1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご時世」の意味と使い方、類語、「ご時勢」との違い
「ご時世」の意味と使い方、類語、「ご時勢」との違い

「ご時世」の意味と使い方、類語、「ご時勢」との違い

「ご時世」という言葉をご存知でしょうか。「このご時世に」「世知辛いご時世に」といったように使います。では、「ご時世」とはどのような意味なのでしょうか。日常会話でよく使われている表現なので、普段から使っているという方が多いかもしれません。テレビなどでも多く使われていますよね。ただ、詳しい意味はわからない、どのように使うか知らないという方もいると思います。正しく使うには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。そこで今回は「ご時世」の意味や使い方、「ご時勢」との違いについて解説していきます。適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「ご時世」の読み方と意味

「ご時世」の読み方は「ごじせい」

「ご時世」は<ごじせい>と読みます。 「時世」は「ときよ」とも読みますが、「ご時世」とした場合は「ごじせい」と読むのが自然です。

「ご時世」の意味は「世の中」「時代」

「時世」の意味とは、「時が経つにつれて変化する世の中」つまり「時代」です。 時の流れによって移り変わる世の中、そのときそのときの人々が生活をしていくこの世を表します。 「ご時世」は、「時代」を意味する「時世」に、丁寧語の接頭語「ご」が付いた表現になります。 名詞の頭につく「お」「ご」は尊敬語の場合と丁寧語の場合があります。 目上の人に対して使う言葉の場合は尊敬語になります。例えば、「お客様」「ご意見」などの「お」「ご」は尊敬語にあたります。 一方で、「お天気」「お鍋」などの「お」は丁寧語になります。 ちなみに「お」は和語に付き、「ご」は漢語に付きます。

「ご時世」の漢字

「ご時勢」は「御時世」と書くこともあります。 「時」は音読みで「ジ」、訓読みで「とき」と読みます。 「時」は「月日の変わりよう」を意味します。 「世」は音読みで「セイ・セ」、訓読みで「よ」と読みます。 「世」は「この世」を意味します。

「ご時世」は、ネガティブな意味合いで使うことが多い

「ご時世」単体では「世の中」「時代」という意味ですので、 「このご時世」「今のご時世」という形で使うことで、 「当今の時代」「現在の世の中」「現代」という意味になります。 例えば、「このご時世、CDなんて売れるわけがない」などと使います。 他にも「ご時世」は「世知辛いご時世」「いやなご時世」「くらいご時世」などの言い回しで使います。 これらは、「世知辛いご時世」とは「暮らしにくい世の中」「生きづらい社会」という意味で、世界や国全体の景気や政治、あり方そのものを批判するときに使う表現になります。 これらのように「ご時世」は、暗くて重々しいマイナスなイメージを伴って使うことが多いです。 「ありがたいご時世だ」といったように、ポジティブな意味合いで用いることもありますが、稀です。

「ご時世」の例文

「ご時世」を使った例文を紹介します。

・今のご時世、離婚する夫婦は多いからそんなに恥ずかしがる必要はない。 ・CDが売れないと言われているこのご時世に、ミリオンを突破するなんて本当にすごいね。 ・このご時世、結婚しない人が増えているから、独身だからといって焦ることはないよ。 ・誰かの悪口を言っていると、こういうご時世だからすぐに本人に伝わってしまうよ。 ・四年制大学を卒業しても半分の学生は就職できないなんて世知辛いご時世だ。 ・まだ現金のみで取引をしている問屋は、このご時世に合っていない。 ・自分が好きなことを仕事にすることができるなんて、ありがたいご時世だ。

「ご時世」と「ご時勢」との違い

「ご時勢」は<ごじせい>と読みます。 「ご時勢」の意味は「時代が変化する勢い」「世の中の動き」です。 「ご時世」と同様に「ご時勢」は、変化する世の中を意味する「時勢」+丁寧の意を表す「ご」を付けた表現となります。 「ご時勢に後れる」「ご時勢に逆らう」「ご時勢に応じる」といったように使います。 「ご時世」は「時代」、「ご時勢」は「時代の流れ」を意味します。 変化する世の中を表す場合は「ご時世」、変化する世の中の傾向を表す場合は「ご時勢」を使います。物事が変わっていく様子、勢いがある様子を表したいときは「ご時勢」を使うのが適します。 また、それぞれ「時世」ではなくて「ご時世」、「ご時勢」ではなくて「時勢」と使うことが多いです。

例文 ・このご時勢だから、流行りのものや服装もどんどん変わっていくだろう。 ・ちょっとした暴力でも取り沙汰されるご時勢だから、体罰なんてご法度だよ。 ・このご時勢に、お給料をたくさんもらえるなんて、君は本当に優秀なんだね。

「ご時世」の類語・言い換え

世の中 (意味:人々が関わりあって生活していく世) 「世の中には色々な人がいる」 この世 (意味:今現在の世の中) 「生まれてきたからにはこの世を楽しむ」 この世界 (意味:人々が生活している場所) 「この世界には様々なものがある」 時代 (意味:今現在の世の中) 「時代はどんどん変わっていく」 年代 (意味:時の流れを経ている年月) 「年代を経た建物には趣がある」 社会 (意味:人々が生活を送っている世の中) 「社会に出るということは大変だ」 有り様 (意味:ある物事の状況) 「世の中の有り様はとても複雑である」 風潮(ふうちょう) (意味:時代の移り変わりによって変化する世の中) 「自分より劣っている人を見下す風潮がある」 世情(せじょう) (意味:社会の有り様) 「彼は世情に通じていて色々なことを知っている」 世間(せけん) (意味:人々が生活している世の中) 「世間で上手くやっていくことは難しい」

「ご時世」の英語

「このご時世」「今のご時世」の英語表現を見ていきましょう。 英語での「ご時世」は、文脈によって変える必要があります。 「ご時世」が「この情報社会の時代に」ならば「in this information age」や「in this digital world」になります。 「◯◯な時代に」という風に具体的に時代の状況を説明する場合は関係副詞「where」を使い、「in this world where...」と説明します。

I can't believe that you still don't have a smartphone in this digital world.

このご時世に(このデジタル時代に)まだスマホを持ってないなんて信じられない。

You should not say such a thing in this world where sexual harassment is considered a social issue.

このご時世に(セクハラが社会問題と思われているこの時代に)そのようなことを言うべきではない。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

正しいxxxxの使い方

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「ご時世」について理解できたでしょうか? ✔︎「ご時世」は「ごじせい」と読む ✔︎「ご時世」は「時が経つにつれて変化する世の中、その様子」を意味 ✔︎「このご時世」「今のご時世」「世知辛いご時世」といったように使う ✔︎「ご時世」の類語には、「この世」「世の中」「時代」「世間」などがある

こちらの記事もチェック

「適宜」の意味、使い方、例文、英語!類語「適時・随時・都度」との違いも

eigobu.jp

「益々」の意味、使い方と例文、「ますます」との使い分け、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「あしからず」の意味、使い方、類語、英語!ビジネスでは「ご了承ください」をつける

eigobu.jp

「幸いです」の意味、使い方、敬語表現や類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「所存」の意味と正しい使い方!類語「意向」「次第」「所在」との違い

eigobu.jp

敬語「ですので」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「させていただく」の意味、使い方、英語!漢字「させて頂く」は誤用

eigobu.jp

「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方、返し方、類語・言い換え、英語も

eigobu.jp

「鑑みる」意味・読み方・英語表現!「考慮する・踏まえる」との違いも

eigobu.jp

「兼ね合い」の意味とビジネスでの使い方!類語や英語表現も紹介します

eigobu.jp

「お伺いします」の意味、メールの使い方、類語、英語

eigobu.jp

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

eigobu.jp

「機微」の意味と使い方、類語、語源、「機密」との違い

eigobu.jp

「真摯」の意味、使い方、例文、類語、英語!「真摯に受け止める」とは

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご時世」の意味と使い方、類語、「ご時勢」との違い