1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご検討ください」の意味!ビジネスメール使えるフレーズ、類語、英語を徹底紹介!
「ご検討ください」の意味!ビジネスメール使えるフレーズ、類語、英語を徹底紹介!

「ご検討ください」の意味!ビジネスメール使えるフレーズ、類語、英語を徹底紹介!

「ご検討ください」という言葉は、相手に何かを検討してほしいといった時に使用する言葉で、ビジネスシーンでもよく使用される言葉ですよね。みなさんは、「ご検討」を正しく使用することができますか?今回は、「ご検討ください」の正しい意味を、ビジネスシーンで使えるフレーズとともにご紹介します。類義や、英語表現も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「ご検討ください」の読み方・意味

「ご検討ください」の読み方は「ごけんとうください」

「ご検討ください」は「ごけんとうください」と読みます。 「検」は音読みで「けん」と読みます。 「検」には「しらべる・あらためる」「とりしまる・ただす」という意味があります。 「討」は、音読みで「とう」訓読みで「うつ」と読みます。 「討」には、「うつ・せめうつ」「たずねる・しらべる」という意味があります。

「ご検討ください」の意味は「よく調べて考えてください」

「ご検討ください」の意味は、「よく調べて考えてください」です。 「ご検討ください」は、「検討」という言葉に、尊敬を表す接頭語の「ご」に「ください」という相手に要求する意をあらわす敬語をつけた言葉です。 「検討」には、「よく調べて考えること」という意味があります。 「物事を詳しく調べて、良いか悪いかを考える」ということを「検討する」といいます。 何かを提案され、すぐに答えがだせないというような場面で、「考えてみます」というニュアンスで「検討します」というように答えるのを耳にしたことがあるかと思いますが、「検討」と「考える」はニュアンスが少々異なります。 「検討」は、「考える」というよりは、「よく調べて吟味する」というようなニュアンスに近いです。 例えば、「対応策を検討する」だったら「よく調べて対応策が良いかどうか考える」という意味になります。 「考えます」というニュアンスで使用そても問題はありませんが、本来の意味もしっかりと頭に入れておくことが大切だと言えるでしょう。 先程から述べているように、「ご検討」は、「検討」を丁寧語にしたものなので目上の人やビジネスシーンで使用できる言葉なので、「ご検討ください」は、目上の人やビジネスシーンで、「検討してほしい」ということをお願いする場面で使用できる言葉です。

「ご検討ください」の使い方

「ご検討ください」は正しい敬語

「ご検討ください」は、「検討」という言葉に、尊敬を表す接頭語の「ご」をつけている丁寧な言葉なので、「ご検討ください」は正しい敬語です。 「ご検討ください」は、尊敬の接頭語がついている言葉で相手を立てている上に、「ください」という丁寧語が使用されているので、上司などビジネスシーンで使用しても間違いではない言葉となります。 しかし、「ご検討ください」は、実は命令形であり目上の人やビジネスシーンで使用するにはふさわしくないとする人もいます。 その理由次に後述します。

「ご検討ください」は命令形だが一般的に使われている

「ご検討」の言い回しとして一般的に使用されている「ご検討ください」は実は命令形です。 「ください」という言葉は、「くれ」の尊敬語で、相手に物や何かを請求する意を表す言葉です。 その為間違えている表現ではありませんが、「〜してください」と言われると、ぶっきらぼうに感じたり、失礼だなと感じる人もいる為、お願いするときはより丁寧な表現でお願いすることが望ましいといえるでしょう。 「ご検討ください」という言い回しは、ビジネスで使用することもできますが、「ご検討のほどお願いいたします」などもっと丁寧な敬語のフレーズを使用するように心がけましょう。 ビジネスで使えるフレーズを後述しますので参考にしてください。

「ご検討くださいませ」は柔らかい印象

「ご検討ください」という言い回しを使用するならば、「ご検討くださいませ」という言い回しのほうが丁寧で良いです。 「ませ」は「丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」「丁寧な気持ちを込めて挨拶する意」を表します。 したがって、「くださいませ」は「丁寧な気持ちを込めて相手に何かを依頼・懇願すること」を意味します。 「ご検討くださいませ」は、「ご検討ください」より丁寧で、且つ型苦しすぎない柔らかい印象があるといえます。

男性も使える?「くださいませ」の意味と使い方、目上の人には失礼??

eigobu.jp

「ご検討ください」よりも丁寧なビジネスメールで使える言い回し・例文

依頼する時は「ご検討のほどよろしくお願いいたします」

ビジネスシーンで依頼する場面では、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」という言い回しを使用します。 「〜のほど」という言葉には、「〜してくれるよう」という意味があります。 つまり、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は「ご検討をしくれるようよろしくお願いします」という意味になります。 後ろについている「よろしくお願いいたします」は「願う」に尊敬を表す接頭語の「お」に丁寧語の「ます」をつけ、相手に敬意を示した言葉です。 「ご検討ください」では、上述したようにきつい言い方となってしまいますが、「〜のほど」を使用すると相手に強制することなく、全体的に丁寧で柔らかい印象になります。

例文 「何卒ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「お手数ですが、再度ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「先程お話しておりました商品のパンフレットを送付させていただきましたので、ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ、大変恐縮ですがご検討のほどよろしくお願いいたします」 「企画の内容に関する資料を添付させていただきましたので、ご検討お願いいたします」 「ご多用中とは存じますが、ぜひともご検討のほどよろしくお願いいたします」

さらに丁寧に依頼する時は「ご検討いただけますと幸いです」

さらに丁寧に依頼する時は「ご検討いただけますと幸いです」という言い回しを使用します。 「いただけます」は、「〜してもらえる」という意味の謙譲語になります。 さらに、「幸い」という言葉でさらに丁寧な表現をしているのが「ご検討いただけると幸いです」というような言い回しになります。 「幸いです」は、「〜してくれたら嬉しいです」という意味で使用されるお願いする場面で使用する言葉です。 つまり、「ご検討いただけますと幸いです」は、「ご検討してもらえると嬉しいです」という意味になります。

例文 「本日ご紹介させていただきました内容をかからたパンフレットを郵送させていただきましたので、ご検討いただけますと幸いです」 「大変恐縮ではございますが、何卒ご検討いただければ幸いです」 「ぜひとも前向きにご検討いただければ幸いです」 「○月○日ということでいかがでしょうか?ご検討いただきますと紹介」 「お忙しいを存じますが、ご検討いただければ幸いです」

検討してもらえるか確認する時は「ご検討いただけますでしょうか」

「ご検討」してもらえるか確認する時には、「ご検討いただけますでしょうか?」という言い回しを使用します。 「〜でしょうか?」は、「だろうか」という推量の丁寧語す。 つまり、「ご検討いただけますでしょうか」は、「検討してもらえますか?」という言葉を丁寧に表現した言い回しです。 「ご検討いただけますか?」という言い回しより、更に丁寧です。 しかし、型苦しすぎるという場合もありますので、直接会話をしているというような状況によっては「ご検討いただけますか?」と言い換えることも可能です。

例文 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご検討いただけますでしょうか」 「添付させていただきました資料にお目通しの上、ご検討いただけますでしょうか」 「恐れ入りますが次回の会合までにご検討いただけますでしょうか」 「資料をお渡しいたしますので、ご主人をご相談のうえ、再度ご検討いただけますでしょうか」 「使用する機会があれば、当社の製品をご検討いただけますでしょうか」

検討してもらったら「ご検討いただきありがとうございます」

相手に何かを検討してもらったら、「ご検討いただきありがとうございます」とお礼をいいます。 「〜いただき」は、「いただく」の謙譲語です。 「謙譲語」は、相手を敬って自分のしてもらったことをへりくっだった言い方をする表現です。 つまり、「検討してもらい〜」というのを相手に敬意を示した言い方をすると「検討していただく」となります。 「検討」というのは、よく調べて考えるという意味の言葉なので、検討をしてらうということは、相手に検討する時間をとってもらったということになります。 「お忙しい中ご検討いただきありがとうございます」というようなお礼を述べるととても丁寧で印象がいいでしょう。

例文 「この度は、お忙しい中ご検討いただきありがとうございます」 「数ある製品の中から当社の商品をご検討いただきありがとうございます」 「前向きにご検討いただきまして誠にありがとうございます」 「ご多用中にもかかわらずご検討いただきましてありがとうございます」

「ご検討ください」と言われた時の返事・返信の仕方

「ご検討ください」に対する返事は曖昧にしない

「ご検討ください」と言われた場合、「検討した結果どういう結論をだしたのか」をはっきりと相手に伝える必要があります。 もちろん良い返事ができれば好ましいですが、検討した結果が必ずしも良いものであるとは限りません。 どのような結果であっても、相手にはきちんと返事をするのが礼儀であり曖昧にするのは失礼なことです。 相手側の要求を検討した際の、返信の仕方を簡単に後述するので参考にしてください。

要求を承諾する場合は「承ります」「ぜひ請け負わせていただきます」

「ご検討ください」と言われその要求を引き受ける場合は主に、「承ります」「請け負います」と返信します。 「わかりました」「かしこまりました」などでも、相手に承諾の意志は伝わりますが、ビジネスシーンでは相手に敬意を示すことを意識して、丁寧な返事を心がけるべきです。 従って、頼まれて引き受ける場合であっても「〜させていただきます」というような表現をして相手に伝えることが好ましいです。 かなり堅苦しいフレーズではありますので、状況や相手によって判断してください。

例文 「○○の件、検討させていただきました。喜んでお引き受けいたします」 「喜んで承らせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします」 「ぜひ私達で請け負わせていただければと思います、お役に立ててれば幸いです」 「今回の件、ぜひ請け負わせていただきます、精一杯取り組ませていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします」

「承る」「受け賜る」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「請け負う」と「受け合う」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

断る場合は理由を伝え、代替案がある場合は提示する

相手の要望を検討した結果、「断る」という結論を出した場合は、断る理由(人手不足や予算がない等)の理由をきちんと伝えましょう。 何で断るのか相手もなんで断られたのかというのは重要なことですし、理由をきちんと伝えないのは失礼です。 また、値段を下げたらできる、来月は無理だが再来月以降なら対応可能など代替え案があれば伝えるのがベストです。 その要求を断り代替案がない場合も、今後の会社付き合いのためにも「また次の機会があれば」などといった言葉もいれると断ってしまった場合でも印象がいいです。

例文 「ご検討させてもらった結果、大変申し訳ありませんが当店も人手不足である為ご希望には答えかねます」 「今年度はすでに今月の予算を超えておりますので、申し訳ありませんが今回はご辞退させていただきたいと思っております」 「ご検討させていただき、誠にありがとうございました、大変申し訳ありませんが今回の件は見送らせていただきたく存じます」

「ご検討ください」の類語

「ご一考ください」

「ご一考ください」は、「一考」という言葉に「お」をつけて丁寧な言葉にし、「ください」という相手に要求する意をあらわす敬語をつけた言葉です。 「ご一考」は、「ごいっこう」と読みます。 「ご一考」は「よく調べて一度考えてみること」を意味します。 したがって「ご一考ください」は、相手に「よく調べて一度考えてみてください」という意味で相手が「ご一考する」場合に使用することができます。

例文 「先日お話させていただいた件ですがぜひ、ご一考ください」 「お忙しいなか申し訳ございませんが、ご一考くださいますようお願いもうしあげます」 「ご一考していただいた上で、お返事くださいますようお願い申し上げます」 「新商品のパンフレットを同封させていただきましたので、何卒ご一考いただけますようお願いいたします」

「ご考慮ください」

「ご考慮ください」は、「ごこうりょください」と読みます。 「ご考慮ください」は、「考慮」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけて、「ください」という相手に要求する意をあらわす敬語をつけた言葉です。 「考慮」の意味は「考えをめぐらすこと。よく考え合わせること」です。 物事を色々な要素を含めて考えること・判断や行動の前に色々な要素を考え合わせることを表し、単に”考える”ということではなく、「様々なことに考えを巡らせる」というニュアンスになります。 「ご考慮ください」は、相手に「考慮すること」をお願いしてしいる言い回しです。

例文 「勝手なお願いで誠に恐縮ではございますが、ご考慮いただければ幸いです」 「大変壊れやすい作品となっておりますので、お子様のお手に触れぬようご考慮ください」 「希望どおりにならない可能性があることをご考慮ください」

「ご検討ください」の英語は「Please consider...」

「ご検討ください」は英語で「Please consider...」となります。 ・Please think on it. ・Please take a think about it. などと言うともっとカジュアルな響きになります。

Please consider our proposal.

我々の提案をご検討ください。

まとめ

「ご検討ください」という言葉について理解していただけましたでしょうか? ✓「ご検討ください」は、「ごけんどうください」と読む ✓「ご検討ください」の意味は「よく調べて考えてください」 ✓依頼する時は「ご検討のほどよろしくお願いいたします」というように使う ✓「ご検討ください」の類語は「ご一考ください」「ご考慮ください」 など

おすすめの記事

「お陰様で」の意味と使い方、例文、類語、敬語、英語

eigobu.jp

「ひとかたならぬ」の意味と使い方、漢字、類語、年賀状、英語

eigobu.jp

「順次」の意味と使い方を例文つきで解説!類語「逐次・随時」との違いや英語も紹介

eigobu.jp

「ご確認」の意味と使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「適宜」と「適時」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご報告」の意味と使い方!「報告メール」の例文、「ご連絡」との違いも紹介

eigobu.jp

「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「どうぞよろしくお願いします」の意味は?返信の仕方や例文も紹介

eigobu.jp

「どうぞ」と「何卒」の意味の違いとは?使い分け、例文、類語も紹介

eigobu.jp

「ご多忙」の意味とビジネスメールの使い方、「ご多用」との違い、類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ご多忙」と「ご多用」の意味の違いと使い分けを例文付きで解説!

eigobu.jp

「感謝申し上げます」の意味は?手紙・ビジネスメールなどの例文、英語も紹介

eigobu.jp

「よろしければ」は正しい敬語?意味、漢字、類語、英語表現などを解説

eigobu.jp

「よろしかったでしょうか」は間違い!?理由とビジネスで使える正しい敬語を紹介!

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご検討ください」の意味!ビジネスメール使えるフレーズ、類語、英語を徹底紹介!