1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「これを機に」の意味と使い方、敬語、類語、「これを期に」との違い
「これを機に」の意味と使い方、敬語、類語、「これを期に」との違い

「これを機に」の意味と使い方、敬語、類語、「これを期に」との違い

「これを機に」という言葉をご存知でしょうか?「これを機に」は、「これをきっかけに」という意味で日常生活はもちろんビジネスシーンでも使用することができる言葉です。今回は、「これを機に」の正しい意味と使い方を例文つきで紹介します。、また「これを機に」の類語や英語表現も紹介しますので参考にしてください。

「これを機に」の意味と漢字

「これを機に」の意味は「これをきっかけとして」

「機」とは「物事がはじまるきっかけ」という意味です。 「機を逸せず(いっせず)」「機が熟す」「機に乗ずる」「機をうかがう」「機を見るに敏(びん)」「機運」「機会」「好機」「待機」「契機」などの言葉や熟語で使われる「機」もすべて同じ意味になります。 「この機会に」「今回のことをきっかけに」というように、何かをはじめたり物事を起こすタイミングというようなニュアンスで使用される言葉です。

「これを期に」という漢字は誤用

「これを機に」を「期」という漢字を使い「これを期に」と記するのは誤りです。 「期」は「とき、日時」または「ときを定める」という意味で、「きっかけ」という意味はありません。 「この期に及んで(いよいよ差し迫った時期になって)」「期をたがえず(日程を取り決めないで)」「時期」「期間」「最期」などと使います。

「これを機に」の敬語

「これを機に」は敬語ではないので、後に続く文章を敬語にする

「これを機に」という言葉は、目上の人対してやビジネスシーンで使用することができる言葉ですが、「これを機に」という言葉自体は敬語ではないので、後ろに続く文章を敬語にする必要があります。 例えば、 ・これを機に〜していく所存です ・これを機に〜をさせていただきたく存じます ・これを機に〜させていただければ幸甚です というような丁寧な言い回しを使用します。

「こちらを機に」だと少し丁寧な印象に

「こちら」は、物事を指し示す「これ」という言葉を「こちら」を丁寧に言い換えた言葉ですす。 目上の人やビジネスシーンで、何かを指し示して説明をするというような場面で、「これは○○です」と説明するよりも「こちらは○○です」というような言い回しを使用して説明するほうが丁寧に感じますよね。 同じように、「こちらを機に〜はじめました」といいように伝えたほうが丁寧な印象になります。

「これを契機に」だと少しフォーマルな印象に

「契機」は、「変化・発展を起こす要素・原因」という意味のある言葉です。 「これを機に」という言葉を「これ契機に」という言葉に言い換えると、少しフォーマルな印象になり、動機を回答する場面などかしこまった場面で使用するのにふさわしい言い回しとなります。 例えば、 ・私事ではありますが、この冬に入籍いたしまして、これを機に春から時短勤務へ変更することになりました。 ・先月は入院で皆様には大変ご迷惑をおかけしました。これを契機に健康にはより一層気を使っていく所存でございます。 といったように使用します。

「これを機に」の使い方とと例文

転職・異動の時や褒められたときに意気込みを述べる

「これを機に」は、「これから」という未来に向かってのポジティブな気持ちを言い表すことができる言葉で、転職や移動といった場面や、褒められたときの前向きな意気込みを述べるような場合に使用することができます。

例文 「本日よりこちらの部署に移動してきました○○と申します。営業としての経験はあまりありませんが、これを機にしっかりと経験を積み日々精進してまいりますのでよろしくお願いいたします」 「先月、かねてより目標していたた売上トップという業績をのこすことができました。これを機にさらなる高みを目指して転職させていただく運びとなりました」 「ありがたいお言葉ありがとうございます。これを機に今後も日々邁進してまいる所存です」

ビジネスにおける「精進します」の意味と使い方、「邁進」との違いを解説!

eigobu.jp

商談・取引での契約を成立させる

「これを機に」は、商談・取引先で契約を成立させるような場面で使用することができます。 交渉をしている場面で、 ・ぜひこの機会に! ・これを機にご利用してみてはいかがでしょうか というように相手に「いいきっかけですよ」「いい機会ではないですか?」と呼びかける意味合いで使用されます。

例文 「無料でお試しいただけるキャンペーンを実地中なのですが、この機会ぜひお話だけでも聞いていただけませんか?」 「これも何かのご縁だと思いますので、この機会にぜひご検討いただけないでしょうか」 「乗り換えるならぜひこの機会に!オトクなチャンスをお見逃しくなく!」

「これを機に今度とも〜」とビジネスメールで将来の継続した関係をお願いする

取引先との関係を円滑にするために、「これを機に今後とも〜」というようにビジネスメールで将来の継続した関係をお願いする言葉として使用することができます。 「今後とも」は、「これからも」「以後も」という意味で使用される言葉で、つまり「これを機に今後とも〜」は、「この機会にこのまま終わるのではなく、その先も関係を築いていきたい」といった前向きな気持ちを伝えることができます、

例文 「この度は、ご契約いただきありがとうございます。これを機に今後ともお客様と末永くお付き合いさせていただければ幸甚です」 「本日はお忙しいなか貴重なご意見をありがとうございました。これを機に今後とも弊社商品をご利用いただけると幸いに存じます」

ビジネスでの「今後とも」の正しい使い方、「引き続き」との違い

eigobu.jp

履歴書で志望動機を書く

「これを機に」という言葉は、履歴書で志望動機を書く際にも、「この機会をきっかけに、この先頑張っていきたいです」という強い希望を伝える言葉として使用することができます。

例文 「販売での経験はありませんが、これを機に挑戦しいきたいと考えております」 「これを機にさらなる向上心をもって日々邁進していきたい所存でございます」 「これを機に食事を提供するという立場で社員の皆様の力になれればと考えております」

「これを機に」の類語・言い換え

「これを好機と捉え」「このご縁に感謝し」などがベスト

「これを機に」の類語には「これを好機と捉え」「このご縁に感謝し」などがあります。 「好機」は、「物事をするのにちょうどよい機会・チャンス」 ・これを好機と捉え、新しいことにチャレンジすることを心に決めました。 ・この度は声をおかけいただきありがとうございました。これを好機と捉え、今後のことを検討していきたいと考えております。 「このご縁に感謝し」とは、「機会に恵まれたことに感謝して」 ・この度は、素敵なお話をありがとうございました、このご縁に感謝し、自分の人生に活かしていきます。 ・このご縁に感謝し、今後とも末永くお付き合いいだきたく存じます。 といったように「これを機に」と言い換えて使用することが可能です。

「これを機会に」「これを契機に」などと言い換えるのも可

「これを機に」を「これを機会に」「これを契機に」などと言い換えることも可能です。 「機会」は「事をするののにちょうどよい時機」という意味のある言葉です。 「これを機会に」の「機会」から「会」をとった言葉が「これを機に」という言葉であり、さらに丁寧に言い換えると「これを契機に」という少々かしこまった言い回しになります。

区切りを意味する「これを転機に」「これを堺に」「これを節目に」などとも

「これを機に」は、区切りを意味する「これを転機に」「これを堺に」「これを節目に」んsどと言い換えることも可能です。 「これを転機(てんき)に」・・・「他の状態に転じるきっかけ」 ・両親の都合で学生の頃地方に引っ越しをしてきて、これを転機に農業への道を進み始めたのです。 ・今回のことを転機にすべてがいい方向へ進んでいくといいですね。 「これを堺(さかい)に」・・・「何かをきっかけに事態が変化すること」 ・何気なく発した一言のあげ足をとられ口論となってしまい、これを堺に周りの人とうまくコミュニケーションがとれなくなってしまった。 ・幼い頃からの一番の親友が親の転勤を理由に引っ越しをしてしまい、これを境に連絡をとることができなくなってしまったのが今でも殘念に思っている。 「これを節目に」 ・・・ 「これを大事な区切りとして」 ・先日30歳の誕生日を迎え、これを節目に親へ仕送りをはじめることにしました。 ・勤続10年を越えることを節目に新たなるスタートを切ろうと転職活動をしている。

「チャンス」は使わない方が無難

「これをチャンスに」「これをチャンスと捉えて」などとカタカナ語「チャンス」をビジネスで使うのは避けた方が無難でしょう。 人によっては軽い印象を受ける可能性があるため、ビジネスシーンではカタカナ語の多様はさけるべきとされています。 「これを機に」「これを機会に」というように表現したほうが丁寧な印象を与えることができます。

「ここぞとばかりに」「これに乗じて」「鬼の首を取ったように」などはニュアンスが違う

「ここぞとばかりに」「これに乗じて」「鬼の首を取ったように」などは、「これを機に」と同じようん意味合いをもちますが、ニュアンスが少し異なりますここぞとばかりに」・・・「今しか機会がないというような勢いで」 ・やっと訪れた休日に、ここぞとばかりに寝て過ごしてしまった。 ・息子は祖母にここぞとばかりに欲しいものをねだった。 「これに乗(じょう)じて」・・・「この状況を利用して」 ・ライバル社が倒産したことに乗じて売上を伸ばした。 ・そうだ、これに乗じて相手からお金を巻き上げてやろう。 「鬼の首を取ったように」・・・「大したことでもないのに大変な手柄を立てたように喜ぶ」 ・妻は、転勤を栄転がと思い鬼の首をとったように喜んだ。 ・彼は鬼の首を取ったように店員の揚げ足をとるクレーマーで有名だ。 このように、「ここぞとばかりに」「これに乗じて」「鬼の首を取ったように」という言葉にはマイナスな意味合いが強いため、「これを機に」の言い換えとして使用することはできません。

「これを機に」の英語は「on this occasion」「taking this opportunity」

「これを機に」の英語は ・on this occasion ・taking this opportunity ・take the opportunity to...  などがあります。

taking this opportunity, we would like to leave for the US.

コレを機に渡米したい。

まとめ

「これを機に」という言葉ついて理解してただけましたか? ✓「これを機に」の意味は「これをきっかけとして」 ✓「これを期に」という漢字は誤用なので注意 ✓「これを機会に」「これを契機に」などと言い換えることもできる ✓「ここぞとばかりに」「これに乗じて」「鬼の首を取ったように」などはニュアンスが違うので言い換え不可 など

おすすめの記事

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の違いと使い分け

eigobu.jp

「申し開き」の意味と使い方!類語「言い訳・申し訳」との違い、英語表現

eigobu.jp

「念のため」の意味とビジネスでの使い方!類語・言い換え、英語表現も解説

eigobu.jp

「拝察」の意味とビジネスでの使い方!尊敬語、類語、英語表現も紹介

eigobu.jp

「ご助言」の意味とビジネスメールでの使い方!類語や言い換え、英語も紹介!

eigobu.jp

「送付」の意味、敬語「ご送付」の使い方!「添付」との違い、類語や反対語、英語も紹介

eigobu.jp

「重々承知」の意味と使い方!ビジネスメールの例文を紹介!類語、英語表現も解説

eigobu.jp

「エキスパート」と「スペシャリスト」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご教授」の意味とビジネスの使い方!「ご教示」との違いは?英語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「これを機に」の意味と使い方、敬語、類語、「これを期に」との違い