1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「やはり」の意味と使い方、語源、類語、「やっぱり・やっぱ」との違いとは?
「やはり」の意味と使い方、語源、類語、「やっぱり・やっぱ」との違いとは?

「やはり」の意味と使い方、語源、類語、「やっぱり・やっぱ」との違いとは?

「やはり」という言葉をご存知でしょうか。「やはり失敗したか」「やはり同じ場所で働いていた」などと使います。「やはり」は日常会話で使うことが多いです。頻繁に使う言葉であるため、普段は何にも意識しないで使用しているかもしれません。では、「やはり」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。「やはり」は目上の人に対して使うことができるのでしょうか。他にも、「やっぱり」「やっぱ」がありますが、何か違いはあるのでしょうか。色々疑問に思う点が多いです。そこで今回は「やはり」の意味や使い方、漢字、類語について解説していきます。「やはり」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう!

「やはり」の意味

「やはり」には2つの意味があります。 「やはり」の意味は、 1.もとのまま。前と、または他と同様に。(動かさないで)そのまま。依然として 2.思った通りに。案の定。いろいろ考えてみても結局は。つまるところ です。 1つ目は「元のまま。そのまま」と、 以前と同じ状況であるさま・事態が変わらずに続いているさまを表します。 2つ目は「案の定。思った通り」と、前もってした予想と同様であるさま・様々考えても、結局初めに予測した結論に落ち着くさまを表します。 このように、「やはり」は前の状態や予想の通り、現在が過去と変わらずに続いていることを表す語です。 「やはり」には「動かないでじっとしているさま」という意味もありますが、こちらの意味ではほとんど使いません。

「やはり」の漢字と語源

「やはり」は漢字だと「矢張り」と書きます。 「やはり」は「やはら」という古語が由来となっていると言われています。 「やはらか(和か)」という形で、「そのままじっとしておく」という意味でした。そこから、転じて「変わらない様子。変化がないさま」、今現在使われている「予想した通り。結局は」という意味を持つようになりました。 「矢張り」はただの当て字であるとされていますが、中には「矢張り」は「弓を張り、矢を放つことを待っている構え」からできたという説もあります。ちょうど矢を放そうとした時に、「狙い通り」敵が現れたことから「やはり」といったそうです。 ただ、「矢張り」と漢字で表記するよりも、「やはり」とひらがなで表記するのが一般的です。

「やはり」の使い方と例文

「以前と比べて違いがないさま」という意味では、「私もやはり困っている」「やはり彼女の作る料理は美味しい」などと使います。 「予想していた通りになるさま・色々と考えても結局は同じになるさま」という意味では、「彼女はやはり来なかった」「色々と考えては見たものの、やはり参加するのはやめることにする」などと使います。 このように、ある物事に関して『◯◯だろう』と予想していて、実際その通りであるという場合に「やはり」を用います。 「やはり成功した」「やはり上手くいった」などと「やはり+プラス表現」はポジティブな印象となりますが、「やはり失敗した」「やはり負けた」などと「やはり+マイナス表現」はネガティブな印象を与えます。 プラスな表現は特に問題ありませんが、マイナス表現だと、文章が全体的に暗い印象となってしまうので注意しましょう。

例文 1の「元のまま。そのまま」という意味 ・両親に似て、彼もやはり整った顔をしている。 ・君は今でもやはりあのレストランに通っているかね。 ・もう辞めているかと思ったが、母は地元でやはり美容師をしていた。 ・どこかに引っ越しているのかと思ったが、彼女はやはり千葉に住んでいた。 ・誰に何を言われようとも、私はやはり行くつもりである。 2の「案の定。思った通りに」という意味 ・そんなことするはずはないと信じていたが、やはり彼が犯人であった。 ・このメンバーだと弱いなと思っていが、やはり完敗してしまった。 ・いくら難しい問題が解けるといっても、やはり子供は子供である。 ・新しく建設する家は家族で話し合った結果、やはり洋風が良いだろう。 ・大雨が降っているということもあって、やはり今日はいくらか涼しい。

「やはり」と「やっぱり」と「やっぱ」の違い

「やっぱり」は「やはり」の砕けた表現です。 友人や親しい間柄の相手には『やっぱりそうだよね〜』『えーやっぱり!』などと使います。 「やっぱり」と小さな「っ」が入ることによって、意味を強めることができます。確かに、「やはり!」と言うよりも「やっぱり!」と言った方がなんとなく強調している感じがでますよね。 「やっぱ」ももっと砕けた表現になります。『やっぱし!』『やっぱ!?』などと言います。 「やっぱり」「やっぱ」は「やはり」と違って、他の意味で使われていることがあります。 『やっぱり私も行く!』『やっぱ天丼にする』などは「気や思いが変わって、行動をチェンジする」という意味で使われていますが、本来「やはり」にはこのような意味は含まれません。

「やはり」の敬語表現

「やはり」は副詞ですので、敬語活用することはできません。 しかし「やはり」は正しい日本語であり、砕けた表現ではありませんので、敬語の文章の中で目上の人に対して使用しても失礼になりません。 ビジネスメールにおいて用いることが多いです。 例えば、「新しい企画案につきましては、やはりもう少し時間がかかる予定です」などと使います。 「かかります」「かかる予定です」などと、「やはり」の前後はしっかりと敬語にするように気をつけましょう。 上記で説明した通り、「やっぱり」「やっぱ」は目上の人に使う表現として不適切です。 『やっぱり〜』『やっぱ〜』などと言ってしまうと、相手にマイナスな印象を与えてしまうので注意してください。

例文 ・やはり今回の件に関しては、誠に申し訳ないのですが、お断りさせてください。 ・◯◯の件についてお願いしていましたが、やはりこちらの事情で不必要となりました。 ・誠に勝手ではございますが、△△についてはやはり辞退いたします。大変申し訳ございません。

「やはり」の類語

「もとのまま。同様に」という意味の類語

そのまま (意味:状態に変化のないこと。あるがまま) 「君はお父さんにそっくりそのままだね」 依然として (意味:元のままであるさま。前の通りであるさま) 「その症状は依然として治らない」 同様に (意味:同じさまであること) 「母同様に親しんだ人」 元のまま (意味:はじめと同じであるさま) 「ここら辺は元のまま変わっていない」 変わらない (意味:物事の性質や中身が前と相違していないこと) 「彼女は昔と変わらない」 あるがまま (意味:実際にある、その状態のまま) 「あるがまま生きていく」 以前のまま (意味:むかしと同じままであるさま) 「以前のままで同じ風景が広がる」 現状通り (意味:現在の状態のまま。現況のまま) 「現状通り、やることは変わらない」

「案の定。思った通りに」という意味の類語

案の定 (意味:思った通り。予期した通り) 「案の定雨が降ってくる」 果然 (意味:予想通りであること。案の通り) 「果然、成功すると思っていた」 果たして (意味:思っていたように。案の通りに) 「果たして、失敗した」 結局 (意味:挙げ句の果てに。とどのつまり) 「結局了承してしまった」 とどのつまり (意味:途中に色々あったが、つまるところ) 「とどのつまり、忘れていたということだね」 思い通り (意味:思った通り。思うまま) 「思い通りに生きる」 にらんだ通り (意味:見当をつけたまま。見込みをつけたまま) 「にらんだ通り、あの人が怪しい」 読み通り (意味:思っていた通り) 「読み通り、彼は正しかった」 さてこそ (意味:やはり。思っていた通り) 「さてこそ、今日は晴れた」 なんてたって (意味:何と言っても) 「なんてたって、君には構わないよ」

「やはり」と同様に気をつけたい表現

「やはり」を砕けた表現「やっぱり」や「やっぱ」を使う際は注意するべきである、と上記で説明しました。 他にも「やはり」と同様に、気をつけなければいけない表現があるので紹介します。

×「マジっすか?」==> ◯「本当ですか?」 何か話を聞いた時に、「それは本当の話ですか?」という意味で「マジっすか」と使う人がいますが目上の人にはNGです。 「マジ」は「本当。本気」を意味する俗語です。「っすか」は「ですか」を省略した言い方になります。 驚きの度合いを表現する言葉として用いられていますが、非常に失礼です。 ×「ぶっちゃけ」==> ◯「正直言うと...」 「ぶっちゃける」とは「知っていることを隠すことなく語ること」です。ものすごく砕けた言い方になるので、目上の人に使うと失礼にあたります。 言い換えるには「正直言うと...」もしくは「はっきり言うと」とするのが良いでしょう。 ×「〜ってゆうか」==> ◯「〜と言うか」 「Aってゆうか、Bじゃないですか」などと使われていることが多いです。 正しくは「〜と言うよりも」「〜と言うか」となります。「言う」を「ゆう」と言うことが増えいますが間違いなので注意しましょう。 ×「〜っす」==> ◯「〜です」 語尾を「本当っす」「了解っす」「そうなんっすよ」などと「〜っす」としている人が多いですが、これは非常に失礼です。 友人相手なら問題ありませんが、目上の人にははっきりと「本当です」「了解です」などと「〜です」と言いましょう。

「やはり」の英語

「as I expected」「as I thought」など

「やはり」の英語表現を見てみましょう。 ・「やぱり思った通り」:as I expected / as I thought ・「やぱりやっとけばいいや」:I should have done ・「やぱりこれにしよう」:actually / so ・「なんだか言ってもやはり」:after all / in the end ・「今でもやはり」:still など色々な表現があります。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「やはり」について理解できたでしょうか? ✔︎「やはり」は 「以前と同じ状況であるさま。前もってした予想と同様であるさま」を意味 ✔︎ 漢字だと「矢張り」と書くが、基本的に「やはり」とひらがな表記で使う ✔︎「やっぱり」や「やっぱ」は「やはり」の砕けた表現なので、ビジネスシーンでは使わない ✔︎「やはり」の類語には、「そのまま」「依然として」「案の定」「とどのつまり」などがある

おすすめの記事

「碩学」とは?意味と使い方を解説!「博学」「顕学」との違いとは??

eigobu.jp

ビジネスでの「せっかく」の意味と使い方!「わざわざ」との違い

eigobu.jp

「伺わせていただきます」は目上の人に使える正しい敬語?二重敬語?

eigobu.jp

「懸念」の意味とビジネスでの使い方!危惧・心配・懸案 との違いは?

eigobu.jp

「ご入用」の読み方、意味、使い方、類語など徹底解説します!!

eigobu.jp

敬語「ご笑納」の意味とビジネスでの使い方、類語、返事の仕方とは?

eigobu.jp

「忸怩たる思い」の正しい意味と使い方!語源と例文付きで詳しく解説

eigobu.jp

間違いが多い「是非」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語表現

eigobu.jp

「精査」の意味とビジネスでの使い方!検査・検討・照査・査収との違い

eigobu.jp

「頂戴する」は正しい敬語か?「頂戴」の意味と使い方、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「貼付」の読み方と意味、使い方、「添付・貼布」の違い

eigobu.jp

「取捨選択」の意味と使い方、類語、「二者択一」との違い

eigobu.jp

「郵便局に投函する」は誤用?「投函」の正しい意味と使い方、読み方について解説

eigobu.jp

「馬耳東風」の意味と使い方、類語、「馬の耳に念仏」との違い

eigobu.jp

「生業(なりわい)」の意味と使い方、「業・仕事」の違い

eigobu.jp

「頓挫」の意味と使い方、読み方、類語「挫折」の違い、英語

eigobu.jp

「対峙」の意味と使い方、類語「対立・対面」との違い

eigobu.jp

「猛省」の意味とビジネスでの使い方、読み方、例文、類語、英語

eigobu.jp

「提示」の意味と使い方、類語「呈示・ 掲示・提出・提案・明示」との違い

eigobu.jp

「啓発・自己啓発」の意味と使い方、「啓蒙」との違い

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「やはり」の意味と使い方、語源、類語、「やっぱり・やっぱ」との違いとは?