1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「何卒」の読み方と意味、ビジネスでの使い方、類語、英語表現
「何卒」の読み方と意味、ビジネスでの使い方、類語、英語表現

「何卒」の読み方と意味、ビジネスでの使い方、類語、英語表現

「何卒」という言葉をご存知でしょうか。「何卒ご自愛ください」「何卒よろしくお願いいたします」などと使います。では、「何卒」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。日常会話で使うことはほとんどありませんが、ビジネスシーンでは使用頻度が高いです。相手にお願いしたり、メールにおいて使われていることがあります。依頼するときに使うイメージですが、目上の相手に使うことはできるのでしょうか。正しく使うためには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。そこで今回は「何卒」の意味や使い方、例文、類語について解説していきます。適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「何卒」の読み方と漢字

「何卒」の読み方は「なにそつ」ではなく「なにとぞ」

「何卒」の読み方は「なにとぞ」です。 「何卒」の読み方は、「なにそつ」ではありません。 「何卒」を「◯◯大学卒業」の略として、学歴のことだと勘違いしている人もいますが違いますので注意してください。

「何卒」の漢字は当て字、語源は「何とか」

元々「何卒」は「何とか」という形で用いられていました。 そこに強調を表す助動詞「ぞ」がついた「何とかぞ」が使われ始めました。 「何とかぞ」が時代が経つにつれて訛り、今現在用いられている「なにとぞ」が使われるようになりました。 「何卒」は、指示代名詞「なに」+格助詞「と」+強調を表す係助詞「ぞ」で成り立っています。 「なに」に「と」と「ぞ」を付けることで、「どうにかして強く」という意味になり「なに」を強調する役割を担っています。 「何卒」は当て字なので、「なにとぞ」とひらがなで表記することもありますが、ビジネスシーンでは漢字で表記するのが一般的です。

「何卒」の意味

「何卒」の意味は「どうぞ」の堅い表現

「何卒」は「どうぞ」の堅い表現です。 「期待する」ニュアンスが含まれていて、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 「何卒よろしくお願いいたします」だったら「どうぞよろしくお願いいたします」という意味になります。 「何卒」を使うことで、文章が改まった印象となるのでビジネスシーンで多用されています。

「何卒」は古語では「どうにかして、なんとかして」という意味

古語においての「何卒」は「どうにかして、なんとかして」を意味します。 ある物事を行うための手段を尽くそうと思っていることを表します。 「何卒」を使うことで、「なんとかして◯◯する」と自分自身の強い気持ちを表現することができます。 現代では「何卒」は「どうぞ」という意味で、「手を尽くす」という意味では使いません。

「何卒」の使い方と例文

「何卒」は書き言葉で使う

「何卒」はビジネスメールや手紙などの書き言葉で使われることが多い表現になります。 話し言葉として使うと、相手に大げさな印象を与えてしまいます。 上記でも触れましたが「何卒」はフォーマルな言い回しですので、ビジネスシーン以外で用いられることはほとんどありません。

「何卒」はビジネスメールの依頼やお願いで最も使う

「何卒」はビジネスメールで取引先などに対して依頼・お願いするときによく使います。 ・何卒よろしくお願いいたします ・何卒よろしくお願い申し上げます の2つは最もよく使う表現です。 依頼する内容を具体的に伝えた後に、上記のフレーズを付け加えるように使います。

例文 ・◯◯に関する資料を一両日中にご提出していただくことは可能でしょうか。ご多忙の中大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・先日ご案内した、アンケートの提出期限が近づいてまいりましたので、ご連絡申し上げます。何卒よろしくお願いいたします。

「一両日中」はいつまで?意味と使い方!「近日中」との違い

eigobu.jp

また、「何卒ご了承ください」というフレーズもよく使われます。 「了承」とは「事情を理解して、それでよしとする」という意味です。 つまり「何卒ご了承ください」とは「どうか理解して受け入れてください」という依頼文になります。 「ご了承ください」の記事に関して、下記の記事で細かく紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

例文 ・ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただけますようお願いいたします。

「ご了承ください」の意味、使い方、返事の仕方 - 類語「ご容赦」「ご理解」も紹介

eigobu.jp

「◯◯のほど、何卒〜」「◯◯いただきますよう、何卒〜」という言い回しも多い

◯◯のほど」「◯◯いただきますよう」などのフレーズを頭につけて、具体的に依頼する内容を示すことができます。 ・何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします ・何卒ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます ・何卒ご査収のほど、よろしくお願いします ・何卒ご確認いただけますよう、よろしくお願い申し上げます などの言い回しが多いです。

社内で使える?「ご査収」の意味と使い方、類語、返事の仕方、「ご確認」との違いを解説!

eigobu.jp

例文 ・企画の内容についてご検討のうえ私までご連絡いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・◯◯の件についてご配慮いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・◯◯の書類を1/20(水)までにご郵送いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・来月行われる予定だった会議の日程が変更となりましたので、何卒ご理解のほどお願いいたします。 ・今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

「ご指導ご鞭撻」の意味、ビジネスや結婚式の使い方、類語、英語

eigobu.jp

「何卒」はビジネスメールの謝罪やお詫びでも使う

「何卒」は謝罪文やお詫びの文でも使うことがあります。 「何卒」を謝罪の文章で使うときは「〜いただきますよう」「〜のほど」を使う場合がほとんどです。 「何卒よろしくお願いいたします」だけでは基本的には謝罪の意味にはなりません。 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます 何卒ご容赦のほどお願い申し上げます などと言います。 謝罪文では「いたします」よりも丁寧な「申し上げます」を使う方がよいでしょう。

「何卒〜」はビジネスメールで形式的な締めくくりの役割もある

「何卒」は「何卒よろしくお願いいたします」などの形で、依頼や謝罪以外でもただのビジネスメールの締めくくりとしても使われます。 深い意味はなく形式的に、メールの結びの言葉として「何卒よろしくお願いいたします」などと述べることがあります。 文頭に「以上、」と付け足すこともあります。 ・以上、何卒よろしくお願いいたします ・以上、何卒よろしくお願い申し上げます などと表現します。 その他にも、 「何卒ご自愛ください」 という言い回しもよく使われます。 「何卒ご自愛ください」は「身体を大事にしてください」という意味で、相手の体調気遣う、労りの表現となります。

目上の人への「ご自愛ください」の使い方と正しい返事の仕方

eigobu.jp

時代劇・若者のスラングで「何卒!」と単体で使う場合もあり

江戸時代が舞台の時代劇などで侍が「何卒」などと言うのを聞いたことがある方もいらっしゃると思います。 この「何卒」とは「何卒よろしくお願い申し上げます」の略になります。依頼表現を簡略化したものになります。 昔は「何卒」単体でも目上の人に対して使われていました。 近年では、若者がLINEなどのSNSで「何卒!」と単体で使う場合があります。 こは単に「よろしく!」と同じような意味で使っていて、カジュアルな響きがあります。 現代では目上の人に対して「何卒!」というのは、失礼にあたりますので注意しましょう。

「何卒」を使う際の注意点

「何卒」は日常会話では使わない

上記でも触れましたが、「何卒」はビジネスでのみ使う堅い表現になります。 日常会話で使うと、慇懃無礼(読み:「いんぎんぶれい」、意味「丁寧すぎてかえって嫌味っぽく失礼にあたる」)になる可能性がありますので注意しましょう。 ビジネスでのやり取りでも親しい間柄の相手や目下の者などには、「何卒」を使うのは適しません。

基本的に1つのメールで使うのは1回

「何卒」は丁寧な表現ではありますが、多用するのは不自然なので避けましょう。 一つのメールの中で「何卒」を何回も使ってしまうと、相手にしつこい印象を与えてしまいます。 この場合は「ご了承いただけますよう、何卒お願い申し上げます」とします。1回だけでも十分に丁寧な印象を与えます。

「どうぞ」「どうか」と併用しない

類似表現と併用すると二重表現になってしまうので、「どうぞ」「どうか」などと一緒に使うことはできません。 「何卒」だけでは何か物足りないような感じがして、「どうぞ」や「どうか」を共に使ってしまうことがありますが、これは文法的に不適切にあたります。 「何卒」は「どうぞ」「どうか」の堅い表現であることを覚えておきましょう。

「何卒よろしくお願いします」は不自然なので「お願いいたします」「お願い申し上げます」を使う

「何卒」はとても堅い表現であるため、単なる丁寧語である「(お願い)します」と使うと不釣り合いになってしまいます。 「何卒」と一緒に使うのは、謙譲語+丁寧語である「(お願い)いたします」「(お願い)申し上げます」にすべきです。 「よろしくお願いします」の頭に付け加えるならば、「どうぞ」「どうか」などがよいでしょう。

「何卒」の類語

是非(ぜひ)

「是非」は強調を表す語です。 事情がどうあろうとも、あることを実現しよう、実現したいという強い意志や要望を表します。 親しい間柄の相手の場合は「是非」を使えます。 改まった場面以外で「何卒」を使ってしまうと、相手に大げさな印象を与えてしまうので、代わりに「是非」を使うことができます。目上の人に対しても使えます。 ただ何度も「是非!是非!」などと言ったり、強い言い方になると強制的であると感じさせてしまいます。 「是非」は状況や相手に合わせて、使用するかどうか判断するようにしましょう。 また、「是非とも」という表現もあります。 「是非とも」も「是非」と同様に、自分の意志や意向を伝える場合や、相手に何かをお願いする場合に使います。

例文 ・皆様、是非ともアンケートのご協力をお願いいたします。 ・是非ともこの問題解決について助言をいただけたらと思います。 ・是非ともお役に立ちたいと存じていますので、何なりとお申し付けください。

間違いが多い「是非」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語表現

eigobu.jp

ビジネスにおける「是非とも」の意味や使い方、類語、例文を解説

eigobu.jp

「是々非々」の意味と使い方、「是非・是が非でも」との違い

eigobu.jp

絶対

「絶対」は「何が何でも、何があっても」という意味です。強調を表す語となります。 「絶対に行かない」「絶対に会う」「絶対に実行する」といったように使います。 強調を表す語ですが、「何卒」と同様にビジネスシーンで使うことはできません。 「絶対」は日常的によく使われている言葉なので、親しい相手や同等などに使います。例えば、何か物事を頼む場合に「絶対にやってね」「絶対にしてね」などと念を押すことができます。 他にも「絶対」は、「彼女の言うことは絶対だ」「絶対の真理」といったように、他に比べられるものがなかったり、何かに制限されないという意味でも使うことができます。

例文 ・明日のイベントには絶対に行くから、朝早く起こしてね。 ・その計画は絶対に成功すると思うから、みんなにも協力してほしい。 ・◯◯の件について話し合うので、来週の会議には絶対に参加してください。

どうか

「どうか」は「心の底から強く願っている様子」を意味します。 何かを心から強くお願いしたり、物事を頼むという場合に「どうか」を使います。 「何卒」は「どうか」を丁寧にした表現です。ですので、ビジネスシーンで「どうか」を使うと、相手に軽い印象を与えてしまいます。 「どうか」は日常会話で使ったり、親しい相手に対して使う表現となります。 「どうか」は「ものを買うためのお金は自分でどうかする」といったように、物事の解決を願っている様子を表す場合も使うことができます。

例文 ・プロジェクトに協力していただけるよう、どうかお願いいたします。 ・◯◯の件についてご検討のほど、どうかよろしくお願いいたします。 ・書類をご確認していただきますよう、どうかお願い申し上げます。

なんとか

「なんとか」は「色々と手を尽くして、あれこれとすること」を意味します。 「なんとか頼む」「なんとかする」「なんとか終わらせる」などと使います。 相手に依頼する場合に「そこをなんとかお願いいたします」といったように使われていることが多いです。「そこをなんとか」は「難しいとは思っているが、色々方法を尽くしてお願いします」という意味になります。 相手に無茶なお願いをする場合に使うことが多いです。 「なんとか」は軽い言葉となるので、目上の人に使うには適しません。 「なんとか」は「十分とは言えないが、ある程度希望通りにである」という意味で使うこともできます。この場合は「なんとか間に合う」「なんとか食べていくことができる」などと使います。

例文 ・忙しいとは思いますが、そこをなんとかお願いいたします。 ・仕事で大変なことは知っているが、なんとか彼に頼むしかない。 ・今のうちになんとかしておかないと、後で大変なことになってしまう。

「何卒」の英語はない

日本語の「よろしくお願いします」のように幅広く使える表現が英語にはそもそもありません。 「何卒」は「よろしくお願いします」を強調する単語なので、「何卒」をどのように英語で解釈するかちょっと難儀です。 「何卒」に関してはわざわざ英訳せずに、シーン別に「よろしくお願いします」の英語表現を使えれば問題なしです。 「よろしくお願いします」の英語表現に関しては下記の記事でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

《完全版》シーン別「よろしくお願いします」の英語表現

eigobu.jp

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「何卒」について理解できたでしょうか? ✔︎「何卒」は「なにとぞ」と読む ✔︎「何卒」は「どうぞ」をより堅い表現で、相手に何かを強くお願いするときに使う ✔︎「何卒よろしくお願いいたします」などと、メールの締めや依頼をする場合に使う ✔︎「何卒」は堅い表現なので、日常会話ではなくてビジネスシーンで使う

こちらの記事もチェック

「適宜」の意味、使い方、例文、英語!類語「適時・随時・都度」との違いも

eigobu.jp

「益々」の意味、使い方と例文、「ますます」との使い分け、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「あしからず」の意味、使い方、類語、英語!ビジネスでは「ご了承ください」をつける

eigobu.jp

「幸いです」の意味、使い方、敬語表現や類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「所存」の意味と正しい使い方!類語「意向」「次第」「所在」との違い

eigobu.jp

敬語「ですので」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「させていただく」の意味、使い方、英語!漢字「させて頂く」は誤用

eigobu.jp

「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方、返し方、類語・言い換え、英語も

eigobu.jp

「鑑みる」意味・読み方・英語表現!「考慮する・踏まえる」との違いも

eigobu.jp

「兼ね合い」の意味とビジネスでの使い方!類語や英語表現も紹介します

eigobu.jp

「お伺いします」の意味、メールの使い方、類語、英語

eigobu.jp

「機微」の意味と使い方、類語、語源、「機密」との違い

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「何卒」の読み方と意味、ビジネスでの使い方、類語、英語表現