1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「立て込む」の意味と使い方、類語「取り込む」との違い、英語表現を解説

「立て込む」の意味と使い方、類語「取り込む」との違い、英語表現を解説

忙しいときなどに「立て込む」という表現を使用することってあると思いますが、「立て込む」の正しい意味と使い方をご存知でしょうか。実は「立て込む」という言葉の意味は「忙しい」だけではないのです。今回は、「立て込む」の正しい意味と使い方を例文つきで解説します。また、言い換え表現や対義語、英語表現も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「立て込む」とは

「立て込む(たてこむ)」には、3つの意味があります。

「立て込む」の意味は「多くのことが一気に重なること」

1つ目の意味は「多くのことが一気に重なること」です。 忙しくて手が離せない時などに「ちょっと今立て込んでいて...」という表現を見聞きしたことがあるのではないでしょうか? この場合の「立て込む」は、「用事が重なっていて、忙しい」「手が回っていない」といったニュアンスで使用されています。 この場合の「込む」は、「こむ」「混雑する」という意味で使用されているため、「立て込む」は予定などやることが詰まっているという意味の表現になるのです。

「立て込む」は「大人数がこみあう」の意味も

「立て込む」の2つ目の意味は、「大人数がこみあう」です。 一つの場所に沢山の人が、集まっているような状況に対して「立て込む」という言葉を使用することができます。 例えば、「飲食店はお昼になるとお客が立て込むのでお昼前に行くのがベストだ」といったような使い方です。 通常、こういった使い方をする場合「混む」「混雑する」といった言葉を使って言い表すので、「立て込む」を「こみあう」といった意味で使用するのは聞き慣れないという人のほうが多いかもしれません。

「建て込む」だと「家などがぎっしりと建ち並ぶ様子」

「立て込む」の3つ目の意味は「家などがぎっしりと立ち並ぶ様子」です。 住宅街のように、隙間なく家が立ち並んでいる様子を言い表すことができる表現です。 しかし、この意味の場合は「立て込む」と区別するため「建て込む」とすることが多いです。 「建」は、「たてる・たつ・おこす・つくる」という意味があり、「建築用語」としてよく使用される漢字です。 「家を建てる」のときも「建てる」と書き表しますよね。 「家が立ち並ぶ」も、家に関することなので、「建て込む」と書き表し、「立て込む」と区別しています。

「立ち込む」だと「多人数がこみあう」

「立込む」とすると、2つ目の意味である「多人数がこみあう」「雑踏(ざっとう)する」という意味になります。 ある場所に多くの人が集まっていて混雑している様子を表現する言い回しです。 忙しいという意味の「立て込む」と混んでいるという意味の「立て込む」をよりわかりやすく使い分けたい場合は「立ち込む」という言い回しを使用したほうがわかりやすいでしょう。

「立て込める」の意味は「扉や障子をしめきること」

「立て込める」の意味は「扉や障子をしめきること」です。 部屋の扉や障子といった建具を締め切って、他の人が入れない空間を作ることを「立て込める」といいます。 「閉めて込める」でも同義で、「閉め切る」と言い換えると分かりやすいでしょう。 「憂鬱な気持ちが立て込める」などと精神面に関していうこともできます。 また、「立ち込める」は「(気体などが)あたり一面を多う」という意味にもなります。 例えば、「煙りが立ち込めた」などといいます。

「立て込む」の古語の意味は「閉じ込める」「戸・障子などを締め切る」

「立て込む」の古語の意味は、 ①閉じ込める ②戸・障子などを締め切る です。 ①の「閉じ込める」は、部屋などに入れ、閉めきってしまうことで自由に出入りできないようにしてしまうことを指します。 今昔物語にも、この「閉じ込める」という意味で使用されています。 ②の「戸・障子などを締め切る」という表現は、徒然草にもでてきます。 上述したように、現代でも「閉じ込める」「締め切る」といった意味で「立て込む」という表現を使用することがありますが、古語の「立て込む」には「用事や予定が詰まっている」や「込み合う」という意味はありません。

「立て込む」の使い方と例文

ビジネスシーンで自分が忙しい時は「立て込む」を使う

自分が忙しいことをビジネスメールや電話対応で述べる際は「忙しい」ではなく「立て込む」を使います。 「立て込む」は「(自分のせいではなく)外的要因によって忙しい」と理由をやんわり伝える言い方なので、単に「忙しい」と言うより丁寧になります。 「あなたの要望に応えたいのは山々だが自分ではどうすることもできない」という正当化するニュアンスを持ちます。 ビジネスシーンで自分に対して「忙しい」と使うのは避けましょう。 「忙しい」だけだと「自分の能力がなくて/生産性が低くて/優先順位が付けられなくて、手が回らない」という意味も含むので、目上の相手に対して使用すると失礼にあたります。 例えば、何かをお願いしたときに「ちょっと今忙しいんで...」と言われたらどうでしょうか。 「立て込んでいて...」と言われたほうがまだ「それなら仕方ない」と思えますよね。

「立て込んでいます」「立て込んでおります」で敬語(丁寧語)になる

「立て込む」「立て込んでいる」を実際に使用する時は、丁寧語「ます」「おります」を使い

  • 立て込んでいます
  • 立て込んでおります

と表現することで、敬語(丁寧語)になります。 「います」は、「いる」という言葉に丁寧語の「ます」をつけた言葉です。 「おります」は、「いる」の丁重語の「おる」に丁寧語の「ます」をつけた言葉です。 つまり、「いる」を丁寧語にすると「います」となり、さらに「います」丁重語にすると「おります」となるということです。 「おります」は、自分の行動をへりくだり、話の聞き手に敬意を示す表現です。

例文

  • 申し訳ないのですが仕事が立て込んでいます。
  • その時間帯は立て込んでおりまして、ご連絡に気づきませんでした。大変申し訳ございませんでした。
  • その日は立て込んでいまして、参加するのが厳しいです。

「立て込んでいる」の意味と使い方、類語「取り込んでいる」との違い、英語表現を解説

WURK

敬語「おります」の意味と使い方!「います」との違い、類語、英語も紹介

WURK

「立て込む」は、返信遅れの謝罪やリスケ依頼で使う

ビジネスシーンなどで「立て込む」を使う場面は色々あります。 例えば、

  • メールなど返信が遅れてしまった場合の謝罪
  • 相手からの誘いを断らなければいけないとき
  • 忙しくて対応を後日に回さなければならないとき
  • こちらの都合でリスケを依頼するとき
  • 電話に出られないときの対応

などがあります。 それぞれの例文を見ていきましょう。

例文

  • 大変申し訳ございません、終日立て込んだため返信が遅れてしまいました。
  • せっかくお誘い頂いたのに申し訳ないのですがその日は立て込んでおりまして...。
  • 申し訳ありませんが、立て込んでいるため、明日改めて対応させていただきます。
  • 12日の件なのですが、立て込んでおりまして、日程を変更していただきたいです。
  • 担当の◯◯ですが、只今立て込んでいるため、のちほど折り返しご連絡いたします。

「立て込む」は多用に注意

「立て込む」は、ビジネスシーンでも、忙しいときに使用できる表現ではありますが、多用しないように注意しましょう。 仕事が立て込んでいる状況が長期的に続いているのは仕事の仕方に問題があるのは明らかです。 いくら立て込んでいても、先方に迷惑をかけるのはよくないことです。 本当に忙しい場合は致し方ないですが、基本的にメール対応はすぐに実行し、誠意をみせましょう。 本当に長期的に立て込んでいる場合は、いつにできるのか伝えるか、担当者を変えてもらうべきでしょう。

「立て込む」の類語・言い換え

「慌ただしい」は自分が忙しい時に使える言い換え

「慌ただしい(あわただしい)」という表現も、自分が忙しい時に使える「立て込む」の言い換え表現です。 「慌ただしい」とは、しなければいけないことに、急き立てられていたり、せわしなく落ち着かない様子を表す言葉です。 「今慌ただしくて...」と言われても「忙しいんだな」ということがわかりますよね。 しかし、「慌ただしい」は自分が忙しい時に使える言い換えですが、そこまで丁寧な表現ではないので気の知れた取引先に限定すべし!

例文

  • 今日はなんだかいつもにも増して慌ただしいわ。
  • 最近は何かと慌ただしくて勉強をする時間が取れていないので焦っています。

「お忙しい」「ご多忙」「ご多用」などは相手が忙しい時に使う

自分ではなく、相手が忙しい時には「ご多忙」「ご多用」といった言葉を使用します。 「ご多忙」の意味は「非常に忙しいこと」です。 「ご多忙」は、「多忙」という言葉に丁寧語の「ご」をつけた言葉で、「非常に忙しいこと」という意味があります。 何かと忙しくしている様子に対して使用する言葉です。 「ご多忙」は、敬語である為目上の相手にも使用することができ、例えば、「社長は接待が多く、近頃はご多忙のようですが・・・」というように使用します。 また、「忙しいところ申し訳ないのですが....」というような意味で、ビジネスメールなどで要望・依頼をするときのクッション言葉としても使用できます。 「ご多用」の意味は「たくさん用事があること」です。 「ご多用」は「多用」という言葉に尊敬を表す接続語の「ご」をつけた言葉です。 「ご多忙」と同じように、「ご多用とは存じますが...」といった何か頼み事をするときなどに使用できるクッション用語として使用することができますが、特に「ご多忙」「ご多用」の使い分けはありません。

例文

  • 企画書を作成いたしましたので、ご多忙とは存じますがお目遠しいただければ幸いです。
  • ご多用のことと存じますが、万章お繰り合わせの上ご出席をお待ちしております。

「ご多忙」の意味とビジネスメールの使い方、「ご多用」との違い、類語や英語も紹介

WURK

「取り込む」は「不意な出来事などで、忙しい」

「取り込む」の意味は「不意な出来事などで、忙しい」です。 ただビジネスシーンでは相手に不意な出来事がない場合でも、申し訳ない気持ちを強調するために使うことがあります。 「取り込む」を使用する場合は、「取り込み」と名詞の形にして使います。 相手の動作に対して使うので、尊敬を表す敬語の接頭語「お」を使うのが普通です。 例えば、

  • お取り込み中、大変恐縮ですが
  • お取り込みのところ、恐れ入りますが

といった言い回しで使用します。 また、自分が忙しい場合も「取り込む」を使うことができます。 その場合、尊敬を表す接頭語の「お」は使わず、 「只今取り込み中でして...」というように使用します。

例文

  • お取り込み中大変申し訳ございませんが、資料を確認していただけますか?
  • お取り込みのところ恐れ入りますが、明日までにご返信いただけますと幸いです。
  • お取り込み中大変恐縮ですが、何卒ご連絡いただきますようお願いいたします。

「ばたばた」「ごたごた」「追われる」「明け暮れる」「満員になる」なども類語

ビジネスシーンでは使いませんが「立て込む」の類語には、

  • ばたばた
  • ごたごが
  • 追われる
  • 明け暮れる
  • 満員になる
  • かまける
  • パ二くる
  • ドタバタ

などもあります。 どの表現も、何かやることでいっぱいいっぱいになっていて、忙しい様子が伝わります。

例文

  • ばたばたしていてメールを確認することができていない。
  • ごたごたするのは嫌なのですべて早めに行動することを心がけています。
  • 最近は仕事に追われていて友人に会うこともできていない。
  • 仕事に明け暮れる毎日です。
  • 仕事にかまけて家族をないがしろにした結果、家庭崩壊が起きてしまった。

「かまける」は方言?意味と使い方、漢字、類語、語源、誤用、英語

WURK

「立て込む」の対義語

ビジネスで使える対義語は「お手すき」「お時間があれば」「お暇なときに」

自分が暇なことをいう表現には、

  • 都合がつく
  • 手があいている
  • 区切りがついた
  • 一段落した
  • 時間が空く

などがあります。 どの表現も、自分に暇がある・時間が有るという意味があります。 また、相手が暇であることを意味する表現としては、

  • お手すき
  • お時間があれば
  • お暇なときに

などがあります。 「時間があれば◯◯してください」といった意味で使用される表現です。 従って、お願いをするときなどに使用すると「暇なときで良いんだな」と思われてしまうので、急ぎの用をお願いするときには使わないほうがいい表現です。

自分が暇なことを伝える例文

  • 今日は無理だけど3日後だったら都合がつきますよ。
  • 手が空いているのですが何かお手伝いできることはありますか?
  • やっと仕事が一段落したところです。
  • 今は仕事が忙しいですが時間が空けばいくらでもお相手しますよ。

相手が暇なことを伝える例文

  • 急ぎではないのでお手すきで返信いただければと思います。
  • もし、お時間があるようであれば一緒に食事でもいかがですか?
  • お暇なときはいつでも連絡ください。

その他の類語は「暇」「時間も持て余す」「時間ができる」など

「立て込む」は、「忙しい」という意味のある言葉なので、反対語は「忙しくない」という意味のある表現になります。 上記では、ビジネスで使用できる対義語を紹介しましたが、「ビジネス以外でも使用できる類語」としては、

  • 時間を持て余す
  • 時間ができる

などがあります。 どの表現も、やることがなく、手があいている状態を表現する言葉です。

例文

  • 雨がふると客足が減るので店は暇になる。
  • 入院しているとはいえ元気なので時間を持て余している。
  • まとまった時間ができたので旅行にでかけることにしました。

「立て込む」の英語表現

busy / hectic

「立て込む」の最も一般的な英語表現は形容詞「busy」です。

  • be busy with...(...で忙しい)
  • be busy (in)...ing(...するので忙しい)

の形で使います。 「busy」よりもっと忙しい意味を持つ英単語に「hectic」があります。 「hectic」は「猛烈に忙しい」という意味になります。

I'm so busy with work.

仕事が立て込んでいる。

caught up / swamped

「忙しくて見動き取れないほどだ」という表現には、

  • be caught with
  • be swamped with

があります。 「caught」は「catch」の過去分詞形です。 「swamp」は「沼」を意味し「be swamped」は直訳で「沼にはまった」という意味ですが、比喩的に「忙しすぎて見動き取れない」という意味になります。

have my hands full

  • have my hands full
  • get my hands full

で「手一杯になる」=「忙しい」という意味になります。

long day

「a long day」というイディオム表現もあります。 直訳すると「長い一日」ですが、「忙しい一日」という意味になります。

It's been a long day today.

今日はずっと立て込んでいる。

まとめ

いかがでしたか? 「立て込む」について理解していただけたでしょうか。 ✓「立て込む」の意味は「多くのことが一気に重なること」 ✓「立て込む」には「こみあう」「家などがぎっしりと建ち並ぶ様子」という意味もある ✓「立て込める」の意味は「扉や障子をしめきること」 ✓ビジネスシーンで自分が「忙しい」時は「立て込む」を使う。

こちらの記事もチェック

「刷新」の意味と使い方、類語「一新」との違い、対義語、英語表現

WURK

「不憫」の意味と使い方、語源、「不躾」との違い、敬語表現を解説

WURK

「泰然自若」の意味と使い方、由来、読み方、類義語、対義語、英語表現を解説

WURK

「望外」の意味と使い方、例文、類語、対義語、英語表現を解説

WURK

「有終の美」の意味と使い方、語源、類語、対義語、漢字、英語表現を解説

WURK

「布石」は悪い意味?使い方と例文、類語「伏線」との違い、語源、英語表現を解説

WURK

「茫洋」の意味と使い方、類語「鷹揚」との違い、四字熟語、英語表現を解説

WURK

「格別」の意味と使い方、例文、類語「別格・特別」との違い、英語表現

WURK

「了承」の意味と使い方、返し、類語「承諾・了解・合意」との違い

WURK

「釈然としない」の意味とビジネスでの使い方、「腑に落ちない」との違い

WURK

「貫禄」の意味と使い方、類語、英語、使用上の注意点とは?

WURK

四字熟語「創意工夫」の意味と使い方、例文、類語、英語表現

WURK

「馬が合う」の意味と使い方、例文、類語の慣用句、英語表現を徹底解説!

WURK

「寛大」の意味とビジネスでの使い方、類語、対義語、英語表現

WURK

「生き急ぐ」の意味と使い方、類語「死に急ぐ」との違い、対義語、英語

WURK

「凛とした」の意味と使い方、類語、対義語、英語、四字熟語を解説

WURK

「自由闊達」の意味と使い方、例文、類語、反対語、英語表現

WURK

「追憶」の意味と使い方、例文、類語、対義語、英語表現

WURK

「空虚感」の意味と使い方、類語「虚無感」との違い、対義語、英語

WURK

「掌握」の意味と使い方、読み、類語「把握」との違い、対義語、英語表現

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「立て込む」の意味と使い方、類語「取り込む」との違い、英語表現を解説