1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介
「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介

「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介

「ご留意ください」という言葉をご存知でしょうか?「ご留意ください」は、「〜ということを心にとめてほしい」「気をつけてほしい」というように使用される言葉です。丁寧な言葉に感じますが、実は目上の人には使用することができない言葉です。今回はそんな「ご留意ください」の正しい意味と使い方を例文つきで紹介します。また、類語や英語表現も紹介しますので参考にしてください。

「ご留意ください」の読み方・意味

「ご留意」の読み方は「ごりゅうい」

「ご留意」は「ごりゅうい」と読みます。 「ご留意ください」は、「留意」という言葉に「ご~ください」をつけて尊敬を表す敬語にしている言葉です。 「留」は音読みだと「リュウ」、訓読みだと「とめる」「とまる」と読みます。 「留」は、「その場所にとめておく」「その位置から動かない」「とどまる」という意味になります。 「意」は、音読みで「い」と読みます。 「意」は、「思い」「考え」「おもむき」という意味です。

「ご留意」は「御留意」とも

「ご留意」は「御留意」と書いてもよいです。 接頭語の「ご」は「御」でも構いません。 しかし、「御留意」は「ご留意」と書いた方が、柔らかい印象になりますし「留意」という漢字に目がいくのでベターです。

「ご留意ください」の意味は「心にとどめてください 」

「ご留意ください」の「留意」は、「ある物事に心をとどめること」「気をつけること」という意味があり、「ある物事を心にとどめておき、常にそのことに気をつけること」というニュアンスがあります。 「ご留意ください」は、「留意」という言葉に「ご~ください」をつけて尊敬を表す敬語にしている言葉なので、「心に留めて、気にかけておいてください」という意味になります。 相手に「気に留めておいてほしい・配慮してほしい」と依頼する場面で使用する言葉です。 口語でも使用され、ビジネスメールなどビジネス文書でも使用することができます。

正しい敬語?「ご留意」の意味とビジネスでの使い方!類語・言い換えも紹介

eigobu.jp

「ご留意ください」の使い方

「ご留意ください」は目上の人には失礼

「ご留意ください」という言い回しは、目上の人に使用すると失礼だを思われてしまう可能性があります。 「ください」という表現は「くれ」の尊敬語である為、「相手になにかを請求する」というような意味合いが含まれています。 したがって、「ご留意ください」は上から目線に感じてしまう人もいる為、目上の人には避けたほうがいい言い回しです。 「ご留意ください」は「気にしてください・心に溜めてください」という意味合いで、同僚や部下には使用することができます。

例文 「時間におくれるなど先方に失礼のないようご留意ください」 「作業の効率をあげる為にも早寝早起きをして、健康にご留意ください」 「無礼のないよう、くれぐれも複勝にご留意くださいね」

「ご留意くださいませ」は丁寧だが目上の人には不適切

「ご留意くださいませ」「という言い回しは、「ませ」がついて柔らかい印象になるが、くださいが命令形には変わりない為、丁寧ではありますが目上の人に使用するには不適切とされています。 「ご留意ください」の「ませ」は、「ます」の命令形です。 「ご留意ください」と同じく命令形の言い回しですが、「ご留意ください」ほどの強い口調ではありません。 「ご留意くださいませ」はどちらかというと、やわらかいニュアンスになります。

例文 「大変滑りやすく、危険であるということをご留意くださいませ」 「大変恐れいりますが、時間変更の可能性があることをご留意くださいませ」 「数量限定商品であることを、どうかご留意くださいませ」

「ご留意くださいますようお願い申し上げます」は上司など目上の相手に使える

「ご留意度くださいますようお願い申し上げます」は、上司など目上の相手に使用することができる言い回しです。 「ご留意くださいますようお願い申し上げます」は、「してくれる」の尊敬語である「お~くださる」という言葉に、丁寧語の「ます」と「よう(様)」を組み合わせた「くださいますよう~」という敬語を使用しています。 さらに、「お願い申し上げます」は「お~申し上げる」という謙譲語を組み合わせている為とても丁寧な言葉となっています。 したがって、上司や目上の相手にも使用できる言い回しであると言えます。

例文 「書き間違えのないよう、ご留意くださいますようお願い申し上げます」 「使用方法を間違えるを正しい効果が出ませんので、ご留意くださいますようお願い申し上げます」 「安心できる状態ではないので、状態の変化にご留意くださいますようお願い申しあげます」

「くれぐれもお体にご留意ください」は相手の身体を気遣う言葉

「くれぐれもお体にご留意ください」という言葉は、「身体を壊さないように気を付けてください」というようなニュアンスのある「健康をきづかった言葉」です。 「体」と「身体」はどちらも使ってもいいですが、「体」は物理的な「からだ」を指すのに対し「身体」は心や精神状態を含めた「からだ」を指します。 なので、「お身体」を使った方がよいでしょう。 文頭に「くれぐれも」「どうか」などと付けると丁寧な表現になります。

例文 ・寒い日が続きますので、どうかお身体にご留意くださいませ。 ・

「留意点」「留意事項」などとも使う

「留意」という言葉は「留意点」「留意事項」などの形で使うこともあります。 「留意点」は文字通り「心を留める必要がある点」という意味になります。 「留意事項」も同じ意味になります。

例文 ・業務をする上での留意点は何でしょうか。 ・本サービスを利用するにあたっての留意点を掲載しておりますので、必ずお読みください。

「留意点」と「注意点」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご留意ください」への返信・返信

「ご留意ください」に対する返事・返信は「承知しました」

「ご留意ください」は上司などから言われるフレーズと解説しました。 上司に心に留めておくようにと注意を促させた場合は、「承知しました」と返事をするのがベストです。

「了解しました」の意味と正しい使い方、「承知しました」との違い

eigobu.jp

「くれぐれもお体にご留意ください」に対する返事・返信は感謝・お礼

「くれぐれもお体にご留意ください」というように、自分の身体を気遣った言葉をかけてもらったときは、「ありがとうございます」といったように返事は、感謝の言葉を述べましょう。 その後に、相手の健康も気遣う言葉を返すのがマナーです。

例文 「お気遣いいただきありがとうございます。○○様も健康にはくれぐれもご留意くださいませ」 「お気遣い心から感謝申し上げます。○○様もどうかご自愛ください」 「温かいお言葉をかけていただきありがとうございます。○○様も風邪などひかれません様ご自愛くださいませ」

「ご留意ください」と「ご承知おきください」の違い

▶「ご留意ください」・・・「心にとどめてください」 ▶「ご承知おきください」・・・「あらかじめご理解ください」

「ご留意ください」は、「心に留めておいてください・気にかけてください」といったニュアンスで使用される言葉です。 「ご承知おきください」は、「〜の前に知っておいてください」というニュアンスがあります。 「ご留意ください」は「注意してください」といったニュアンスが強い言葉ですが、「ご承知おきください」は、「理解してください・わかっておいてください」というニュアンスの強い言葉です。

「ご承知おきください」の意味は「あらかじめ知っておいてください」

「ご承知おきください」の意味は「あらかじめ知っておいてください・理解しておいてください」です。 「承知」という言葉には「事情を知ること」「依頼を聞き入れること」「相手の事情を理解して許すこと」という意味があります。 「ご承知おきください」は、「(その事を)知っておいてほしいとお願いをする場合」と「(その事を)すでに知っているということを示す場合」に使用する言葉で、「知っておいてください」というニュアンスになります。 目上の人に対して、目下の者が「知っておいて」というのは上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性がある為目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。

例文 「本日より○日まで研修の為、店主不在となりますのでご承知おきください」 「○月○日より、道路修繕工事の為、片側通行をなります。ご承知おきください」 「返信にお時間をいただく場合がございますのでご承知おきください」

「ご承知おきください」意味、使い方、類語「ご了承」との違い、英語

eigobu.jp

「ご留意ください」の類語・言い換え

ご配慮ください

「ご配慮ください」は「ごはいりょください」と読みます。 「ご配慮ください」は、 「配慮」という言葉に、尊敬語を表す「ご」と「くださる」の「命令形」である「ください」をつけた言葉です。 「配慮」は「他人に対して心をくばること、よく考えて行う心遣い」という意味です。 「ご配慮」は、尊敬を表す「ご」をつけた言葉で、「相手が自分のためにしてくれた心配り」の丁寧な言い方です。 また、相手の心遣いの感謝だけでなく、相手に対して「気をつけてもらうこと」がある場合にも使用できる言葉です。 「ご配慮ください」という言い回しで、注意したい事項に対して配慮をお願いすることができます。  

例文 「ご配慮のほど何卒よろしくお願いいたします」 「大変壊れやすくなっていりますので、お手を触れぬようご配慮願います」 「より多くの方が会場に入れるようにご配慮賜れますと幸いです」

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

eigobu.jp

ご考慮ください

「ご考慮ください」は「ごこうりょください」と読みます。 「ご考慮ください」は、「考慮」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご考慮」としています。 「考慮」は「 考えをめぐらすこと。よく考え合わせること」という意味があり、物事を色々な要素を含めて考えること・判断や行動の前に色々な要素を考え合わせることを表す言葉です。 つまり、尊敬を表す「ご考慮ください」は、相手の行動に対して使用する言葉なので「考えてください」とお願いする言葉であることがわかります。

例文 「通勤時間は、渋滞する可能性があることをご考慮ください」 「勝手なお願いで誠に恐縮ではございますが、ご考慮くださるとありがたく存じます」 「まだまだ新人でございますので、時間がかかることをご考慮ください」

ご用心ください

「ご用心ください」は、「ごようじんください」と読みます。 「ご用心」は、「用心」という言葉に、接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「用心」の意味は「心を用いること」「困ったことにならないようにあらかじめ注意すること」です。 「火の用心」や「空き巣にご用心」といったように、「(家事にならないように)火に気をつける」「空き巣に気をつける」というような意味あいで使用されます。 「ご用心ください」は、尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた言葉なので、相手に「気をつけてください・注意してください」と伝える場合に使用される言葉です。

例文 「昨夜の降雪の影響で足元が大変滑りやすくなっておりますので、ご用心ください」 「満員電車では痴漢にご用心ください」 「海外では、貴重品は肌身離さずお持ちになり、置き引きやひったくりにご用心ください」

ご自愛ください

「ご自愛ください」は、「ごじあいください」と読みます。 「自」は「自分」「自己」などでよく使われている漢字で、「愛」は「愛」や「愛情」などとよく使われています。 「ご自愛ください」は、「あなた自身の体を大事にしてください」という意味です。 さらに「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」「身体を大切にしてください」といったニュアンスが含まれます。 要するに「ご自愛ください」は、相手の健康を気遣う、労りの言葉です。

例文 「寒さも厳しくなって参りましたので、風邪などひかれませんようご自愛ください」  「お忙しいことと存じますが、何卒ご自愛ください」 「風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛ください」

敬語「ご自愛ください」の意味、ビジネスでの使い方や返事、類語、英語

eigobu.jp

「ご留意ください」の英語は「keep...in mind」「pay special attention to...」「give enough thought to...」

「ご留意ください」の英語は、 ・Please keep...in mind. ・Pleaes pay special attention to... ・Please give enough thought to... などになります。 「keep...in mind」は「心に留めておく」という意味です。 「pay special attention to...」は「特別な注意を払う」という意味になります。 「give enough thought to...」は「十分に思考する」といい意味です。

Please keep this point in mind.

この点ご留意ください。

Please take care of your health.

お身体にご留意ください。

「ご留意ください」のまとめ

「ご留意ください」という言葉の意味を理解していただけましたでしょうか? ✓「ご留意ください」は、「ごりゅういください」と読みます。 ✓「ご留意ください」の意味は「心にとどめてください 」 ✓「ご留意ください」は目上の人には失礼 ✓「ご留意ください」の類語は「ご用心ください」「ご自愛ください」など

おすすめの記事

「放念」の意味と「ご放念ください」の使い方、返信、年賀状、対義語を解説

eigobu.jp

「していきます」の意味と使い方、漢字、類語、敬語、英語を解説!

eigobu.jp

「甚だ」の意味と使い方、甚だ恐縮・疑問・遺憾・残念・僭越とは?類語も例文付きで解説

eigobu.jp

「重ねて」の意味と使い方、お礼・お詫び・お願いの例文、類語、英語

eigobu.jp

「ご用命」の意味と社内での使い方、お礼、「ご下命/ご要望」との違い

eigobu.jp

「打診」の意味と使い方、承諾の返答、類語、医療用語、英語

eigobu.jp

敬語「しております」の意味と用法、類語、「いたしております」との違い

eigobu.jp

「存じ上げる」の意味と使い方、敬語(尊敬語・謙譲語)、類語、「存じます」との違い

eigobu.jp

「送る」と「贈る」の意味と違いと使い分け

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介