1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「信条」「信念」「モットー」の意味の違いと使い分け

「信条」「信念」「モットー」の意味の違いと使い分け

「信条」「信念」「モットー」の意味の違いについてご存知でしょうか?面接などで「信条や信念は何ですか?」と聞かれたことがあるという方が多いかもしれません。実はそれぞれ意味と使い方が異なります。そこで今回は「信条」「信念」「モットー」がどのように異なるのか解説していきます!

「信条」「信念」「モットー」の違い

「信条」・・・正しいと信じ、堅く守ってる事柄 「信念」・・・正しいと信じ、堅く守る自分の考え 「モットー」・・・行動の目標や指針となる事柄、またその標語

「信条」と「信念」は意味が似ていますが、微妙に違います。 「信念」は「自分が個人的に正しいと信じる事柄」を指します。客観的な基準や社会的な制度とは関係なく、それぞれの人が正しいと信じ守ってる考えを指します。 「信念」は英語では「believing(信じること)」「belief(信じていること)」となります。 「信条」は元々キリスト教の宗教用語で、「中心的な信仰告白の表現」で「信仰の箇条」を指す言葉です。なので「個人的な考え」という意味は含まれず、自分が正しいと思って守っている事柄を指します。 「信条」の英語は「creed(クレド)」「principle(原理)」などになります。 「モットー」は「信条」「信念」とは性質の違う言葉です。 「モットー」は単に「行動目標の標語」という意味です。個人的に設定した「モットー」ならば正しいと信じているのでしょうが、組織の「モットー」ならば必ずしも個人的に正しいと信じているとは限りません。その点で「信条」「信念」とは意味が異なります。類語には「スローガン」があたります。 「モットー」の語源は英語「motto」です。

「信条」の意味と使い方

「信条」は「しんじょう」と読みます。 「信条」の意味は、

  • 正しいと堅く信じて、守っている事柄
  • キリスト教における、信仰の箇条

です。 「信条」とは考えたり、行動をする上で自分が堅く信じて守っている事柄を表します。 元々宗教用語で、キリスト教において教義をまとめたものを「信条」と言っていました。 「信条」と聞くとなんだか堅苦しい響きがありますが、単に日常生活で大切にしている事を指すことが多いです。日本では宗教的な意味合いではほとんど使いません。 例えば、日常生活においては、時間厳守、前向きに物事を考えるといった習慣を「生活信条」と表すことができます。 また、就職面接などでも「あなたの信条は何ですか」と聞かれることもあるかもしれません。 この場合の「信条」もまた日頃大切にしている事を聞いているに等しいです。

  • 信条を守る
  • 信条を持つ
  • 信条を貫く
  • 信条にする
  • 信条に反する
  • 自分の信条

というような使い方をします。 「信条」の類語には、「主義」「理念」「思想」などがあります。

例文

  • 私の信条は、成功するまで物事を絶対に諦めないことだ。
  • 信条をしっかりと持っていれば、何事も上手くいくだろう。
  • 自分の信条を貫くことは大事だが、こだわりすぎると周りから浮いてしまうよ。

「信念」の意味と使い方

「信念」は「しんねん」と読みます。 「信念」の意味は「正しいと堅く信じて、守っている自分の考えや姿勢」です。 「念」は「思っていること、考えていること」を意味します。 自分自身が間違っていないと信じて守っている気持ち、周りから批判されてもへこたれない強い気持ちを表します。 例えば、「自分の信念を貫く」ならば「自分自身が正しいと思っていることを基本として、行動に移す」というニュアンスになります。 「信念」は情熱的な響きのある熟語で、日常会話やビジネスシーンで頻繁に使用する言葉ではありません。

  • 信念がある
  • 信念を持つ
  • 信念を貫く
  • 信念を曲げない
  • 信念に基づく
  • 強い信念
  • 信念の人

というような使い方をします。 「信念の人」とは「信念を強く持っている人、周りに流されずに信念を持って物事を行う人」を意味します。 「信念のない人」ならば「周囲の人の意見に流されやすい人、考えや行動がぶれる人」を指します。 「信念」の類語には、「強い意思」「熱い思い」「決意」「決心」「確信」などがあります。

例文

  • 彼女は、何事にも一生懸命取り組むという信念を持っている。
  • 信念を曲げずに物事を実行したら、周りの人が協力してくれるようになった。
  • 強い信念を持っていなければ、ここまで頑張ることはできなかった。

「モットー」の意味と使い方

「モットー」の意味は「日常生活を送る上で、そのようにしようと心がけている事柄」です。 「座右の銘」「スローガン」などと近い意味を持ちます。 普段の生活の中で、ある物事を行う際に目指すべき方向や方針を表します。 「モットーは◯◯です」「◯◯をモットーにする」などと用います。 例えば、「いつでも明るく元気が私のモットーだ」と言うことができます。 「モットー」は個人だけではなく、団体や企業なども標榜することができます。

  • 私のモットー
  • 会社のモットー
  • 人生のモットー
  • 仕事のモットー
  • 日々のモットー
  • 人間関係のモットー

というような使い方をします。 「モットー」の類語には、「人生訓」「指針」「ポリシー」「キャッチワード」「旗印」などがあります。 企業や集団が標榜する「モットー」の類語には、「スローガン」「クレド」「企業理念」「ビジョン」「ミッション」なども含まれます。

例文

  • 私のモットーは常に努力を怠らないことで、何事も全力で頑張ります。
  • 我が社のモットーは「お客様第一、安く提供する、喜びを与える」です。
  • 仕事のモットーは、相手をしっかりと思って行動をすることです。

「モットー」の語源と意味は?面接などで使える例文を紹介!類語、英語表現も

WURK

こちらの記事もチェック

「刷新・一新・更新・革新・改新・改善」の意味の違いと使い方

WURK

「伏線」と「布石」の意味の違いと使い分け

WURK

「至言」「名言」「金言」「語録」の意味の違いと使い分け

WURK

「自重」「自粛」「自制」の意味の違いと使い分け

WURK

「趣旨」「主旨」「要旨」「目的」「概要」の意味の違いと使い分け

WURK

「施行」の読み方は3つある!それぞれの意味と使い方を解説

WURK

「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」の違いと対義語「受動的」の使い方

WURK

「希望に沿う / 添う / 副う」 の意味と使い方、敬語、類語、正しい漢字は?

WURK

「失礼」と「無礼」と「非礼」の意味の違いと使い分け、程度が悪い順に並べると?

WURK

「お申し出」「申す」「申し出る」の意味と使い方!すべて正しい敬語か?

WURK

「留意点」と「注意点」の意味の違いと使い分け

WURK

「折衝」と「交渉」と「渉外」の意味の違いと使い分け

WURK

「参る」と「伺う」の意味の違いと使い分けは?「行く」の敬語を徹底検証

WURK

「腋」と「脇」の正しい意味とそれらの違いと使い分けとは?

WURK

「斟酌」と「忖度」の意味と使い方の違いとは?

WURK

「招聘」「招請」「招待」の意味の違いと使い分けを徹底解説します!!

WURK

「ご苦労様です」と「お疲れ様です」の違い!正しい意味と使い方とは?

WURK

「お世話になります」と「お世話様になっております」の違いと使い分け

WURK

「粛清」と「粛正」の意味の違いと使い分け

WURK

「注意」と「留意」の意味の違いと使い分け

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「信条」「信念」「モットー」の意味の違いと使い分け