1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 【完全版】「拝命」の意味と挨拶での使い方、類語「任命」との違いとは?
【完全版】「拝命」の意味と挨拶での使い方、類語「任命」との違いとは?

【完全版】「拝命」の意味と挨拶での使い方、類語「任命」との違いとは?

「拝命」という言葉をご存知でしょうか。「拝命」は、「任命される」という意味のある非常にかしこまった表現で、日常生活ではあまり耳にすることがないと思います。今回は、「拝命」の意味と使い方を、例文付きで将暉あします!また、類語である「任命」との違いや英語表現も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「拝命」の読み方と意味

「拝命」の読み方は「はいめい」

「拝命」は、「はいめい」と読みます。

「拝命」の意味は「任命されること」の謙譲語

「拝命」は、「任命されること」の謙譲語表現です。 目上の人か何か役割を指示された場合に、任されたことを「謹んで引き受ける」という謙遜した表現が「拝命する」という表現になります。 主に、役職を与えられた場合の決意表明といった場面で使用される非常にかしこまった言い回しです。

「拝命」の使い方と例文

「拝命」は謙譲語なので、会社・上司に対して自分をへりくだるために使う

「拝命」は、上述したように「任命されること」の謙譲語表現です。 謙譲語は、自分の行動をへりくだって表現することによって、相手に対して敬意を示す敬語表現で、会社の上司といった、敬意を示すべき目上の人に対して使用することができます。 したがって、「拝命」を使用するときの主語は必ず自分になります。 他人が「拝命する」という場合には使用することができませんので注意してください。

「拝命しました」「拝命することになりました」の形で社内の昇進・異動の挨拶で使う

「拝命」は、社内での昇進や移動の挨拶で「拝命することになりました」「拝命しました」というような言い回しで使用されることがほとんどです。 つまり、「部長になりました吉澤です」「営業部長を任せてもらうことになりました齋藤です」というように挨拶をする場合に、「拝命しました」と表現することができるということです。 挨拶文の例文や、挨拶をするときのポイントや注意点は後述しますので、参考にしてください。

スピーチ例文 ・本日付けで、こちらの店舗責任者を拝命しました狩野です。これも皆様のご支援の賜物だと思っております。従業委員一丸となってお客様に満足していたけるよう、取り組んでいきましょう。っどうぞお力添えのほどよろしくお願いします。 ・この度、営業部長を拝命しました坂本です。このような大役をおおせつかり、誠に恐縮です。微力ではございますが、営業部長として納得のいく実績をあげるべく、日々邁進して参りたい所存です。まだまだご不便をおかけすることもあるかと存じますが、精一杯努力して参りますので、より一層のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 ・この度、今回の新規プロジェクトのプロジェクトリーダーを拝命しました竹本です。これもひとえに、みなさまのお引き立ての賜物と、こころより感謝しております。 このような大きなプロジェクトのリーダーとなりますこと、身の引き締まる思いです。皆様に安心して頼っていただけるようなリーダーになることを目標としております。まだまだ未熟ではございますが、どうかご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

メール例文 件名;プロジェクトリーダー就任のご挨拶とお礼 広報部 高橋殿 拝啓  いつもお世話になっております。営業部の狩野でございます。 この度、新規プロジェクトのプロジェクトリーダーを拝命しました。 プロジェクトリーダーをいう大役をおおせつかり、大変恐縮でございます。 これも高橋さんのご支援の賜物だと思っております。厚く御礼申し上げます。 微力ではございますが、プロジェクトリーダーとして納得のいく業績を残すべく、日々邁進してく所存であります。 まだまだ若輩者ですが、精一杯力を尽くしてまりますので、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。 略儀ながらまずはご挨拶申し上げます。 令和元年 3月15日                     営業部  狩野

昇進・異動の挨拶でのポイントと注意点

「若輩者」「浅学非才」「不束者」などの言葉で自分をへりくだるのが基本

昇進や就任の挨拶では、「若輩者」「浅学非才」「不束者」などの自分をへりくだる言葉を使用することが基本です。 それぞれの言葉の意味と使い方について簡単に説明します。 ・「若輩者」 「若輩者」は「じゃくはいもの」と読み、「経験が浅く未熟な者」「年が若い者」を意味します。 ただ「年齢が若い」といった意味がありますが、ビジネスシーンでは主に「経験が浅い」「経験が未熟」という謙遜の意味で使用されます。 例文 ・まだまだ若輩者のため、皆様の力をお借りすることもあるかと思いますが、今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。 ・なにぶん若輩者ではございますが、今後は二人で力をあわせて幸せな家庭を築いてまいりたいと存じます。 ・「浅学非才」 「浅学非才」は「せんがくひさい」と読みます。 「浅学非才」は「学問が浅く、才能にも乏しいこと」という意味で自らを謙遜していう語で、「自分は無知無能である」というニュアンスになります。 「自分の知識はまだまだである」「自分はまだまだ勉強すべきである」と意味合いを込めて、挨拶やお礼をしたい場合に使います。「浅学非才」と言葉と共に意欲を表すことによって、自身の向上心を示すことができます。 例文 ・浅学非才の私ではありますが、皆様のご指導ご鞭撻のもと精進する所存です。 ・浅学非才の身ではございますが、独立開業に踏み出したからには、皆様のご要望にお応えできるよう、鋭意努力してまいりますので、今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願いいたします。 ・「不束者」 「不束者」は「ふつつかもの」と読みます。 「不束者」の意味は「無作法な者、行き届かない者」で、「不束」とは「能力が劣っていること。配慮や気遣いが不十分であること」を表します。 「不束者」は自分のことに精一杯で、人に配慮できなかったり、気が使えないことを謙遜する場合に使います。 例文 ・不束者ではございますが、何卒ご指導の程よろしくお願いいたします。 ・不束者ですが、引き続きご教授いただけますようお願いいたします。

「若輩者」に謙遜の意味がある?ビジネスシーンでの使い方、類語や英語を解説!

eigobu.jp

「浅学非才」の読みと意味、使い方、類語、対義語、「馬鹿丸出し」が類語?

eigobu.jp

「不束者(ふつつかもの)」の意味と使い方、語源、類語、対義語、英語表現

eigobu.jp

「ご指導ご鞭撻」などの言葉で教えを請うのも大事

自分を謙遜した表現とともに、「ご指導ご鞭撻」などの言葉を使用して、教えを請うとさらに丁寧な文章になります。 「ご指導ご鞭撻」の他にも、 ・ご指南 ・ご教示 ・お導き といった言葉も教えを請う表現として使用することが可能です。

<教えを請う例文> ・何卒、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。 ・引き続き皆様方のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 ・今後とも末永くご教示いただければ幸いです。 ・まだまだ至らないところの多い私たちでございます。皆様には今後ともご指南のほど心よりお願い申し上げます。 ・この度は大変お世話になり、心より御礼申し上げます。今後ともお導きいただきたい所存でございます。

「ご指導ご鞭撻」の意味、ビジネスや結婚式の使い方、類語、英語

eigobu.jp

ビジネスでの「今後とも」の正しい使い方、「引き続き」との違い

eigobu.jp

「指南」と「指導」の意味の違いと使い分けとは?

eigobu.jp

「拝命」は社外の人に異動の挨拶で使うのはNG

「拝命」は、「任命してもらう」という組織に対する敬意を示した言葉であるため。社外の人に移動の挨拶で使用することはできません。 つまり、「この度、横浜支店勤務を拝命しました」というように社外の人に挨拶をしてしまうと、自分の努めている会社を自分で立てる表現をしてしまっているということになるのです。 社外の人に移動の挨拶をする場合は、「この度○月○日付けで岡崎支店へ移動することになりました」というように挨拶をするのが一般的です。

「拝命」は履歴書でも使用を避けるべき

「拝命」を履歴書で使用する人がしばしば見受けられます。 しかし「拝命」を履歴書で使う必要はありません。 履歴書で「拝命」を使うのは前職での役職を任命されたことを示すときですが、入社を検討している会社の前で前職に対してわざわざ敬意を示す必要性は低いでしょう。

「拝命」の敬語

「拝命承りました」は、謙譲語+謙譲語で二重敬語

「承りました」は「受ける」「聞く」「伝え聞く」「引き受ける」の謙譲語です。 したがって、「拝命承りました」の場合の「承りました」は、「謹んで引き受けました」という謙譲語として使用されているため、謙譲語+謙譲語で二重敬語となります。 二重敬語とは、同じ種類の敬語を重複して使用することであり、誤った敬語として使用を避けられる表現です。

「拝命致しました」も、謙譲語+謙譲語で二重敬語

「拝命致しました」も、二重敬語に分類される表現です。 「拝命致しました」は「拝命致す」の過去形です。 「拝命」は単体で謙譲語で、「致す」は「する」の謙譲語なので、二重敬語と考えるのが自然です。

「ご拝命」も二重敬語

「拝命」という謙譲語に、さらに謙譲の意味で接頭語の「ご」を使用してしまっているため、「ご拝命」も二重敬語になります。 「拝命」がすでに、自分の行動をへりくだって表現している謙譲語なので接頭語を使用する必要がないということを覚えておきましょう。

「拝命致しました」は二重敬語ではない、という意見もあります。 「二重敬語」の厳密な定義は、「同じ語に対して複数の同じ種類の敬語を使うこと」を指します。 「拝命」は「命(めい)を受ける」の謙譲語で、「致す」は「する」の謙譲語なので、それぞれ別の言葉を敬語化している、というのが二重敬語反対派の見解です。 しかし、「拝命する」で一つの動詞と捉えると、この理論が不自然であることが分かります。 「拝命する」という一つの謙譲語の補助動詞の部分だけ、さらに謙譲語化するのは、明らかに不自然です。 よって、「拝命致しました」は二重敬語だという解釈で間違いでしょう。

「拝命なさる」「拝命していただく」など他人の行為に対して尊敬語と組み合わせて使えない

「拝命」は、上述しているように「任命される」「謹んで引き受ける」という意味の謙譲語として使用される言葉であり、使用する場合の主語は「自分自身」となります。 したがって、「拝命なさる」「拝命していただく」というように他人が「任命される」「引き受ける」という行為を尊敬語を組み合わせて使用することはできませんので注意してください。

「拝命」と「任命」の違い

「任命」の意味は「ある官職や職務につくように命令すること」

「任命」は、「にんめい」と読みます。 「任命」の意味は、「ある官職や職務につくように命令すること」です。 したがって、「任命」は、する側が使用する表現であり、「拝命」は、される側が使用する表現であるという違いがあります。

「任命」の例文

例文 ・部長は、新人の高橋さんにプロジェクトリーダーを任命しました。 ・本日、岡崎観光親善大使の任命式が行われる予定です。 ・教育委員会委員の任命について、下記のホームページにて説明をさせていただいております。 ・配属先が決まるやいなや、突然リーダーに任命された。 ・ありがたいことに、今年も塾長に任命されました。

「拝命」の類語

引き受ける

「引き受ける」は、頼まれた役割や、仕事を責任をもって受け持つという意味で、何かを頼まれたり、任されたりした場面で、「お引き受けします」というように使用します。 例文 ・町内会の班長を頼まれ、引き受けることにした。 ・私でよければお引き受けします。ご期待に添えるよう精一杯努力いたします。

任される

「任される」は、「任す」の未然形である「任さ」に、助動詞の「れる」がついた言葉です。 「任す」は、「自分の権限などを他に人に譲って、仕事を代行してもらう。委ねる」という意味があり、そこに、受け身・尊敬・自発・可能の助動詞の「れる」をつけると「目上の人や組織から、任務などを受けること」を意味する言葉になります。 例文 ・長年応援していた俳優が、やっと映画の主演を任されるようになった。 ・新しい建築現場監督を任されていた。

仰せつかる

「仰せつかる」は、「おおせつかる」と読みます。 「言いつかる」という「目上の人から指示・命令をうけること」という意味の言葉を、へりくだって表現した言葉で、謙譲語にあたります。 例文 ・入社以降、初めて大役を仰せつかったので、精一杯頑張りたいと意気込んでおります。 ・身に余る大役を仰せつかり、身の引き締まる思いでございます。

「拝命」の反対語

「拝命」の対義語とされる明確な言葉はない

「拝命」の対義語とされるものとして、明確な言葉はありません。 しかし、「拝命」を「目上の人から任されること」「謹んで引き受ける」という意味だと解釈すると、「命令」「解任」などが、反対の言葉をしてあげられます。

命令

「命令」の意味は、上位のもから下位の者に言いつけることとです 例文 ・私の上司は、何に対しても基本的に威圧的な命令口調で話をしてくる。 ・どうやら、すべての黒幕がいて、彼らは黒幕の命令で動かされているだけだった。

解任

「解任」は、「いまついている任務をとくこと」という意味があります。 自らの意志ではなく、周りからの意志により、任務を離れなければいけないときに、使用されます。 例文 ・社内不倫は発覚し、橋本さんは役委員を解任された。 ・総理大臣は、失言をした議員を直ちに解任させた。

「拝命」の英語

「〜を拝命する」は「be appointed as」

「〜を拝命する」の英語表現は、「be appointed as 役職 」となります。 「be appointed to 職場」の形だと「〜勤務を任命される」という意味になります。

I was appointed as a director. And I am very pleased to be able to be part of the management team in this company.

取締役を拝命しました。当社の経営陣に参画できることを大変嬉しく思います。

I've decided to appoint you to the headquarters in Tokyo.

あなたを東京本社勤務に任命することを決定しました。

仕事を割り当てる場合は「assign 人 to 仕事」

職務ではなく仕事やタスクを割り振るときは「assign」という動詞を使います。 「assign 人 to 仕事」の形で使います。

Every engineer was assigned for fixing the DNS server not responding with pictures.

画像表示不良を起こすDNSサーバーの修繕にすべてのエンジニアが割り振られた。

「assign」は役職ではなく仕事に人を割り振るときに使う

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話についてまとめましたので、興味のある方はぜひ見てみてください

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

英語学習におすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

「拝」の付く謙譲語

「拝見」は「見る」の謙譲語

「拝見」は<はいけん>と読みます。              「見る」の謙譲語で、自分が見る動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝見する」はメールや書類を「見る」「読む」「目を通す」という意味になります。 「内容や目的を理解した」というニュアンスも含まれています。 「拝見」は「拝見します」という形でよく使われます。 例えば、目上の相手に「見せていただいてもよろしいでしょうか」だとくどい言い方になりますが、 「拝見してもよろしいでしょうか」と言い換えることでスマートな印象を与えられます。 「拝見いたします」「拝見させていただきます」は二重敬語になりますが、ビジネスシーンでは慣習的によく使う表現なので、ほとんどの人にとってそこまで違和感のある表現ではありません。

例文 ・教授が出版された本を拝見しました。 ・御社の求人広告を拝見して、メールをお送りいたしました。 ・参考文献を送ってくださりありがとうございます。さっそく拝見しました。 ・企画書を拝見しました。とても素晴らしい内容だと思います。

「拝見」の意味と敬語の使い方、類語「拝読」との違いは?

eigobu.jp

「拝見する」の意味とビジネスでの使い方を例文付きで解説!類語や英語も紹介

eigobu.jp

「拝見させていただく」は二重敬語!正しい敬語では何と言う?

eigobu.jp

「拝聴」の意味は「聞く」の謙譲語

「拝聴」は「聞く」の謙譲語で、「つつしんで聞く」という意味です。 また「拝」は「拝む(おがむ)」ことを表す言葉なので、謙遜の気持ちを表すときによく使います。 「拝む」は感謝を示す行為のことなので、「拝」が含まれる言葉には「ありがたく◯◯する」という気持ちが込められます。 つまり「拝聴する」は、「ありがたく聞くこと」を表しています。

例文 ・◯◯様のお話を直接拝聴できますことを、心から楽しみにしております。 ・先日は先生のご高話を拝聴することができ、大変光栄でした。 ・先日の講演では大変興味深いお話を拝聴しました。 ・たくさんのアドバイスを拝聴することができ、大変勉強になります。 ・有名なピアニストの演奏を拝聴することができました。

「拝承」も「承知する」の謙譲語

「拝承」は「聞くこと」「承知すること」の謙譲語です。 「つつしんでうけたまわること」という意味で、 「承知しました」よりも堅い表現になります。 「拝承」の使い方としては ・拝承しました ・拝承いたしました などとなります。

例文 ・「配送先変更の件、拝承いたしました。次回のお届けから下記のご住所へ配送させていただきます」 ・「お申し込みの件、拝承いたしました。これから準備に取りかからせていただきます」 ・「◯◯さん、拝承いたしました。明日の11時にお待ちしております」 ・「そのことについてはすでに拝承済でございます」 ・「面接日程の件について、拝承しました。お気をつけてお越しください」 ・「明日までに仕上げをご提出していただけるということで、拝承いたしました」

正しい意味分かりますか?「拝承」のビジネスシーンでの使い方とは?

eigobu.jp

「拝察」は「察すること」の謙譲語

「拝察」は「察すること、人の心中などを推測すること」の謙譲語です。 相手の状況を推察する場合と相手の気持ちを思いやる場合に、「拝察します」というような言い回しで使用される言葉です。 「お(ご)拝察」や、「拝察される」「拝察いたします」「拝察しております」といった言い回しは誤用ですので中押してください。 「拝察」はかしこまった場面で使うことが多く、式典の挨拶やお役所関連の文書、お礼状やお悔やみ状などでも用います。

例文 ・立春の候 貴社ますますご清栄のことと拝察します。 ・日頃の疲れが溜まって体調を崩されたのではないかと、拝察します。 ・◯◯様はご多忙のことと拝察します。 ・ご就職おめでとうございます。ご家族の皆様もお喜びのことと拝察します。 ・花冷えの日が続いておりますが、貴社の皆様におかれましてはご健勝のことと拝察します。

「拝察」の読み方と意味は?類語「賢察・推察」との違い、英語も解説

eigobu.jp

「拝読」は「読む」の謙譲語

「拝読」は<はいどく>と読みます。 「読む」の謙譲語で、自分が読む動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝読する」は「メールや書類を読んだ」という意味になります。 例えば目上の相手に「こちらの資料は拝読されましたか?」と聞くと、逆に相手を下げて自分を高めているという表現になってしまいます。 「拝読」はその読み物を書いた本人に対してへりくだる意味があります。 例えば上司からのメールは「拝読しました」と言いますが、 上司から借りた本を上司に「拝読しました」と伝えるのは、上司に敬意を払っていないことになります。 「拝読」はメールや手紙、資料を読んだことを、相手に伝えるときに使うのが一般的です。 「拝読しました」「拝読します」といったように使うことができます。

例文 ・◯◯様、お手紙拝読しました。 ・◯◯さんからお借りした本を拝読した。 ・先ほど頂いた資料を拝読したところ、間違いがあったのでご報告いたします。 ・同窓会の案内状を拝読する。 ・企画書を拝読したところ、お尋ねしたい点があったので連絡いたしました。

「拝読」は敬語!意味と使い方の例文「拝見」との違い、類語、対義語、英語も紹介

eigobu.jp

「拝借」は「借りる」の謙譲語

「借りる」の謙譲語で、自分が借りる動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「お手を拝借!」と聞いたことがある方もいると思います。「拝借」は基本的には「御本を拝借してもよろしいでしょうか」といったように物を借りる時に使うことが多いですが、他にも「◯◯様のご意見を拝借したいです」といったように使うこともできます。 また「借りる」の謙譲表現には「恩借(おんしゃく)」という言葉もあります。 「恩借」の意味は「人の好意によって金銭や品物を借り受けること。また、その金品」になります。 「恩借」は「経営難や借金などで知人や親族などに金を借りる」という意味で使われることが多いです。 「拝借」と「恩借」では意味が全く違うので間違わないように注意しましょう。

例文 ・◯◯様のお知恵を拝借したいです。 ・失礼をもかえりみず貴重なお時間を拝借いたしましたこと、お詫び申し上げます。 ・貴重なお時間を拝借いたしましたこと、伏してお詫び申し上げます。 ・お手洗いを拝借したいのですが、どちらにありますか?

「拝覧」は「見る(主に観覧)」の謙譲語

「拝覧」は、「見る」の謙譲語で、自分が見る動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝覧」は「拝見」と同義語になります。 「拝見」は見ること全般に使うことができる言葉です。 一方「拝覧」は主として宗教関係の建物や美術品などを観覧・鑑賞する場合に使用します。 「拝覧」は基本的にはあまり使わない表現で、「拝覧」と「拝見」では「拝見」の方が多く使われます。

例文 ・◯◯寺の非公開の庭園を拝覧させていただきました。 ・博物館では最古の写本を拝覧することができました。

まとめ

「拝命」という言葉について理解していただけましたか? ✓「拝命」の読み方は「はいめい」 ✓「拝命」の意味は「任命されること」の謙譲語 ✓「拝命」は謙譲語なので、会社・上司に対して自分をへりくだるために使う ✓「拝命しました」「拝命することになりました」の形で社内の昇進・異動の挨拶で使う ✓「拝命」を使用する場合は、二重敬語に注意!など

「拝察」の読み方と意味は?類語「賢察・推察」との違い、英語も解説

eigobu.jp

おすすめの記事

「ご用意」の意味と敬語の使い方、お願いの表現、「ご準備」との違い、メール例文は?

eigobu.jp

「恐縮です」「恐縮ですが」の意味とビジネスでの使い方、敬語、類語、英語表現

eigobu.jp

「致しました」と「しました」の違いは?意味、目上への使い方、重複の可否

eigobu.jp

「足を運ぶ」の意味と敬語、類語、「足を延ばす」との違い、英語表現

eigobu.jp

「お越しになる」の意味と類語「いらっしゃる、おいでになる」との違い

eigobu.jp

「折に触れて」の意味と語源、敬語、類語、「折を見て」との違い

eigobu.jp

「ご参照」は敬語?意味、類語「ご確認、ご覧、ご査収」との違いは?

eigobu.jp

「楽しみにしています」は正しい敬語?使い方と返信の仕方、英語を例文付きで!

eigobu.jp

「見てください」の敬語・謙譲語の言い換えは?意味、類語、英語表現も解説!

eigobu.jp

「ご送付」の意味と使い方、お願い・お礼の伝え方、敬語・謙譲語は?

eigobu.jp

「お元気で」の意味と使い方、返事の仕方、敬語への言い換え、英語

eigobu.jp

「ご教示願います」は上司に使える敬語?意味と例文、「ご教授」との違いを解説!

eigobu.jp

「思われます」は敬語?意味と使い方、類語・言い換え、「考えられます」との違い

eigobu.jp

「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 【完全版】「拝命」の意味と挨拶での使い方、類語「任命」との違いとは?