1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「脚色」の意味と使い方、類語、語源、競馬用語、「着色」との違い
「脚色」の意味と使い方、類語、語源、競馬用語、「着色」との違い

「脚色」の意味と使い方、類語、語源、競馬用語、「着色」との違い

「脚色」という言葉をご存知でしょうか。「脚色する」「脚色を加える」などと言います。では、「脚色」についてしっかりと意味を理解しているでしょうか。「脚色」は日常会話でも聞くことが多い言葉です。意味を知っているという人もいれば、何気なく使っていて意味は分からないという人も多いかもしれません。また、「脚色」は敬語用語として使うこともあります。正しく使うためには、きちんと意味について知っておく必要があります。そこで今回は「脚色」の意味や使い方、類語、「着色」との違いについて解説していきます。「脚色」を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「脚色」の読み方と意味

「脚色」の読み方

「脚色」は<きゃくしょく>と読みます。 「きゃくしき」と読むこともできますが、稀です。 「あしいろ」「きゃくいろ」とは読まないので注意しましょう。 「脚」は音読みで「キャク・キャ・カク」、訓読みで「あし」と読みます。 「色」は音読みで「ショク・シキ」、訓読みで「いろ」と読みます。

「脚色」の意味〈1〉

「脚色」の意味は「物語や事件などを、放送で上映できるように台本や脚本にすること」です。 一言で言ってしまうと、「脚色」は「脚本に書くこと」です。 特に、小説などをもとに舞台装置・台詞・ト書きなどを書き加えて、映画や放送できるようにすることを表します。

「脚色」の意味〈2〉

「脚色」の意味は「話を面白くするために粉飾を加えること」です。 事実を面白おかしく伝えるために話を飾りつくろうことを表します。 「事実や物語を脚本化する」という基本義から派生して、この意味で使われるようになりました。

競馬用語の「脚色」の意味と使い方

競馬においての「脚色」は「あしいろ」と読みます。 「脚色」は「馬の走り」を意味します。 レース中や調教で、力が残っていて余裕そうに走っているときは「脚色が良い」、力がなくなってヘトヘトになりながら走っているときは「脚色が悪い」「脚色一杯」と表します。 「一杯」とは「力を出し切り、疲弊してしまう様子」を指します。 例えば、「あの馬はレースの中盤から脚色一杯になっていたので、走りきれないだろう」などと言えます。 一般的にも、「色々な人から怒られて、脚色一杯だ」といったように使うことができます。

「脚色」の語源

「脚色」は中国の話が由来となっています。 「脚」は「土台。根本」、「色」は「前面に出す」を意味します。「脚色」はその人が明らかになることから、中国においては役人になるために提出しなければいけない身分証明書や履歴書を表していました。 「露見する」という意味から、転じて「劇の仕組みを書くこと。俳優の役柄」という意味で「脚色」が使われるようになりました。 「脚色」が「話すに粉飾を加える」という意味で使われるようになったのは近世以降で、「脚本にする」という意味と「色」から連想される「色付け」という意味が合わさったものだとされています。

「脚色」の使い方と例文

「脚色」には2つ意味がありますが、主に「話に粉飾を加える」という意味で使うことが多いです。 面白くするために、実際の話を盛ることを表す場合に「脚色」を用います。 例えば、「話に脚色された箇所がある」「脚色していて面白い」などと言えます。 話に粉飾を加えることを「脚色」というので、「話に脚色を加える」という表現は本来は不適切です。「話を脚色する」が正しい表現です。しかし「話に脚色を加える」と表現する人も多く、広く使われている表現であることは事実です。 言い回しとしては、 ・脚色する ・脚色された ・脚色を施す ・脚色を加える ・脚色を入れる などとなります。

例文 「脚本に書く」という意味 ・自伝を脚色した映画が完成する。 ・ある事件を脚色したテレビドラマが人気を集める。 「粉飾を加える」という意味 ・彼女の話はやや脚色してある部分があったものの、楽しく聞くことができた。 ・この番組は脚色が多すぎて、何が本当で何が嘘かが分からない。 ・先生の話は何かしら脚色が施されていて、少し大袈裟に聞こえてしまう。 ・事実を面白く伝えるために、あれこれと脚色を加える。 ・その作品はだいぶ脚色してあるので、真実だと思わない方が良いよ。 ・実際の事件をもとに、脚色を加えた作品となっているのでとても見応えがある。 ・彼の心霊体験は多少脚色が入っていて、嘘のように聞こえる。 ・脚色を加え過ぎてしまうと、やや大袈裟になってしまうので注意しよう。 ・今回の物語は自分が体験した事実に脚色を加えたものなので、売れる予感がする。

「話を脚色する」「話を着色する」は、どちらが正しい?

「話を脚色する」という表情は正しいということができるでしょう。 厳密には誤用だ、とする見方もできます。 「物語や事実を脚色して話にするのであって話自体を脚色するのではない」というのが、「話を脚色する」を不適切とする人たちの主張になります。 しかし、他人の話を脚色することで新たな話を作り上げることは可能なので、意味的に不自然さはないと思われます。 実際に、口語では「話を脚色する」と表現はよく使用されており、意味も問題なく通じます。 したがって、「話を脚色する」を誤用とするのは少し無理があるでしょう。 一方で、「話を着色する」は不自然な言い回しです。 着色とは「物に色を付けること」なので、「話を着色する」という言い方は明らかに不適切です。 「着色」は「食料に着色する」「人工着色料」といったように使えます。 「話を大袈裟に言う」の正しい表現は「話を誇張する」「話を膨らます」「話を盛る」などとなります。

「脚色」の類語

修飾 (意味:実質以上に繕い飾ること) 「修飾の多い作品で、見ていて面白い」 粉飾・扮飾(ふんしょく) (意味:実状を隠して、見かけを立派にすること) 「粉飾しているため事実が分からない」 潤色 (意味:面白く繕い飾ること) 「事実に潤色を加えて話す」 誇張(こちょう) (意味:実際よりもオーバーに表すこと) 「彼は誇張して話をする癖がある」 加工 (意味:手を加えること) 「見かけを良くするため加工する」 修正 (意味:悪い部分を直すこと) 「写真を修正する」 アレンジ (意味:手を加えて良くすること) 「アレンジしたら前よりも可愛くなった」 色付け (意味:色をつけること) 「色付けしたら見栄えが良くなる」 リミックス (意味:発売されている楽曲を再編集して、別の観点からその曲を完成させること) 「リミックスを行うことで、前と雰囲気が変わる」 味付け (意味:味をつけること) 「もうちょっと調味料で味付けする必要がある」 演出 (意味:効果的になるよう工夫すること) 「演出が施されていて素晴らしい」

「脚色」の英語

「脚色」の英語表現を見ていきましょう。 「物語を脚本にする」は英語で「dramatize」になります。 「話を盛る」は英語で「exaggerate」「embellish」という動詞があります。 「embellish」は少し難しい単語ですが、「....を装飾する」という意味です。「部屋をする」などの文章でも使えますし、「事実を脚色する」という文脈で使うこともできます。 「make something more dramatic than it really is」という表情を使うことも可能です。

She makes her stories more dramatic than it really is.

彼女の話はだいぶ脚色されている。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「脚色」について理解できたでしょうか? ✔︎「脚色」は「きゃくしょく」と読む ✔︎「脚色」は「物語や事件などを、放送で上映できるように台本や脚本にすること」を意味 ✔︎「脚色」は「話を面白くするために粉飾を加えること」という意味で使うことが多い ✔︎「脚色」の類語には、「修飾」「粉飾」「色付け」「アレンジ」などがある

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 9 thumb

「お断りします」の意味と使い方!敬語の言い換えや類語、英語も!

eigobu.jp
Article 15 thumb

「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

eigobu.jp
Article 13 thumb

敬語「ご覧ください」の意味と使い方 - 類語や英語表現も紹介

eigobu.jp
Article 22 thumb

「左様」「左様でございます」の意味と使い方!語源は然様?類語・英語も

eigobu.jp
Article 21 thumb

「賜る」「賜ります」の正しい送り仮名は?使い方と類語!承るとの違いは?

eigobu.jp
Article 7 thumb

「もしもし」は失礼?語源、意味、ビジネスでの使い方、英語

eigobu.jp
Article 11 thumb

「いちおう」と「とりあえず」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp
Article 10 thumb

「方々」の3つの意味と使い方、読み方、「皆様・皆様方」との違い

eigobu.jp
Article 13 thumb

「あながち」の意味と使い方、語源、類義語、例文について解説

eigobu.jp
Article 14 thumb

目上の人に失礼?「貴殿」の意味と正しい使い方、類語、複数表現について解説!

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「脚色」の意味と使い方、類語、語源、競馬用語、「着色」との違い