1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「無情」と「無常」の意味の違いと使い分け
「無情」と「無常」の意味の違いと使い分け

「無情」と「無常」の意味の違いと使い分け

「無情」と「無常」という言葉をご存知でしょうか。「無情な仕打ち」「無常を感じる」などと言います。では、「無情」と「無常」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。「無情」と「無常」は同音異義語で、それぞれ意味が異なります。意味を知らずに同じように使っている、違いなど気にせずに使っているという方も多いかもしれません。日常会話でも使うことがある言葉なので、違いについてきちんと知っておく必要があります。そこで今回は「無情」と「無常」の使い分けについて解説していきます。違いを正しく知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

「無情」と「無常」の違い

「無情」・・・思いやりや温かみなどと、人間らしい感情を持っていないこと 「無常」・・・世の中の物や人間は常に変化するので、永遠に同じ状態が続くはずないこと

「無情」の意味と使い方

「無情」は<むじょう>と読みます。 「無」は音読みで「ム・ブ」、訓読みで「ない・なみする」と読みます。 「無」は「存在していない。いない」を意味します。 「情」は音読みで「ジョウ・セイ」、訓読みで「なさけ」と読みます。 「情」は「ある気持ちが生じること」を意味します。 「無情」の意味は、 1.思いやり慈しみがないさま 2.感情や感覚を持っていないさま です。 「無情」には2つ意味があります。2の意味では仏教用語として使うので、主に1つめの意味で使うことが多いです。 「無情」は感情が全くないということではなく、薄情・人間らしい感情を持っていない様子を表します。 例えば、事故に遭って大怪我をした人を何とも思わない、世話を一切しない人を「無情」と表現します。「無情」は人だけでなく、「無情の雨」「無情の海」「無情の夢」などとものに対しても使うことができます。 言い回しとしては、 ・無情の◯◯ ・無情な◯◯ ・無情に ・無情にも などとなります。 「無情」の類語には、「冷血」「不良」「残酷」「熾烈」「無慈悲」「冷淡」「無感覚」「心なさ」などがあります。

例文 ・彼は病に悩み続けている友達を無情にも突き放した。 ・助けてあげたにも関わらず、こんな無情な仕打ちをするなんて許せない。 ・こんなに悲惨な姿にするまで殴り続けるなんて、何て無情な連中なんだ。 ・彼は注意されても不倫をやめず、挙げ句の果て、無情にも妻と子供を捨てて家を出て行った。 ・テストで赤点を取ったことに激怒し、両親は無情にも息子のテレビゲームを壊した。 ・無情にも彼女は他人の言うことを聞かず、勝手に物事を進めていた。 ・チームは惨敗を喫し、さらに球場には無情の雨が降っていた。

「無常」の意味と使い方

「無常」は<むじょう>と読みます。 「無」は音読みで「ム・ブ」、訓読みで「ない・なみする」と読みます。 「無」は「存在していない。いない」を意味します。 「常」は音読みで「ジョウ」、訓読みで「つね・とこ・とわ・とこしえ」と読みます。 「常」は「変化がないこと。同じ状況が続くこと」を意味します。 「無常」の意味は、 1.人の命はあっけないこと。人生は変わりやすいこと 2.人の死 3.物は変化するため、永遠に同じ状態の物はないこと です。 元々「無常」は仏教用語で、「物は変化するので、一定ではないこと」を意味します。 例えば、携帯や冷蔵庫などいつかは壊れてしまうので、ずっと使い続けることができるわけではありません。 人や動物なども同じで、永遠に生きられるはずはなく、いつかは死んでしまいます。これを「無常」と言います。 言い回しとしては、 ・無常な◯◯ ・無常の◯◯ ・無常である ・無常観 ・諸行無常 などとなります。 「無常」の類語には、「短命」「儚い」「まぼろし」「虚しい」「有為転変」「栄枯盛衰」などがあります。

例文 ・花が散ったり、枯れたりするのを見ると、自然は無常であると実感する。 ・肌がたるんできたり、顔にシミやシワができる様子は人間の無常を示している。 ・先日まで元気だった人が突然死んでしまったりすると、世の中は無常だと感じる。 ・お気に入りの皿を割ってしまったが、無常だと思い、新しい食器を買うことにした。 ・文化は無常なので、流行するものや歌などは常々変化していく。 ・子供の頃から大切にしていたぬいぐるみがボロボロになる様を見て、無常の人生だと感じる。 ・白髪が増えてくるたびに、永遠に若くはいられないのだと諸行無常を痛感する。

Article 8 thumb

「諸行無常」の正しい読み方と意味を例文を添えて解説します!

eigobu.jp
Article 19 thumb

「栄枯盛衰」の意味と使い方、類語、語源、英語、「諸行無常」との違い

eigobu.jp
Article 25 thumb

「涅槃」とはどういう意味?正しい読み方と意味とその由来を解説!

eigobu.jp

こちらの記事もチェック

Article 8 thumb

ビジネスにおける「恐縮です」「恐縮ですが」の意味と使い方

eigobu.jp
Article 1 thumb

ビジネスシーンや挨拶における「ご指導ご鞭撻」の使い方と意味

eigobu.jp
Article 17 thumb

「次第」「次第です」の意味とビジネスでの使い方、例文!「所存」との違いは?

eigobu.jp
Article 10 thumb

「感銘を受ける」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語も紹介!

eigobu.jp
Article 3 thumb

目上の人に使ってもいいの?ビジネスシーンにおける「お疲れ様です」の使い方

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「無情」と「無常」の意味の違いと使い分け