1. TOP
  2. 日本語
  3. 四字熟語
  4. 「千変万化」の意味と使い方、例文、由来、類語の四字熟語、英語表現を解説

「千変万化」の意味と使い方、例文、由来、類語の四字熟語、英語表現を解説

「千変万化」という言葉をご存知でしょうか。「千変万化」は「変わっていくこと」を表現することができる四字熟語です。今回は「千変万化」という言葉の意味と、正しい使い方を例文つきで詳しく解説します。また、類語や、「千変万化」の英語表現なども合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「千変万化」とは

「千変万化」の読み方は「せんぺんばんが」

「千変万化」は「せんぺんばんが」と読みます。 「せんへんまんが」などと読み間違えないように気をつけましょう。 「変」は音読みで「ぺん」、「万」も音読みで「バン」と読むことができます。

「千変万化」の意味は「ものごとが、さまざまに変化すること」

「千変万化」の意味は、「物事がさまざまに変化すること」です。 「千変万化」は、「千変」と「万化」という2つの言葉からできている四字熟語です。 それぞれの意味を見てみると、 「千変」・・・ 色々変化すること 「万化」・・・ 色々変化すること となり、同じ意味の言葉を組み合わせた四字熟語であるということがわかります。 さらに分解してみると、 「千」と「万」が共に「数の多いこと」を意味していて、 「変」と「化」も共に「変わること」を意味しています。 したがって、「千変万化」は、とにかく変化することを強調している言葉であり、局面や状況などが変化して行く様子を言い表すことを表すことができます。

「千変万化」の由来は中国の古典『列子』

「千変万化」の由来は、中国の古典『列子』にあります。 『列子』とは、西暦500年代に中国の思想家である列禦寇の著書文献です。 この『列子』に書かれていた、まるで人間のような人形を作った「偃師」という名工の話が語源となっています。 「偃師」が、「穆」という王様に生きているように動く人形を持っていき、王様を喜ばせたという話です。 王様の望む通りに目まぐるしく動く人形の様子を「千変万化」といったのです。 そこから、情景や情勢など目まぐるしく変わる物に対して使用される言葉となりました。

「千変万華」は当て字

「千変万化」は「千変万華」と表記されていることもありますが、当て字です。 「くるくると変わる・変化する」というニュアンスで使用されているということに代わりはありませんが、「化」を「華」にすることで、「華やかさ」を出しています。 「千変万化」と書かれることが一般的ですが、曲名などでは「千変万華」とあえて使用されていることがあります。

「千変万化」の使い方

「千変万化する」「千変万化の◯◯」の形で使う

「千変万化」は、変化していくものを表現する言葉で、

  • 千変万化する
  • 千変万化の◯◯

といった形で使用されます。 「千変万化」は物理的に変化するものに対しても使いますし、世の中の状態や経済状況など感覚的なものに対しても使用することができます。 ビジネスシーンでも、状況に合わせてマーケティングを変える...など、状況に合わせて変わっていく様子を「千変万化」という言葉を使って言い表すことができます。

「千変万化」の例文

例文

  • 接する相手によって千変万化するような人を信用することはできません。
  • 季節によって千変万化する景色をここから眺めるのが好きです。
  • 千変万化する彼を見て、素晴らしい適応力だと感心した。
  • 衣装をどんどん変えていくその様子はまさに千変万化の舞いと言えるだろう。
  • 千変万化の力があれば、どんな場所でもうまくやっていくことができるでしょう。

「千変万化」と「変幻自在」の違い

「変幻自在」の意味は「素早く現れたり消えたりすることが思いのままであること」

「変幻自在(へんげんじざい)」の意味は、「素早く現れたり消えたりすることが思いのままであること」です。 「変幻自在」は、「変幻」と「自在」という2つの言葉からできている四字熟語です。 「変幻」は、「姿がたちまち消えたり現れたりすること」 「自在」は、「思いのまま・思うとおりになること」です。 自分の思いのままに変化させることができることを、「変幻自在」と言います。 「千変万化」と「変幻自在」の違いは、「変化していく」という点で言えば同じ意味を持っていますが、 「千変万化」は「目まぐるしく変わっていく」というニュアンスが強く、 「変幻自在」は「自分の思いのままに変えることができる」というニュアンスであるという点で違いがあります。 例えば、景色や場面といった情景が変わることは「千変万化」と表現することができますが、「変幻自在」とは言いません。 「千変万化」は、変わっていっている物を、客観的に見ているイメージで、「変幻自在」は、自分の思うままに操ったり、操られてるというイメージだと考えるとわかりやすいでしょう。

「変幻自在」の例文

例文

  • ファッションやメイクでコロコロ変わる女性はまさに変幻自在であると言えるだろう。
  • このキャラクターは変幻自在に武器を操りどんな敵でも倒していってしまう。
  • 変幻自在に大きさを変えることができるのが、この家具の一番の魅力ですよね。
  • この魔法のスティックがあればどんなものでも変幻自在に操ることができる。
  • 彼女はどんな歌でも歌いこなすことができる変幻自在のボーカリストだ。

「千変万化」の類語

諸行無常

「諸行無常」は、「しょぎょうむじょう」読みます。 「諸行無常」の意味は、「この世に存在するすべての物事は同じ状態を保つことなく移り変わり、永久不変なものなどないということ」です。 「諸行無常」といえば、平家物語の冒頭の「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり...」が、有名ですよね。 すべてのものは、いつかは変わったり失くなったりすることが当たり前であるということを、言い表しているのが「諸行無常」という言葉です。 「諸行無常」は、自分自身が変化しようとしたとき、そして自分自身ではどうしようもないものでも変化してしまうときにも使用することができます。

例文

  • 春になり、出会いや別れを繰り返していると諸行無常のむさしさを感じます。
  • どんなものも諸行無常なのだから、今を大切にするべきです。

万物流転

「万物流転」は、「ばんぶつるてん」と読みます。 「万物流転」の意味は「この世にあるものは、絶え間なく変化してとどまることがない」です。 「万物流転」は、「万物」と「流転」という2つの言葉からできている四字熟語です。 「万物」は、「宇宙の、ありとあらゆるもの」という意味があり、 「流転」は、「一つの状態にとどまらず、移り変わっていくこと」という意味があります。 簡単に言えば、どんなに頑丈なものでもいつかは壊れる時がくるし、形を変えることがあるということです。

例文

  • 万物流転という意識を常にもって時代に合わせて経営方針を変えてきた。
  • 人間の人生というのは、まさに万物流転だ。

動揺流転

「動揺流転」は、「どうようるてん」と読みます。 「動揺流転」の意味は、「揺れ動き、絶え間なく変化すること」です。 「動揺流転」は、「動揺」と「流転」という2つの言葉から成り立つ四字熟語です。 「動揺」は「揺れ動くこと」 「流転」は「一つの状態にとどまらず、移り変わっていくこと」という意味があります。 気持ちが揺れ動き不安定で、移り変わっていくことを表現している四字熟語です。

例文

  • あんなに上手くいっていた会社も倒産してしまうなんてこの世の物はまさに動揺流転だ。
  • 動揺流転という意識をもって、先を見据えて行動することが大切だ。

流転無窮

「流転無窮」は、「るてんむぐう」と読みます。 「流転無窮」の意味は、「様々な状態に変化し続けて、留まることがないこと」です。 「流転無窮」は、「流転」と「無窮」という2つの言葉からできている四字熟語です。 「流転」は「一つの状態にとどまらず、移り変わっていくこと」 「無窮」は「果てしなく続くこと」という意味があります。 したがって、「流転無窮」は、「果てしなく変化し続けること」を言い表す四字熟語であるということがわかります。

例文 ・流転無窮だからこそ、変化があっておもしろいのだろう。

  • 生まれ育った町もどんどん変わっていき、流転無窮であることを感じた。

生生流転

「生生流転」は、「せいせいるてん」と読みます。 また、「しょうじょうるてん」と読む場合もあります。 「生々流転」の意味は、「すべての物は産まれては変化をし、変わっていく」です。 「生々流転」は、「生生(生々)」と「流転」という2つの言葉からできている四字熟語です。 「生々」は「産まれては死ぬことを永遠に繰り返すこと」 「流転」は「一つの状態にとどまらず、移り変わっていくこと」という意味があります。 世の中のものは、時間とともに変化をしていくものであるということを言い表している四字熟語です。

例文

  • 人はみんな、産まれてからずっと生々流転の中に生きている。
  • これまでさまざまな生々流転を経験し、大きく成長してきました。

二転三転

「二転三転」は、「にてんさんてん」と読みます。 「二転三転」の意味は、「状況や情勢が何度も覆ること」です。 例えば、「NO」と言ってたものが「YES」に変わったり、言っていることがコロコロ変わることを「二転三転」という四字熟語を使って言い表すことができます。 二転三転の場合、一回状況が変わるだけではなく、何度も何度もコロコロ変わるというニュアンスが強く、良くなったかと思えば悪くなり、悪くなったかと思えばまた良くなるということを、何度も繰り返すことです。

例文

  • 動揺をしたのか、彼の言うことが二転三転してきていることに気がついた。
  • 話し合いを続けているが、決定が二転三転し、なかなか話が進まない。

「千変万化」の対義語

永久不変

「永久不変」は「えいきゅうふへん」と読みます。 「永久不変」の意味は、「どれだけ時間が経ってもかわらないこと」です。 「永久不変」は、「永久」と「不変」の2つの言葉から成り立つ四字熟語です。 「永久」は、「果てしなく続くこと」 「不変」は「変わらず、同じ状態を保つこと」という意味があります。 いつまでも変わらないことを言いあらわす四字熟語なので、「千変万化」の対義語になります。

例文

  • 私の彼に対する気持ちは永久不変であると言い切れる。
  • 浮気をされてしまったというこの事実だけは残念ながら永久不変なのである。

永永無窮

「永永無窮」は、「えいえいむきゅう」と読みます。 「永永無窮」の意味は、「いつまでも永遠に果てることなく続くこと」です。 「永永無窮」は、「永永」と「無窮」の2つの言葉から成り立つ四字熟語です。 「永永」は「永遠にいつまでも」「長い歳月にわたる様子」という意味があり、 「無窮」は、「果てしなく続くこと」という意味があります。 歳月が永遠に続くことを言い表した四字熟語でもあります。

例文

  • 人は死を迎えても輪廻転生で生まれ変わり魂は永永無窮だと言われている。
  • 女性はみんな永永無窮の美を手にいれたいと心から願っている。

千篇一律

「千篇一律」は、「せんぺんいちりつ」と読みます。 「千篇一律」の意味は、「どれも同じで代わり映えのないこと」です。 「千篇一律」は「千編」と「一律」という2つの言葉でできている四字熟語です。 「千篇」は「たくさんの詩文」という意味で、 「一律」は「同じ調子で変化がないこと」という意味があります。 「その詩文も同じでおもしろみがない」という意味から、「どれもこれも同じ調子でおもしろみ がない」という意味で使用される四字熟語になりました。

例文

  • それぞれの良さや面白みがあるので、千篇一律として扱わないでほしいです。
  • 意外と千篇一律なラブストーリーのほうが若い人には人気だったりしますよね。

千古不易

「千古不易」は、「せんこふえき」と読みます。 「千古不易」の意味は、「昔から、現在に至るまで変わらず、これからも変わらないこと」です。 「千古不易」は、「千古」と「不易」の2つの言葉からできている四字熟語です。 「千古」は、「大昔」という意味がありますが、この場合は「永遠」という意味になります。 「不易」は、「時代を通じて変わらないこと」という意味です。 したがって、「千古不易」は、昔から今に至るまで変わらないことをさし、なおかつ、これから先も変わらないということを意味する四字熟語になります。

例文

  • 生きているうちは、勉強をし続けるという千古不易な姿勢を保ち続けたいと思っています。
  • 家族のありかたというのは、これから先も千古不易だと言えるだろう。

常住不断

「常住不断」は、「じょうじゅうふだん」と読みます。 「常住不断」の意味は、「常に切れ目なく続いていて絶え間ないこと」です。 「常住不断」は、「常住」と「不断」という2つ言葉でできている四字熟語です。 「常住」は「いつもそこに住んでいる」という意味ですが、副詞的に使うと「普段・いつも」という意味になります。 「不断」は、「いつも・日頃」「絶え間ないこと」という意味です。 したがって、「常住不断」は「いつも、絶え間なく続いている」という意味になります。

例文

  • 常住不断に堅苦しい雰囲気に堪えられるほどメンタルは強くありません
  • 彼は常住不断に試行錯誤をし続けるつもりなのでしょうか。

一定不変

「一定不変」は、「いっていふへん」と読みます。 「一定不変」の意味は「何があっても変わることがないこと」です。 「一定不変」は、「一定」と「不変」の2つの言葉からできている四字熟語です。 「一定」は「決まっていて変わらないこと」という意味があり、 「不変」は「変わらず、同じ状態を保つこと」という意味があります。 したがてって、「一定不変」は「決まっていて何があっても変わることがないこと」といったニュアンスの四字熟語になります。

例文

  • 意思をもっている生き物が一定不変であるわけがないだろう。
  • 常に一定不変のモチベーションを保てるように努力をしています。

一本調子

「一本調子」は、「いっぽんちょうし」と読みます。 「一本調子」の意味は、「抑揚がなく変化がないこと」です。 一本の線をまっすぐ引くように、調子が同じで変化に乏しいことを「一本調子」という四字熟語を使用して表現することができます。

例文

  • 彼女の一本調子の言い方から、それは本音ではないということがすぐにわかった。
  • 経営は一本調子だが、何か問題があるというわけでもなく平和です。

「千変万化」の英語

ever-changing

「千変万化の」の英語は「ever-changing」です。 英語で言い換えると「constantly changing or developing」で、「常に変化または発達している」という意味です。

The key to survive is to adapt to the ever-changing environment.

生き残るための鍵は千変万化の環境に適応することだ。

shifting

「千変万化の」の英語表現には「shifting」もあります。 「shifting」を英語で言い換えると「always changing or moving」で、「いつも変化または移動している」という意味です。 予期せぬ変化に対してよく使用する言葉です。

I can't put up with her shifting moods.

彼女の千変万化の気分には耐えられない。

Marketing needs to catch up with shifting customer interests.

千変万化の顧客興味にマーケティングはキャッチアップする必要がある。

「追いつく」だけじゃない「catch up」の3つの意味と使い方《完全版》

WURK

「千」と「万」を含む四字熟語

「千」と「万」を組み合わせた四字熟語は実は非常に多くあります。 本記事の最後に代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

千差万別

「千差万別」は、「せんさばんべつ」と読みます。 「千差万別」の意味は、「色々な種類のものが沢山あって、違いもたくさんあること」です。 「千差万別」は、「千差」と「万別」という2つの言葉から成り立つ四字熟語です。 「千差」の意味は、「多くの差別」「様々な相違」です。 「万別」は、「色々な違いがあること」です。 人を含む生き物、物などの性質や種類、機能に対して、様々な種類、違いが無数にあるということを言い表しています。

例文

  • 長年教師として努めているが、本当に千差万別な生徒がいます。
  • 一口に「車」といっても千差万別なのですが、何か特徴はありますか?

千客万来

「千客万来」は、「せんきゃくばんらい」と読みます。 「千客万来」の意味は、「多くのお客がひっきりなしに絶え間なく来ること」です。 「千客万来」は「千客」と「万来」という2つの言葉でできている四字熟語です。 「千客」の意味は「多くの客」 「万来」の意味は「多くの人が来ること」です。 お客さんがひっきりなしに来客している様子を表現することができる四字熟語です。

例文

  • まさに千客万来の忙しいときのデリバリーの注文はできるだけ避けてほしいものだ。
  • 千客万来になることに備えて、人手を増やさなければならない。

千軍万馬    

「千軍万馬」は「せんぐんばんば」と読みます。 「千軍万馬」の意味は「多くの軍兵と軍馬」「戦闘の経験が豊富にあること」です。 「千軍万馬」は「千軍」と「万馬」という2つの意味からできている四字熟語です。 漢字から見てわかるように、「千軍」は「多くの軍兵」「万馬」は「多くの馬」という意味があります。 そのまま「多くの軍兵と軍馬」という意味として使ったり、「戦闘経験の豊富さ」を言い表すのに使用されますが、現代では、これらの意味から転じて「社会経験が豊かであること」を意味する四字熟語をしても使用されています。

例文

  • 彼は千軍万馬で他国からも恐れられている存在だした。
  • 千軍万馬の彼をどう負かすか、知恵を絞っても叶いそうになかった。

千言万語

「千言万語」は、「せんげんばんご」と読みます。 「千言万語」の意味は、「非常にたくさんの言葉」「沢山の言葉を話すこと」です。 「千言万語」は、「千言」と「万語」という2つの言葉からできている四字熟語です。 「千言」は、「多くの言葉」 「万語」は「数が多いこと」という意味です。 「千言万語」は、とにかく多くの言葉を使って、あれやこれやと述べることを言い表した四字熟語 です。

例文

  • 千言万語をついやして説得を試みたが、彼の気持ちが動くことはありませんでした。
  • 彼女は口数が少なかったが、その言葉には千言万語の感情が込められていた。

千紫万紅

「千紫万紅」は、「せんしばんこう」と読みます。 「千紫万紅」の意味は、「色とりどりの花が咲き乱れること」「様々な花の色や形容」です。 「千」と「万」は、数が多いことを意味していて、「紫」や「紅」は「多様な色」を意味しています。 したがって、色々な種類の花を指す言葉になりますが、花だけではなく、色々なものに使用することができます。

例文

  • この庭園に千紫万紅の花を咲かせることが私の夢です。
  • あじさいが咲き並ぶその道は、まさに千紫万紅という言葉が良く似合います。

千山万水

「千山万水」は、「せんざんばんすい」と読みます。 「千山万水」の意味は、「多くの山や川」「山や川が続くこと」です。 「千山」が「たくさんの山」「万水」が「沢山の川」という意味です。

例文

  • 千山万水の風景を見ていると、田舎を思い出し心がやすらぎます。
  • 季節を感じるには、千山万水の景色を見るのが一番良いですよね。

海千山千

「海千山千」は「うみせんやません」と読みます。 なんとなく、「かいせんさんせん」「かいせんやません」など読んでしまいそうですが...「うみせんやません」が正しい読み方なので、読み間違いに注意しましょう。 「海千山千」の意味は「せちがらい世の中の裏も表も知っていて、老獪な人。したたか者」です。 長い年月で様々な経験を積み、世間の裏も表も知り尽くしていてずる賢いさま・したたかな人を表します。 「物事をよく知っている」ではなく、「裏の事情にも詳しい」という意味合いになります。 『そのようなことまで知っているなんて、悪い知恵が働いていますね』というイメージです。 別名「海に千年、山に千年」「海千河千」とも言います。

例文

  • あの人は海千山千だから、どんな相手であっても全く怯まないよ。
  • 海千山千の彼がリーダーとなれば、怖いものなしで物事を進めることができる。

まとめ

いかがでしたか? 「千変万化」について理解していただけたでしょうか。 ✓「千変万化」の読み方は「せんぺんばんが」 ✓「千変万化」の意味は「ものごとが、さまざまに変化すること」 ✓「千変万華」は、当て字 ✓「千変万化する」「千変万化の◯◯」の形で使う ✓類語には、「変幻自在」「諸行無常」などがある

こちらの記事もチェック

「立て込んでいる」の意味と使い方、類語「取り込んでいる」との違い、英語表現を解説

WURK

「立て込む」の意味と使い方、類語「取り込む」との違い、英語表現を解説

WURK

「ご指摘ください」の意味と使い方、より丁寧な敬語への変換、類語、英語表現を解説

WURK

「敬服」の意味と使い方、類語「感服・感心」との違い、対義語、英語表現

WURK

「選りすぐり」の意味と使い方、例文、読み方、類語、対義語、英語を解説

WURK

「便宜上」の意味と使い方、例文、類語、対義語、英語表現を解説

WURK

「叱責」の意味と使い方、類語「怒る・叱咤・譴責」との違い、対義語、英語

WURK

「論旨」の意味と使い方、熟語構成、類語「趣旨」との違い、英語表現

WURK

「心外」の意味とビジネスでの使い方、類語「意外」との違い、対義語、英語

WURK

「刷新」の意味と使い方、類語「一新」との違い、対義語、英語表現

WURK

「不憫」の意味と使い方、語源、「不躾」との違い、敬語表現を解説

WURK

「泰然自若」の意味と使い方、由来、読み方、類義語、対義語、英語表現を解説

WURK

「望外」の意味と使い方、例文、類語、対義語、英語表現を解説

WURK

「有終の美」の意味と使い方、語源、類語、対義語、漢字、英語表現を解説

WURK

「布石」は悪い意味?使い方と例文、類語「伏線」との違い、語源、英語表現を解説

WURK

「茫洋」の意味と使い方、類語「鷹揚」との違い、四字熟語、英語表現を解説

WURK

「格別」の意味と使い方、例文、類語「別格・特別」との違い、英語表現

WURK

「了承」の意味と使い方、返し、類語「承諾・了解・合意」との違い

WURK

「釈然としない」の意味とビジネスでの使い方、「腑に落ちない」との違い

WURK

「貫禄」の意味と使い方、類語、英語、使用上の注意点とは?

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 四字熟語
  4. 「千変万化」の意味と使い方、例文、由来、類語の四字熟語、英語表現を解説