1. TOP
  2. 日本語
  3. 四字熟語
  4. 「面目躍如」の意味と使い方、由来、誤用、類語、反対語を例文つきで解説

「面目躍如」の意味と使い方、由来、誤用、類語、反対語を例文つきで解説

「面目躍如」とは「世間の評判と違わぬ活躍をし、生き生きとしている。また、名声や世間体がより一層よくなること」を意味します。「めんもくやくじょ」と読みます。「目」を「ぼく」とも読むが「躍如」を「やくにょ」と読むのは誤りです。「面目」は世間から受ける評価、「躍如」は勢いがよいことを表します。「如」は語尾について形容詞を作る助字です。「面目躍如たる〜」「面目躍如を果たす」の形で主に使います。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「面目躍如」の意味と読み方

「面目躍如」の意味は「世間に評価されるほど活躍していて、生き生きとしているさま」です。 その人の本来の姿が生き生きと現れている様子を表す言葉です。 また「名声や世間体がより一層良くなること、その人の名誉を高めるさま」という意味もあります。 「面目躍如」の読み方は「めんもくやくじょ」です。 「面目」を「めんぼく」と読むこともありますが、「躍如」を「やくにょ」と読むのは間違いですので注意しましょう。 ただし「面目」は「名誉」の意では「めんぼく」、「外見」の意では「めんもく」と読むのが慣用です。

「面目躍如」の語源由来

「面目躍如」の語源を説明していきます。 「面目」の意味は「世間や周囲への立場や名誉」「世間からの評価」です。 「面目を保つ」「面目丸つぶれ」などとよく使われていますよね。 要するに「世間体」のことです。 「面目」だけで使う場合は「めんぼく」と読まれることが多くなっています。 「躍如」の意味は「生き生きとしていて、目の前に見るようなさま」です。 主に「面目躍如」の形で使われることが多いですが、「躍如とする/している」などとも使われます。

「面目躍如」の使い方と例文

「面目躍如」はビジネスシーンやかしこまった場面での挨拶で使われることが多くなっています。 よく使われる言い回しには

  • 面目躍如たる
  • 面目躍如を果たす
  • まさに面目躍如
  • 面目躍如の○○

です。 「面目躍如たる」は「面目躍如たるもの」「面目躍如たる働き」などと使います。 「世間の評価に値する活躍である」「周りの評価と変わらない働き」といった意味合いになります。 「面目躍如を果たす」は世間の評価通り・期待通りの活躍、またそれ以上の活躍をして何かをやりきった際に使います。 ちなみに「面目躍如ができる」といった使い方は誤用となります。 名詞として使う場合は体言止めで用います。

例文

  • 君の面目躍如たる働きには、みんな満足していたよ。
  • 面目躍如を果たすためにも今からしっかりと準備しておこう。
  • 先輩方のフォローのおかげで、面目躍如を果たすことが出来ました。
  • 前例がないほどの売上を出した彼は、まさに面目躍如。みんなの期待通りの男だったよ。

「面目躍如」の類語

「面目躍如」の類語には

  • 面目一新
  • 名誉挽回
  • 本領発揮
  • 面目が立つ
  • 期待通り
  • 期待に応える

があります。 ちなみに「世間に評価される」といった意味の類語には

  • 実績が買われる
  • 御眼鏡にかなう
  • 名誉を得る

「生き生きとしている」といった意味の類語には

  • 活気がある
  • 生気に満ちている
  • 溌剌(はつらつ)

などがあります。

例文

  • 面目一新したところを是非見ていただきたい。
  • ついに彼が本領発揮をして、一気に勝ち進んだ。
  • 部長の期待に応えることが出来て、自分でも嬉しく思います。

「面目躍如」の対義語(反対語)

「実力を出しきれない」といった意味での対義語には

  • 眠れる獅子(ねむれるしし):意味「素晴らしい実力を持ちながら、まだその力を出し切っていない人のたとえ」
  • 不完全燃焼(ふかんぜんねんしょう):意味「力を完全に出しきれず思うような成果が得られないこと」
  • 轗軻不遇(かんかふぐう):意味「優れた才能を持っているのに、世に受け入れられていないこと」

などがあります。 「名誉を傷付けること」といった意味での対義語には

  • 不面目(ふめんぼく):意味「面目を失うこと、名誉が傷つけられること」
  • 面汚し(つらよごし):意味「名誉を傷付けること、面目を失わさせること」
  • 汚辱(おじょく):意味「名誉を汚されることによる辱め」

などがあります。

「面目躍如」の英語

「面目躍如」の英語は「live up to my name」です。 「名前負けしない」というニュアンスです。 「name」は社会からの期待、「live up to」で「〜の期待に応える」という意味です。

He lives up to his name as a baseball player.

彼はプロ野球選手として面目躍如たる活躍をしている。

まとめ

いかがでしたか?「面目躍如」の意味と使い方はご理解いただけたでしょうか? 「面目躍如(めんもくやくじょ)」とは「世間の評判通りに、生き生きと活躍するさま」または「その人の言動が十分にその名誉を高めるさま」を指します。 類語の「面目一新」は「今までとは違い、高い評価を受ける」という意味になります。

こちらの記事もチェック

「毎々」の意味と使い方、読み方、類語「常々」との違いを例文付きで解説

WURK

「揚げ足を取る」の意味と使い方、例文、語源、類語、英語

WURK

「全身全霊」の意味と使い方、類語、対義語、英語を例文付きで解説

WURK

「飼い殺し」の意味!会社・恋愛・家族での使い方や類語を例文付きで解説

WURK

「門外漢」の意味と由来!ビジネスや女性への使い方、類語、対義語を例文付きで解説

WURK

「清々しい」の意味と読み方、季節の挨拶、語源、類語を例文付きで解説

WURK

「二者択一」の意味と読み方、使い方、例文、類語「取捨選択」との違い、英語表現を解説

WURK

「残滓」の意味と使い方、類語「残渣」との違い、英語を例文付きで解説

WURK

「確信犯」は誤用に注意!正しい意味と使い方、類語「故意犯」との違いを例文付きで解説

WURK

「枚挙にいとまがない」の意味や使い方、語源由来、漢字、類語を例文付きで解説

WURK

「頭打ち」の意味と使い方、語源、類語、対義語、英語を例文付きで解説

WURK

「大義名分」の意味と使い方、読み方、類語、「大義」との違いについて解説

WURK

「遡及」の意味と使い方、法律用語、読み方、類語「訴求」との違いを例文付きで解説

WURK

「架電」の意味とは?「架電の件」の使い方、類語、「受電・荷電」との違いを例文付きで解説

WURK

「控えめに言って」の意味と元ネタ、使い方、類語、対義語を例文付きで解説

WURK

「まずは」の3つの意味と使い方、ビジネスでの言い換え・類語、英語を例文付きで解説

WURK

「上記」の意味と使い方、類語「上述・前記」との違い、画像にも使える?

WURK

「甲斐甲斐しい」は褒め言葉?方言?意味と使い方、語源、類語を例文付きで解説

WURK

「種々」の意味と読み方、ビジネスでの使い方とは?類語「諸々」との違いを例文付きで解説

WURK

「閑古鳥」の意味と読み方は?「閑古鳥が鳴く」の使い方と由来、類語を例文付きで解説

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 四字熟語
  4. 「面目躍如」の意味と使い方、由来、誤用、類語、反対語を例文つきで解説