1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「叱責」の意味と使い方、類語「怒る・叱咤・譴責」との違い、対義語、英語

「叱責」の意味と使い方、類語「怒る・叱咤・譴責」との違い、対義語、英語

「叱責」という言葉をご存知すか?「〜を叱責する」など、叱るような場面で使用される言葉です。今回は、「叱責」という言葉の意味と使い方を例文付きて詳しく紹介します。また、類語との違いや英語表現、正しい叱責の方法なんかも合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「叱責」とは

「叱責」の読み方は「しっせき」

「叱責」は、「しっせき」と読みます。 「叱」は音読みで「シチ・シツ」、訓読みで「しかる」と読み、 「責」は音読みだと「セキ・シャク」、訓読みだと「せめる」と読みます。

「叱責」の意味は「しかり責めること・しかり咎めること」

「叱責」の意味は、「しかり責めること・しかり咎めること」です。 「叱」は「しかる。舌打ちをすること」を意味していて、怒鳴ったり、きつい言葉で相手を追い込むようなニュアンスが含まれます。 「責」は「罪や手落ちをとがめる。せめたてる」を意味しています。 よって、「叱責」の熟語の構成は、同じ意味の漢字を重ねたものです。 「叱責」は、他人の失敗や怠慢などを叱り、咎めることを言い表している言葉しており、よろしくない部分を「軽く注意する」というニュアンスではありません。 完全に相手に過失があるとして、とにかく「あなたの責任だ」「あなたが悪い」と責め立てたてるような言い方を「叱責」といいます。 例えば、「新人のミスを叱責する」といった場合は「新人を叱り、そのミスをねちこく咎める」という場合でを「叱責」と言います。

「叱責」の使い方と例文

叱責する

「叱責」の最も一般な使い方は「叱責する」です。 「叱責する」は能動態なので、主語が他人を叱る時に使います。

例文 ・後輩の失敗をしつこく叱責する。 ・彼は容赦なく、部下を叱責し続けていた。 ・あまりにもミスが立て続けに起こるので、我慢できず叱責した。 ・言いたいことは山程あったが、叱責する勇気はなかった。

叱責される・叱責を受ける・叱責をいただく

自分が叱られるという場合は、 ・叱責される ・叱責を受ける ・叱責をいただく という受け身の表現にします。 自分が過失をおかし、他人にお叱りを受け、咎められるような場面に使用します。 目上の人に叱責をされる場合、「〜してもらう」の謙譲語である「いただく」使用して、相手に敬意を示した表現にすることもあります。 「叱責されたことで、自分の至らない部分に気がつくことができました」というような、相手に対するお礼を伝えるような場面で使用されることが多い表現です。

例文 ・新人の頃はあまりの無知さに失礼なことをしてしまい、叱責されることも多かったです。 ・幼い頃、教師に叱責されたことがトラウマになっていて今でも鮮明に覚えている。 ・お客様に余計な一言を言ってしまい叱責を受けることになった。 ・あの時叱責をいただいたお陰で、自分の未熟さに気がつくことができました。

「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

厳しい叱責・強い叱責

「叱責」の強調表現には ・厳しい叱責 ・強い叱責 などがあります。 「厳しい」や「強い」を「叱責」という言葉の前に付けることで、ただ「叱責された」というよりきつく厳しい言われ方した・されたということがわかる表現になります。

例文 ・厳しい叱責を受ける彼をただ見ているだけでかばうことができなかった。 ・普段温厚な彼が、あんなに強い叱責をするなんて珍しいので驚きました。 ・あんなにきつい叱責を受けたのに、もうケロっとしているなんて能天気ですね。

叱責を免れない

自分が過ちやミスをしてしまって、叱責されることから逃れられない状況にあるときは、「叱責を免れない」という言い回しを使用します。 「免れない」は、「望ましくないことや、嫌なことから逃げられない様子・避けられないこと」という意味があります。 もちろん本当は叱責なんかされたくないんだけれど、「叱責されても仕方のないことをしてしまった」「叱責されるのは当然のことだ」と自分が感じている場面で使用します。

例文 ・叱責は免れないと覚悟はしていたので、何を言われても仕方ないと思っています。 ・部下から叱責を免れない状況であるという相談を受けたが助けることができなかった。 ・締め切りに間に合わないなんて、もう叱責は免れないだろう。

「叱責」の誤用に注意

「叱責の念」ではなく「自責の念」

「叱責の念」という表現を使用している人がいますが、これは「自責の念」と勘違いしています。 「自責の念」とは、「自分で自分の過ちを責める気持ち」のことを言います。 例えば、スポーツなどの試合で、自分が原因で失点してしまったときや、仕事で何かミスをしてしまって周りの人に迷惑をかけてしまったというような場面を思いだして、「なんでこんなミスをしてしまったんんだ...!」と自分自身をとがめる気持ちが「自責の念」です。 「叱責の念」で「相手を咎める気持ち」という意味で使用されそうな気もしてしまいますが、「叱責」は、相手に責任があるとして叱り、咎めることを言いますから、「叱責の念」という言葉はありません。

例文 ・居ても立ってもいられない自責の念に駆られ、思わず自ら懺悔しにいきました。 ・今になって、とんでもない事をしてしまったという自責の念に駆られています。 ・彼は、今だに彼女を傷つけてしまった自責の念に駆られてどうしようもなくなる時がある。

「自責の念」の意味と使い方、自責の念を感じる心理と対処法とは?

eigobu.jp

「叱責激励」ではなく「叱咤激励」

「叱責激励」もよく見かける誤用で、正しくは「叱咤激励(しったげきれい)」です。 「叱責激励」という表現は存在しません。 「叱咤」に「激励」という言葉をあわせて「叱咤激励」という言葉にすると、「大声でしかるように励まし、気持ちを奮い立てること」という意味になります。 声や言い方はきつくても、相手を思ってのことなので結果として励ましていることを「叱咤激励」と言います。

例文 ・落ち込んでいる仲間を叱咤激励する。 ・彼女はいつも優しく指導しているが、時には叱咤激励することが必要だと思う。 ・叱咤激励することによって社内の士気が上がって、成績を伸ばすことができた。

「叱咤・叱咤激励」の意味と使い方、類語、「叱責」との違い

eigobu.jp

「叱責」の類語との違い

叱咤(しった)

「叱咤」は、「しった」と読み、「怒気をあらわして大声でしかること。しかりつけること」という意味があります。 大声を張り上げてしかりつけること・大声でしかって手厳しく注意することを表していて、「叱る」と言うよりも「激しく・厳しい」イメージです。 「叱責」は、「手厳しく注意する」というよりも、「お前の責任だ、何ていうことをしてくれたんだ」と咎めるというニュアンスが強いです。 つまり、 「叱咤」は「大声を張り上げてしかりつけること」 「叱責」は「他人の過ちをしかって非難すること」 という微妙なニュアンスの違いがあるということがわかります。 簡単に言うと、「叱咤」よりも「叱責」の方が、ねちねちとしつこく叱るというイメージでしょう。

例文 ・失敗をした新人を叱咤する。 ・社内に部長の叱咤する声が響いた。 ・先生は怒りを露わにして、烈火のごとく叱咤している。

「叱咤」と「叱責」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

譴責(けんせき)

「譴責(けんせき)」の意味は、「悪い行いや過失などを戒めて責めること」です。   ルール違反や、法律違反など、悪い行いや過失をしてしまった人を、責め立てるような場面で使用されます。 大体は、始末書を書かせたりといった書面での反省が求められ、「同じ過ちを二度と繰り返さない」という約束をさせられます。 「叱責」は、直接本人に対して怒鳴り散らすようなイメージですが、「譴責」の場合、「ミスをしてしまった」というよりは、職務上の過失などもっと重たいことに対しての処分といったイメージであると言えるでしょう。 あまり日常生活では使用されない表現かもしれません。

例文 ・法律違反を犯したのだから、譴責されても仕方がない。 ・彼は潔く譴責を認めて、素直に処分を受けることにしました。

呵責(かしゃく)

「呵責」の意味は、「相手を責め、苦しめること」です。 相手のしたことに対して、厳しく咎めて叱ることを「呵責」と言います。 「呵責」は「良心の呵責」といった表現で使用される事が多いです。 「良心の呵責」は、自分のしてしまったことに対して罪悪感を感じ、良心が傷んでいる様子を表いています。 「呵責」も「叱責」も相手のしたことに対して責め立てるようなニュアンスが含まれていますが、「叱る」というニュアンス的には「叱責」のほうが強いと言えるでしょう。 また、「呵責」は先程説明したように「良心の呵責」というように自分で自分の良心を責めるといった意味で使用することができますが、「叱責」は、他人に対してするものなので、自分自身を叱責するとは言いません。

例文 ・その時の私はとにかく良心の呵責に堪えられませんでした。 ・どうにかして呵責から逃れられないかとすがる気持ちで家を出た。

怒る(おこる/いかる)

「怒る」は、「腹をたてる」「気を荒立てる」という意味があります。 「怒る」は、自分にとって何か納得がいかないことだったり、不快な思いをして腹を立てることをいいます。 つまり、「怒る」というのは自分の感情を相手にぶつけることであり、どこで何に腹を立てて怒るのかというのは、その人によって代わります。 誰もが怒るだろうというような場面でも、怒らない人は怒りませんよね。 「叱責」は、失敗や怠慢など、「相手に何か問題があって、きつく責めている」というイメージが強いです。

例文 ・彼は、私の帰りが遅かったことが気に食わなかったらしく、怒っている。 ・怒ると手がつけられなくなってしまうのが、彼の欠点である言えるだろう。

叱る(しかる)

「叱る」の意味は「相手の非を認めて、それを改めようとして厳しく注意すること」です。 相手のことを思い、悪い点を直して良くなってもらおうとして注意したり、アドバイスをすることを表します。 「叱る」は目下の人の行動に対して使います。 例えば、「子供を叱る」「息子を叱る」「部下を叱る」「後輩を叱る」「弟子を叱る」「生徒を叱る」などと言います。 「叱責」も「怒る」もほぼ同じ意味であると言えます。 ただ、「叱る」は、相手に腹を立てているわけではないので、「優しく叱る」「穏やかに叱る」「柔らかい口調で叱る」という言い方もできます。 「叱責」のほうが、相手をきつく責め立てるニュアンスが強いと言えるでしょう。

例文 ・幼い頃は、とにかく良心に叱られていた記憶があります。 ・妹は、兄が叱られている時、いつも知らん顔をしている。

説教(せっきょう)

「説教」の元々の意味は、「宗教の教えを人に聞かせ導くこと」です。 そこから転じて「目下の人に対して堅苦しく言い聞かせたり、教え導くこと」という意味で使用されるようになりました。 「説教をされる」とか、「説教じみた〜」といった表現を聞くと、正座をさせられて相手の話を永遠に聞かされている人を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 「叱責」のように、激しめに責め立てるのではなく、わりと冷静に「どうしてだめなのか...」といった注意・お叱りからはじまり、「今後注意する点」などを堅苦しく教えられるというイメージが「説教」です。 つまり、「お叱りをうける」というニュアンスは同じですが、 「叱責」は「厳しく責め立てる」 「説教」は「堅苦しく教え導かれる」 という違いがあると言えるでしょう。

例文 ・昔はよく正座をさせられ、父に説教をされていたものだ。 ・上層部の人が来るたびにまた説教か...と部下達はうんざりした顔をしている。

小言(こごと)

「小言」は、「文句をぶつぶつ言うこと」です。 ・小言を言う ・小言を漏らす ・小言を連発する というように、使用しますが、「小言」は「責め立てる」「叱る」というよりも、「不平」や「不満」をぶつぶつ言うというイメージです。 ねちっこさで言えば「小言」のほうが、ねちねちとしていて悪質な感じもしますよね。 さらに、本人の前以外でも、他人の耳に入るように小言を言った場合「彼女は普段から旦那に対する小言を漏らしていた」というように表現することができます。 叱責は、本人に直接するものなので、本人のいない場で叱責をしたという表現はしません。

例文 ・そのとき母は、父に小言を言いながら料理を作っていました。 ・気のおける友人の前では気が緩み、ついつい私生活の小言を漏らしてしまう。 ・部長は小言を連発していましたが、誰も真面目に聞いている人はいませんでした。

訓戒(くんかい)

「訓戒」の意味は、「教えとして戒めること」です。 事の善悪・是非を教え智嗣、戒めることを「訓戒」と言います。 先程紹介した「譴責(けんせき)」と同様にルール違反や、法律違反など、悪い行いや過失をしてしまった人を、責め立てるような場面で使用されます。 したがって、「訓戒」と「叱責」の違いも、「譴責」と「叱責」と同じになります。 職務上の過失などもっと重たいことに対しての処分が「訓戒」です。

例文 ・度々訓戒を与えられてきたが、今回ばかりはさすがにそうもいかないだろう。 ・彼は結局、あの後訓戒処分に処されたらしいよ。

指導(しどう)

「指導」の意味は「ある目的や意図されたところに向かって教え示すこと」です。 「指導」は教える内容は限定されていないので、幅広く使うことができますが、主に学問や研究について用いることが多いです。 「指導者」「指導員」「指導書」「演技の指導」「勉強の指導」「指導する」「指導される」「指導を受ける」などと言います。 つまり、「指導」には「相手を厳しく責め立てる」という意味はありません。 例えば何か悪いことをしてしまった場合にも「指導が入る」といった言い方をすることがありますが、「叱る」というよりは、「もう一度教え直す」といったイメージです。

例文 ・今日は、入学前の子どもたちに交通安全指導をします。 ・何度も呼び出され、指導されていたが、その時の私は全く態度を改めることがなかった。

罵倒(ばとう)

「罵倒」の意味は、「激しく罵ること、ひどい悪口を言うこと」です。 罵倒は、相手に非がない場合でも、口汚く相手に暴言を浴びせることを言います。 つまり、自分の感情のままに相手を罵るのが「罵倒」です。 「叱責」は、相手の良くないところを厳しく指摘するというニュアンスで使用されますが、「罵倒」の場合、悪意を込めて「お前ってほんと仕事できないしバカだよな」といった、相手からは「侮辱された」とも捉えられるような言い方をする・されたという場合に使用される表現です。 「叱責」は「叱る」とほぼ同義になりますが、「罵倒」は、「誹謗」「中傷」に近いです。 そう考えると、「叱責」と「罵倒」にはだいぶ違いがあるということがわかりますよね。

例文 ・彼に罵倒されたことは何度もありますが、私は何も気にしていません。 ・部長に罵倒され続けた結果、離職率が過去最大となってしまい本部から調査が入った。

非難(ひなん)

「非難」の意味は、「相手の欠点や間違いなどを責めて問いただすこと」です。 相手の失敗だったり、弱みなど悪い点を問い詰めて責めることを表します。 「◯◯という行動が非難された」といった使い方をよくすると思いますが、「非難」は例えば常識的におかしな行動をしている人に対して「あれってどうなの....おかしいでしょ...」と言うことにつ使われますよね。 つまり、「叱り責める」という意味の強い「叱責」とは微妙なニュアンスの違いがあります。 強い口調で本人に対して非難を浴びせる場合もありますが、例えばネットなどで「あの人の行動はひどい」といったように非難される場合にも「非難」という言葉を使用することができます。

例文 ・非難されることも承知でインターネット配信を続けています。 ・ことごとく非難され続けている気がして、自身がなくなってしまいました。

「叱責」の反対語

賞賛/称賛(しょうさん)

「賞賛/称賛」は、「褒め称える」です。 「あなたの仕事ぶりは、とても素晴らしい!」というように、本人に対して直接褒めたり、称えることを「賞賛/称賛」と言います。 「叱責」は、「相手のだめな所を責めること」なので、「賞賛/称賛」は「叱責」の反対語になります。

例文 ・日本では人気がありませんでしたが、海外では称賛されています。 ・彼が舞台に立つと、称賛の拍手が沸き起こりました。

賛美(さんび)

「賛美」の意味は「褒め称えること」です。 ・賛美する ・賛美した というように、「素晴らしいと褒める」といったニュアンスで使用されます。 「賛美歌」は、神を素晴らしいものだと褒め称えた歌です。 「褒め称える」という意味では、上述した「賞賛/称賛」のほうが多く使われるため、あまり日常生活では使用されない表現であると言えるでしょう。

例文 ・賛美されても、大げさに言っているだけなのではと疑ってしまう。 ・賛美歌を聞くと、心が洗われるのがわかります。

礼賛(らいさん)

「礼賛」の意味は、「立派な人だと崇め称えること」です。 「崇める」とは、「尊いものとして敬うこと」です。 つまり、「あなたは素晴らしいお方ですね」と、相手に尊敬の気持ちを抱くことです。 「礼賛」は、元々仏教用語で、「仏を礼拝してたたえる」という意味で使用されていた言葉です。 「礼賛」も、日常生活ではほとんど耳にすることのない表現ですよね。

例文 ・いい気分だったのに、無条件に礼賛していると知ってとても悲しい気持ちになりました。 ・彼は、町を救った救いのヒーローをして礼賛されていました。

「叱責」の英語

「叱責」の英語はたくさんありますが、それぞれ微妙にニュアンスが違うので1つずつ解説していきます。

scold

最も一般的な「叱る」の英語は「scold」です。 主に親が子供を直接しかる時に使います。 叱る理由をいうときは「for」を使います。

He scold his son for being lazy.

息子がダラダラしているので彼は叱責した。

tell off

「叱る」と言えば「scold」という英語が最も最初に浮かぶ人が多いと思います。 しかし「scold」は日本語の「叱責」と同じく少し堅い語で、日常会話で「叱る」という場合「tell off」をネイティブはよく使います。

Is it okay to tell off other people's kids?

他人の子供をしかるのはアリ?

blame

「非難する」という意味の英語で最も一般な単語が「blame」です。 「非難する」を意味する単語には他には、意味の弱い順に、accuse < blame < censure < condemn < damn があります。

I don't know why I should be blamed for what happened last night.

昨夜起きたことでなぜ私が叱責されなければならないのか理解できません。

rebuke

「rebuke」も「叱責」という意味で使えます。 「blame」の類語として紹介されることもあります。 裁判所などの「公的な叱責」に対しても使うことができます。

I was rebuked by my boss for being late.

遅刻して上司に叱責された。

reproach

「叱責」を意味する英語には「reproach」という単語もあります。 「reproach」は「うまくいっていない、またはやるべきことをやっていないことを理由にとがめる」という意味になります。 「自分自身を責める」というニュアンスで使うのが「reproach」です。

You have nothing to reproach for.

君は自分をとがめる必要はないよ。

upbraid

「upbraid」は「してはいけないことをしたことに対して叱責する」という意味です。

The journalist, in that article, upbraided the Prime Minister for overstepping the boundaries of acceptable behavior.

ジャーナリストはその記事で、首相は許容できる行動を逸脱したと非難した。

reprimand

「reprimand」は「公式な叱責」に対して使います。 日本語だと「懲戒」に近いです。 政府機関または専門の運営委員会によって発行されるものです。

admonish

「admonish」は「さとす」という意味合いです。

My mom would often admonish me for speaking too fast.

母はよく私に早口を治すようにさとした。

call...on the carpet

「しかる」うぃ意味するイディオムに「call...on the carpet」があります。 元々カーペットは裕福で権威がある人しか所有することができなかったため、「call someone on the carpet」で「上層部が人を会議室の敷かれたカーペットのところまで呼びつけて叱りつける」という意味になります。

パワハラにならない正しい叱責の方法とは

仕事に対してやる気のない部下など、時には叱責をして、相手の気持ちや姿勢を正してあげることが必要な時ってありますよね。 叱責しているほうも、されたほうも、もちろん気分の良いものではありませんが、これからも付き合っていく自分や、そして何より相手の成長のためには効果的な叱責をすることが求められます。

効果的な叱責の方法

・感情的にならず、あくまでも冷静に伝える ・相手の言い分や、話にもきちんと耳を傾ける ・責任を相手に押し付けるようなことはしない ・ねちねち言わない、あっさありと大切なことを短く伝える ・どうすれば良いのか、改善方法を一緒に考えるスタイルで

大切なことは、まず「感情的にならないこと」です。 感情的にわーわー怒鳴りちらしたり、怒りにまかせて暴力を振るってしまったり、相手に「恐怖心」を与えてねじ伏せようとしてしまうのは、相手のためではなく自分のストレスをぶつけているのと同じです。 そうすると、相手の心に「自分の何がいけなかったのか」がうまく伝わらずただ「パワハラを受けている」と受け取られてしまいます。 冷静に、何がいけないのかを伝えた上で、相手の言い分などがあれば、相手の話もきちんと聞きます。 相手の気持ちを聞いて上げることって、とっても大切なことです。 そして、「言って終わり」ではなく、「どうすればいいのか」をきちんと教えてあげること。 できれば、相手にも「どうすれば改善できると思うか」をきちんと聞いた上で、アドバイスをするという形が望ましいでしょう。 相手を追い詰めるために叱責するのではないということを意識することが大切です。

パワハラになってしまう叱責の特徴

・公開叱責 ・「もっとこうしろ」と一方的に意見を押し付ける ・人格を否定するような罵詈雑言を浴びせる ・暴力を振るう ・精神的に追い込む

叱責するときに、沢山の人がいる前避けるなど相手の気持ちを配慮することも大切ですよね。 また、叱責は自分のストレスをぶつけるためにするものではないので、「馬鹿野郎」「アホなのかおめぇ」というような罵詈雑言を浴びせる必要もありません。 暴力もそうですが、相手を精神的に追い詰めてしまわないように細心の注意を払いましょう。 「叱責」は行き過ぎると「恫喝」になってしまうので注意です。

「恫喝」の意味と使い方、類語、「脅迫・恐喝」との違い

eigobu.jp

まとめ

いかがでしたか? 「叱責」について理解していただけたでしょうか。 ✓「叱責」の読み方は「しっせき」 ✓「叱責」の意味は「しかり責めること・しかり咎めること」 ✓「叱責する」「叱責される」といった使い方をする ✓「厳しい叱責」「強い叱責」で、強さやきつさを表すことも ✓「叱責の念」など間違った使い方をしないように注意! など

こちらの記事もチェック

「刷新」の意味と使い方、類語「一新」との違い、対義語、英語表現

eigobu.jp

「不憫」の意味と使い方、語源、「不躾」との違い、敬語表現を解説

eigobu.jp

「泰然自若」の意味と使い方、由来、読み方、類義語、対義語、英語表現を解説

eigobu.jp

「望外」の意味と使い方、例文、類語、対義語、英語表現を解説

eigobu.jp

「有終の美」の意味と使い方、語源、類語、対義語、漢字、英語表現を解説

eigobu.jp

「布石」は悪い意味?使い方と例文、類語「伏線」との違い、語源、英語表現を解説

eigobu.jp

「茫洋」の意味と使い方、類語「鷹揚」との違い、四字熟語、英語表現を解説

eigobu.jp

「格別」の意味と使い方、例文、類語「別格・特別」との違い、英語表現

eigobu.jp

「了承」の意味と使い方、返し、類語「承諾・了解・合意」との違い

eigobu.jp

「釈然としない」の意味とビジネスでの使い方、「腑に落ちない」との違い

eigobu.jp

「貫禄」の意味と使い方、類語、英語、使用上の注意点とは?

eigobu.jp

四字熟語「創意工夫」の意味と使い方、例文、類語、英語表現

eigobu.jp

「馬が合う」の意味と使い方、例文、類語の慣用句、英語表現を徹底解説!

eigobu.jp

「寛大」の意味とビジネスでの使い方、類語、対義語、英語表現

eigobu.jp

「生き急ぐ」の意味と使い方、類語「死に急ぐ」との違い、対義語、英語

eigobu.jp

「凛とした」の意味と使い方、類語、対義語、英語、四字熟語を解説

eigobu.jp

「自由闊達」の意味と使い方、例文、類語、反対語、英語表現

eigobu.jp

「追憶」の意味と使い方、例文、類語、対義語、英語表現

eigobu.jp

「空虚感」の意味と使い方、類語「虚無感」との違い、対義語、英語

eigobu.jp

「掌握」の意味と使い方、読み、類語「把握」との違い、対義語、英語表現

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「叱責」の意味と使い方、類語「怒る・叱咤・譴責」との違い、対義語、英語