1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「資質」と「能力」の意味の違いと使い分けとは?
「資質」と「能力」の意味の違いと使い分けとは?

「資質」と「能力」の意味の違いと使い分けとは?

「資質」という言葉をご存知でしょうか。「画家としての資質がある」「資質に恵まれている」などと使います。日常会話でも時々使われているため、なんとなく聞き覚えがあると思います。では、「資質」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。「資質」は似た言葉である「能力」と非常に間違えられやすいです。「資質」と「能力」は同じような感じがしますが、意味は異なります。適切に使うためには、違いについてきちんと知る必要があります。そこで今回は「資質」と「能力」の使い分けについて解説していきます。正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「資質」と「能力」の違い

▶︎「資質」・・・その人が生まれつき備えている、物事を巧みにこなす性質や才能のこと ▶︎「能力」・・・環境や教育などによって、その人の中に形成される物事を成し遂げる性質のこと

「資質」は「先天的な性質」、「能力」は「後天的な性質」と覚えておきましょう!

「資質」の意味と使い方

「資質」は<ししつ>と読みます。 「資」は音読みで「シ」、訓読みで「もと・たち・たすける」と読みます。 「資」は「もちまえ。たち」を意味します。 「質」は音読みで「シツ・シチ・チ」、訓読みで「たち・ただす」と読みます。 「質」は「生まれつき。たち」を意味します。 「資質」の意味は「生まれつき持っている性質や才能。天性」です。 その人が生まれつき備えている能力や性質・物事を巧みにこなすことができる生まれ持った性質を表します。 他にも、その職業に適合する性質という意味も含まれます。 「資質に恵まれている」「スポーツ選手としての資質がある」などと言います。 例えば、「プロレスラーとしての資質がある」といった場合は「プロレスラーとしての天性の性質を持っている」ということを表します。

例文 ・彼は芸能人としての資質に恵まれているから、どこかの事務所に入った方が良い。 ・師匠は表現力やボキャブラリーがとても豊かで、作家としての資質がある。 ・彼はセンスも体力もあるので、スポーツ選手としての資質に恵まれている。 ・彼女は優秀な両親の資質を受け継いでいて、今年から医学部に通うことになった。 ・優秀な資質を持ち合わせているため、ゆくゆくは研究家や学者になるだろう。 ・あの人は常に自分の考えが正しいと思い、人の意見を受け入れないのでリーダーとしての資質がない。 ・体は弱いし、体力がないし、そもそもボクサーとしての資質がない。 ・周りからも信頼されている上に、人を引っ張る力がある彼は指導者としての資質が全て備わっている。

「能力」の意味と使い方

「能力」は<のうりょく>と読みます。 「能」は音読みで「ノウ」、訓読みで「あたう・よく・よくする」と読みます。 「能」は「物事をなしうるだけの力がある。できる」を意味します。 「力」は音読みで「リョク・リキ」、訓読みで「ちから」と読みます。 「力」は「肉体的、精神的なちから」を意味します。 「能力」の意味は、 1.物事を成し遂げる力。はたらき 2.心身機能の基礎的な性能 3.ある物事について必要とされていて、適当とされる資格 です。  物事を成し遂げることのできる力・後天的に備わったはたらきを表します。 「能力」は生まれつき備わっている才能ではなく、教育や環境によって形成された性質を指します。 例えば、「能力を発揮する」「能力がある」「予知能力」「潜在能力」「超能力」などと使います。 2つめの意味では「知的能力・運動能力」、3つめの意味では「権利能力・責任能力」などと使います。 それぞれ、心理学用語と法律用語なので、普段はこちらの意味で使うことはほとんどありません。

例文 ・何か体を動かす仕事であったら、自身の能力を発揮することができるはずだ。 ・たくさんの練習を重ねることで、自分自身の能力を向上させる。 ・頭の回転が早い人というには、物事を具体的に説明できる能力を備えている。 ・彼は身体能力が優れているので、将来はサッカー選手か野球選手になるだろう。 ・あの人は能力が低いにも関わらず、自分はできる人間だと勘違いをしている。 ・最近テレビによく出ている自称超能力者は、見た目が怪しくてどうも胡散臭い。 ・予知能力を備えているということもあって、少し霊を感じやすい傾向がある。 ・彼女は潜在能力が高いということもあり、思い立ったらすぐに行動することができる。

「資質」「素養」「素質」「教養」

▶︎「資質(ししつ)」・・・生まれつき備わっている性質 ▶︎「素養(そよう)」・・・日頃からの練習や努力によって身につけた知識やたしなみ ▶︎「素質(そしつ)」・・・生まれつき持っている性質で、将来的にそれを発揮することが期待できる能力 ▶︎「教養(きょうよう)」・・・社会人として必要な、幅広い文化に関する知識や常識

「素養」は普段の練習や学習によって身につけた知識や教養、たしなみ・後天的に学んだ技能を表します。 「絵の素養」「茶道の素養」「漢文の素養」などと、芸事や勉学に関して使います。 「素質」は、持って生まれた性質・将来あるものになるのに必要な能力や性質を表します。 「教養」は、社会生活を営む上で必要となる広い文化的な知識・生活をしていく中で学ぶ品位を表します。 「教養を高める」「深い教養」「一般教養」「教養を積む」などと言います。

例文 ・彼女は音楽の素養があるから、立派なピアニストになれると思う。 ・平気で人の悪口ばっかり言っていると、素養がないと思われてしまうよ。 ・私は画家としての素質がゼロなので、その道は諦めようと思う。 ・天性の素質に恵まれているため、将来は優秀な大人になるだろう。 ・深い教養を身につけるには、ニュースを見たり本を読んだりするのが良い。 ・高い教養のある人になることで、自分を高められる。

Article 13 thumb

「素養」の意味と使い方、「素質・教養・資質」との違い、類語、英語

eigobu.jp

まとめ

「資質」と「能力」について理解できたでしょうか? 似ているようでいて、少々意味合いが異なります。違いを正しく知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「資質」と「能力」の意味の違いと使い分けとは?