1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 敬語「お含みおきください」の意味と使い方!メールの例文、類語、英語も紹介
敬語「お含みおきください」の意味と使い方!メールの例文、類語、英語も紹介

敬語「お含みおきください」の意味と使い方!メールの例文、類語、英語も紹介

ビジネスシーンでもよく使われる「お含みおきください」をご存知ですか?とても丁寧な言葉です。今回は「お含みおきください」の意味、敬語表現、ビジネスでの使い方を例文付きで解説します。また類語や英語表現も紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

「お含みおきください」の読み方・敬語表現・意味

「お含みおきください」の読み方は「おふくみおきください」

「お含みおきください」は「おふくみおきください」と読みます。 また、「お含み置きください」と「置」の漢字を使うのは間違いですので注意しましょう。

「お含みおきください」の意味は「心に留めておいてください」

「お含みおきください」は、「(相手に対して)事情をよく理解してください」「心に留めておいてください」とった意味があります。 「お含みおきください」はお願いをするときによく使われる表現です。

「お含みおきください」は「含みおく」の尊敬語

「お含みおきください」は「含みおく」に尊敬語「お」+丁寧語「ください」で成り立っているので、目上の相手に対して使うことができる言葉です。 「含みおく」は「心に留めておく」「ある状況を考慮に入れる」「念頭におく」という意味です。 「含みおく」のみであれば「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができます。 これが「お含みおきください」となると、「心に留めておいてください」といった意味合いで、相手に念を押すようなニュアンスが含まれます。

「お含みおきください」の使い方・例文

「お含みおきください」は書き言葉であり、口語では使わない

「お含みおきください」は主に書き言葉となっています。 そのため、手紙などのビジネス文書やビジネスメールで用いられています。 会話などではあまり使わないようにしましょう。

「お含みおきください」はビジネスメールや目上の人に使える

「お含みおきください」は尊敬語でありとても丁寧な表現であるため、目上の人相手や社外へのビジネスメールにも用いることができます。 そのため、同僚や部下などに使うと不自然になるので注意しましょう。

例文 ・明日より1ヶ月入院のため不在になりますことをお含みおきください。 ・誠に勝手ながら◯月◯日から◯月◯日まで臨時休業とさせていただきます。注文はネットでお受けできますが、商品の発送は休業明けになるのでお含みおきください。

「お含みおきくださいますようお願い申し上げます」だとより丁寧

「お含みおきください」でも尊敬語であり丁寧な表現ですが、相当な敬意を払うべき相手の際は「お含みおきくださいようお願い申し上げます」とさらに丁寧な表現を使うことができます。 「お願い申し上げます」で、謙譲語であり自分自身を謙ることができるため最大限に敬意を払うことができます。 その他、「お含みおきくださると光栄です」「お含みいただけると幸いです」なども丁寧な表現となります。

○「お含みおきください」を用いた例文 ・こちらのチケットは、万が一欠席されたとしても払い戻しができないことをお含みおきくださいますようお願い申し上げます。 ・本日は大雨の影響により、運行状況が悪くなっております。目的地までの所要時間がいつもよりかかりますことをお含みおきくださいますようお願い申し上げます。

「お含みおきください」と「ご承知おきください」の違い

▶「お含みおきください」・・・ 意味は「心に留めておいてください」 尊敬語であり目上の人に使うことができる お願いをするときに使われる表現 ▶「ご承知おきください」・・・ 意味は「あらかじめ知っておいてください、ご理解ください」 「知っておいてください」は上から目線な印象を与えてしまうことがある そのため、目上の人には使わないほうが無難

「お含みおきください」も「ご承知おきください」も、「理解してください」といった意味合いのある言葉です。 似た意味を持ちますが、大きな違いは「お含みおきください」は目上の人に使えるのに対し「ご承知おきください」は目上の人に使えない点です。 「ご承知おきください」には一方的で上から目線である印象を与えてしまうことと、「承」という字が「承る」という言葉から謙譲語のイメージが強いことから、目上の人に対して使うと失礼にあたるとされています。 文法的な間違いはありませんが、相手を不快な気持ちにさせてしまわないよう言葉の使い方には十分に注意しましょう。

「ご承知おきください」の意味は「あらかじめご理解ください」

「ご承知おきください」の意味は、「あらかじめ知っておいてください・ご理解ください」となります。 「承知」には、「事情などを知ること」「依頼を聞き入れること」「相手の事情を理解して許すこと」といった意味があります。 「ご承知おきください」の「〜ておく」という表現は、「前もって何かをする」「そのままにする」という意味があります。 「ご〜ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は丁寧語になります。 「承知」は謙譲語の「承る」という文字が含まれているため、謙譲語だと思いがちですが実は謙譲語ではありません「ご承知おきください」は「(これから行うことについて予め)承諾しておいてください・ご理解ください・そのための準備をしておいてください」といった意味合いになります。

「ご承知おきください」は尊敬語だが、目上の相手に使うのは不適切!

「ご承知おきください」は、「(その事を)知っておいてほしいとお願いをする場合」と「(その事を)すでに知っているということを示す場合」に使います。 「ご承知おきください」は文法的に正しい表現であり、尊敬語になります。 しかし「ご承知おきください」は「知っておいてください」といった意味です。 目上の人に対して、目下の者が「知っておいて」というのは上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 したがって、目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 また「承知」に謙譲語「承る」の「承」が含まれているため、「承知」は謙譲のイメージが強い言葉になってしまいます。 謙譲語は自分を謙って相手に敬意を示す敬語なので、相手の動作に対して使うのは誤りで失礼にあたります。 したがって、”語感” という観点から目上の人にはなるべく使わない方がよいと考えられています。

「ご承知おきください」意味、使い方、類語「ご了承」との違い、英語

eigobu.jp

「お含みおきください」の類語

「ご了承願います」

「ご了承願います」は自分が行ったことに対して、「納得してください」「受け入れてください」という気持ちが含まれた表現です。 「ご了承願います」は、尊敬語の「ご」+「承諾する」を意味する「了承」+「願う」の丁寧語「願います」が組み合わさった表現です。 「ご了承願います」は「どうかご理解いただき、受け入れてくださいますようお願いします」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しです。 「前もってこちらの主張を受け入れてもらいたい、何かあっても悪く思わないでほしい」という意味が含まれます。 「ご了承願います」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 「ご了承願います」は、口語だけではなく、メールやビジネス文書などでもよく使われます。 ただ「ご了承ください」も尊敬語となりますが、単体で使うと一方的に相手に承諾することを強要するようなニュアンスになる可能性があります。 目上の相手や取引先などに対して使う場合は、「ご了承願います」「ご了承のほどお願い申し上げます」といった丁寧な表現が適しています。

○「ご了承ください」の例文 ・誠に勝手ながら12月31日から1月2日を年末年始休業とさせていただきます。ご了承願います。 ・ご依頼の件につきましては貴意に添いかねることになりました。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。予めご了承くださいませ。 ・参加希望者が殺到しているため、応募を締め切りさせていただくことがあります。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

「ご了承ください」の意味、使い方、返事の仕方 - 類語「ご容赦」「ご理解」も紹介

eigobu.jp

「何卒お願いいたします」

「何卒(なにとぞ)」は、「どうにかして」「なんとかして」という意味合いで、相手に対して強く願う気持ちを表しています。「何卒」は、「どうか」「どうぞ」よりも改まった言葉です。 時代劇などで、「何卒!」と目上の人物に懇願しているシーンがありますが、現在では「何卒」単体ではあまり使われなく、後に「よろしくお願いいたします」などといった言葉を付けます。 「何卒」は、公式の場における挨拶やスピーチ、手紙やビジネス文書でよく用いられます。 「お願いします」と思う気持ちをより強く表したい時に、「何卒お願いいたします」と使うことができます。「何卒お願いいたします」は、丁寧な表現のため目上の相手に対して使うことができ、お願いや依頼をした後の締めの言葉として使うことがほとんどです。 ただ「どうか何卒お願いいたします」「どうぞ何卒お願いいたします」などと、「何卒」と「どうぞ」「どうか」は一緒に用いることはできないので気を付けましょう。

○「何卒お願いいたします」の例文 ・お手数をおかけしますが何卒お願いいたします。 ・恐れ入りますがご理解のほど何卒お願いいたします。 ・今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒お願いいたします。 ・お忙しいところお時間を頂戴できますことを深く感謝申し上げます。明日の会議につきまして、何卒お願いいたします。

「何卒」の読み方と意味、ビジネスでの使い方、類語、英語表現

eigobu.jp

「ご容赦ください」

「容赦(ようしゃ)」は「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は、「過失に対して大目に見て欲しい」という意味になります。 「ご容赦ください」は、自分の失態に対して相手に「どうか許してください」というお願いを込めて使います。 「ご容赦」は「ご了承」とよく似た言葉ですが、意味は大きく違います。 「ご了承」は「こちらの言い分について理解して受け入れてください」という意味に対して、 「ご容赦」は「こちらの過失について強く反省しているので許してください」という意味になります。 また「ご容赦」には、相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。

○「ご容赦ください」を用いた例文 ・突然の連絡ではございますが、ご容赦ください。 ・当時は混雑が予想されるので、お車でのご来場はご容赦ください。 ・こちらは数量限定商品のため、数に限りがございます。売り切れの際はご容赦願います。 ・この度は、◯◯様のご希望に沿えられず大変申し訳ありませんでした。ご理解の上ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

「お含みおきください」の英語表現

「お含みおきください」の英語表現を見ていきましょう。 ビジネスシーンなどでフォーマルに「知っておいてください」と言うときに最適な表現は、 ・Please note that...(...をご承知おきください) ・We hope you understand that... などになります。 この「note」は学習ノートのノートではなく、動詞で「...を覚えておく」を意味します。 その他にも、もう少しカジュアルな表現ですと、 ・Please keep in mind that... ・Please be aware that... 日常会話で使う程カジュアルな表現だと、 ・Give a thought.(ちょっと考えておいてよ) ・Just think about it.(同上) などになります。

Please note that the price may change in the future.

今後価格は変更される場合がありますのでお含みください。

Please keep in mind that we have a meeting tomorrow morning and the CEO is coming in.

明日の午前中会議があり社長も来るので覚えておいてください。

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話に関してまとめましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「お含みおきください」のまとめ

「お含みおきください」について理解出来たでしょうか? ✔「お含みおきください」の意味は「心に留めておいてください」 ✔「お含みおきください」は尊敬語のため目上の人に使える ✔「お含みおきください」は書き言葉であり、ビジネスメールやビジネス文書で用いられる

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「時下」の意味!「拝啓 時下ますます〜」の使い方や例文も紹介!類語、英語も紹介

eigobu.jp

「時下ますます」の意味、使い方は?「時下ますますご清栄のこと」など例文付きで解説!

eigobu.jp

「よしなに」の語源は古語!意味、使い方、返し方、例文を紹介!類語、英語も

eigobu.jp

「お詫び申し上げます」の意味、手紙・メールでの使い方、例文!類語や英語も

eigobu.jp

「せっかく(折角)」の意味と使い方!「わざわざ」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「懸念」「危惧」「心配」「懸案」 の違い!意味、使い方、例文を紹介

eigobu.jp

「ご入用」の読み方、意味、使い方!「ご用命・ご利用」との違い、英語も紹介

eigobu.jp

「伺わせていただきます」は二重敬語!正しい使い方は「伺います」!英語も紹介

eigobu.jp

「ご笑納」の意味は?ビジネスでの使い方・返事の仕方、類語、英語表現を紹介

eigobu.jp

「是非」の意味と使い方を例文付きで紹介!類語「可否」との違い、英語表現も

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 敬語「お含みおきください」の意味と使い方!メールの例文、類語、英語も紹介