1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「愚問」の意味と使い方、敬語表現、類語、「愚問愚答」とは?
「愚問」の意味と使い方、敬語表現、類語、「愚問愚答」とは?

「愚問」の意味と使い方、敬語表現、類語、「愚問愚答」とは?

「愚問」という言葉をご存知でしょうか。「愚問を発する」「愚問を呈する」などと使います。「愚問」は日常会話で使うことが多い表現なので、見聞きしたことがある人もいるかもしれません。では、「愚問」とはどのような意味なのでしょうか。「愚」という字が含まれているので、あまり良いイメージはしませんよね。「愚問」は比較的よく使う言葉なので、しっかりと意味を知っておく必要があります。また、敬語表現や類語についても覚えておくと、より知識を深められます。そこで今回は「愚問」の意味や使い方、類語、敬語表現について解説していきます。「愚問」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう!

失礼?「愚問」の基本的な意味と使い方

「愚問」は<ぐもん>と読みます。 「愚」は音読みで「グ」、訓読みで「おろか」と読みます。 「愚」は「馬鹿馬鹿しいさま」を意味します。 「問」は音読みで「モン」、訓読みで「とう・とい・とん」と読みます。 「問」は「問いかけをすること」を意味します。 「愚問」の意味は「くだらない質問。馬鹿馬鹿しい問い。言うまでもない分かりきった問い」です。 馬鹿げている質問だったり、わざわざ聞かなくても知っていて当然の問いを表します。 例えば、『牛肉って何肉に分類されるの?』『スナック菓子って体に悪い?』などが「愚問」に当てはまります。 「愚問」は親しい間柄の人や目下の人には使えますが、目上の人に使ったら失礼なので注意しましょう。 言い回しとしては、 ・愚問だ ・愚問を発する ・愚問を呈する ・愚問を投げかける ・愚問を続けている などとなります。

敬語(謙譲表現)としての「愚問」

「愚問」は「自分の質問をへりくだった表現」としても用います。 「愚」は謙譲の意味を表す語なので、「愚問」とすることによってへりくだることができます。 相手にとって馬鹿げている質問や、大したなことないことを聞く場合に「愚問」を使います。 「愚問ですが〜」と言うことで、「馬鹿馬鹿しい質問で申し訳ありませんが」「重要ではない問いで申し訳ない」という気持ちを表せます。 「無価値な質問ですが〜」「ばかな質問ですが〜」などはストレートな表現で相手に失礼な印象を与えてしまう可能性があるので、代わりに「愚問」を使います。 言い回しとしては、 ・愚問ですが ・愚問で恐縮ですが ・愚問で恐れ入りますが ・愚問で申し訳ありませんが などとなります。

「愚問」の例文

「くだらない質問」という意味の「愚問」の例文

・彼女はいつも『もし私が浮気したらどうする?』という愚問を投げかけてくる。 ・彼の愚問に対してもしっかりと丁寧に答えたのに、逆ギレされてしまった。 ・『もし明日世界が終わるなら、何をして過ごす?』『君ね〜、それは愚問だよ』 ・愚問であるかどうかははっきりと判断はできないので、どんな質問でもきちんと回答しよう。 ・彼は愚問ばかり発するので、相手にするのが本当に面倒くさい。 ・愚問ばかり呈する人に対しては、必要でない限り無視しておくことが一番良い。 ・会見では記者の愚問についても、煩わしそうにするのではなくしっかりと答えるようにしよう。 ・彼は愚問には答えないと明言しているから、会う前にあらかじめ質問を準備しておこう。

謙譲表現の「愚問」の例文

・愚問ですが、本当にA案でよろしいのでしょうか。 ・愚問で恐縮ですが、今日の記事に書かれていたことは事実ですか。 ・愚問で申し訳ありませんが、費用はいくらか教えていただけますか。 ・愚問で大変申し訳ありませんが、おいくつですか。 ・愚問で恐縮ですが、これはどこで購入されたのですか。 ・愚問ですが、上司が私に怒っているらしいのですがなぜでしょうか。 ・愚問で恐れ入りますが、休みの日はどこに行かれたのですか。

「愚問」の類語

愚論(ぐろん) (意味:くだらない討論) 「愚論を繰り返していても仕方がない」 論外 (意味:論ずる必要がないこと) 「そんな案は論外だ」 くだらない (意味:話題にするだけの価値がないこと) 「くだらないことをしているのなら手伝え」 馬鹿げた (意味:馬鹿らしく思えること) 「馬鹿げた意見だ」 愚劣(ぐれつ) (意味:馬鹿らしく役に立たないこと) 「なんて愚劣な行動なんだ」 戯言(ざれごと) (意味:ふざけて発した言葉) 「彼は戯言ばかり言っている」 たわけた (意味:馬鹿らしく愚かなこと) 「彼女はたわけたことしか行っていない」 奇問 (意味:考えていなかっ変わった質問) 「奇問に戸惑ってしまう」 珍問 (意味:型破りな質問) 「珍問に何て答えれば良いか悩む」 笑止千万(しょうしせんばん) (意味:極めて馬鹿らしいこと) 「笑止千万な話に大笑いしてしまう」 荒唐無稽(こうとうむけい) (意味:根拠がなく、でたらめであること) 「その計画は荒唐無稽で、上手く進まないと思う」

「愚問」の対義語

面白い質問 (意味:愉快で興味をひく質問) 「君は本当に面白い質問をするね」 良い質問 (意味:優れている質問) 「良い質問には真面目に答える」 分かりやすい問い (意味:理解するのが容易な質問) 「分かりやすい問いなので、簡単に答えられる」 興味をそそられる (意味:関心が起こりやすいこと) 「興味をそそられる物事を求める」 面白味のある (意味:興味が向けられる) 「面白味のある作品だ」 心をひく (意味:ある物事に関心を持つこと) 「優しい人柄に心をひかれる」 注目度が高い (意味:関心が向けられる度合いが高いこと) 「その映画は注目度が高い」 興趣(きょうしゅ)が尽きない (意味:面白さがなくならないこと) 「興趣が尽きない話題だ」 心嬉しい (意味:喜ばしいこと) 「心嬉しい出来事が起こり、満足だ」

四字熟語「愚問愚答」

「愚問愚答」は<ぐもんぐとう>と読みます。 「愚問愚答」の意味は「くだらない質問と、馬鹿馬鹿しい回答」です。 「愚問」は「くだらない問い」、「愚答」は「くだらない答え」を表します。この二つを組み合わせることで、「馬鹿馬鹿しい問答」という意味になります。 非常につまらないやり取り、ばかばかしい取り交わしを表す場合に「愚問愚答」を用います。 言い回しとしては、 ・愚問愚答を続ける ・愚問愚答を繰り返す ・愚問愚答を行う などとなります。 「愚問賢答(ぐもんけんとう)」と言うこともありますが、これは「くだらない質問と、素晴らしい回答」を表します。

例文 ・愚問愚答と言えば、国会でのやり取りが当てはまる。 ・終わりが見えない愚問愚答の繰り返しに、飽き飽きとする。 ・愚問愚答を続けているだけで、討論は何も進展していない。 ・テレビ番組では、コメンテーターとアナウンサーが愚問愚答を繰り返しているだけだ。

「愚問」の英語

「愚問」は、 ・silly question ・stupid question ・foolish question などになります。 「silly」「stupid」「foolish」はどれも「バカ」の意味ですが、実はそれぞれ意味に違いがあります。 下記の記事で違いをまとめたので、ぜひ見てみてください。

Article 15 thumb

「バカ」を意味する「silly」「stupid」「foolish」の違い

eigobu.jp

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「愚問」について理解できたでしょうか? ✔︎「愚問」は「ぐもん」と読む ✔︎「愚問」は「くだらない質問。馬鹿馬鹿しい問い。言うまでもない分かりきった問い」を意味 ✔︎「愚問」は「自分の質問をへりくだった表現」として使うこともできる ✔︎「愚問」の類語には、「愚論」「論外」「戯言」「馬鹿げた」などがある

こちらの記事もチェック

Article 9 thumb

「お断りします」の意味と使い方!敬語の言い換えや類語、英語も!

eigobu.jp
Article 15 thumb

「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

eigobu.jp
Article 13 thumb

敬語「ご覧ください」の意味と使い方 - 類語や英語表現も紹介

eigobu.jp
Article 2 thumb

「お世話になっております」の意味、社内やメールでの使い方!英語も紹介

eigobu.jp
Article 22 thumb

「左様」「左様でございます」の意味と使い方!語源は然様?類語・英語も

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「愚問」の意味と使い方、敬語表現、類語、「愚問愚答」とは?