするのも憚られますが、正直に言います」 「憚る必要はないよ、すべて話してもらえないかな」

畏まる(かしこまる)

意味:考慮するさま、遠慮しがちなさま

「いつも強気な彼も社長のいる会議ではとてもかしこまっていた」 「飲みの場でまで畏まることないよ、今日は無礼講だ」

礼儀正しく

意味:人として行なうべきことをしっかりとするさま

「どんな状況であっても、顧客相手には礼儀正しくいましょう」 「彼はいつも礼儀正しくて、惚れ惚れしてしまう」

折り目正しく

意味:礼儀正しいさま

「彼は折り目正しいから信用できる」 「社会人は常に折り目正しく挨拶をすることが大切である」

懇ろ(ねんごろ)

意味:心を込めていて細やかなさま、親切で丁寧なこと

「相手を懇ろにお出迎えする」 「彼らは懇ろにもてなしてくれた」

「謹んで」の英語

「謹んで」という意味の日本語に一番近い英語は「respectfully」になります。 「respectfully」は「politely」と同義で、「丁寧に」という意味になります。

When he was asked if he had any plan to become the CEO, he respectfully declined to answered the question.

社長になる計画があるのか彼が尋ねられたとき、彼は丁寧に答えるの断った。

「respectfully」はこの例文のように使い、日本語の「謹んで」のようには使いません。 日本語の「謹んで」を英語表現する場合は、わざわざ訳す必要がありません。 「please」などを使い丁寧さを強調すれば問題ありません。

Please accept my sincere condolences.

謹んでお悔やみ申し上げます。

Please accept my sincere apologies.

謹んでお詫び申し上げます。

ビジネス英語を本気で学ぶには? 職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「謹んで」のまとめ

「謹んで」について理解できたでしょうか? ✔︎「謹んで」は「つつしんで」と読む ✔︎「謹んで」は「『かしこまって〜する』という意味で、敬意を示して礼儀正しく物事をするさま」を意味 ✔︎「謹んでお悔やみ申し上げます」というように、お悔やみを言うときに使うことが多い ✔︎「謹んで」の類語には、「恭しく」「謙虚に」「かしこまって」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 14 thumb

キリスト教も使える?「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方と類語・言い換え、英語も解説

eigobu.jp
Article 5 thumb

「急逝」の意味と使い方、類語「逝去」との違い、敬語表現

eigobu.jp
Article 20 thumb

「ご愁傷様」の意味と使い方、例文、類語も徹底解説!

eigobu.jp
Article 1 thumb

「悼む」の意味と使い方、読み方、類語、「偲ぶ」との違い

eigobu.jp
Article 4 thumb

ビジネスでの「この度」の意味と使い方、類語、例文、英語表現を紹介

eigobu.jp
Article 2 thumb

遺族に失礼?何歳から?「大往生」の意味と正しい使い方、類語、英語表現

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「謹んで」の意味と使い方、類語「慎んで」との違い、英語