1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「検証」の意味と使い方、英語、類語「検討・実証・確認」との違い
「検証」の意味と使い方、英語、類語「検討・実証・確認」との違い

「検証」の意味と使い方、英語、類語「検討・実証・確認」との違い

「検証」という言葉をご存知でしょうか。「物事を検証する」「仮説を検証する」などといったように、様々な分野で使われています。では、「検証」という言葉について意味や使い方を正しく説明できるかと言われたら、少々難しいですよね。また、「検証」を辞書で引いたことがあるという人も少ないと思います。そこで今回は「検証」の意味や使い方、類語「検討・鑑定・捜索・例証」との違いについて解説していきます。「検証」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「検証」の意味と使い方

「検証」の意味は、 1.実際に調べて証明すること 2.証拠資料たる事物、場所の在否及び状態を裁判官や捜査機関が直接確かめる行為 3.ある仮説から論理的に導き出された結論を事実の観察や実験結果と照らして、仮説の真偽を確かめること となります。 「検」は「取り調べる」、「証」は「確かな根拠に基づいて事実を明らかにする」を表します。 二つを合わせると「確かな根拠に基づき、取り調べて明らかにする」という意味になります。 「検証」は1の「実際に物事に当たって調べ、仮説などを証明すること」という意味で使うことが多いです。 「それが本当かどうか」「本当にできるかどうか」ということを実際に行って証明することが「検証」です。目的もなく行う・気になったことを調べるなど、思いつきで試してみることは「検証」ではありません。 2の意味では、「現場検証」「実地検証」などと使います。 裁判官や警察などの捜査機関が、事件・事故現場を調査する際に用います。 このように、過去に起きた事故や事件の資料や証拠を収集してまとめ、一つ一つ事実であるかを確かめる場合も「検証」と言います。

例文 ・理論の正しさを検証する。 ・それぞれの仮説を徹底的に検証する。 ・実際にできるかどうかを検証していく。 ・今回の調査と検証で判明した問題点を説明する。 ・検証結果を報告する。 ・仮説を通して、効果的な手段を検証していく。 ・検証結果が曖昧なので、再検証を求める。 ・彼女のアリバイをもう一度検証する。 ・現場検証を行う。

「検証」の似ている言葉との使い分け

「検証」と「検討」の違い

「検討」の意味は「調べたずねること。詳しく調べ当否を考えること」です。 「検」は「取り調べる」、「討」は「問題点をくまなく探り調べる」を表します。 二つを合わせると、”様々な面から詳しく調べて、良いかどうかを判断する”というニュアンスになります。 「検証」は「実際に調べて仮説などを証明すること」、 「検討」は「物事を詳しく調べて考えること」を表します。 「検証」はすでに起こったことについて考えたり仮説が正しかったかどうかを確認する、「検討」はこれからのことを調べて考える、といったイメージになります。

例文 ・検討すべき事柄が山のようにたくさんある。 ・その事案は却下されたが、まだ検討の余地があるだろう。

「検証」と「検査」の違い

「検査」の意味は「(基準に照らして)適不適や異状・不正の有無などをしらべること」です。 「検」は「取り調べる」、「査」は「しらべる」を表します。 ある基準をもとに、異状の有無、適不適などを調べることとなります。 よく「適性検査」「血液検査」「尿検査」「水質検査」などと言いますよね。 「検証」は「実際に調べて仮説などを証明すること」、 「検査」は「あることを基準に、異状の有無・適不適を調べること」を表します。

例文 ・不審なものを持っていないか、所持品を検査する。 ・病気かどうか確認するために、血液検査を行う。

「検証」と「鑑定」の違い

「鑑定」の意味は「書画・骨董・刀剣・資料などの物の真偽、良否などを見定めること」です。 「鑑」は「良し悪しを見分ける。よく点検する」、「定」は「物事を決めて変えない。さだめる」を意味します。二つを合わせて「良し悪しを見定める。真偽を見分ける」となります。 某人気テレビ番組「なんでも鑑定団」の「鑑定」はこれに当てはまります。 番組のコンセプトは「様々な人が持っている”お宝”を、専門家が鑑定し、番組独自の見解に基づいて値段付けを行う」となっています。 「検証」は「実際に調べて仮説などを証明すること」、 「鑑定」は「専門家に調査を依頼して、物の真偽・良否などを見定めること」を表します。

例文 ・本当に自分が書いたものであるか確かめるため、筆跡鑑定を実施する。 ・飲んだ味わいによって、酒を鑑定することができる。

「検証」と「確認(妥当性確認)」の違い

「確認」の意味は、 ・確かにそうだと認めること。また、はっきりと確かめること ・特定の事実または法律関係の存否を行政庁が判断認定すること です。 「確」は 「はっきりしていて間違いがない」、「認」は「物事をそれと見極める」を表します。 はっきり認めること・また、そうであることをはっきり確かめることを「確認」と言います。 「検証」は「実際に調べて仮説などを証明すること」、 「確認」は「はっきりと認めること。確かめること」を表します。 システム管理学領域において、「検証」と同じ意味で使われる言葉に「妥当性確認」という言葉があります。 2つはどちらも”確認する”という行為を表していますが、異なる課題を扱います。 「検証」は成果物が明記された要件を適切に反映しているかどうかを確認することで、「妥当性確認」は成果物やサービスがその意図された用途を満たしているかどうかを確認することです。

例文 ・計画の進捗状況を確認する。 ・今後の作業予定を確認しておく。

「検証」と「実証」の違い

「実証」の意味は、 ・間違いがないこと。確かなこと。偽りのないこと ・(副詞的に)本当に。誠に です。 「実」は「空言でない。本当。本当の事柄」、「証」は「確かな根拠に基づいて事実を明らかにする」を表します。実際に存在する事実があって、その事実をもとに物事がどうか証明することになります。 「検証」は「実際に調べて仮説が事実であるか、証明すること」、 「実証」は「事実をもとに物事を証明すること」を表します。 「検証」は調査により事実を明らかにすることに対して、「実証」は事実によって証明することになります。

例文 ・彼の無実を実証する。 ・その理論は大変素晴らしいが、実証するのはなかなか難しい。

「検証」と「論証」の違い

「論証」の意味は「与えられた命題の真偽を確定するため、これを正当化する前提及び推理の筋道を提示すること」です。 「論」は「筋道を立てて述べる。事の理非を述べたてる」、「証」は「確かな根拠に基づいて事実を明らかにする」を表します。論理的に説明して証明することが「論証」です。 「検証」は「実際に調べて仮説などを証明すること」、 「論証」は「与えられた判断が真であるのを、妥当な論拠を挙げて推論すること」を表します。

例文 ・核兵器の危険性を論証する。 ・チャールズ・ダーウィンは進化の原理を論証した

「検証」と「例証」の違い

「例証」の意味は「例を引いて証明すること。また、証拠として挙げる例」です。 「例」は「説明のため引き合いに出す事柄」、「証」は「確かな根拠に基づいて事実を明らかにする」を表します。例を挙げて証明することが「例証」です。 例を示して、それが真実であるかを確かめる場合に「例証」を使うことができます。 「検証」は「実際に調べて仮説などを証明すること」、 「例証」は「例を挙げて証明すること」を表します。

例文 ・これは実生活を例証するには、適切な例である。 ・そのことが想像がつきやすようにするため、具体的に例証する。

「検証」と「捜索」の違い

「捜索」の意味は、 ・探し求めること。たずねさがすこと ・裁判官などが、証拠物件または犯人を発見するため、強制的に家宅・物件などについてさがし求めること となります。 「捜」は「すみずみまでさがし求める」、「索」は「手づるによって探し求める」を意味します。 「避難者を捜索する」「家宅捜索を行う」「捜索願を出す」などと言いますよね。 法律学上での「捜索」は、 ”裁判所・捜査機関が証拠物件や犯人を発見するために、強制的に人の身体・物件・住居などを調べること”を意味します。 「検証」は、”裁判官・捜査機関が直接、現場の状況や人や事物を観察して証拠を調べること”を意味します。 個別の証拠を収集する活動を「捜索」、犯罪の現場で事実や証拠を収集する活動が「検証」です。 また、「検証捜査」という言葉があります。ドラマ化されたこともある人気文庫の一つです。 「捜査」とは「捜査機関が犯人を発見・確保し、証拠を収集すること」です。 「検証捜査」は”裁判のために行われる警察官や警察職員の行動”と言えます。 「検証捜索」とすると、意味が「人や物や場所を特定するための正式な調査」となってしまい、全く異なるので間違えないようにしましょう。

例文 ・被害者の関係先で家宅捜索を行う。 ・なくなった書類を徹底的に捜索する。

「検証」と「実験」の違い

「実験」の意味は、 ・実際の経験 ・理論や仮説が正しいかどうかを人為的に一定の条件を設定してためし、確かめること となります。 「実」は「空言でない。本当。本当の事柄」、「験」は「証拠によって確かめる。試す」を意味します。 「正しいか正しくないか」「何と何の関係がどうなのか」などを、実際にやってみて確認するが「実験」です。 「検証」は「実際に調べて仮説などを証明すること」、 「実験」は「事柄の当否などを確かめるため、実際に行うこと」を表します。 結果を求めることが「実験」で、予測あるいは仮説から結果を求めるのが「検証」です。

例文 ・新製品の効能を実験して確かめてみる。 ・まず最初にネズミで実験してみる。

「検証」と「分析」の違い

「分析」の意味は、 ・ある物事を分解して、それを成立させている成分、要素、側面などを明らかにすること ・物質の検出、特定または科学的組成を定性的、定量的に識別すること となります。 「分」は「見わける。わかる」、「析」は「細かく分割。こみ入ったものを解きほぐす」を意味します。 ですので、”何が含まれているのか”を調べるときに「分析」を使います。 「データ分析をする」「国家情勢の分析」「原因を分析する」などと言いますよね。 「検証」は「実際に調べて仮説などを証明すること」、 「分析」は「複雑な事柄を分解して、その構成などを明らかにすること」を表します。

例文 ・何故起こったのか、事故の原因を分析する。 ・自己の心理を自分で分析してみる。

「検証」の類語

点検 (意味:悪い箇所や異常はないか、一つ一つ検査すること) 「運転する前は必ずブレーキの点検をする」 立証 (意味:証拠をあげて事実を証明すること) 「有罪を立証する」 裏付 (意味:物事の確実なことを他の面から証明すること) 「隣人の証言によって裏付されたアリバイ」 傍証<ぼうしょう> (意味:直接の証拠とはならないが、その証明を補強するのに役立つ証拠) 「夫から変な匂いがしたら、浮気の傍証である」 校閲 (意味:文書や原稿などの誤りや不備な点を調べ、検討し、訂正したり校正したりすること) 「原稿を校閲する」 縦覧<じゅうらん> (意味:自由に見ること。思うままに見てまわること) 「随時、縦覧する」 査察 (意味:状況を視察すること。物事が規定どおり行われているかどうかを調べること) 「緊急査察は事前に予告なしで行われる」 審査 (意味:詳しく調べて、適否・優劣・等級などを決めること) 「彼らは書類を審査する」 検問 (意味:違反や疑わしいことがないかどうか問いただして調べること) 「あっちの道路では検問が行われている」 監査 (意味:監督し検査すること) 「会計を監査する」

「検証」の英語

「検証」は英語で「verification」になります。 動詞「検証する」は「verify」になります。 「確認」というニュアンスの英語は「check」「make sure」「verify」「validate」「ascertain」「certify」などたくさんあります。それぞれの意味の違いは下記の記事で詳しく書いたので、ぜひよんでみてください。

Article 3

【完全版】「確認」を意味する英語表現の種類と違い

eigobu.jp

Tests verified that he has narcissistic personality disorder.

テストの結果、彼は自己愛性パーソナリティ障害であることが検証された。

おすすめの英会話教室「NOVA」《英語部で一番人気!》

当サイト「英語部」で一番人気の英会話教室が、NOVAです。 全国展開(270校舎)をしている大手英会話教室の中で圧倒的に価格が低いのが特徴です。 しかも講師は全員ネイティブ! ・グループレッスン(最大4人)月額1万円 ・マンツーマン月額2万円 ・月謝制 ・入会金ゼロ 「格安で週一回NOVAのネイティブ講師と会話し、あとは自習する」という英語学習法が非常におすすめです。 ご興味のある方はホームページから無料体験レッスンをぜひ!

NOVAの公式HPを見る

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「検証」について理解できたでしょうか? ✔︎「検証」は「実際に物事に当たって調べ、仮説などを証明すること」という意味 ✔︎「本当かどうか・できるかどうか」ということを実際に行って証明することが「検証」となる ✔︎「現場検証」「実地検証」と使うこともできる ✔︎「検証」の類語には、「点検」「立証」「査察」などがある

この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「検証」の意味と使い方、英語、類語「検討・実証・確認」との違い