1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「推敲」の正しい読み方と意味、使い方とは?「校正」との違いは?
「推敲」の正しい読み方と意味、使い方とは?「校正」との違いは?

「推敲」の正しい読み方と意味、使い方とは?「校正」との違いは?

「推敲」という言葉を知っていますか?「推敲」は故事が由来になっています。今回は「推敲」の正しい意味と使い方、類語や英語表現を例文付きで解説します!また、「校正」との違いも解説します!

「推敲」の読み方と意味

「推敲」は<すいこう>と読みます。 意味は「文章を作るとき、最適の字句や表現を求めて考え練り上げること」となります。 元々は、「詩文」に使われていた言葉でした。 「推敲」とは一度書き上げた文章を読み直して、字句や表現をさらにより良くするために直していく作業のことです。

「推敲」の由来

「推敲」は故事成語です。 「唐詩紀事(とうしきじ)」によると、唐(とう)の国の詩人賈島(かとう)が、自分自身の作品の「僧は推す月下の門」の「推す(おす)」を「敲く(たたく)」にしようかと迷っていました。 ロバに乗り悩みふけていると、有名な詩人韓愈(かんゆ)の行列に突き当たってしまいました。 突き当たった理由を聞かれた時に賈島は相手が韓愈であると気付き、「推すと敲くどちらがいいか」と質問すると、韓愈は「敲くにしたほうが良い」と助言しました。 このことから、詩文を考え練り直すことを「推敲」と言うようになりました。

「推敲」の使い方

「推敲」は文章を直すことに使う言葉ですが、主に「言葉回しや表現」をより良くするといった意味で使います。 誤字脱字などを訂正する「校正」とは使い方が異なります。 「推敲」は、より良い文章になっているか、しっかりと言いたいことが伝わる文章や構成になっているか、そして優れた表現になっているのか、という点を主に直す作業です。 由来が「詩文」であることを考えるとわかりやすいかと思います。 文脈では、そのまま「推敲」と使うか、動詞の「する」と組み合わせ「推敲する」といった使い方をします。 文章としての使い方は例文を参考にしてみてください!

「推敲」の例文

・「推敲に推敲を重ね、ついに卒業論文が完成した」 ・「取引先に出すメールならばもっと推敲する必要がある」 ・「推敲に悩んだときは、一度時間を置くと良い」 ・「来週使う予定の資料はまだ推敲の余地がある」 ・「推敲したとは思えない出来だった」 ・「推敲を加えていくうちに、構成が変わりより良いものになった」

「推敲」と「校正」の違い

「推敲」は先ほども説明したとおり、最適な表現をするために文章や構成を考えて練り直すことです。 それに対して、「校正」は文章の誤字脱字や誤植を見つけて修正していくことです。 語句や文章の表現など、内容の変更は行わうず単に間違いを見つけ正していく作業です。 そして「校正」は主に印刷物に使われる言葉です。 出版にあたり、印刷い先立ち仮刷りをし、原稿の内容と照合し誤植や不備を正す作業です。 印刷物における作業段階としては「文章の作成」を行ったあとに、「推敲」をします。 推敲に推敲を重ねて出来上がった文章の「校正」をして進めていきます。 また、「推敲」は作家や小説家本人が行う作業に対し、「校正」は編集者や校閲の人が行う作業です。

「推敲」の類語

○添削(てんさく) (意味:他人の文章や答案などを書き加えたり削ったりする作業のこと) …主に、他人が作成した正しいかどうかや不備がないかを確かめ改め直す作業です。 ・「先生が生徒の作文の添削をする」 ○校閲(こうえつ) (意味:文書・原稿などの誤りや不備な点を調べること) ○修正 (意味:文章や意見、計画や企画などの足りないところや誤り、不十分と思われる点を直すこと) …文章以外にも使われる言葉です。 ○改定 (意味:今までの決まっていたことを改めて決め直すこと) ○加筆 (意味:文章や絵に筆を加えて修正したり追加をすること) ○訂正 (意味:誤りを正しく直すこと、言葉や文章の誤りを正して改めること) ○精査 (意味:詳しく調べること、精密な調査) ○リライト (意味:文章に手を入れて書き直すこと、特に執筆者以外の人が書き直すこと)

「推敲」と「校正」の英語表現

「推敲する」を意味する単語は、 ・rewrite(もう一度書く) ・polish the wording(文章を磨き上げる) ・improve the wording(文章を向上させる) などです。 「校正」は、 ・proofread という単語を使います。

The author rewrote her first novel over and over again.

その作家は処女作で推敲に推敲を重ねた。

You should proofread your papers at least three times.

自分の論文は最低3回は校正しなさい。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

就職先で英語が必要な方や海外への転職を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「推敲」について理解できたでしょうか? ✔「すいこう」と読む、故事成語である ✔文章を作るとき、自分自身で表現や構成をより良くするために考え練り直すこと ✔主に「推敲する」と使う 小説家や歌人がよく使う言葉ですが、論文や資料などにも使うことがあります。 社会人としてしっかりと覚えておきたい言葉のひとつです!

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

Article 4 thumb

「一両日中」はいつまで?意味と使い方!「近日中」との違い

eigobu.jp
Article 13 thumb

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp
Article 17 thumb

「同上」の意味と履歴書における正しい使い方!記号や類語も紹介

eigobu.jp
Article 16 thumb

「承りました」の意味と使い方は?類語との違い、英語表現も紹介

eigobu.jp
Article 4 thumb

「謹んで」の意味と使い方、類語「慎んで」との違い、英語

eigobu.jp
Article 12 thumb

敬語「お待ちしております」の意味、ビジネスメールなど例文、英語表現を紹介

eigobu.jp
Article 3 thumb

「お疲れ様です」は目上の人や社外でNG?正しい意味、使い方、類語を紹介

eigobu.jp
Article 11 thumb

「お気遣い」と「お心遣い」の違い!意味、使い方、英語、類語「ご配慮」など

eigobu.jp
Article 7 thumb

「重ね重ね」の意味、ビジネスでお礼・お詫び・お願いする時の使い方と例文

eigobu.jp
Article 7 thumb

「不手際」の意味とビジネスでの正しい使い方!類語、英語も紹介

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「推敲」の正しい読み方と意味、使い方とは?「校正」との違いは?