1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「今度」「次回」「今回」「次」の意味の違いと使い分け

「今度」「次回」「今回」「次」の意味の違いと使い分け

「今度」「次回」「今回」の違いを正しく理解していますか?これらはとても似た意味なので同じように使っていませんか?実は「今度」「次回」「今回」はそれぞれ意味と使い方が微妙に異なります。そこで本記事では「今度」「次回」「今回」の違いについて解説していきます!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「今度」「次回」「今回」「次」の違い

「今度」・・・①ごく近い過去、②ごく近い未来、③次の機会 「次回」・・・(何回か行われるものの)次の機会、次の回。「今度」の③に相当 「今回」・・・(何回か行われるものの)現在の機会、今の回 「次」・・・時間的または空間的にすぐあとに続くこと。

「今度」の意味と使い方

「今度」は「こんど」と読みます。「いまたび」「いまど」などとは読まないので注意してください。 「今度」の意味は、 ・ごく近い過去に行われたばかりのこと ・ごく近い未来に行われようとすること ・次の機会 です。 例えば、「今度のイベントは楽しかった」ならば、最近行われたばかりのこと、ごく近い過去を表しています。「今度ライブがある」ならば、近いうちに行われること、ごく近い未来を指します。 「今度の◯◯」と形容詞的に使う他に、「今度」単体で副詞的にも使うことができます。 また、「次の機会」という意味でも「今度」を使います。 「今度こそ負けない」「今度は成功させる」などと用います。前回の失敗や負けを念頭に置いて、次こそは絶対に勝つ・成功させるという気持ちを表します。 「今度」の類語には、「今般(こんぱん)」「この度(このたび)」があります。 「今般」は「ごく最近行われたこと」、「この度」は「現在進行していること」を表します。 「今般の一連の事件について」「この度はお世話になりました」などと使うことができます。

「この度」の意味と使い方!例文、類語「今回、今度」との違い、英語も紹介

eigobu.jp

「先般」はいつ?意味と使い方!類語「先日」「過日」との違いや英語も紹介

eigobu.jp

例文 ①の意味 ・今度の事件は証拠となるものがなかったため、解決に時間がかかってしまった。 ・今度隣に越して参りました◯◯と申します。今後ともよろしくお願いします。 ②の意味 ・今度近くの公園でお祭りがあるから、一緒に行こうよ。 ・新しいプロジェクトに関する資料だけど、今度の金曜日までに仕上げておいて。 ③の意味 ・今度の試合では絶対に勝てるように、気を引き締めて練習を頑張る。 ・その件については、また今度じっくりと話そう。

「次回」の意味と使い方

「次」の意味は「時間的・空間的にあとに続くこと、順序や立場がすぐその後に続くこと」です。 「回」は「何度か繰り返されること」を表す場合に使います。 「次回」は文字通り「次の回」という意味で、「何度も繰り返されることの次の機会」という意味になります。 「次回」を使う際は、物事がいつ行われるか明らかになっていることが多いです。 ちなみに次の次の回は「次々回(じじかい)」といいます。 「次々々回」という日本語はありません。 ドラマやアニメを見ていると最後に次回予告が流れますよね。次回予告とは、次の回のエピソードの予告をすることです。 「次回」の類語には、「次の番」「次巡(じじゅん)」があります。

例文 ・前回はどうしても外せない用事があったため欠席したが、次回は必ず参加するつもりだ。 ・先生の都合で、次回の講座は木曜日になりました。 ・次回で最終回なんて光陰矢の如しだが、最後はどういう展開になるのだろうか。

「今回」の意味と使い方

「今」の意味は「話し手が話してるこの時、過去と未来の間である現在」です。 「今回」は文字通り「今の回」という意味になります。 「今回」は、今実際に行われていることを表します。繰り返し行われている、定期的に開催されている物事の、今現在行われている、今現在に非常に近いときに行われたばかりの回を表す場合に「今回」を用います。 「今回」は現在と、非常に近い過去を表しているので、未来のことを表す場合には使いません。 例えば、「今回の面接」なら「今行ったばかりの面接」「今現在行っている最中の面接」のどちらかを指します。どちらの意味かは文脈で判断するしかありません。 近い過去を指す場合は「今度」と同義語ですが、いま現在を指す意味合いは「今度」にはありませn。 「今回の面接は来週の月曜日になった」ならば、面接を行うのはごく近い未来ですが、文中の「今回」が指しているのは面接が元々予定されていた日時を表しています。 「今回」の類語には、「この度」「今般」があります。

例文 ・今回のリストラは突然のことで、未だに信じられない。 ・今まで失敗してばかりだったが、今回の研究は上手く行うことができた。 ・今回限りの特別サービスで、アタリを引くともう一つ景品を選ぶことができる。

こちらの記事もチェック

「上長」と「上司」の違いは?意味、類語、メール、英語表現

eigobu.jp

「事由」と「理由」の違いと使い分け!意味、類語、法律用語としての使い方を解説

eigobu.jp

「思い」と「想い」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「若干」と「弱冠」の意味の違い、「若干名・若干数」とは

eigobu.jp

「憂慮」「懸念」「危惧」「考慮」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「安堵」と「安心」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「しております」「しています」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「います」「おります」の敬語の違いと使い分けを例文付きで解説

eigobu.jp

「夭逝」「夭折」「早逝」「早世」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「分かる」「解る」「判る」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「辣腕(らつわん)」「敏腕(びんわん)」「凄腕」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「いただけます」と「いただきます」の違い、「いただけますでしょうか」は正しい敬語?

eigobu.jp

「傾倒」「心酔」「陶酔」「傾注」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「褒める」と「誉める」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「風情」「情緒」「風流」「趣」「わびさび」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「適用」「適応」「摘要」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「目的」「目標」「手段」「課題」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「備考(びこう)」「摘要(てきよう)」「補足」の意味の違いと使い方

eigobu.jp

「謙遜(けんそん)」「謙虚(けんきょ)」「卑下(ひげ)」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「対象」「対称」「対照」の意味の違いと使い分け、英語表現の違いも

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「今度」「次回」「今回」「次」の意味の違いと使い分け